二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

さようなら「赤バス」

三月三十一日、秋田市交通局が六十五年の歴史に幕を下ろした。

市交通局は、栗原源蔵(栗原組)の「秋田電車株式会社」を買収、電車七両、バス十六台を譲り受け、昭和十六年(1941)四月一日、秋田市交通課として誕生。市電は昭和四十年十二月三十一日の運行を最後に廃止。

20060401151857.jpg
北高校前停留所 昭和三十年ころ

市内大廻線・手形廻りのボンネットバスと、スラックスに長いコート姿の北高生。

20060401221332.gif
昭和二十六年・市内停留所

20060401151840.jpg
秋田大橋を走る市営バス 昭和三十年ころの絵葉書から

モノクロ写真を製版段階で職人が着色したもの。
モンペに頬被り姿の三人は新屋のカアサンたちだろうか、自転車、徒歩で渡る人も多い、時代を感じさせるのどかな風景である。橋の向こう側には国立農業倉庫(現・アトリエももさだ)と東北パルプ。

『広報あきた』から市営バス関連記事をふたつ。

楽しい旅に市営バスで!

風かおる旅の季節。ことしの観光旅行も快適な市営のロマンスカーをご利用ください。ことしは海を渡り北海道遊覧も受付中です。

▽日帰りコース
十和田湖 千円(昼食、船賃とも)
きみまち坂 五百円
男鹿めぐり 七百円(船賃とも)
乳頭-田沢 六百円(休料共)
象潟-白滝 五百円
小安峡 六百円
▽一泊二日コース
十和田(千七百円)羽黒山(千八百円)山寺(二千円)昼食、宿泊料とも
▽二泊三日コース
仙台、松島(三千五百円)昼食、宿泊料とも
▽七泊八日コース
北海道(一万六千五百円)船二等一切をふくむ。

『広報あきた』昭和三十三年五月一日号より

市営バスで楽しい海水浴

◇「かっぱ号」を特発
期間7月17日~8月21日まで

浜田・下浜行
秋田駅前発-午前9.30・10.00・10.30
浜田・下浜発-午後3.00・4.00・5.00
新屋浜行(川尻線)
秋田駅前発-午前8.55~午後5.35まで40ごと
新屋浜発-午後7.00・8.00
このほか当日の状況で、どしどし特発もしますのでご利用ください。

『広報あきた』昭和三十五年七月十五日号より

「ロマンスカー」は学校の遠足にも活躍した市営の観光貸切バス。昭和三十三年といえば公務員の初任給が一万円弱の時代。

海水浴シーズンは国鉄でも臨時列車を組み市民を運んだ。当時はまだ冷房装置はなく、定員オーバーで炎天下を走る車両は窓を全開にして海へと向かった。

昭和三十九年(1964)、ワンマンバスが導入され、黒いバックを提げて同乗していた車掌さんは姿を消していく。

昭和四十五年(1970)には、二百七台のバスを保有し、一日平均約八万人の乗客を運んでいるが、この時点ですでに約三億円もの累積赤字をかかえている。公共サービスであるために、運輸省が運賃を低くおさえていたことが赤字のおもな原因だが、その後はモータリゼーションの進展による利用者の激減が加速し、累積赤字はさらにふくれ上がるばかり。

20060401151823.jpg
木内デパート・切符販売所の跡

かつて電車の停留所があった木内デパート入口のボックスでは、バスの定期と回数券が売られていた。

赤字経営が続いていた路線バスは、平成十二年(2000)から順次、中央交通(青バス)への移管がおこなわれ、最終的には「交通局線」「県立プール線」「泉秋操線」の三路線に、バス十一台をのこすのみであった。

20060401151808.jpg

長いあいだ市民の足として親しまれた「赤バス」のすがたは、もう目にすることはできない。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 22:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

惜別市営バス

秋田市民の貴重な財産である市営バスが無くなり
大変残念です。
十数年前転勤で赴任した関東近郊の某市は
大手私鉄系バス会社の全面撤退で
バス路線そのものが無くなりました。
秋田市も市営バスが存在出来ないような街になったのは
残念です。
週末は家族でミニバンで郊外の
ショッピングモールに出掛けるような
生活はつまらないですね。
そう言う私も御所野のショッピングセンターへ
出掛けることは有りませんが
旧市内で買い物をすることも殆ど有りません。
市営バスに乗るのも年数回でした。

さて当方旧秋田市営色を復元したバスを
走らせています。
先日某自動車雑誌の表紙を飾りました。
宜しければご覧下さい。
↓八重洲出版『オールドタイマー』誌HP
http://www.kiwat.com/ot/

| 外旭川自動車商会 | 2006/04/02 12:35 | URL |

コメントありがとうございます。
外旭川自動車商会さんがレストアされた小豆色のバス、
うわさは耳にし、サイトも拝見しておりました。
味わい深い色彩に塗装されたレトロな車体には、ほれぼれとしてしまいます。

市営バスの最終便は別れを惜しむたくさんのファンが集まったようですね。
この日ばかりは、全盛時代の市営バスが蘇ったようで、
長いあいだ勤めてきた職員さんたちにとっても、感慨深いものがあったのではと思います。

| たふらんけ。 | 2006/04/02 18:19 | URL |

当方むかしの写真はたくさんあるのですが、勉強不足でのせる事ができません。バスとか出来事とかいろいろあります。そのうちに・・。それはそうと市営バスは去年から数台ずつ中央交通カラーに塗り替えられてました。この作業はもう少し続きそうです。あきたいすずさんが4月18日に臨海の新社屋に移転します。現社屋の整理も進んでいるようで古い貴重なものまですてられないといいのですが・・。

| 昭和28号 | 2006/04/05 22:51 | URL |

JTB出版『バス黄金時代』

たふらんけ様、昭和28号様こんにちは。

秋田のバスは『進駐軍払下トラック改造バス』と『天然ガス』をキーワードに他地域とは異なる歴史と車両が存在していました。
未だに昭和20年代~30年代に掛けて謎のクルマが多数存在するようです。
私も頂き物のバス古写真を色々所有していますが著作権の関係上残念ながら公開することは出来ません。
昭和28号様の資料も是非拝見したいですね。
暖かくなったらバスで『走るオフ会会場』としてバスを提供しますので是非皆さんで集まりませんか?

さて下記書籍に昭和41年、秋田駅前で走行中の市営バスがカラー写真で掲載されています。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4533061761/250-5155579-2966633

著者のお一人は私の師匠並びにバスの専務車掌でもあります(笑)。
市内書店店頭には並んでおりませんが、機会が有りましたら是非ご欄下さい。

| 外旭川自動車商会 | 2006/04/06 12:47 | URL |

外旭川さん今晩は、何時ぞやの大回り線は楽しい思い出になりました。写真と記憶を残しておきたいと思ってます。いま、いすゞさんの引越しのドサクサの中、古いもの探していますがなかなかでてきません。だいぶ前から不要なものは、捨てられていたようです。もし残っていたらキープしておきます。今、中央交通さんではバスのメンテナンス、人員の割り振りで大変な様です。1日数台整備していかないと安全確保ができないそうです。市民の足の安全、中央交通さんお願いします。

| 昭和28号 | 2006/04/06 20:25 | URL |

赤・青バス

高校生の頃、
山王大通り(現在:竿燈大通)
「赤」来た「青」来たと呼んでいました。
バス定期券が「赤」しか乗れず、
不自由な思いをした記憶があります。

「赤」無くなりましたか・・・哀しいです。
今はバスに乗ることはほとんど無いのですが。
一度だけ、三平バスに乗ってみたいですね~
青バス中央交通、頑張って!

| かず | 2006/04/09 09:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/167-635e4aaa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT