二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

塩害で色褪せる千秋公園の紅葉 2018

2018年10月上旬に日本海を北上した台風25号と、その後の温帯低気圧による強風により、塩分を含んだ風が吹き撒かれたため、沿岸部では木々の葉が痛み、紅葉を前にして落葉する現象がみられたが、千秋公園のモミジも塩害の影響を受けて茶色く色褪せ、例年と比べると随分とみすぼらしい。

例年との色づきの比較をいくつか。

千秋公園の紅葉・塩害
▲2018.11 初旬

千秋公園の紅葉
▲2015.11 初旬

千秋公園の紅葉・塩害
▲2018.11 初旬

千秋公園の紅葉
▲2012.11 初旬

千秋公園の紅葉・塩害
▲2018.11 初旬 ヤマモミジの園芸品種

なかでもヤマモミジの園芸品種である枝垂(しだ)れ系のモミジは、原種よりも葉が薄くてデリケートなため影響を受けやすい。

千秋公園の紅葉
▲2012.11 初旬  ヤマモミジの園芸品種

千秋公園の紅葉
▲2012.11 初旬 ヤマモミジの園芸品種

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/1116-4fce5dd8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT