二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

友川カズキはコトバを越える

ちまたでうわさの米国の動画共有サイト YouTube にて、いろいろと検索して遊んでいたら、八竜町(三種町)が生んだ鬼才、日本のオリジナル・パンカーとも称される、友川カズキ(旧かずき)の動画11本(06.11.01現在)を発見。



[YouTube]search=Kazuki Tomokawa

映画「IZO」の動画の一部に残酷シーンあり要注意。

「ワルツ」は2003年の渋谷アピアでのライブから。「生きているって言ってみろ」「一切合切世も末だ」「私の花」は、1993年、某民放局の生深夜番組で放送されたもの。

「一切合切世も末だ」には、元頭脳警察の石塚俊明、永畑雅人(ロケット・マツ)らのお馴染のメンバーのほかに、バイオリンの松井亜由美の姿も見える。

「from TV drama '71.」というタイトルの動画は、1971年、NHKで放映されたTVドラマ『さすらい』( 演出・佐々木昭一郎)に出演したときのもの。

「私の花」で使われているのは、数々のステージで、ときに打楽器のように酷使されてきたボロボロのギター。若いときのステージでは、唄うごとにギターの弦がちぎれて、その指先には血がにじんでいた。

一転して、曲の合間にくり広げられる秋田なまりのMCで、場内は大きな笑いにつつまれ、緊張と緩和、動と静、涙と笑いが交差するステージがくりひろげられるのだ。

20060406144605.jpg

Beta-lactam Ring Records: Satoru

米 Tiliqua Records から限定発売されたLPレコード「Satoru 」(サトル)が試聴できる米国サイト。解説もあり。

2003年にリリースされた、デビュー30周年企画盤CD13枚組「友川かずきBOX」から新録音の「サトル」を米国でアナログ化したもので、Tiliqua Records というレーベルを主宰するベルギー人は、友川の熱狂的なファンらしく、ライナー・ノーツも、ロンドン在住の音楽評論家・アラン・カミングスとともに担当している。

20060406144549.jpg

damonandnaomi.com mp3s

米マサチューセッツ州ボストンを拠点に活動するデュオ・ユニット・デーモン&ナオミのオフィシャルサイトで聞ける「My Flower」(フルサイズ)は、友川の「私の花」の英訳カバー曲で、2004年、吉祥寺Manda-la 2でのライブ音源。二人と親交が深い、ゴーストという日本人バンドが共演している。

このサイトでは「Watashi no hana」のビデオクリップも見られる。デーモンのギターの弾き方が、まるで友川のそれのようだ。

連続射殺魔・永山則夫の獄中ノートに書かれていた、「私の花はなんの花」のフレーズで始まり「黒い造花の花でした」で終わる詩に、友川が曲をつけた「私の花」は、93年に、約7年ぶりにリリースされた『花々の過失』に収録されているリリカルな曲。

2002年にツアーで来日したデーモンは、念願であった渋谷アピアでの友川ライブに来場し、友川のリクエストでこの曲を歌ったという。

友川の歌が日本語を解せぬ人々にいかにして受容されるのか。友川の吐き紡ぐ言の葉は、言語の障壁を越え、言霊(ことたま)となり、音霊(おとたま)となって、人の心にストレートに共鳴するのだろう。そこに理屈などいらない。

-----------

関連リンク

DAMON & NAOMI 日本語オフィシャルサイト

DAMON & NAOMI「Ueno Station」試聴
透明で浮遊感のあるサウンドを紡ぐ DAMON & NAOMIによる、アルバム「Earth Is Blue」には、友川と青森出身の三上寛に捧げられた「ueno station」という歌が収録されている。北の故郷と東京をつなぐ上野駅。郷愁漂うその歌は現代版「ああ上野駅」か。

美貌の魂!魂は時に絶叫する!友川かずき
ファンによるビジュアル豊富なプロフィル。

天才表現者ちあきなおみは今も尚我々の前に屹立する
友川とちあきなおみの関わりなど
先日NHK総合で、BSで放送された「特集歌伝説 ちあきなおみの世界」の再放送があり、77年の紅白歌合戦で、髪を振り乱し取り憑かれたかのように、友川が贈った「夜に走る人」を唄う姿も映されていた。そのあまりにも衝撃的なパフォーマンスに白組司会者は「なんとも気持ちの悪い歌ですね・・・」と、つい本音をポロリ。

-----------

関連記事
どこにもない絵・友川カズキ
産館ホールへ行こう

| 読む・観る・聴く | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/168-e4a43981

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT