二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウエハースパンと菱餅



カステラとクリームをウエハースでサンドした菓子パンは今でも売っている。しかし、初期のウエハースパンは、カステラなどという高級なものではなく、少し甘味のある、パンに限りなく近いものだった。それでも、その美味しさとカラフルな見た目で、子供たちには人気の製品であった。緑色と桃色のウエハースを使い、形は正方形や三角形のものもあったはず。

20060416225602.gif
新聞広告 昭和三十五年(1960)

駅前の久保田町に工場があった時代の、たけや製パンの広告。食パンが四十円。
一個十円のウエハースパンは「味覚の王様」だったのだ。

毎年、ひな祭りが近づくと、ウエハースパンのことを思いだす。
ひな祭りにお供えする菱餅の配色が、ウエハースパンとそっくりなためだ。

20060416225527.jpg

菱餅の配色については諸説があるが代表的なものは以下の説。
「緑」=草萌える母なる大地「陰」
「白」=穢れを知らぬ雪のような乙女の処女性
「桃色」=桃の花であり、大地を照らす父なる太陽「陽」

だから、菱餅をお供えするときは、緑色(陰・地)を下に、桃色(陽・天)を上にしなければならない。緑色(陰・地)を上にしたら本末転倒になる。

ウエハースパンの配色は菱餅を参考にしたのではないだろうか。だとしたらそれは、東西文化が融合した縁起の良い菓子パンということになる。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/172-0252e522

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT