二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お色気大作戦・超神ネイガーショー

ネイガーショーで唯一マイクを手に生声で演ずる(司会のトレビお姉さんを除いて)狂言回し役として、だじゃぐ組合班長のハン・カクサイ様の変わりに、同じく班長クラスの都会派・ゴンボホリー君が登場する機会が最近多い。

ホリー君の「東京帰りのキザな田舎者」という設定は面白く、その標準語による語りも以前よりは随分こなれてきたが、ハン様による秋田弁の達者なマイクパフォーマンスにくらべると、やはり歴然の差があり不満が残る。ネイガーではなく、ハン様の語り(騙り)を楽しみにしているハン様ファンは同じ思いでいるはず。

20070216130705.jpg
超神ネイガー ネイガーマイ ゴンボホリー
02.12 アルヴェ「国体プラザ」にて

右がカミキリムシをモデルにしたゴンボホリー。真ん中が今年からネイガーの仲間に加わったネイガーマイ(米)で、中の人は、秋田市出身の元女子プロレスラー・宮本晶(旧姓福岡)。晶と書いて「ひかり」と読む。

ゴンボホリーのネーミングは秋田方言で「酒に酔って管を巻く者。だだをこねる子供」を意味する「ごんぼほり」=「牛蒡掘り」から。細くて長い牛蒡を折らぬように掘るのは、手間がかかる厄介な仕事。管を巻いたり、黙々をこねるさまを、始末がおえず厄介で面倒な「牛蒡掘り」にたとえた方言。

どちらかといえば、ハン・カクサイ様のほうが「ごんぼほり」な性格で、ゴンボホリー君は「はんかくさい・半可臭い」=「中途半端」な感じ。そういえば、ネイガーのモデルである「ナマハゲ」が酔っぱらって管を巻く姿は「ごんぼほり」そのものだ。

20070216130647.jpg

こちらも最近登場した、だじゃぐ組合女性幹部・エラシグネ。イメージはツツガムシ。
「えらしぐね」は「憎たらしい」とか「癪に障る」というような意味合いの方言。

ネイガーは女に暴力は振るえないというポリシーから、もっぱらネイガーマイと闘うエラシグネ姐さんは、あきらかにオヤジ層の観客をターゲットとした女王様系キャラ。ツツガムシの胴体のようなヘアスタイル、黒いナイスバディに白ビキニがまぶしく、手足に抱きついている白いツツガムシが可愛らしい。

-----------

関連記事

チアーズとネイガーの日曜日
超神ネイガー&水木一郎ショー・アゴラ広場
ハン・カクサイの電波ダジャック!
竿燈マン現る・超神ネイガーショー

関連リンク

超神ネイガー公式ウェブサイト

| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/279-4e6a10a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT