二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昭和残影「オリンピック釣具店」川反一丁目

2019年6月初旬のこと、通町通りから川反通りに入ってすぐ、目の前の町並みに何か違和感をおぼえた。

オリンピック釣具店跡▲秋田市川反一丁目(大町一丁目) 2019.06

しばらくシャッターが閉じたままの状態が続いていた「オリンピック釣具店」が、2020 東京オリンピックを待たずして解体されて、駐車場に様変わりしていたのだ。

オリンピック釣具店 ▲川反一丁目 2004.03

オリンピック釣具店 ▲2004.03

もう50年近く、川反一丁目のシンボル的存在であった、壁面に大きく「つり具」と、丸ゴシック体で描かれた、アイキャッチ効果抜群の看板は、店舗改装の際、手を加えずに保存されたが、二階に新設された窓で文字が分断された。

オリンピック釣具店▲2010.08

オリンピック釣具店 ▲2018.11

オリンピック釣具店 ▲昭和33(1958)年

1955(昭和30)年「オリンピック釣具店」創業。その当時北隣に、湖沼や河川から切り出した天然氷を貯蔵する氷室(ひむろ)が残されていたが、その話はまたいつか。

店名の由来は「植野精工」が手がけたリールの人気ブランド「オリムピック」(オリンピック) だろう。ブランド・マークは「五輪にトビウオ」。

植野リール製作所 ▲昭和12(1937)年「植野リール製作所」広告

植野リール製作所
▲昭和18(1943)年「植野リール製作所」広告

日本におけるリール製造のパイオニアで「ダイワ精工」と双璧をなす釣具メーカーであった同社は、1961(昭和36)年「オリムピック釣具」次いで「オリムピック」と改称、1992(平成4)年「マミヤ光機」と合併し「マミヤ・オーピー」となるが、2000(平成12)年、釣具事業から撤退。

大阪に本社を置き、釣具・ゴルフシャフトなどを製造販売する「オリムピック」は「マミヤ・オーピー」の和歌山県すさみ工場を引き継ぎ、2001(平成13)年に創業された別会社だ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まぁくん。さん(@mar_kun358)がシェアした投稿 -

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

cafezukiさん(@cafezuki6035)がシェアした投稿 -

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

懐かしい画像をいつも楽しみにしています。
名古屋在住の秋田人です。

入り浸っていた野村教材社、なぜか。かわいがってもらった鈴木写真館のおじいさんに、就職のときの写真ときのを撮ってもらったにことなど思い出します。

| - | 2019/06/29 10:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/1127-ed5f9cff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT