二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自転車百哩大競走・大島商会主催

秋田市下肴町に大島商会が創業して間もない明治三十五年(1902)の秋、大嶋勘六氏の企画により、自転車の普及宣伝を兼ねた「自転車百哩大競走」なるイベントが開催された。


新聞広告 明治三十五年

秋田市を早朝に出発、本荘、浅舞、横手、六郷、大曲を経て秋田市に帰着する、延長百二十哩(マイル)約193.1 kmの走行コース。

賞品として、一着・金側懐中時計、二着・銀側懐中時計、三着・秋田八丈一反、四着から十着・木綿反物一反が用意され、参加できる自転車として、英米製の舶来自転車主要メーカーの名前が並ぶ。まだ国産自転車は性能が低く、輸入車が主流だった。

当時、自転車を所有することができるのは、資産家か地元の名士など一部の富裕層のみ。自転車がステータスシンボルであり、また贅沢な娯楽・スポーツであった時代である。

九月二十一日の大会当日、あいにくの雨模様の中、集まった参加者は九名、午前五時三十五分スタートの号砲が鳴る。

結果およびタイムは以下の通り。

一着・三森定治氏、午後三時四分着
二着・鈴木忠治氏、午後四時二十五分着
三着・小野周八氏、午後四時二十七分着
四着・伊藤徳松氏、午後五時三十五分着

その他の出場者は午後六時までの制限時間をオーバーするため、大曲で中止したという。当時の自転車の性能と乗り心地、未舗装の道路などの条件を考えると、出場したアマチュア選手にとって、相当過酷なレースだったことが想像できる。

日本で最初の自転車競走が開催されたのが明治三十年前後、これは短距離レースだったようだが、それから五年後に大島商会が開催した百哩競走は、秋田県に於けるロードレースの嚆矢であり、全国的にみても早い時期に開催された長距離レースだったのではないだろうか。

明治期に県内初の煉瓦商店を建て、列車を利用したサイクリング大会、ロードレース、さらにはミステリートレインなどの、当時としては画期的かつ独創的なイベントを企画開催した、大島商会店主、大嶋勘六氏の先進性と行動力には目を見はるものがある。

※明治大正期の広告等の店名は「大嶋」と「大島」が混在し「大嶋」のほうが多いが、登録有形文化財の登録名は「旧大島商会店舗」であり、文献も「大島」としているものがほとんどなので、表記は「大島商会」に統一した。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 自転車遠乗会・大島商会主催
二〇世紀ひみつ基地 明治四十五年のミステリートレイン

大島商会(ひみつ基地内検索)

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめましていつも楽しく拝見させて頂いております。
自転車ネタでしたので、うちのブログに少々ネタを頂かせて
もらいました。事後報告で申し訳ございません。

| S | 2007/11/23 16:12 | URL |

信じられません!凄い!

 秋田-本荘、本荘-横手、横手ー大曲、大曲-秋田、分割してロードで走ったことはあります。しかし、この当時に、一日、最速11時間で走破したということが信じられません。

 遠隔からの方は宿泊料を負担、それでも参加者は9名しか集まらないのも当然でしょう。それにしても完走者が4名もいたというのが…。
 以前の遠乗会は秋田-能代で、比較的平坦な道。しかし本荘-横手の未舗装路、しかも雨の山越えは想像を絶します。
 このルートに比べると、秋田のセンチュリーライドは、まだ優しいコースに思えます。

| harropage | 2007/11/30 11:12 | URL | ≫ EDIT

ほんとうに山越えは難関だったでしょうね。
当時の自転車は道楽者が所有する高級外車みたいなもので、
そのうえ長距離レースを体験した人は数少なかったと思います。
だから完走者の大半が秋田県外からのエントリーだったのかもしれません。

| たふらんけ。 | 2007/11/30 22:28 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2009/02/24 08:42 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2009/02/26 19:10 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/367-e1af4e3c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT