二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

2016年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

1982 中国料理店「敦煌楼」オープン

秋田県が甘粛省と、秋田市が甘粛省蘭州市との友好都市提携が調印された、昭和57(1982)年8月5日、秋田市山王に中国料理店「敦煌楼」(とんこうろう) が、日中友好のモニュメント的存在としてオープン。

本場の料理人がつくる中国料理とあって、当初は話題を呼び連日の大繁盛。一番の人気メニューは、注文を受けてから手打ち・手延べでつくる蘭州ラーメンだった。

敦煌楼

秋田と甘粛省の架け橋に、本場の中国料理をどうぞ

敦煌楼は昭和57年8月5日、秋田県・甘粛省、秋田市・蘭州市の友好提携が調印された記念すべき日に合わせてオープン。秋田県、秋田市、日中友好協会、中田県議会議長、秋田銀行等、官民合体で資本を出し合い、両省県、市友好の記念碑的存在と自負しています。現在、甘粛省から三人のコックさんが派遣されていますが、いずれも中国の国家試験で特級、一級、二級の資格をとった人たち。本格的な中国料理はもちろん、手軽なランチタイムもご好評をいただいています。

当初は第三セクターで経営する計画であったが、飲食店の経営はふさわしくないとの声が挙がり、第三セクター案は頓挫。

そこで、「敦煌楼」開設にあたり、中国との交渉にあたった県議会議員・中田初雄氏(中田建設創業者社長)が社長に就任し、株主として秋田市・秋田県・秋田銀行などが名を連ねた。

敦煌楼

華々しくオープンした「敦煌楼」であったが、評判はかんばしくなかった。

甘粛省の味付けをそのまま提供する料理は味が淡泊で、秋田県人の口に合わず、注文を受けて料理が出てくるまでの時間がやたらに長い。

その後、日本向けに味付けを変えるなど工夫をしたようだが、毎年数千万円の赤字が常態化し、それを中田氏のポケットマネーで補填していたという。氏が中国側と交わした約束もあり、おいそれと閉店することもできなかった。

秋田市・秋田県・秋田銀行などの出資者に配当が出ない状態がつづいたため、中田氏が株式を買い取り「敦煌楼」は中田建設が経営することとなる。

甘粛省から派遣された料理人は中国の公務員で、一年交代で帰国させる条件であったが、入国間際になって外務省から「赤字つづきの会社に就労させることはできない」との通達を受け、オープンから4年目の昭和61(1986)年4月閉店した。

敦煌楼跡
「敦煌楼」跡 2016.03


「敦煌楼」跡

↓「敦煌楼」と同じく、中田初雄氏が経営した能代の日本海サニーランド

中田建設株式会社

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |