二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

NHK BSプレミアム「金照寺山からの風景」再放送

NHK BSプレミアムで 2014年7月初旬に放送された 日本縦断「こころ旅」秋田編の、346日目秋田県秋田市「金照寺山からの風景」の放送後、当ブログの関連記事へのアクセス数が3,000件以上を記録、全国放送の影響力を思い知らされた。

その回を含む秋田編が 2014年9月3日(水)9月5日(金)に再放送される。

NHK 「にっぽん縦断 こころ旅」

 

 


 

NHK BSプレミアム 午後0:00~0:58
秋田の旅
1日目&2日目 9月3日(水)
3日目&4日目 9月5日(金)

「金照寺山からの風景」は2日目 9月3日の放送と思われる。詳しい日程は公式サイトで確認の程を。 

日本縦断「こころ旅」は、視聴者から寄せられた「こころに残る風景」を、火野正平が自転車で訪ねる旅番組。

今から40年前、東京から秋田市立南中学校へ転校、数年間を秋田で過ごした手紙の主の「こころの風景」は、金照寺山頂上(七ツ森)からの眺め。

日本縦断「こころ旅」金照寺山

NHK「にっぽん縦断 こころ旅」金照寺山からの風景

 

 



いつも子どもの遊ぶ声が聞こえ、デートスポットとしても知られた七ツ森。しかし、現在は周囲の樹木が大きく成長して視界をさえぎり、遠い記憶の片隅に残る、市街地や山並みの眺望は失われ、遊ぶ子どもの姿も無い。

往年の七ツ森を知るものにとっては、時の流れの無常を実感させ、視聴後にやるせなさが残る放送であったが、投稿者も同じ思いで画面を見つめたのではないだろうか。

日本縦断「こころ旅」金照寺山

日本縦断「こころ旅」金照寺山
川反四丁目橋を東へ
 

四丁目橋に夜のとばりが落ちる頃

日本縦断「こころ旅」金照寺山

日本縦断「こころ旅」金照寺山
明田地下道付近 右折すると大堰端

南中の女子二人に金照寺山の場所を尋ねるが、知らないという返事。今では裏山を開発した「一つ森公園」が有名で、近くに住んでいても、七ツ森(金照寺山)を知らない人が多い。

日本縦断「こころ旅」金照寺山
大堰端を南進
 

「大堰端暗渠」を歩く・藩政期から現代まで

日本縦断「こころ旅」金照寺山
理髪館と石敢當のあるY字路

理髪館のあるY字路

 

 

 


Y字路に謎の石柱・石敢當

 

 

 

Y字路の左側に進んで道を迷いながら、ようやく登り口に到達。

日本縦断「こころ旅」金照寺山

左折すると登山道 右手に「真如苑秋田支部」(金照閣跡)
 

千秋学園・・・金照閣そして・・・金照寺山麓今昔

 

 



日本縦断「こころ旅」金照寺山
温泉坂

日本縦断「こころ旅」金照寺山
七ツ森登り口

日本縦断「こころ旅」金照寺山
七ツ森より東を望む

日本縦断「こころ旅」金照寺山
七ツ森より南を望む

日本縦断「こころ旅」金照寺山

金照寺山・七ツ森
七つ森 昭和40年代中期 二〇世紀版「金照寺山」案内記より

老人が腰を下ろす東屋の場所は今と変わらない。

金照寺山・七ツ森
七つ森 昭和40年代中期 二〇世紀版「金照寺山」案内記より

 

二〇世紀版「金照寺山」案内記

 

 

 

 

ドトリバ踏切のひみつ・金照寺山麓

 

 

 

 

金照寺山「三十三観音巡礼」札打ちの山

 

 

 

 

僕らの奇妙な宇宙船・金照寺山に謎の塔

 

 

 

 

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

広小路マルサン・お化け屋敷とビヤガーデン

マルサン

 秋田市広小路のスーパーマーケット「マルサン ショッピングセンター」五階特設会場で、お化け屋敷開催中。

マルサン

 マルサン屋上で「森永レストラン」が運営するビアガーデン。

「クラウンレコード専属新進歌手・伊吹譲二」の一文で、このチラシの発行年が解ると思い検索するも、該当する歌手は見当たらず。

80年代はじめ頃、マルサン五階の「森永レストラン」に、タレント・山瀬まみの父親が転勤、数年後にアイドルとしてデビューすることになる娘は城南中学校に通っていた。店名の表記などから両チラシも70年代末から80年代初頭の発行と推定する。

二〇世紀ひみつ基地 マルサン・レクイエム

マルサン解体

二〇世紀ひみつ基地 二〇世紀版「金照寺山」案内記

城南中学校と生瀬まみ 関連記事

マルサン

平成6(1994)年7月、マルサン(旧名・丸三)閉店。

広小路マルサン
2004.09 マルサン廃墟 大手門堀で秋田中央道路(地下道)工事中

マルサン
2004.07 マルサン廃墟

マルサン
2004.10 マルサン廃墟

マルサン
2004.07 マルサン廃墟 広小路アーケード

マルサン解体
2004.12 マルサン解体中

平成18(2006)年、マルサン跡にホテル「ドーミーイン秋田」オープン。

ドーミーイン秋田
2006.09 ドーミーイン秋田前

大手門堀と広小路
2012.04 千秋公園中土橋より ベージュ色の外壁がドーミーイン秋田
 

附録「ババヘラのいる風景」サザエさん編

千秋公園・ババヘラ
2012.08 ババヘラのいる風景 千秋公園中土橋

ババヘラ
「サザエさん」OP 2014夏バージョンより

ババヘラをスプーンで食べる人なんて見たことないよサザエさん。

中土橋を縄張りとする小玉冷菓の屋台にはキティちゃんが描かれているんだが、さすがにそのキャラは使えない。

関連記事
「ババヘラ」二〇世紀ひみつ基地内検索

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

広小路堀端に物凄き怪音・昭和十年夏の怪談

昭和10(1935)年の夏、秋田市広小路「大手門堀」に、夜な夜な怪音が鳴り響く異変があり、あたりは深夜まで、噂を耳にして集まった物見高い野次馬でごった返した。

Title

真夏の夜にふさわしい猟奇的な話題が広小路濠端に提供されている……市内広小路大日本電力(*1)前濠端に毎夜午後十一時を過ぎると付近の人々は勿論、遠くから噂を聞いての恐いもの見たさの人々が朝の三時頃までずらっと並んで、向い側武徳殿(*2)土手にまで懐中電灯を照らし照らし黒山の人だかり……広小路濠端に夜十一時を過ぎると物凄き怪音がするとの噂が立ったのが数日前のことで噂はそれからそれへと伝えられて怪物が出るとか、美人が出没するとかと「こわいよ」「またきこえた」などのこわごわの見物人と、怪物の正体見届けんとの街の勇士までが現れて、寝苦しい真夏の夜にふさわしき人出となって賑やかさである……午後十一時人垣を押しわけて出ると、黒い水面の蓮の葉の彼方からカエルのゲコゲコとかまびしき中からウォーン、ウォーンと怪音が時々響いてくる、まさに怪音だ「うすきび悪いわ」若い婦人の声……この怪音の原因について街の人々は「怪物説」と「食用蛙説」との二派に別れてまちまちの論争が続けられている、その一説を聞くと目下問題中の昔ながらの矢留城のお濠を埋立てするの計画(*3)にお濠の主が何百年来住みなれた住家を奪われるのを憤慨しての怪音となるのだとの怪談までが生まれて、さすがに薄気味悪いが夜が更けるにしたがって、人の群もだんだん小さくかたまって、話も静かになってゆく、だが怪音はそんなことにはさらに頓着なく、サッと吹いてきた涼風の中にウォーンと響いた、人々の首をちょっとちゞめさせて……

昭和十年八月三日付『秋田魁新報』より

(*1)大日本電力
現在の「東北電力 秋田営業所」(広小路)

(*2)武徳殿
 「秋田県立美術館」旧館の地にあった武道場。下記リンク先に関連記事あり
二〇世紀ひみつ基地 平野美術館と大日本武徳殿・千秋公園

(*3)お濠(ほり)を埋立てする計画
昭和初期、広小路沿いの外堀を埋め立てる計画が浮上するも、各方面から反対の声があがり断念。明治から大正期にかけて埋め立てられた広小路外堀のことは下記リンク先に
二〇世紀ひみつ基地 広小路から消えたお堀とホテルハワイ

千秋公園・大手門堀
2013.07 千秋公園・大手門堀

市民を騒がせた「大手門堀」の怪音の原因は、新聞記事にも見える「食用蛙」(ウシガエル)と思われる。


ウシガエルの合唱

大正中期に米国から食用として移入されたウシガエルは、国の指導により、昭和に入ると各地で養殖が始まるが、養殖場から脱走した個体が野生化し、全国に分布するようになる。

面白いことに、秋田市における騒動と同年代、北海道旭川市街でもよく似た事件があった。 

昭和4年7月26日の旭川新聞によりますと、

この辺りで、夜な夜な不気味な鳴き声が響き、
「幽霊だ」「いや妖怪だ」と
街をあげての大騒ぎになったそうです。

現場には、怖いもの見たさに大勢の人が集まり、
まるで夏祭りのようなにぎやかさだったとか。
新聞の見出しには次のように書かれています。
 「化け物見たさに賑ふ夏の宵
 牛朱別川辺の小沼の畔 さても物凄い唸り声

で、結局この騒動、どうなったかといいますと、
なんと近くで飼育されていた食用蛙が
鳴き声の主と分かって一件落着したそうです!

旭川キャスター・スタッフブログ:NHK | 牛朱別川で〝妖怪騒ぎ〟!?」より

昭和10(1935)年の夏、秋田市民の話題となった怪音の源に違いない、ウシガエルの不気味な鳴き声は、当時の日本人にはなじみのない未知の音色であった。

千秋公園・大手門堀
2014.07 千秋公園・大手門堀

環境に順応し大型かつ貪欲なウシガエルが定着した池や沼から、モリアオガエルなどの在来生物が見られなくなるなど、生態系に被害を及ぼすことから、平成18(2006)年に施行された「外来生物法」で、ウシガエルを「特定外来生物」に指定、国内では研究目的以外の捕獲・運搬・飼育・販売が禁止されている。

昭和初期にウシガエルの餌として米国から移入後、野生化したアメリカザリガニも、生態系に影響を与える「要注意外来生物」に指定されているが、こちらは飼育・販売などの規制はない。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 秋田市に妖しき火球出現す

ひみつ基地内タグ検索「奇譚」(2014年8月現在17記事)

「お堀」二〇世紀ひみつ基地内検索
「消えたお堀」二〇世紀ひみつ基地内検索

二〇世紀ひみつ基地 大手門堀に浄土の花を観る・千秋公園の蓮花

関連リンク

ウシガエル - Wikipedia
特定外来生物の解説:ウシガエル [外来生物法]
ウシガエル:カエルの鳴き声図鑑

名声博すも短命に終わる-農家の副業 食用蛙養殖
農家唯一の副業『食用蛙飼養法』昭和2年

東京別視点ガイド : 牛ガエルが丸1匹乗っかった「かえるラーメン」を食べてきた!

| 秋田市今昔 | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014「竿燈まつり・夜本番・戻り竿燈」点描

2014年「竿燈まつり」
20014.08.03~08.06
大雨の影響で6日は開始から20分ほどで終了

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり
「寄せ」四本

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

以下、戻り竿燈(川反五丁目竿燈会)

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

_________

関連記事

竿燈 - 二〇世紀ひみつ基地内検索

二〇世紀ひみつ基地 戻り竿燈の風流・川反五丁目
二〇世紀ひみつ基地 明治時代のねぶり流し・竿燈
二〇世紀ひみつ基地 戦前の竿燈風景
二〇世紀ひみつ基地 竿燈は勇む火消の心意気

二〇世紀ひみつ基地2013「竿燈まつり・妙技会・夜本番・戻り竿燈」点描

二〇世紀ひみつ基地 2012「竿燈妙技会・昼竿燈」点描
二〇世紀ひみつ基地 2012「竿燈まつり・夜本番」点描

二〇世紀ひみつ基地 昼竿燈2011・第65回竿燈妙技会
二〇世紀ひみつ基地 2011竿燈まつり・戻り竿燈

二〇世紀ひみつ基地 竿燈まつり点描・平成二十一年度

二〇世紀ひみつ基地 竿燈まつり点描・平成二十二年度

 関連リンク

秋田竿燈まつり-Akita Kanto Festival- 国重要無形民俗文化財

| 祭り・民俗・歳時記 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |