二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昭和レトロ建築「港の銀水」


港の銀水
秋田市土崎港中央通り

昭和十年(1935)、土崎港町永覚町に銀水食堂として開業、昭和二十三年(1948)、現在地に新築移転。七十年のあいだ港っ子に愛され続け今に至る、レストラン兼割烹。

シンプルながらも、箱看板の店名ロゴの配置と配色など、建物全体が醸し出す、昭和の大衆食堂的レトロ感が良い。この通りには同じく昭和二十年代に建てられた商店が数軒あり、その店名もよく似た箱看板なのは、同じ施工業者の手によるものと思われる。

20051125223224.gif
昭和二十五年「月刊さきがけ」広告

レトロな手書き文字の「外食券食堂」が眼を惹く。

戦中戦後の配給制度の時代、配給された外食券を持参しなければ、食堂で米の食事が出来なかった。食堂側は客から受け取った食券を、役所でその分の米と引き換えるシステム。昭和二十一年、秋田駅前のバラックに誕生した、今となっては伝説の「食堂まんぷく」も、外食券食堂だった。

昭和二十二年には、外食券食堂、旅館、喫茶店を除き、全国の飲料店の営業が停止されたが、ほとんどの店ではヤミで営業を続けたのはいうまでもない。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

[太字]いつも楽しく拝見しております。
いつまでもがんばってください。

| Joe | 2005/12/01 18:58 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2007/12/06 19:07 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/133-b9076f44

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT