二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「お菓子のくらたビル」に「竹半スポーツ」移転

お菓子のくらた・竹半スポーツ
2015.01

2014年2月に閉店した「お菓子のくらた」ビルに、サンパティオ大町の「竹半スポーツ」本店が規模を縮小して移転、オープンは1月15日の予定。

竹半スポーツ
サンパティオ大町・竹半スポーツ 2015.01

サンパティオ大町
サンパティオ大町 2008.05

左手に施設内最大面積の「竹半スポーツ」。

1997年3月、「秋田魁新報社」跡地に「サンパティオ大町」オープン。運営する「秋田パティオ協同組合」の初代理事長は、当時「竹半スポーツ」代表取締役であった竹屋直太郎氏。氏はこの地の再開発に心血を注いでいただけに、撤退するとは思ってもみなかった。

お菓子のくらた
婦人会館・日赤跡地 2003.07

1970(昭和45)年4月、湯沢市の老舗菓子店「くらた」が仲小路に秋田店を開設。

1977(昭和52)年10月、改築オープン。
一階・菓子店舗、二階・パーラー、三階・洋菓子工場、四階・パン工場、五階・社員寮。 

新たにパン・デニッシュ・ドーナツの製造販売を初め、二階にパーラーを新設。

北・西方向に大きく開いたガラス張りのパーラーは、焼きたてのパン類、抹茶・玉露に和菓子のセットやランチも提供し、主に女性客でにぎわっていた。

お菓子のくらた

90年代初頭

1998年、秋田赤十字病院が秋田市上北手に移転。以降、売上げが激減、パーラーも一時閉鎖。隣に明徳館ビルがオープンした機会に再開するが長続きせず。

お菓子のくらた
2005.03

店舗前の電話ボックスは最近撤去された。

2012年7月、婦人会館・日赤跡地に「エリアなかいち」がオープンするも、期待した売上げは微増にとどまり、開店から約44年、2014年2月に閉店する。

現在(2015.01)お菓子の「くらた」は、県内で11店舗を経営、その内、秋田市内に4店舗がある。

エリアなかいち
エリアなかいちより 2012.07

お菓子のくらた
エリアなかいちより仲小路を望む 2012.10


竹半スポーツ(お菓子のくらた跡)
 

お菓子のくらた

 

 

 

 

竹半スポーツ

 

 

 

 

サン・パティオ

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/1024-42dc9022

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT