二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

千秋公園・秋田招魂社


秋田市 千秋公園内 招魂社(大正期)

千秋公園お隅櫓の下、本丸の北側にあった招魂社。

20060508184259.jpg
勝平得之「招魂社」(千秋公園八景)昭和八年

明治二年(1869)、戊辰戦争の官軍戦没者をまつるため、秋田市寺内・高清水の丘に建立される。

明治二十六年(1893)、火災により焼失し、翌二十七年仮殿を建てる。
明治三十二年(1899)、千秋公園に再建される。

昭和十四年(1939)、招魂杜は内務大臣指定「秋田県護国神杜」と改称され、翌十五年、再び元の高清水に遷された。
大東亜戦争における郷土戦没者の霊(みたま)、三万八千余柱を合祀。

平成二年(1990)、即位の礼に反対する過激派による、放火という暴挙により全焼。
平成四年(1992)、現在の社殿を再建する。

20060508184239.jpg
現在の同地点

突当りの杉林の中央(元招魂社の裏)には、戦後、人工の滝が造られた。


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
「秋田招魂社」跡




| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/182-2d57833f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT