二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

子供の日、金魚貰いに木内へ

子供の日といえば、デパートや商店では金魚やヒヨコを用意して、子どもたちにプレゼントするのが恒例だった時代、その日を心待ちにしていた子どもたちは、朝早く起きて開店前から行列をつくった。

昭和二十九年の秋田魁新報には、子供の日の数日前から「木内」が子どもの心をときめかせる広告をだしている。

20060502210406.gif
新聞広告 昭和二十九年(1954)

牧歌的なイラストが、のどかな時代の雰囲気をよく伝えている。

この秀逸なイラストの作者は、昭和二十年代の末から三十年代の初めにかけて、魁誌上の広告で活躍しているのだが、他の広告や、それ以後の広告が色褪せてみえるほどの力量はただ者ではない。

20060502210350.gif
新聞広告 昭和二十九年(1954)

「今晩7時30分より広小路堀端に於て当店の仕掛花火を行います(雨天中止)」の文字がある。

20060502210334.gif
新聞広告 昭和二十九年(1954)

待ちに待った五日の朝、木内の広告にハサミを入れて握りしめ、木内デパートへと走る。「父さんが読んでからにしなさい」と叱られた子どももいたに違いない。

20060502210306.gif
金魚のぼり

当日の様子を伝える秋田魁新報によれば、木内デパートのほかに三店が、金魚一万匹を用意し、早朝から約五千名の子どもが長蛇の列をつくる賑わいぶり。早い子は五時に並んだ。五千匹の金魚を用意した木内デパートでは、行列が1000メートルにもおよび、整理の店員は大忙し。応援の警察官がでる騒ぎであったという。

他の店にも並び、数匹のかわいい金魚を手にして、水をこぼさぬようにと気をつけながら家路を急ぐ、子供らの姿が眼に浮かぶ。

20060502210248.gif
貰ひ来る茶碗の中の金魚かな 内藤鳴雪

午後からは、みんなで千秋公園の児童動物園に行こう。今日は小学生以下は無料だから。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 21:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

木内といえば、あのフォルクスワーゲンのデリバリーバンを使用していたのを覚えているでしょうか?車体の色は良く覚えていないのですが、(薄いベージュ色?)ボディーの横にはあの木内マークがありました。父の古い写真を探しているのですがみつかりません。デリバリーバンも前期型、後期型、がありもし分かれば模型を作るつもりです。

| 昭和28号 | 2006/05/09 22:04 | URL |

そういえばあれは、デリバリーバンでしたね。
かすかな記憶に残るそれは、クリーム色だったような気もしますが‥‥。

| たふらんけ。 | 2006/05/12 20:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/180-d0d4eb6c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT