二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

消えゆく赤「ぢ」看板

山田相談薬局ホーロー看板
▲秋田市旭北栄町(消失家屋)2005.02 

赤い“”文字が眼を惹く「山田薬局」の看板。

「赤ちゃん用品 育児相談 ひふ病で評判の」とキャッチフレーズがある「山田薬局」(現・山田相談薬局) の住所、秋田市大町に「旧大工町」と旧町名が添えられている。

秋田市の町名が旧町名から新町名に変わったのが1967(昭和42)年。秋田局の市内電局番が二桁になったのは1969(昭和44)年だから、昭和40年代中期に設置されたものだろう。

昭和の街角によく見られた「」看板や痔薬の広告も最近あまり見かけなくなった。

船木薬店
▲秋田駅前・広小路「船木薬店」(消失店舗)2004.02

現代仮名遣いで「痔」のふりがなは「じ」が正解。しかし痔薬においては歴史的仮名遣いである「」が伝統的に使われている。

「痔」を表現するには「じ」よりも「」のほうがふさわしく、圧倒的に訴求力がある。

」は日本でいちばん短いひらがな文字看板。ひらがな一文字で通じる看板も珍しい。赤文字の「」は「血」に通じ、そのふくらんだ形状は「イボ痔」のようでもある。

昭和の元祖「」看板といえば「ヒサヤ大黒堂」のネオン看板。↓

上掲画像は銀座の夜に輝くネオンサイン。太く力強い「」の濁点が飛び散る血液のようでダイナミック。

慶長16(1611)年創業という「ヒサヤ大黒堂」の薬品は一般の薬局では取り扱わず、直営店と通販のみで販売。昭和40年代から新聞広告を大量に掲載し、各地に支店を拡げ、香港支店に「」のネオン看板を出すまでに成長するが、現在はその規模を縮小、ネオン看板が残っているのは銀座だけのようだ。

ヒサヤ大黒堂・新聞広告
▲1969(昭和44)年「ヒサヤ大黒堂」新聞広告

ヒサヤ大黒堂
▲1982(昭和57)年「ヒサヤ大黒堂」新聞広告

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

川端たぬきさん今晩は。今回も楽しく記事を拝見しております。
ところで、御案内の広小路にあった船木薬店ですが、もしかして現在コンフォートホテルの横にある駐車場にあったお店ではないでしょうか?

その隣には小鳥を売っていたお店、且つプラモデルも売っていたお店があった様な気がしております。

| 洋 | 2019/04/02 21:45 | URL |

船木薬店

> 川端たぬきさん今晩は。今回も楽しく記事を拝見しております。
> ところで、御案内の広小路にあった船木薬店ですが、もしかして現在コンフォートホテルの横にある駐車場にあったお店ではないでしょうか?

そうですね
確認したら、以下の過去記事にも洋さんからの
同様なコメントが残されていました

昭和長屋店舗・広小路定点観察
http://20century.blog2.fc2.com/blog-entry-411.html

| 川端たぬき | 2019/04/03 12:32 | URL |

川端たぬきさん、今晩は。早速のご返信有難う御座いました。

>「金券ショップ」の のぼり旗がみえる東隣の建物にかつて
>「喫茶ブルボン」と、大判焼きの「キタヤパン」が入っていた。

御案内の上記記事を見て、喫茶ブルボンには長屋と長屋の隙間を
通って入っていった事を思い出しました。
それにしても、もう11年前でしたか。

| 洋 | 2019/04/03 18:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/1123-1d9d1600

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT