二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

1972・木内デパートに立体駐車場オープン


木内デパート


木内駐車場 2004.05

昭和47年(1972)木内デパートの小路をはさんだ西側、広小路に面した露天駐車場の裏手に立体駐車場(自走式パーキングビル)が新設される。

自家用車の普及率が右肩上がりに増加していた70年代初頭、約70台を収容する露天駐車場は手狭になり、買い物客が集中する休日ともなれば、空きを待つ車輌が長蛇の列をつくるようになっていた。

来るべき車社会に向けて木内は、既存の露天駐車場の南側に、四階建て(一部五階建て)駐車能力400台の立体駐車場を総工費二億円で建設し、駐車場四階と、食堂・おもちゃ売場などがあった店舗三階をむすぶ連絡橋を架設。当時は東北最大規模の自走式立体駐車場であった。


木内駐車場 2004.04

以降、広小路側の露天駐車場は観光バス・マイクロバスなど大型車輌の専用駐車スペースとなる。木内デパートは郡部の学校の遠足コースに組み込まれていたことから、大型バスが停まることがよくあったようだ。

数年後、この立体駐車場も手狭になり、中小路をはさんだ南側に第二駐車場を増設。


木内駐車場(第二) 2004.10(第一駐車場解体後)


木内駐車場(第二) 2004.10(第一駐車場解体後)

80年代まで、たびたび所得番付のトップを飾っていた木内であったが、買い物客が郊外型大型ショッピングセンターに流れた90年代に入って、店舗三階および二階を相次いで閉鎖、一階の食料品売り場も廃止されて百貨店の形態を失い、老朽化が目立つ二棟の立体駐車場は平成16年(2004)から翌年にかけて解体されて今は更地に。


木内駐車場 2005.06(第二駐車場解体前)


2003.07

70年代初頭の頃に秋田に進出してきた天津甘栗のチェーン店「甘栗太郎」は、木内駐車場の角で平成15年(2003)まで営業していた。

_________

関連記事

「木内」二〇世紀ひみつ基地内検索

二〇世紀ひみつ基地 木内のおばあちゃん社長
二〇世紀ひみつ基地 士魂商才の人・木内トモ
二〇世紀ひみつ基地 子供の日、金魚貰いに木内へ
二〇世紀ひみつ基地 消える昭和・木内デパートの生ジュース
二〇世紀ひみつ基地 エスカレーターガールの時代・木内デパート
二〇世紀ひみつ基地 ネオン塔の下で・木内デパート

二〇世紀ひみつ基地 1973 県民会館の土手から
二〇世紀ひみつ基地 広小路空中散歩・1975・2007


| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1973・秋田駅前に「紳士服の一色」オープン


カワカミセカンドビル 2009.10

昭和48年(1973)秋田駅前中央通りに竣工したビルに「紳士服の一色」秋田店オープン。一階から四階まで売場、五階にはサービスカウンターを置く。はじめての背広を買うために訪れたとき、その品揃えとサイズの豊富さに圧倒され、そして安さに驚いた。どんなに安くても当時は全て Madeinjapan。



愛媛県松山市に創業した「一色」は昭和46年頃から全国にチェーン店を展開。地方都市の中心部に大規模店舗を次々にオープンさせた、紳士服系チェーンストアのさきがけであった。

カワカミビルが建つ以前、この場所にあったのが「ガトースズヤ」の支店。戦前からの老舗「スゞヤのパン」がパン部門を「たけや製パン」に売却した後に始めた洋菓子店が「ガトースズヤ」。昭和45年(1970)にはその隣りに姉妹店として、本場から職人を招いて指導を受けたフランスパンの店「パルク」がオープンする。



店頭のガラス張りの作業室で、若い職人がパンを造る姿がカッコ良かった。ビル建築を前にして「パルク」は中央通りの西側に移転する。


大きな地図で見る

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 21:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |