二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

石川達三と冬の落とし穴

ドシアナ(落とし穴)つくりは、子どもの遊びの定番だった。

原っぱに数人が集まり、子どもがすっぽり入るくらいの深さに穴を掘り、そこに枝を渡し、その上に新聞紙をのせ、さらに土をかぶせ草を散らしてカモフラージュする。積雪期はカモフラージュもしやすく、つくった自分たちでさえ、その場所が分からなくなるほど。

そしてターゲットとなる誰かを呼びだし、仕掛けた穴までうまく誘導して落とすのだが、ともすれば落とし穴をつくった仲間の誰かが、あやまって落ちてしまうという間抜けな事態も発生する。

20060126213442.gif

いつも遊んでいた原っぱは、埋立地だったせいか、深く掘ると水がしみ出してくる、落とし穴には最適な場所で、さらに穴のなかにションベ(小便)のオマケを加えたりもした。そんなふうにしてできあがった落とし穴に、自ら落ちるというみじめな失態を、幼いころに秋田市楢山裏町に暮らした石川達三*も体験している。

 雪が深くなると、人の通る道はようやく三尺くらいの幅になって、その両側は四五尺にも及ぶ雪の土手であった。この土手の上が子供たちの遊び場である。さいかちという植物に生る豆のさやが、どこの家の台所にも置いてあった。物を洗うのに使う。そのさやを持ち出して、私たちは雪の中で叩く。すると雪が真紅に染まるのだった。また、新しく降った雪にサッカリンをまぜて食べたこともあった。
 或るとき私は近所の子と二人で、この雪の中に陥し穽をつくった。大きい子供たちは学校へ行ったあとで、このはるかな雪道で遊んでいるのは私たちだけであった。陥し穿をつくる方法や、その面白さは、大きい子供たちの仕事を見て知っていた。二人は雪の中に二尺ばかりの穴を掘りあげ、それから穴の中に小便をした。これも大きい子供の真似であった。うっかりして穴に落ちた人は、そこに小便をしであるのを見て、一層くやしがるに違いない。そういう悪智恵だった。
 それから私たちは生垣の卯の花やうつぎなどの小枝を折って穴の上にならべ、さらにその上に静かに雪をのせた。するともはや穴がどこにあるのか完全に解らなくなった。きっと誰かが落ちるに違いない。‥‥‥そして、それから一分も経たないうちに、いきなり私の足もとが崩れ、自分の造った穴の、自分の小便の上に、私自身が落ちた。この時の、歯噛みするような口惜しさを私はいまだに忘れ得ない。原因は自分にある。誰に抗議することも出来ない。それが教訓だった。他人にかけた呪いが、私自身の上におちて来たのだ。(人を呪わば穴二つ‥‥‥)という諺を聞くたびに、私は必ずあの時の失敗を思い出す。胸が煮えるような口惜しさのやり場がなかった。‥‥後略‥‥

石川達三『私ひとりの私』 昭和四十年 文藝春秋社 より

>>雪が深くなると、人の通る道はようやく三尺くらいの幅になって‥‥‥
一尺は約30cm、自動車の無い時代だから、馬ソリの通らない小路は箱ゾリが通れるほどの巾があれば十分だったのだろう。道の両側には寄せられた雪が1.5メートルほどになったというから、この時代は今年のような豪雪が、さして珍しいものではなかったのだ。

>>新雪にサッカリンをまぜて食べる‥‥‥
というのはやったことがないが、新雪をコップに入れて、渡辺のジュースの素(粉末ジュース)をふりかけ、まぜて食べたことがあった。

>>生垣の卯の花やうつぎなどの小枝を折って‥‥‥
正確にいえば、ウノハナはウツギの別名、達三がいうウノハナは、ユキヤナギのことだと思う。自分の生家にもユキヤナギがあって、それを皆がウノハナと呼んでいた。生垣のある家は今も楢山に多い。

20060126213425.jpg
楢山裏町・石川達三の旧家近く

*石川達三
明治三十八年、横手市に生まれる。父が秋田中学校(現・秋田高校)の教頭に転じたことから、三歳から七歳までのあいだ秋田市楢山に暮らす。ブラジルへ移住する秋田の小作農の一家を主人公にした小説「蒼氓(そうぼう)」で昭和十年に芥川賞を受賞。昭和六十年、七十九歳で死去。


| 秋田市今昔 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/150-c5c990c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT