二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

背を伸ばす機械あり升

近現代日本における通販広告の歴史は、コンプレックスの歴史といっても過言ではないほど、人間の劣等感に訴えかける、いわゆるコンプレックス系広告は数多い。

その代表的なものが「伸長器」という背を伸ばす器具。昭和三十年代から四十年代の少年雑誌には、毎号かかさず掲載されていたので見覚えのある方も多いと思う。

20051030232115.gif
TK式身長機 昭和三十年代

首と足首をベルトで固定して、自力で牽引するイタイタしい姿が悲哀を感じさせる。
他の方法で失敗した岐阜の山田義男君(20才工員)は、これで「5ケ月間に12センチも伸び、しかも座高1センチ脚11センチの割で伸び、スタイルもよくなり悩みも解消して人生に希望が持てるようになった」のだという。そりゃよかったねぇ山田君。

20051030232100.gif
MM式身長機 昭和四十年 少年サンデー

キャッチコピーと、一寸法師のイラストが効果的な、切実な少年の悩みに対するQ&A形式の広告。

昭和三十七年、医学的に効果のない牽引式の身長機は、不当表示に当たると判断されたこともあってか、広告表現は上記のものから変わっているが、「骨端軟骨の圧縮変形を取り除いて……カイロプラクテック療法をとり入れてあなたの背がグングン伸びる」うんぬんとあるから、上の器具と同じく牽引式に違いない。

背が伸びるばかりではなく、「胃腸病神経衰弱を治し頭脳明快にするように研究された」器具なんだそうだ。なんてスバラシイ発明なんでしょうねぇ。

身長機の歴史を遡るとこんな広告がある。

20051030232047.gif
昭和三年 朝日新聞

こちらは縦型のようで、バネとハンドルらしき構造がある牽引式の器具。「社会局より有功証を受け出張使用にも応ずる」という。着物の女性は大きくなった男に驚き口を開けて見上げているのだろうか。「大男になる」の見出し活字が眼を惹く。

20051030232033.gif
大正十一年 文芸春秋

これはひょっとして牽引式身長機の元祖か?
マッチョな大男と、みすぼらしき小男の比較、これぞまさしく誇大広告なり。

「国家的実益の大発明」「公益普及の為、希望者に背の伸びる迄、無料で貸与」と自信満々なのは、売るほうもまだ、その効果を信じて疑わなかった為かも知れない。

少年雑誌の通販広告には「背の高くなるクスリ」なる商品もあったが、その説明書には「毎日牛乳と一緒に服用して下さい」という、悩み多き青少年にとっては非常に残念な注意事項が記されていたという。

体を固定して上下から牽引する身長機は、関節にダメージを与え炎症を起こすとして発売禁止となり、また「背が伸びる」という表現も法規制により禁止され、この手の広告は誌上から姿を消してしまうのだった。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/126-18dda9b3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT