二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

橋のたもとの小便小僧・平和記念像

通町橋の東たもとに、裸の子どもが円球に腰掛けているモニュメントがある。



通称「小便小僧」、正式名称は「平和記念像」。

昭和二十七年(1952)建てられ、その年の十一月三日、文化の日に除幕式を執り行っている。

その前年に調印され、この年に発効された「サンフランシスコ講和条約」を永遠に記念して、篤志家の寄附金により建設された。総工費五十万円。作者は秋田彫刻界の草分けの人、佐々木素雲。

20060701223119.jpg
昭和二十八年 水遊びする子どもたち

御影石の四つの球の上に、1メートルの地球を表す大円球、その上に等身大のブロンズ製少年像が置かれ、地球をとりまく帯の部分に水がたまり、凹みから流れ落ちる仕掛があり、周囲には樹木やベンチを配し、小公園となっていた。

小便小僧の愛称は、水が流れる仕掛があったことからついたもので、正確には小便小僧ではない。

この像が御影石の上にすえつけられた当日の夜、何物かのイタズラで逆向きにされるという事件があった。東向きに置かれた像のコンクリートがまだ固まらないうちに、西向き(旭川の方)に向けられていたという。

20060701223058.jpg

平成十年(1998)、通町の道路が拡幅され、現在の通町橋が完成。それにともなって小公園には機械室が建ち、平和記念像は子どもには手の届かない高さにかさ上げされて、向きは北向きになり、水の流れは止まってしまった。

今でも像の下には無用となった水を導くパイプがあり、御影石にはかつて水が滴り落ちた凹みが、そのまま残されている。

-----------

関連リンク

彫刻家 佐々木素雲(齋藤佛師ホームページ)
詳細なプロフィルから作品写真まで充実したサイト

素雲は十七歳の時、秋田市本町五丁目(現・大町五丁目)の佛師、斎藤永太郎の弟子となり、二十一歳でその娘と結婚している。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 23:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

思いがけず佐々木素雲のホームページに出会いました。おかげさまです。素雲さんの奥さんを知っています。かなりお年を召していましたが、かわいいおばあちゃんで作品の面立ちと似ているお顔だと思ったことを思い出していますこれからもいろいろ教えてください、楽しみにしています。

| さるかやき | 2006/07/02 01:06 | URL |

私も水遊びしていました

 水遊びをする子供たちの絵をみて感慨深いです。
 昔の高さであればこそ、子供の目からも近く感じることができたのだ。噴水のような水が流れている像など少ない時代だからこそ印象に残っていたのだ。地球を表す球に座り手をあげて平和への願いを表していたのだ…。
 今回、改めて彫刻を眺めたのですが、凛々しいとてもいいお顔であること、小さいけれども存在感があると再認識しました。この時代に野外に彫刻を置くことで広く市民に見てもらおうという気持ちにも打たれました。

| harropage | 2006/07/02 16:39 | URL | ≫ EDIT

ここは小さなスペースでしたが、雰囲気の良い公園でしたね。
ブロンズ像の素晴らしさもさることながら、その台座とのトータルデザインが印象深い名作だと思います。

| たふらんけ。 | 2006/07/03 21:14 | URL |

素雲は縁戚にあたります。私がこの像のモデルと父に聞いておりました。私がじっとしていないので耳を引っ張って泣くのも構わずに作業をすすめたとのことでした。
高校時代に何度も訪問し美術について教えを受けました。
ちょうど小畑勇二郎氏のトルソを作成中であったと記憶しています。
気性は実に清廉潔白、生活は質素そのもの、尊敬できる芸術家でした。



| pupunosuke 9 | 2008/06/16 05:40 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2010/05/05 11:23 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/196-ea1dcb56

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT