二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チアーズとネイガーの日曜日

日曜日、駅前西武の裏口で、アコースティックユニット「チアーズ」がライブをやっていた。



最近、西武はここでアマチュアバンドなどのミニライブをときどき開催して、さびれた街にしばしの賑わいを提供している。

「チアーズ」を始めて聴いたのは、大町サンパティオにて、土曜の夜に開かれるトワイライトリレーコンサート。三人それぞれの力量の高さをもって、楽しそうに歌い演奏する姿は、「音を楽しむ」=「音楽」の原点を感じさせ、その琴線に触れる音の波(は)に、心が洗われるような幸福なひとときであった。

そんな心地よい音楽が流れるなか、駅方面がなにか騒然としている。
フト目を向けると、そこには、超神ネイガーの姿が‥‥‥。

この日は、先ごろ発売されたネイガーの主題歌「豪石!超神ネイガー ~見だが おめだぢ~」のキャンペーンのために、県内のCDショップを回って握手会をしているのだそうだ。

20060612220227.jpg

20060612220303.jpg

今日はネイガー単体で「だじゃぐ組合」の面々はお休み。
ネイガーショーを生でみたことがある人にはわかると思うが、ネイガーの魅力は「だじゃぐ組合」があってのことだ。悪役があってこそヒーローが輝く。

とくに「怪人ハンカクサイ」の、アドリブをまじえた秋田弁のカタリ(語り)と客イジリは傑作。ネイガーが大人にも人気があるのも、ひとえにこのハンカクサイの人間的な魅力に依存しており、それにより、ネイガーショーが、子どもからお年寄りまで、幅広い層が楽しめるエンターテーメントに仕上がっているのだ。

ネイガーはナモミハギ(ナマハゲ)をモデルにしているのだが、むしろハンカクサイのほうがナマハゲ的な存在であり、ネイガーの本体は実はハンカクサイ、ハンカクサイこそがネイガーの生みの親であるという裏ストーリーもまた可能であろう。

-----------

関連リンク

チアーズ オフィシャルサイト
6月24(土)ワンダーランド&チアーズライブ
大町サンパティオにて 19:00~21:00

超神ネイガー オフィシャルサイト

CDジャーナル news
秋田を守るヒーロー“超神ネイガー”の主題歌がCD化!歌うのは水木一郎


| 散歩写真・路上観察 | 23:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ハンカクサイ

お邪魔します。私もネイガー、大好きです。

実はハン・カクサイのマスク、現在は改良を重ねられて3代目ぐらいになっていますが、
初期のハン・カクサイのマスクは、ネイガーのプロトタイプを改造したものだったとか。

ちょっと面白いストーリーですよね。では、また。

| メタロー | 2006/06/13 08:32 | URL |

メタローさん

へえー、そうなんですか。

はじめはネイガーなんて、子どもだましと思ってたんですけどね、
たまたま目にしたネイガーショーの面白さにやられてしまったす。
主役を喰ってファンも多いハンカクサイの魅力、あれは子どもには解らねべなぁ。
司会のミニスカ姉ちゃんも、いい味だしてるすな。

| たふらんけ。 | 2006/06/14 00:06 | URL |

・ 蛇足ながら

 ハンとカクサイの間の・を忘れると、たふらんけさんのブログにカメムシが襲ってくるかもしれません。

| harropage | 2006/06/14 14:25 | URL |

ハン・カクサイ様 それだげはやめでけれぇー。

子どものころ「あねこむし=かめむし」のことを、「へ(屁)っぴりむし」って呼んでました。

| たふらんけ。 | 2006/06/14 20:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/189-69ecd4bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT