二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

祭りの神髄・土崎湊祭り


曳山 2004

土崎神明社の例祭は、秋田市を代表する祭りであり、これを見ずして秋田の祭りを語ることはできない。

秋田市を代表する祭りといえば、まず竿燈を連想するかも知れないが、竿燈は祭りというよりも、七夕の伝統行事から発展した民俗芸能的色彩が濃い。

「祭り」の語源は、神に「まつらふ(服ふ)(順ふ)」=「服従・付き従う」ということであり、それを主宰する神霊、または神社が存在しなければ本当の「祭り」とはいえない。

竿燈の当日の朝、八幡秋田神社でお祓いを受け、霊符の付いた御幣を授かり竿のてっぺんに飾るが、これは昭和六年に竿燈会が結成されてからのことで、それ以前の御幣は各町内の氏神様から頂いたり、それぞれの町内で自作したものであった。

それでも竿燈も広義の「祭り」に分類される。しかし、外町で一夜だけ行われていた竿燈が、二日、三日と延長され、今では四日間の「観光のためのイベント」と成り下がり、演技する人たちが疲労困ぱいしている様は、地域住民の楽しみである、本来の「祭り」の姿からは遠くかけはなれている。

20060719214849.jpg
振り棒 2005
重要なコントロール係

躍動感あふれる「寄せ太鼓」のリズムではじまり、ゆったりと流れる「湊囃子」、そして哀調をおびた「あいや節」で締めくくられる、お囃子の演奏にのせて、神の依り代である華やかな曳山(やま)が、車輪をギシギシと軋ませて運行され、その合間には各町内それぞれの特徴ある「演芸=踊り」が、揃いの浴衣で披露される。

演芸は「秋田音頭」「みなと小唄」などの伝統的な民謡から演歌調のもの、戻り曳山で披露される野趣あふるる「ドンドゴドッケ(盆踊り)」と多彩で、一日中見ていてもあきることがない。

20060719214825.jpg
演芸 2004

土崎の祭りは、「喧嘩祭り」といわれるほど荒っぽく、それだけで敬遠する向きもあるが、それは一面であり、優美と過激、静と動の両面がちりばめられ、「これぞ祭りの神髄」といっても過言ではないほどの充実ぶりをみせてくれる。

20060719214756.jpg
戻り曳山 2005

-----------

関連リンク

土崎神明社公式サイト

土崎港曳山まつり実行委員会

港ばやし旭鳳会
高音質のお囃子が聞ける

土崎港曳山まつり 旭町二区ホームページ
画像、動画とも豊富
今年、旭町二区は曳山を奉納しないため、高さ約12メートルの置き曳山を飾っている

平成17年奉納曳山(北都銀行)

| 祭り・民俗・歳時記 | 21:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

土崎のお祭り

私は優雅さと荒々しさが共存するところが好きです。
地域住民の盛大な祭りという雰囲気がとてつもなく良いです。

| かずにい | 2006/07/20 21:18 | URL | ≫ EDIT

かずにい様
崎の祭りは一度ハマルと抜け出せなくなる、常習性の強い麻薬のような、恐ろしいほどの魅力のある祭りですね。痺れてしまいます。

| たふらんけ。 | 2006/07/23 11:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/201-248a3c93

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT