二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昭和・平成「公衆電話スペース遺構」川反編

秋田市の歓楽街・川反(かわばた)にある飲食ビルで、昭和・平成の「公衆電話スペース遺構」を発掘する。

かつて規模の大きい飲食ビルの一階ホールには公衆電話が置かれ、利用者は待ち合わせの連絡を取り、タクシーや代行車を呼んだ。

携帯電話の急速な普及により、いつの間にか公衆電話が撤去され、無用の長物、前時代の遺物と化した「公衆電話スペース」の今を見る。

公衆電話遺跡
▲2019年撮影(以下同)

●台座素材:御影石

宙に浮く赤御影石の台座がシンプルで美しい

公衆電話遺跡

公衆電話遺跡

●台座素材:スチール・ピアノブラック塗装

台座の下に電話帳収納スペースあり

公衆電話遺跡

●台座素材:鏡面仕上げステンレス

米国の彫刻家 Bill Mack による 3Dレリーフ作品とともに

公衆電話遺跡

●台座素材:御影石

最後は川反のなかで最大規模、三連の「公衆電話スペース遺構」

公衆電話遺跡公衆電話遺跡

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/1131-6e34c366

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT