FC2ブログ

二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

風見鶏型NTT洞道換気塔・秋田市民市場通り

▼秋田市内のNTT洞道換気塔(2)

NTT換気塔▲2020.10

紙屋小路にNTT洞道(とうどう)換気塔が建設された約10年後、電電公社が民営化されてNTTとなった昭和60(1985)年に設置された、風見鶏型の換気塔。

NTT洞道換気塔とは、前回の記事「紙屋小路のNTT洞道換気塔・大町四丁目小路」で解説したように、通信ケーブルが収納された洞道と呼ばれる地下深くにあるトンネル内で、保守・点検に携わる作業員を、酸欠事故から守る安全装置のひとつ。

市民市場通りと南大通りが交差する中通六丁目交差点に近い、和楽器の「梅屋」前、市道沿いの歩道に建つ当物件は、紙屋小路の換気塔とは換気方式が異なり、近づいても換気音(モーター音)は聞こえない。

NTTは当初、紙屋小路の換気塔のような実用性を重視したものを建てるつもりで、市に道路占用許可を申請するも、美観上好ましくないとの注文がついたため、風見鶏を換気塔に乗せたデザインに変更。

南大通り(旧・南通り)の拡幅工事にともない、交差する中通六丁目交差点から北側の歩道も、景観を考慮したカラーブロックで舗装されたため、配色もそれに合わせている。

本来の風見鶏(風向計)のように、鶏の部分を可動式にする予定だったが、近くに建造物や電柱があり、この高さでは風が当たらないため固定式にした。

ちなみにE・W・S・Nの方位はデタラメ。

NTT換気塔▲換気塔から「NTT東日本秋田支店」の無線鉄塔を望む 2020.10

秋田市民市場通りの洞道の規模・位置などに関する情報は、非公開なため不明だが、昭和59(1984)年に「秋田電報電話局中通局」(現・NTT東日本秋田支店) の新棟を増設しているので、その増設工事に合わせて局舎の地下から換気塔のあたりまで洞道が造成されたのだろう。

NTT換気塔
▲2011.10

換気塔の隣りに建つ電柱に、地下から延びる通信ケーブルが見える。

平成19(2007)年度から平成23(2011)年度にかけて、中通六丁目交差点から広小路交差点まで、電線類地中化工事が行われたため、上掲画像の電柱は撤去された。

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

川端たぬきさん、今晩は。毎日の通勤路なのに全く気付いて居ませんでしたが、記事を見て本日気付く事が出来ました。迂遠な読者です。

| 洋 | 2021/04/21 18:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/1150-0498ee45

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT