二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タダでも見たくない「相田みつを」の書

アルヴェでやっている「相田みつを展」の観覧者が一万人を超えたらしいが、自分はこの人の「書」に強い拒否反応を覚える。

相田みつをの画くコトバ自体は間違いではないだろう、しかし「人間だもの」という諦め(明らかに見る=諦観)または全肯定は、否定の連続という苦悩のプロセスの末に得られるもので、その結論よりも、そこに至る道、行程こそが貴いのだ。

プロセスを抜きにした「人間だもの」という安直で安悟りな結論は、インスタントな癒しを求める現代人にこそふさわしい、軽薄でその場限りの「気づき」でしかない。

そんな理屈を抜きにしても、その作品にただよう「あざとさ」、または「嘘臭さ」といってもいいが、言葉では表現できないイヤラシサには吐き気をもよおす。そんな自分はひねくれ者だろうか。

それを商売にしている者たち、そして、みつを風の書を画く二番せんじの、みつをモドキたちもまた同様である。

| 未分類 | 23:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2006/11/14 12:47 | |

まったく同感ですが、その安易さ、みっともなさに、どうやら気づいていなかったらしい書き手本人のことが、いまでは哀れに感じています。本人はかなり真面目に書いていたんですよね。真剣に。だからすごく可哀想なひとだと思います。「みつお」を「みつを」と名乗る甘い感覚からすでにダメダメですが、そうしたことにまったく気づいていなかったみたいですね。弱いひとだったんだろうなあ。

| シン | 2006/11/14 19:21 | URL | ≫ EDIT

僕もみつをが嫌いです

みつをの 汚い字を見たら 虫酸が走ります。僕も みつをは 吐き気がするほど 嫌いです。

| みつを | 2016/02/15 16:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/250-b84c522d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT