二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「キリスト看板」という公害

東日本を中心に街に氾濫する、黒地に白と黄文字で聖書の一節が書かれた、なかには「死後裁きにあう」などいう脅迫めいた文言もある不気味な看板を、路上観察者および看板マニアたちは「キリスト看板」と呼ぶ。



これらの看板を貼りまくってる団体は宮城県の「聖書配布協力会」。ワゴンの街宣車で聖書の辻説法を陰気な声でたれながしてるのも同じ団体で、街宣車を走らせながら、看板を貼る場所を物色する。

20060912153724.jpg

自分は遭遇したことはないが、夏祭りや初詣で賑わう神社に出張し、スピーカーにプラカードで偶像崇拝糾弾を叫ぶ、営業妨害行為を働くこともあるという。八百万(やおよろず)の神の国の神の社(やしろ)で、偏狭な一神教の押し売りをするとは、なんということか。余計なお世話、全くもって迷惑千万なことである。

原理主義的な思想と過激な行動は、オーソドックスなキリスト教(なにが正統かわからぬが)からも嫌われているようで、その行為は反キリスト主義者の誉め殺し作戦だという説もあるほど。

20060912153654.jpg

「キリスト看板」のある家のほとんどは、平日の日中、お人よしで断ることのできないお年寄りに頼み込んで貼られたものだろう。一旦インパクトドライバで、トタンなどに打ちつけられた看板は簡単に取り外すことはできない。なかには剥がしたくとも「触らぬ神に祟り無し」と、そのままにしている家もあるのだろう。

20060912153711.jpg
「罪」の上にタバコのミニポスター

「キリスト看板」が消費者金融「マルフク」と仲良く並んでいる場合が多いのは、人目につきやすい効果的な場所を探し回り、家主に頼み込み看板を貼らせてもらうという両者の思惑が一致しているため。どちらかの看板があれば、その家は了解を得やすい家として、アタックの目印となるのは、往年のホーロー看板全盛の時代から変わらない原則である。

20060912153643.jpg

20060912153632.jpg
電柱に貼られたシール形式の看板、上部欠損

20060912153617.jpg

-----------

関連リンク

キリスト看板陳列館

聖書配布協力会 - Wikipedia


| 散歩写真・路上観察 | 22:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

その目的は?

宗教とは?良く考えます。最終的には自分が宗教なんだろうな~と感じます。宗教に無知そして無関心な「ひと」が多すぎるように思いますね~。「聖書」と書けば何でも良いんですかね、旧約なの新約なの?難しいですね。政治に翻弄され発展した宗教の本質がなんなのか良くわかりません。ちょっと何書いているか自分でわかならくなりました。失礼しました。「反キリスト主義者の誉め殺し作戦」・・・これって面白いですね。

| 北極星 | 2006/09/13 21:36 | URL |

東京では

東京では、見掛けませんね。

いつのまにか、無くなりました。

10年以上前には、よく見掛けましたが。

| 篠原賢 | 2006/10/11 23:25 | URL |

広島県にもキター!!キリスト看板

これ東日本の事だと思ってましたが
広島県東広島市でもキリスト看板が出現してますWWW
ちなみに車は白いランドクルーザーの害戦車です

追伸
青龍さんの「キリスト看板」研究サイトが更新停止になるとか…残念です

| 驢馬のベンジャミン | 2008/12/17 12:46 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/230-ced1c082

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT