二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平和通り・消えた駅前小路


平和通り入り口・昭和五十年代

左手に菓子の「田村屋」、右手は玩具と書籍の「ヤマサストア」。

平和通りの完成は、隣接した銀座街と同じ昭和二十三年。一コマが間口二間、奥行一間半と銀座街より狭く、トイレは共同。二階を住まいにする店が多かったが、階段にすると場所をとるのでハシゴ段が設けられ、子供のいる家庭ではハシゴに蓋をして落ちるのを防いだという。

昭和三十三年、アーケード完成。これが秋田市初のアーケード街。

20061101175912.gif
平和通り店舗・昭和四十一年頃

「小林菓子」と「大柳洋品」の間には、銀座街の「幸楽」の裏口があった。

洋品の「かめや」は、のちに同経営の「ジーンズショップ・アベニュー」、「平和食堂」は「平和寿し」となる。

20061101174702.gif
昭和二十九年(1954)新聞広告

20061101174652.gif
昭和四十三年(1968)こどもの日 新聞広告

20061101174628.jpg
「ポパイ」前より駅方面を望む

-----------

関連記事

秋田駅前界隈・昭和四十年代初頭

銀座街・消えた駅前小路

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 22:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

素晴らしい!

わぁ♪最初の絵の雰囲気も、最後の絵の雰囲気も、覚えています。
でもやっぱり、一軒一軒の記憶はない…
ただ、アーケードの天井を見るのが好きだったのを思い出しました。なんとなく、このあたりの天井と
名店街の天井の違いを覚えているような気がします。
ぼんやりした子だったので、天井を見上げては、母に引っ張られていたんでしょうね。

記事を読ませてもらって、改めてその狭さに驚きました。
これでは消えゆく運命だったとしても仕方ないかもしれませんが、
こんな陰影のある部分があってこその、街並だと思うんですがね…叶わぬ夢でしたね。

| kumako | 2006/11/06 13:59 | URL |

ひよこ

なつかしいですね。
もどだば、こどもの日にひよこける店はいっぺあったすな。

| ジョニー | 2006/11/06 19:24 | URL | ≫ EDIT

kumakoさん
陰影のある味わい深い街並が消えて、明るいけれども味も素っ気もない駅前になってしまいましたね。
昨今は陰影を残した都市計画というのもあるのですが。

ジョニーさん
木内、協働社、本金‥‥。
デパートではどこでも、金魚、ひよこのプレゼントがあったすな。
あとは、金鳥園とかおもちゃ屋さんでも。

| たふらんけ。 | 2006/11/06 22:45 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2006/11/07 13:19 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/251-21eeca5b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT