二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

2019年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

1981 漫画喫茶「ちろりん村」仲小路ビルにオープン

漫画喫茶ちろりん村▲1981(昭和56)年12月 新聞広告

あなたは5,000冊の漫画を読破するのに何日かかる!?

12月10日 AM8:00
仲小路ビル3階に漫画5,000冊を取り揃えた
話題のマンガ喫茶
コミック&喫茶 ちろりん村 OPEN!!

お仕事前のいこいのひとときに、又モーニングサービス、ボリュームある昼食にご利用下さい。

コミック&珈琲
ちろりん村
秋田市中通二丁目1の48(仲小路ビル3F)
営業時間AM8:00〜PM8:00

1981(昭和56)年12月10日、秋田市「仲小路ビル」3階に漫画喫茶「ちろりん村」オープン。おそらくこれが秋田初の漫画喫茶。

漫画喫茶から発展した現代のネットカフェのような個室や客席の間仕切りもなく、時間制限もない。書棚に囲まれたオープンスペースに簡易なテーブルと椅子を配置した店内。

オープン時点で PM8:00 とやけに早い閉店時間は、間もなく PM9:00 までに延長される。

広告のイラストに当時の人気漫画『Dr.スランプ 』(ドクタースランプ)の登場人物が使われている点については、著作権者に関する記述が見当たらないため、無断使用の可能性が高い。

現在ならば新聞広告掲載基準によって掲載を拒否され、手直しを求められる案件だが、当時はまだ著作権に対する対応が今のように厳格ではなく、特に地方紙においてはルーズさが残っていて、たとえば同時代の80年代初頭に掲載された、ディズニーのキャラクターを使用した食堂の新聞広告(近日公開予定)のように、稀に著作権を無視した例が見られた。

漫画喫茶ちろりん村

 県内では珍しい本格的な漫画喫茶=写真=がこのほど、秋田市中通のビル内にお目見えした。

 今まで漫画を置いている喫茶店は数多くあったが、五千冊以上もそろえたのはおそらく始めて、八畳二間ほどの広さの店内には入口正面から壁という壁に漫画がギッシリ。つい立式の本棚まである。

 客はやはりヤングが多い、という。午前八時の開店時間になると、出勤前のサラリーマンがモーニング・サービスを食べながらベージをめくる。また午後は、高校生や大学生が教科書はそっちのけでコーヒー片手に読みふける姿が見られる。いずれも無言。軽いポップ調のBGMを聴きながら「Dr・スランプ」などを読む姿は、やはり現代若者の一風俗か?

 今後、客の要望にこたえて随時漫画を増やしていくそうだが、コーヒー一杯で何時間も漫画に熱中する人ばかりだったらどうするんだろう?

1981(昭和56)年12月21日『秋田魁新報』より

漫画喫茶ちろりん村
▲『週刊アキタ』より

店名の「ちろりん村」は、NHK総合テレビで昭和30年代の夕方に放送された連続人形劇『チロリン村とくるみの木』から拝借。

1990年代前半、漫画喫茶「ちろりん村」閉店。

1991(平成3)年頃の「仲小路ビル」テナント

BF
ぱいたん倶楽部
占い館1999
やき鳥 車

1F
私の部屋 (株)平惣
ポルト
弥助そば 秋田店

2F
れもん
朱鷺
デジャ・ブー
ダックスフンド

3F
トライアングルクラブ
ちろりん村
メゾ148

秋田市仲小路ビル▲2004.07 仲小路ビル

2004(平成16)年撮影の写真から看板類に記された店名を拾ってみる。

まず1階入口付近に「冷し中華」の幟旗と「ぱいたん倶楽部」の看板がある。1階エントランスから階段を降りた突き当たりの地下1階、豚骨の香りが染みついたラーメン屋「ぱいたん倶楽部」は当地で創業し、2020年現在、秋田市広面字樋ノ沖で営業中。

入口の左手にスパゲッティ&ワイン「ポルト」。そば粉を使った生地で梅餡をつつんだ、そばまんじゅうが名物だった「弥助そば」秋田店。角地の雑貨店「私の部屋」と並ぶ。

当ビルで長く営業した「ポルト」は、秋田市山王にイタリアンレストラン「ミラノ食堂」と名を変えて移転後、2017(平成29)年「サンパティオ大町」内に移転「ミュージックバー ポルト」と、元の店名に戻った。

2階のテナントはスナック「朱鷺」広島風お好み焼き「れもん」定食屋「お万菜」。

その後の「仲小路ビル」については下記関連記事を参照のこと。

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昭和残影・土崎「石田商店」洋品店兼タバコ屋兼書店

土崎 石田商店
▲2004.03

秋田市土崎港中央三丁目、旧町名・土崎港旭町旭受。「本住寺」の南側、「満船寺」の向かいにあった、大正9(1920)年創業の洋品店「石田商店」。

土崎 石田商店
▲2004.03

店頭のタバコ・コーナーに置かれた昭和風情のタバコケース。陶製タイルを模した、タイル風型押しトタン板の上にペンキで白枠を塗り、赤文字で「たぱこ」と描き入れている。

土崎 石田商店
▲2003.09

土崎 石田商店
▲2003.10

「石田商店」と記された袖看板の後ろ、経年変化によって色褪せた屋根看板に描かれた文字は「小学館の学習雑誌(改行)新刊書・雑誌 石田書店」。

往年は洋品店とタバコ屋の他に書店を兼ねていたのだ。

土崎 石田商店

「小学館の学習雑誌」の右側に「パーマン」左側に「トッポ・ジージョ」とその脇役の「オルソポピー」が描かれている。

藤子不二雄による漫画『パーマン』が『週刊少年サンデー』で連載が始まったのは1967(昭和42)年。翌1968(昭和43)年から小学館の学年別学習雑誌でも連載開始。

ミラノ生まれのネズミが主人公の人形劇『トッポ・ジージョ』日本版(オリジナルはイタリア人形劇)のテレビ放映開始は1966(昭和41)年。翌1967(昭和42)年『小学館コミックス』にて、石森章太郎(のちに石ノ森章太郎と改名)の手によって漫画化。

というわけで、この看板の設置は1967(昭和42)年から翌1968(昭和43)年にかけてと推定できる。


土崎 石田商店
▲2004.03

2013(平成25)年頃「石田商店」解体。

土崎 石田商店跡
▲2013.07「石田商店」跡

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |