二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋田県アホ・バカ分布図

20050113202657.jpg

この図は1991年に、朝日放送「探偵ナイトスクープ」のスタッフが全国市町村の教育委員会に配付したアンケートをもとに作成した「全国アホ・バカ分布図」の一部。

バカとアホの境界線はどこにあるのか、という視聴者からの疑問が発端になり、分布調査は全国に展開し、異例の長期シリーズ化。その年の放送賞を総なめ。言語学の素人であるスタッフによる取材結果は学会で発表され、その後出版された「全国アホ・バカ分布考」はベストセラーになった。

秋田県内で使われている主なものは、ホンジナシ系、バカ系、ハンカクサイ系、タクラダ系。

    バカ(バガケ)系
三日月  ホンジナシ系
    ハンカクサイ系
    タクラダ(タクランケ)系

「ホジナシ」のホジは仏教用語の「本地」(仏・菩薩の本来の姿)から来ていて、後に「正気・本心」という意味に使われた。つまり「ホジナシ」は、その本地(正気)が無い者、しっかりした意識が無いヤツを意味する。秋田では子供に「ホジついてきたなぁ」(しっかりした子供に成長してきたな)とも使われる。

バカ系はややこしいので省略。

「タクランケ」は室町時代の京都人が中国に実在すると信じていた、麝香鹿そっくりな動物「田蔵田・タクラダ」から発生したことば。中国の猟師に高価な麝香鹿と間違って殺され、捨てられてしまうマヌケで愚かで悲しい動物。

「ハンカクサイ」のハンカは「半可」。「バガケ」「ホジナシ」「タクランケ」は京都から広がった中世のことばだだが、これは江戸で生まれた比較的に新しいもので、吉原の遊女が通人ぶった客の野暮ったさを皮肉る「半可通」の「半可」が語源。秋田では「小生意気」とか「キザ」の意味合いで使われることが多い。

全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路
松本 修

新潮社 1996-11
売り上げランキング 28,774
おすすめ平均 


| 読む・観る・聴く | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/13-e138ebe2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT