FC2ブログ

二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1986 キャッスルプラザに透明エスカレーター登場

▲キャッスルのシースルーエスカレーター

秋田キャッスルホテル
▲2015.11

秋田キャッスルホテル
▲2019.05

秋田キャッスルホテル
▲2019.05

今回は「秋田キヤッスルホテル」広小路側の、サンルーム型シースルーエスカレーターのお話し。

1986(昭和61)年6月、その初期形態であるチューブ型シースルーエスカレーターが登場する。

シースルーエスカレーター
▲1986(昭和61)年 新聞広告

当時の「秋田キヤッスルホテル」(旧・秋田第一ホテル) 商業棟の名称は「キャッスルプラザ」(旧・秋田プラザ) 。「秋田プラザ」時代のことは文末の関連記事に。

シースルーエスカレーター

シースルーエスカレーター

知性が、ぐぐっと接近・・・。東北では新登場のシースルーエスカレーターは「知性のワンダーランド」3階への、とても便利な近道です。

ビデオホール誕生!
3F・キャッスル新星堂店内に、100インチのビデオプロジェクター装備の本格的なビデオホール完成。
6/21(土) 2:00pm〜 MUSIC FLASH & 渡辺美里
6/28(土) 2:00pm〜 DAYS VIDEO CONCERT

「知性のワンダーランド」とは、なんとも大袈裟なコピーだが、当時カルチャー・フロアであった3階へ直通する「東北では新登場のシースルーエスカレーター」の誕生と同時に「キャッスル新星堂店」内に「ビデオホール」オープン。最新のMVが無料で見ることができた。カルチャー・フロアの変遷などは後半で。

「キャッスルプラザ」の初期形態のチューブ型シースルーエスカレーターを製作するにあたって手本としたのは、1983(昭和58)年、東京都練馬区東大泉にオープンしたショッピングセンター「プラッツ大泉」のシースルーエスカレーターだろう。

シースルーエスカレーター
▲プラッツ大泉(西友 リヴィン オズ大泉店)

外壁を這うように配置された、SFチックなチューブ型エスカレーターが印象的だ。

チューブ型シースルーエスカレーターの起源をさかのぼると、1977(昭和52)年、パリに落成した「ジョルジュ・ポンピドゥー国立芸術文化センター」に到る。

シースルーエスカレーター
▲ポンピドゥ・センター

工事の足場が組まれまま残されたような外観の「ポンピドゥ・センター」の造形は当初、批判の的となった。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Photo de fête ! @with_a_kayyy #CentrePompidou40

Centre Pompidou(@centrepompidou)がシェアした投稿 -

 

▲「横浜そごう」との業務提携後サンルーム型エスカレータに

1991(平成3)年、チューブ型シースルーエスカレーターが現在のサンルーム型に改装される。

この年、経営不振がつづき、リニューアルを重ねていた「キャッスルプラザ」は「横浜そごう」との業務提携を開始。

それまでビル全体の運営を行っていた「秋田ビル」は、商業棟である「キャッスルプラザ」の運営を「横浜そごう」に委ねる。

「横浜そごう」100%出資の現地法人「秋田アレックス」を設立。「都心のセンスあふれるおしゃれなファッションスクエア」をコンセプトに全面改装。高級婦人既製服を中心とした品揃えで、1991(平成3)年9月リニューアルオープン。

それまでのチューブ型シースルーエスカレーターの外観がコンセプトにそぐわなかったためか「キャッスルプラザ」のリニューアルに際してサンルーム型に改装された。

それまで、書店、CDショップ、ソニーショップなどが入るカルチャー・フロアであった3階は、銘菓・日用品・寝装品・食料品・贈答品などを扱う「そごうギフトショップ」が大半を占めるようになり、目当ての店もなくなった自分は、ほとんど入館することがなくなってしまった。

▲キャッスルプラザ3階のテナント変遷

キャッスルプラザ(旧・秋田プラザ)3階のテナント変遷から、最初期と80〜90年代初頭を抜萃してみる。

1970(昭和45)年7月「第一ホテル・秋田プラザ」が入居する「秋田ビル」オープン。

開業当時「秋田プラザ」には衣料品の「辻兵」「森長」「佐々忠」菓子補「榮太楼」「かおる堂」駅前の「金萬」「マルシメ鎌田」「金鳥園」など、秋田市内の有名商店を中心に70店ほどが名を連ねたが、数年後にはその多くが撤退。

  • 開業当初、1970(昭和45)年の「秋田プラザ」3階テナント
  •  
  • ゲームセンター「金万遊園」(金萬)
  • お好み大食堂「○〆(マルシメ)鎌田」
  • 総合家庭用品「ボンマート」
  • 「なめかわカメラ」
  • 「タキタ美容室」
  • 「秋田プラザ家具部」
  • 和風レストラン「串一」
  • 催事場

まだカルチャー的なものは催事場だけだが、1階に「三浦書店プラザ店」が入居している。

1981(昭和56)年12月「秋田プラザ」を「キャッスルプラザ」と改名。

昭和60年代初頭「キャッスルプラザ」3階の催事場およびコミュニティ広場でアイドルによる物販、また「FM秋田」の番組「スプラッシュサウンド」の公開録音なども行われている。

  • 1986(昭和61)年5月「山瀬まみ 歌とサイン会」
  • 1987(昭和62)年3月「酒井法子 歌とサイン会」

父親の転勤で「秋田城南中学校」に在籍したことがある山瀬まみ。その父親が支店長を務めていた「森永レストラン」は、山瀬まみ来秋時、「マルサンショッピングセンター」から「キャッスルプラザ」2階に場所を移し、南欧風レストラン「morinaga カプチーノ」の店名で数年間営業していた。

  • 1987(昭和62)年3月「キャッスルプラザ」3階テナント
  •  
  • キャッスル ブックセンター
  • キャッスル 新星堂(レコード・CD・ミュージックテープなど)
  • キャッスル ロックイン 新星堂(楽器・スタジオ)
  • キャッスル フォト(カメラ・DPE・スタジオ)
  • ソニック プラザ(SONY製品 オーディオ・ビジュアル)
  • コーヒーショップ ブラジル
  • キャッスルホール(催事場)
  • ビューティーサロン・タキタ(美容・着付)
  • キャッツ(ファンシー雑貨)

カルチャー・フロアとして最も充実していた時期。のちに「ソニック プラザ」は名を変えて保戸野学園通りに移転。

1・2階はブティック、雑貨など、大半が女性向けの店。

  • 1991(平成3)年11月「キャッスルプラザ」3階テナント(横浜そごう時代)
  •  
  • そごうギフトショップ キャッスルプラザ
  • ソシエ・レディスクラブ秋田(エステサロン)
  • シェイプアップスタジオ・ミューズ
  • キャッスルギャラリー
  • その他

「横浜そごう」が「キャッスルプラザ」の運営から手を引いたのち、1〜3階の商業棟は「キャッスルズアーケード」と改名。

2011(平成23)年の大幅なリニューアルで、2階が複数の医療施設で構成される「メディカルモール」となってからも、一部を「キャッスルズアーケード」と称していたが「秋田キャッスルホテル」のホームページを見ると、現在は「キャッスルズアーケード」の名は消え「秋田キヤッスルホテル 館内施設」に分類されている。現在のテナントは下記関連リンクに詳しい。

最後に、今ではほとんど使われることもなくなった、シースルーエスカレーターの画像を。

秋田キャッスルホテル
▲2019.09 三菱製エスカレーター

秋田キャッスルホテル
▲2019.05

秋田キャッスルホテル
▲2019.05

エスカレーターの運行は2階まで、3階へ向かうエスカレーターは停止中。

秋田キャッスルホテル
▲2019.05 千秋公園を望む

秋田キャッスルホテル
▲2006.12

向こう側に「木内」の側面。上掲画像に写る 1991(平成3)年の改装時に設置されたシャンデリアは今、取り外されている。

秋田キャッスルホテル
▲2018.12

秋田キャッスルホテル
▲2019.10

秋田キャッスルホテル
▲2018.09

秋田キャッスルホテル
▲2010.05

秋田キャッスルホテル
▲2015.10

秋田キャッスルホテル
▲2016.04

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

川端たぬき様今晩は。キャッスルプラザの記事掲載拝興味深く見しました。私が中学生の頃、3階ゲームセンター前にスタンドの焼そばコーナーがありまして、旨くて小遣い握って通っておりました。
さて今回記事とは無関係ですが、旧大嶋商会の移築保存です。大町一丁目ジャズ喫茶ロンド脇の土地に建設中(敢えて建設中)の旧大嶋商会はレプリカでした。先週末、工事関係者に伺ったところ、重要文化財等の指定があれば別だったかも知れないが、市の予算云々。とても石積み且つレンガアーチの本物を移築保存は無理だったとの事でした。
内部はコンクリート、外装はそれらしくのレプリカ工事でした。
まずはお知らせまで。

| 洋 | 2020/10/05 18:44 | URL |

Re: 大島商会

その焼そばコーナーはマルシメ鎌田の経営でしょうね

大島商会は当初の計画では移築でしたが、移築となると費用がかかりすぎて、予算オーバーになったんでしょう

それでも石材など建材の一部は再利用されると聞いているので、レプリカであっても、まあ建物の面影が残れば良いのではないかと思います

| 川端たぬき | 2020/10/05 20:48 | URL | ≫ EDIT

キャッスルプラザ懐かしいです。
私にストライクだったのは広告のキャッスル新星堂ビデオホール誕生!の記事。
オープン当日の「MUSIC FLASH & 渡辺美里」を見に行っていたんです。
薄暗い室内は満員で、後ろの方で立ち見でした。
「そういやキャッスルで渡辺美里のMV見たよなぁ・・・」なんていう漠然とした思い出が年月日付きで蘇りました!ありがとうございます!

| 梅 | 2020/10/07 17:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/1143-1ffcc3d4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT