二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エスカレーターガールの時代・木内デパート

昭和三十二年(1957)十月、三十年から始まった「木内」の増築工事完成。新館の目玉が秋田県内で始めて設置されたエスカレータだった。


新聞広告 1957

手前角が戦前に建てられた建物、その東と南に三階建ての店舗が増設されている。増改築工事は昭和三十三年(1958)全面完成、屋上に「お子様遊技場」と「展望台」が新設された。70年代初めにさらに南側に店舗拡張、現在の姿になる。


新聞広告 1957


新聞広告 1957

乗降口には、若いエスカレーターガールが立ち、笑顔と深々としたお辞儀でお客様をお迎えする。

客の安全を守り、誘導するのもエスカレーターガールの大切な仕事。設置当初はエスカレーターに不慣れな客が多く、乗るタイミングが計れずに立ち尽くす老人や、降り際につまずく人が続出し、エスカレーターガールは大忙しだったという。なにしろ当時は一日平均一万人もの客が押し寄せたのだから。

秋田のデパートからエスカレーターガールの姿が消えたのは、70年代後半だったろうか。


木内店内 1957

エスカレーターが新設されて間もないころの二階の様子。おもちゃ売場のあった三階に向かう小学生が写っている。子どもたちにとってエスカレーターはタダで遊べる楽しい遊具であり、一日に何度も乗降をくり返し、エスカレーターガールのお姉さんに叱られることもあったのだろう。

昭和三十八年(1963)八月、「協働社」広小路店(本店)オープン。その店舗には、県内初の上りと下りがあるダブルエントリー・エスカレーターが設置されていた。これに刺激された「木内」も、翌三十九年(1964)下りエスカレーターを新設する。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 噴水ジュースがあった時代
二〇世紀ひみつ基地 木内のおばあちゃん社長
二〇世紀ひみつ基地 子供の日、金魚貰いに木内へ
二〇世紀ひみつ基地 消える昭和・木内デパートの生ジュース

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 22:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2008/06/23 18:07 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2015/12/23 11:18 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/327-0bd4fe3d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT