二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

テキ屋のジョニー君

今年の竿燈期間中、秋田駅前ポポロードで、怪しげでどこかなつかしい実演販売を見た。

通路の中央にできた円陣の人込みに足を止めると、三十代なかばほどの男が、小さな人形を声で操っている。人形は手のひらにすっぽり隠れるほどの大きさで、胴体は紙、脚がゴムとスポンらしきもので作られていて、男が「ジョニー君、ジャンプ!」と命令すると、直立した人形はまるで生きているかのようにピョンピョンと飛び上がり、差しだされた紙の上に乗った。そのほか「正座」「腹筋」「おやすみ」「宙返り」「回転」など、ジョニー君はどんな命令も簡単にこなす。

その姿はさながら、中世の陰陽師が、紙に命を吹き込み操ったという式神が現代に蘇ったかのよう。

20050920213952.jpg

見ていた子供が声を掛けても同様に命令に従う。おまけにジョニー君はバイリンガルなので英語でも日本語でも聞き分けるのだ。

どんな仕掛があるのかとしばらく見物していたが、操る糸も不審な動作も全くみられない。ジョニー君の頭の上を紙で遮ったまま命令してもジャンプを続ける。

ひとしきり実演したあと「これにはタネと仕掛がありますが、ちょっと練習すれば誰でも簡単にできます。説明しますと……」といいながら、ジョニー君の背中を指さし、「この部分にこのシールを貼ってください。あとは説明書を読めば誰でもできます」と、その厚手のシールにこそ重大な秘密があるかのような素振りをみせ、一体1000円のジョニー君を売りはじめる。

それ以来、頭の隅っこに引っかかっていたジョニー君の正体が気になってネットで検索してみると、たくさんの情報が掛かってきた。

そのタネを要約すると、見物人の中にサクラがいて手品用の見えない糸でジョニー君を操っているが、見ているほうは実演に注目しているので、指先をかすかに動かしているサクラには意識がいかない。販売用のジョニー君には、釣り糸のような見える糸が入っていて、タネとして説明された背中に貼るシールは、糸を固定するものらしい。

男は「もっと近くに寄って見てください」と再三声を掛けていたが、客が後ろに下がってしまうとサクラの動きが後ろから覗かれてしまうためだ。客を円陣に集めるのも、サクラの後ろに人を集めないための工夫なのだろう。

通常の販売価格は1セット500円。人出の多い時期は1000円。
見ているうちに何体か売れていたが、家に帰ってがっかりした人も多かったのではないだろうか。しかしそれに文句を言うのは野暮というもの。原価数十円のものが1000円では暴利だが、大道芸としてみれば、口上とテクニックで人を惹きつける見事なパフォーマンスといえる。

サクラと口上を駆使する手口はテキ屋のやり方と同じ。ジョニー君の実演販売は、かつて祭りの露店や、学校の校門近くの路上に現れて、インチキネタ(商品)を売っていたテキ屋のおじさんの現代版なのだ。

_________

関連記事

テキ屋のジョニー君再び・動画特集

関連リンク

ジョニーくん
小さな動画あり(外人売人)

魔法使いジョニー

| 散歩写真・路上観察 | 23:00 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

去年あたりから時々のぞかせていただいています。
今更ながらこのページを読んだのですが驚きました!
15年ほど前、子供のころ私も母と弟と広小路でこの実演販売にでくわし、
まんまとひっかかってしまいました^^;

当時は一体500円だったのですが、子供二人のために母が二体買ってくれて、帰ってから仕掛けを知ってがっかりした母の顔を今でも覚えています...今となっては良き思い出です^^;

| kinoko | 2012/01/12 10:07 | URL |

広小路でやってたんですか。
秋田にはめったに来ないので貴重な体験でしたね。
あの動きを見て思わず買ってしまい、あとでがっかりするんですよね。

| 川端たぬき | 2012/01/12 12:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/112-7e844f67

TRACKBACK

イケテナイ手品師と、怪しげなジョニー君

Penです 3連休は楽しめましたか?? 手品師の請求棄却 種明かしを巡るテレビ報道訴訟 2008年10月30日(木)18:41  手品に使う仕掛けつきのコインの種明かしをテレビで放映されたとして、手品師98人が日本テレビとテレビ朝日に計約428万円の損害賠償を求...

| 筆Blog | 2008/11/03 23:54 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT