二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昭和残影・色と音と光の専門店「デンキヤ」秋田市中央通り

デンキヤ
▲旧「デンキヤ」ビル 2015.06

秋田市中通三丁目、中央通りに面した旧「デンキヤ」ビルが、竣工から約50年経過した2019(令和1)年6月に解体された。

デンキヤ

デンキヤ
▲2019.05

デンキヤ
▲1970(昭和45)年6月 新聞広告

1970(昭和45)年6月17日、家電販売店「デンキヤ」オープン。

電気屋に「デンキヤ」とは、なんともストレートなネーミングだが、印象的で覚えやすい良い店名だと思う。

同店を経営したのは、山王大通りに本社を置く、三菱電機代理店「菱明三菱電機機器販売」。

菱明三菱電機機器販売
▲菱明電機機器販売株式会社 2017.07

デンキヤ
▲1970(昭和45)年8月 新聞広告

「お買いあげ10,000円以上の方を北島三郎ショー ご招待」サブちゃんはまだ30代前半。

17形(17インチ)カラーテレビの現金正価(現金一括払いで購入した場合の希望小売価格)が 157,000円(デンキヤ価格122,000円)15形で現金正価 129,000円(デンキヤ価格98,000円)と、公務員の初任給(基本給)が36,000円ほど時代、おいそれとは手が出せない高額商品。そのため分割払いで購入するのが普通だった。

三菱カラーテレビ高雄▲1970(昭和45)年

同じ1970(昭和45)年の三菱カラーテレビ「高雄」19形の現金正価は197,000円。

1969(昭和44)年末時点の秋田県内の白黒テレビ普及率が89.9%なのに対して、カラーテレビ普及率はまだ14.2%。

70年代、カラーテレビの普及率は年ごとに倍増、量産が進むにつれ価格は下がりつづけた。

デンキヤ
▲1970(昭和45)年10月 新聞広告

秋田で初めてのスピーカー制作コンクール

パイオニアスピーカー PIM-16A(ロクハン)を¥1,700を特別価格¥1,000でおわけします。作り方はあなたの自由です。ユニークで優秀な音のスピーカーシステムに完成させてください。お寄せ頂いたスピーカーは全部メーカー専門工場で測定し、順位を決め後日表彰、豪華賞品を差しあげます。

パイオニアの名器、16cm フルレンジ スピーカーユニット PIM-16A を使った、自作派オーディオマニアをターゲットにした、スピーカーシステム制作コンクール。パイオニアの主催で全国で開催された。

デンキヤ▲1972(昭和47)年6月 新聞広告

2年前の1970(昭和45)年の広告と比べると、三菱17形カラーテレビの現金正価が 157,000円(デンキヤ価格122,000円)だったのが、現金正価126,000円(デンキヤ価格98,000円)と実売価格で10万円を切っている。

さらに、10万円以上のカラーテレビを買うと古いテレビを25,000円で下取りするサービスも。

そのほか、三菱カラーテレビ「高雄」20形が現金正価149,000円(デンキヤ価格124,000円)。三菱14形ポータブルカラーテレビの現金正価89,800円(デンキヤ価格76,000円)。白黒テレビで最も安いのは、ビクター12形白黒テレビ 定価29,000円(デンキヤ価格22,000円)。

デンキヤ
▲1974(昭和49)年1月 新聞広告

菱明OA電算事業部
▲1983(昭和58)年12月 新聞広告

1983(昭和58)年12月、廃業した「デンキヤ」跡に「菱明三菱電機機器販売」OA電算事業部が新事務所「コンピュータ」を開設、一階に各社オフィスコンピューター等を展示するショールームを置く。

三菱MULTI16▲1983(昭和58)年 雑誌広告より

●16ビット●日本語●オンライン
三菱パーソナルパソコン
MULTI16

8インチモデル

MP-1622
モノクロディスプレイ、主記録装置192KB
標準フロッピーディスク2台、標準キーボード
93万円(標準価格)

MP-1625
カラーディスプレイ、主記録装置256KB
標準フロッピーディスク2台、標準キーボード
113万円(標準価格)

「デンキヤ」跡に「コンピュータ」が開設された年、三菱から発売されていたパソコンMULTI16シリーズ。パーソナルパソコンとあるが、個人向けではなく、主に業務用に使われた。

8インチ8色カラーディスプレイ・メモリ256KB・8インチ2Dフロッピーディスク×2で113万円。ハードディスクは内蔵されず、オプションで追加できる外付ハードディスクの容量は20MBで、価格は30万円ほど。

同年のMULTI16シリーズで最も安価なMP-1601Sは、5インチモノクロディスプレイ・メモリ128KB・5.25インチ2Dフロッピーディスク×1で53万円。

8インチは小型タブレットサイズ、5インチといえば、小さめのスマホのサイズだ。

デンキヤ
▲2018.09

「コンピュータ」時代にビルの側面に掲示された「三菱コンピュータ」の文字は、西隣にビルが建ったことで隠れてしまったが、ビルの狭間に注目すると、三菱の赤いロゴマーク・スリーダイヤがチラリと顔をのぞかせている。 

デンキヤ
▲2004.02

「コンピュータ」撤退後、2000年初頭、一階にコンビニ「ローソン」が短期間入居。

上掲画像、旧「デンキヤ」ビルの小路を隔てた東隣に見える呉服店、旧「きもの有坂」ビルも2018(平成30)年に解体されて、今は駐車場になっている。


▲家電販売店「デンキヤ」跡

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

川端たぬきさん、今晩は。先週大町一丁目の京や、さんにお邪魔して一杯やって参りましたが、途中更地を見つけて"はて何のビルがあったのかな"と思った今回記事の旧デンキヤさんだったのですね。 私は着物の有坂さん跡かと思っていましたが、隣でしたか。 有坂さんのCM"着ては勿論、眺めて無論"も聞かなくなって久しい昨今です。

つとに御存じとは思いますが大町一丁目の京やさん、旨くてお手頃価格です、ジャズ喫茶ロンドさんの向かいです。 料亭玉美さんも隣にありましたが、今は昔となりました。

| 洋 | 2019/07/26 18:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/1129-dbde047e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT