FC2ブログ

二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

2021年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2021年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

紙屋小路のNTT洞道換気塔・大町四丁目小路

▼秋田市内のNTT洞道換気塔(1)

NTT換気塔
▲紙屋小路 2020.01

秋田市の中心部を流れる旭川に架かる四丁目橋から寺町を突き抜け、新国道に到る四丁目小路のうち、南側に「那波伊四郎商店」の土蔵と本社事務所、北側に明治の町家建築「那波紙店」(那波伊四郎商店) がある、いにしえの面影を残す区画を、自分は“紙屋小路”と呼んでいる。

NTT換気塔▲紙屋小路 2020.01

その紙屋小路(四丁目小路)の「那波伊四郎商店」前の市道上に、電柱のような物体が建ち、頭頂部にある箱に換気扇が収納されているのか、近づくとゴーゴーと、換気音らしき大きめの物音がする。その音は常に鳴っているわけではなく、柱には所有者を記したプレート類は見当たらない。

NTT換気塔▲2020.01

この謎物件の正体は、「日本電信電話公社」(現NTT) が、昭和50年代初頭に設置した地下トンネルに通じる換気塔。

通信ケーブルが収納された洞道(とうどう)と呼ばれる地下トンネル内で、保守・点検に携わる作業員を、酸欠事故から守る安全装置のひとつだ。

昭和50年代初頭、固定電話の加入率は右肩上がりをつづけていたが、秋田市大町三丁目に存在した「秋田電報電話局」の敷地は狭く、電話交換機を増設するスペースが少なくなったため、大町四丁目(旧・豊島町)の「秋田電報局」跡地に「秋田電報電話局大町分局」を新設し、急増する電話加入申込みに対応することに。

NTT秋田▲NTT秋田大町ビル(旧・秋田電報電話局大町分局)2019.10

昭和51(1976)年「秋田電報電話局大町分局」竣工。旭川を境とした西側一帯、最大1万2千台の加入電話をカバーする。

当地は「秋田電報局」跡地。戦前までさかのぼれば、山王に移転する前の「旭北小学校」がここにあった。

「秋田電報電話局大町分局」の建設に合わせて、通信ケーブルを収納する地下トンネルである洞道(とうどう)の開削工事および、洞道と連結する主要管路埋設工事が、昭和50(1975)年秋から翌51年初夏にかけて、周辺の道路を一般車両通行止めにして行われた。

「秋田電報電話局大町分局」地下と直結する洞道の延長は、局舎から「那波紙店」付近までの86メートル。地下9.7メートルの位置に、高さ4.4メートル、幅5メートルの洞道が設けられた。

洞道の位置は公表されていないが、「秋田電報電話局大町分局」から紙屋小路の換気塔まで約86メートルあるので、換気塔の位置が洞道の終端と思われる。

洞道から先のケーブルは、主要管路という地下ケーブル管を通り、さらに細い地下配線管路を経由し、電柱から架空ケーブルで、ビルや各家庭へと引き込まれる。

NTT通信ケーブル

NTTの洞道の役割、構造などについては文末の関連リンクを参照のこと。

次回は秋田市内にある、もうひとつのNTT洞道換気塔のお話しを。

那波紙店
▲「那波紙店」前から右手に紙屋小路の換気塔を望む 2020.11

NTT換気塔
▲紙屋小路から「NTTドコモ秋田ビル」 2020.11

秋田市大町三丁目の「秋田電報電話局」跡に建つ「NTTドコモ秋田ビル」。その北隣の広い駐車場が「秋田郵便局」跡地。左手前角地の駐車場が「加賀正呉服店」跡地。

四丁目小路

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |