二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昭和色のネオン・タクシーあさひ


2003.07

駅からポポロードを進み、かつては金座街があった買い物広場を横切り、アーケードを抜けると、右手に昭和レトロ建築「タクシーあさひ」。会社が創立された昭和二十七年ころの建築と思われる。

周囲の景観はいちじるしく変化しても、部分的に改装されてこそいるが、ここだけは昔と変わらぬ姿をみせていた、なじみ深き建物も、とうとう取り壊されて新築となった。

20060514211640.jpg
2006.5

二階が「あさひタクシー本社」、一階のテナントには、稲庭饂飩の「無限堂」が入っている。上肴町の大町店と同じく、白壁土蔵風の外装だ。

20060514211623.jpg
2004.02 仲小路から駅方向を望む

一階に噴水があったレストラン「ニューたけや」も、築四十年以上の古い建物だが、内外装のリフォームと、アーケードに隠れているためもあって、あまり時代を感じさせない。

「ニューたけや」が開業する以前、この場所には「たけや製パン」の二代目社屋があり、間近の銀座街にあった初代社屋兼店舗の方は「たけや製パン洋菓子部」の売店となっていた。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 銀座街・消えた駅前小路


| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 21:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 レストラン「ニューたけや」は、小学生のころ、初めて両親といったレストランです。初めてステーキを食べたのだけれど、かしこまってナイフとフォークを使うのに緊張してしまい、味はよく覚えていませんでした。(ただ、ミディアムで焼いてもらったけど、血がしみ出ているのを見て、生焼けだと思って、もう一度焼いてもらった気がします・・・)
 ファミレスで外食するのが当たり前のような今と違って、家族で行ったこの日のことは、今でも特別な思い出として残っています。
 この間連れていった、ミルキーウェイやびっくりドンキーのことを、大人になっても覚えていてくれるのだろうか、うちの子達は・・。

| とっつあん | 2006/06/01 01:57 | URL |

とっつあんさん コメントありがとうございます。

昔は御馳走だったものが、いつでも食べられるものになって、食に対する記憶とか感動も、今の子どもたちは希薄になってるのでしょうね。

「家族で外食」が特別なハレの日としてあった、自分たちが育った時代は、ある意味で、幸福な時代だったのだと思います。

| たふらんけ。 | 2006/06/01 20:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/184-bcc2883d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT