二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

金座街の面影「金鳥園」駅前から撤退


2010.09

8月末(2010)、ペットショップ「金鳥園」が秋田駅前の公営駐車場一階から撤退した。創業年は定かではないが、金座街成立からの店であれば、60年以上この地で営業していたことになる。

ペットを買う余裕などない戦後間もない時代、贅沢なペットショップが成り立つわけもなく、もともとはヒヨコ・ニワトリおよび飼料・飼育器具などをあつかう「藤田養鶏店」として開業したようで、昭和32年の新聞に「新春より金鳥園と改名致しました」と広告している。

初期のシンボルマークは“卵から飛び出たヒヨコ”。「金鳥園」という店名は、「金萬」が“金座街饅頭”の略だったように、“金座街の鳥屋”ということだろう。


新聞広告 右・昭和32年 左・昭和45年

昭和40年代に入っても、主力商品はヒヨコをはじめとする鳥類。駅前に遊びに行くたび、店の奥にずらりと並んだ鳥籠のなかで、にぎやかにさえずる色とりどりの小鳥たちを鑑賞したり、九官鳥をからかったりするのが楽しみであった。

昭和30年代から40年代にかけての鳩ブームのときには、各種の鳩がケージの大半を占拠。昭和40年代の熱帯魚ブームの頃、古川掘端通りの堀端に「金鳥園・熱帯魚センター」オープン。同じ並びに貸しボートを兼業する「秋田水族館」もあったが、今はどちらも存在しない。


金座街・南端 昭和30年頃

左手に「金鳥園」のヒヨコ看板。その手前にみえる「まんじゅう」のノレンが下がる店は、酒饅頭(さかまんじゅう)が人気の「○〆(マルシメ)鎌田」の支店だろうか。ここはのちに菓子問屋「丸丹」が創業、晩期は「レアルたけや」と二階に「コーヒー・サボウ」が入った場所である。

その向かい角が“靴と傘なら”のキャッチフレーズでおなじみ、うさぎのマークの「協働社」。角館から秋田市に進出した記念すべき第一号店がこの金座街だったはず。当時は間近の銀座街と朝倉市場にも支店を置き、全県に薄利多売のチェーン店を倍々ゲームで広げつつあった。

「協働社」金座街店は、この地で永く営業をつづけ、晩期は同社が経営するコーヒー挽き売りチェーン店「UCCカフェ・メルカード」が入る。

秋田駅前再開発で金座街が消滅したあと、その地権者の多くが「本金西武」(現・秋田西武)に入居するが、動物を取り扱う店が敬遠されたためか、「金鳥園」は旧金座街の西側に新設された公営駐車場一階に入居。その店は金座街時代の店舗から、わずか西北へ移動した地点。


2010.09 「金座街」跡地・南端

左手に公営駐車場。現在のバスプールから買い物広場・アゴラ広場にかけてが旧金座街。

旧「金鳥園」駅前店に残された貼り紙によれば「昨今の時代の急激な変化により秋田駅前も様変わり致し、当駅前店も今後、新しい時代に合ったスタイルでお客様へご案内致す予定でございます」とのこと。余所で駅前店を再開する予定があるらしいが、金座街時代を知るものにとっては、この場所にこそ思い入れがあるのだ。

金座街時代はさえずる小鳥にみとれ、新店舗にもときおり立ち寄り、ケージの中の子犬や小猫のあいくるしい姿に心いやされた「金鳥園」。かつて金座街が存在した場所で、その街並の面影を偲ぶ唯一のよすがとして永い間ありつづけただけに、その閉店がことさらにさみしい。


大きな地図で見る


2010.09 「金鳥園」八橋店

_________

関連リンク

金鳥園

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 秋田駅前「金座街」晩期

二〇世紀ひみつ基地 鎌田の酒まんじゅう

二〇世紀ひみつ基地 金萬は秋田名物ではなかった!?
二〇世紀ひみつ基地 金萬は浅草から…

二〇世紀ひみつ基地 秋田駅前界隈・昭和四十年代初頭

二〇世紀ひみつ基地 銀座街・消えた駅前小路
二〇世紀ひみつ基地 平和通り・消えた駅前小路
二〇世紀ひみつ基地 末広町・消えた駅前小路

二〇世紀ひみつ基地 秋田駅前に金座街復活?・旧ニューたけやビル

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 21:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

妙覚寺の腹高地蔵さんと地母神

●おなかの大きなお地蔵さん


10.06

秋田市旭北寺町、曹洞宗・妙覚寺境内の六地蔵。ありゃ?六体じゃなくて七体あるぞ!と良くみれば、右端の大きな地蔵さんの脇に「子安地蔵」の標柱。妊婦を守護する安産の地蔵さんだ。


10.06

「子安地蔵尊」の標柱は平成六年に建てた新しいもの。

この地蔵さん、古い観音菩薩がいつしか地蔵尊に変身したものと伝えられ、お腹が少しふくらんだ妊婦の姿をしていることから「腹高(はらたか)地蔵さん」と親しまれ、安産を願う者は豆腐を供えるのが古くからの習わしで、以前はその前面に豆腐を供える木製の台が置かれていた。ふっくらと突き出た腹をなでると安産するともいわれている。

「子安地蔵」「腹帯(はらおび)地蔵」など、安産に関する地蔵さんは多いが、妊婦の姿をそのまま表現した物件は全国的にも珍しい。


●地蔵菩薩のルーツは大地の母

お釈迦さんの入滅後、弥勒菩薩が出現するまでの五十六億七千万年のあいだ、混濁した無仏の世の中で、さまざまに姿を変え、六道をめぐって人々を救済・教化する役割を託され、日本では安産と子どもの守護神としても庶民に信仰された地蔵菩薩。優しくおだやかな顔を持つ反面、地獄の閻魔大王に化身し憤怒の形相で亡者を叱咤する。

右手に錫杖(しゃくじょう)を持つ修行僧の装束をまとい、童子の石像も少なくはない地蔵さんに女性のイメージはない。ましてや妊婦とは結びつかないが、そのルーツをたどると古代インドの女神にたどりつく。

地蔵菩薩の語源、サンスクリット語のクシティガルバを訳すと、「クシティ」=「大地」、「ガルバ」=「胎蔵」、これを意訳して「地蔵」。「胎蔵」は「一切を含有する母胎・子宮」を意味する。

つまり「地蔵」はもともと、大地の生命力・生産力を神格化した、万物を生み育てる大地の母・地母神、ギリシャ神話でいうガイア、日本神話ではイザナギノミコトに相当する女神だった。それならば妊婦をかたどった地蔵さんがいてもおかしくはなく、むしろそれが地蔵さんの本来の姿といえる。

おだやかな表情の地蔵菩薩が閻魔大王に化身するように、ありとしあるものの命を育む大地母神もまた、人々を黄泉(よみ)の国へと誘う恐ろしい破壊神の一面を持つ。その母胎である大地は死と再生が絶え間なく繰り返される輪廻(サイクル)の場であるのだから。


大きな地図で見る
_________

関連記事

地蔵 -(ひみつ基地内検索)




| 祭り・民俗・歳時記 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2010 千秋公園 Jazz Impression vol.1

千秋公園 Jazz Impression vol.1
2010年9月18日(土)19日(日)
於・秋田市千秋公園・二の丸
主催・仲小路 JAZZ フェスティバル実行委員会
共催・旅するマーケット実行委員会

中央街区再開発という名目の“住民不在の箱物”を建設するため、赤十字病院跡地から千秋公園に場所を移した JAZZ フェス の第一回目。

一日目は気持ちの良い晴天。芝生にくつろいで、ビールなどを飲みながら音楽に耳を傾ける観客たち。ジョエル&クリントン、小沼ようすけトリオが出演する夕刻からのメインイベントが近づくと徐々に聴衆が増えはじめ、やがて花見時のように広場を埋める。

小沼ようすけトリオが紡ぐファンタスティックかつエキサイティングな音波(おとなみ)が、聴く者の心の琴線に心地よく共鳴する。

あいにくの雨となった二日目の日曜日。ときおりの激しい雨で泥まじりの芝生がぬかるむなか、夕方になると前日におとらぬ聴衆が集まる。

緑濃い千秋公園での JAZZ フェスは、今までの赤十字病院跡地とくらべ、全体的にまったりとした空気が流れていた。

実行委員長の芳賀氏は、今後は千秋公園と仲小路の二カ所で、年に二回のジャズフェスを実行する計画を明らかにしたが、資金難のおり、そんなに頑張らなくても、とりあえずは一回のフェスを充実させれば、それで良いんじゃないかと思う。


10.09.18


10.09.18


10.09.18


10.09.18


10.09.18


10.09.18


10.09.18 EART


10.09.18


10.09.18


10.09.18


10.09.18


10.09.18


10.09.18


10.09.18


10.09.18 Joelle & Clinton

最近は旦那とデュオユニットで活動しているジョエル。旦那のクリントンはどこかで見覚えがあると思ったら、90年代末から2000年代初頭にかけて、 某局の音楽番組「青春のポップス」に出演し、美しいハーモニーで人気をあつめたニュージーランド出身の姉弟デュオ「rua」の片割れだった。

Annie's Song by "rua"


10.09.18


10.09.18


10.09.18


10.09.19

_________

関連リンク

仲小路JAZZフェスティバル・オフィシャルページ

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 仲小路 Jazz とPMA前夜祭

二〇世紀ひみつ基地 天気予報も外れて・仲小路 JAZZ フェスの夜

二〇世紀ひみつ基地 幻想楽団サンホラに Joelle 参加

二〇世紀ひみつ基地 イベント広場としての二の丸・千秋公園

| 読む・観る・聴く | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大町は大町でも大町違い


2010.09.18

秋田市大町二丁目のADを通り抜けたら、一階の空き店舗を利用して「秋乃宮博物館収蔵写真 秋田・昔の町並み」と題して、地元の大町通りを中心とした秋田市の古写真をパネル展示していた。

企画は「あきたデザインネットワーク」、資料提供が雄勝町秋の宮温泉郷の「秋乃宮博物館」。展示といってもたった八枚だけで、内容も当ブログで過去に取りあげた写真がほとんど。わざわざ出かけて見るほどのものではないが、困ったことに秋田市以外の写真が紛れこんでいる。それが以下の写真。



原版は昭和初期頃に発行された絵葉書。下部に白抜き文字で「大町通り常設市場」のキャプションと、その下に小さく「羽後本荘北陽堂製」の文字がみえる。

秋田市の常設市場があったのは通町および上・下肴町で、秋田市大町に市場はなかった。秋田市の絵葉書を本荘で出版することはまずありえないことを考えれば、これは当時常設市場が存在した本荘市の「大町通り常設市場」の風景に違いない。

実はこの写真、2008年10月にジュンク堂書店・秋田店で開催された「絵葉書で訪ねる古き秋田展」に展示されていた一枚で、そのとき「秋田市大町通り常設市場」という誤ったキャプションが添えられていたもの。展示会では原寸大と拡大した複製品を販売していた。それを購入した「秋乃宮博物館」がキャプションを真に受けてしまったのではないだろうか。

「絵葉書で訪ねる古き秋田展」を取材した『秋田経済新聞』にも、この写真が「大正時代から昭和初期の秋田市大町通り常設市場の様子」との説明で掲載されていたため、「秋田市大町」ではなく当時常設市場が存在した「本荘市大町通り」の写真と推定するゆえのメールを送った。

そこで『秋田経済新聞』が企画展の主催者(神戸市・絵葉書資料館)に問い合わせたところ、向こうではわざわざ由利本荘市の郷土資料館に確認し、「本荘市大町通り」に間違いないとの回答を得たと後日連絡があった。

パネルの説明に「・・・昔の大町の町並みや秋田の風景をご覧ください」とあるが、その肝心の大町の風景が秋田市ではなく、遠くはなれた本荘市の大町だったという、笑うに笑えない単純ミス。

多くの人の眼に触れる、規模の大きな展示会だったら、すぐに指摘されたに違いなく、当時の秋田市大町を知る人や、地元の歴史に詳しい人がそばにいたら、こんな間違った展示をすることもなかっただろうに・・・・・・。



2010年9月23日追記

一件落着

本日ADを通り抜けた際、例の写真が撤去されているのを確認。若干展示写真も増えていた。

迅速な対処をありがとうございます。
当ブログを見て報告した方がおられたら、この場を借りて感謝します。

_________

関連リンク

「絵葉書で訪ねる古き秋田展」-明治後期からの絵葉書を展示 - 秋田経済新聞

大正時代から昭和初期の秋田市大町通り常設市場の様子-「絵葉書で訪ねる古き秋田展」 - 秋田経済新聞
ページタイトルはそのままだが、写真のキャプションは「本荘・大町通り常設市場」と訂正されている

| 秋田市今昔 | 09:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

木霊(こだま)宿る樹・顔に見えるモノ



千秋公園二の丸、ときおりカモシカが目撃される児童動物園跡地にある、カモシカの顔を思わせる樹木。

_________

関連記事

顔に見えるモノ(ひみつ基地内タグ検索)

| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サミットで今年は二度のザキ(崎)祭り

平成二十二年九月十二日
「全国山・鉾・屋台保存連合会」総会(通称・曳山サミット)秋田市土崎大会

心配された天候も日中は大きく崩れることもなく、土崎駅前神明社通りの電柱地中化により実現した15メートルの復元曳山をはじめとして、平常の祭りでは見ることのできないシーン満載の楽しいイベントであった。


復元曳山


復元曳山・見返し「限りなき 往時を偲ぶ 十五米」


置山

大正から昭和初期にかけての撮影と推定する固定の置山。観衆の服装からしてこれは“土崎の祭り”の置山ではなく、山王さんの祭り(八橋日吉(ひえ)八幡神社秋季大祭)の置山と思われる。

往時は曳山の高さを競い、20メートルを超えるものも運行されたが、明治後期、町角に電柱が建ち、電線が張られたことにより、曳山の高さが5メートル程に制限され、それ以降、置山にその面影を残すことになった。


復元曳山


復元曳山


復元曳山


復元曳山


復元曳山


復元曳山


復元曳山


復元曳山


復元曳山



日も暮れて、神明社の鳥居前から土崎駅方面に向かう復元曳山。音頭上げの声、車輪のきしむ音、ジョヤサの掛け声、お囃子は御幸曳山(みゆきやま)で演奏される、ゆったりとした湊ばやし。







































































_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 平成二十二年度「土崎湊祭り」御幸曳山点描

関連リンク

YouTube - 土崎 - 新着動画
湊祭り関連動画多数

| 祭り・民俗・歳時記 | 21:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蓋を開けたら獅子頭・顔に見えるモノ



ワイヤレスマウスの蓋を開け、電池を外そうとしたら銀色目玉の獅子頭が現れた。

_________

関連記事

顔に見えるモノ(ひみつ基地内タグ検索)

| 散歩写真・路上観察 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋天のN極指して風見鶏


10.09.08

ようやく気温も下がり、秋らしいさわやか空が広がるが、まだ盛夏を思わせる日差が痛い。

| 散歩写真・路上観察 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「感恩講発祥之地」碑・花散る里


「感恩講発祥之地」碑

大町六丁目「感恩講街区公園」に建つ「感恩講発祥之地」碑に埋め込まれた「秋田感恩講」の紋章は、香道の源氏香図の一つ「花散里(はなちるさと)」。さらに記念碑全体が「花散里」の形に配置されているのが面白い。


源氏香図

「源氏香」は五種の「香」を焚き、その種類を聴き(嗅ぎ)あてる、貴族の風雅な遊び。五本の縦線に対応して並べられた五種の「香」を聴き、その香りが同一と感じた縦線の頭を横線で結ぶ。「花散里」を例にすれば、左から一番目は単独の香り、二番と四番および三番と五番が同じ香りと判断したわけだ。「源氏香」のルールおよび「源氏香図」の詳細は、下記関連リンクを参照されたい。



「秋田感恩講」の「花散里」は佐竹藩主から下賜された拝領紋。佐竹氏の定紋(じょうもん)は、広げた扇の中央に月が描かれた「五本骨月丸扇」だが、替紋(かえもん)と称する非公式の家紋として使っていたのが風流な意匠の「花散里」であった。この非公式の家紋を裏紋・別紋・控紋ともいう。

秋田藩初代藩主・佐竹義宣公の香道好みは有名で、十種類の香の名を聴き当てて遊ぶ「十種香(じしゅこう)の宴」をたびたび催し、のちには藩の年中行事のひとつにしたほど。

文政十二年(1829)、貧民救済を目的とする民間主導の講社発足にあたって、藩は「感恩講」の名を与え、佐竹家の替紋である「花散里」を下賜。その行為は感恩講に対する佐竹氏の“認可”であり、感恩講は藩と一心同体の組織であることを示したのだろう。

もっとも、当時の藩の財政は火の車で、町民を救済する費用も外町の裕福な商人たちに頼らざるを得なかったわけで、ましてや那波家には、返済するあてもない代々にわたる巨額の借財を負っており、感恩講も藩が那波家に話を持ちかけたのをきっかけとして誕生したわけで、藩主と御用商人という立場を抜きにしていえば、佐竹家にとって那波家は最後まで頭の上がらない恩人であったわけだ。佐竹家の別荘「如斯亭」が最初は那波家に譲られたのも、このようないきさつをふまえてのことなのだろう。

「秋田感恩講」跡地に昭和五十一年、社会福祉法人「感恩講」が「感恩講発祥之地」碑を建立。題字は那波雲城の揮毫。洋画家の伊藤博次が設計を担当した。

那波別家の那波雲城は秋田県書道展審査員をつとめた県内書道界の重鎮。那波伊四郎商店(那波紙店)の木彫りの屋根看板を揮毫した人物。


伊藤博次『初冬(八郎潟)』1954 第39回二科展出品


伊藤博次『けいちつ』1997

洋画家・伊藤博次(1919~1999)。大正八年、老舗料亭「秋田倶楽部」を営む家に生まれる。昭和十六年、帝国美術学校(現・武蔵野美術大学)本科工芸図案科卒。「あきたくらぶ」「グリルアキタ」などグループ会社の専務、「アキタニューグランドホテル」の取締役を務めながら創作活動をつづけた異色の抽象画家。社長業のため途中から中央展への出品を断念。秋田美術作家協会、県造形美術家協会の設立に参画、昭和四十一年、「秋田美術学校」を開校し校長に就任するなど、県内美術界の発展と後進の育成に尽力した。

部分(花散里)と全体(花散里)が自己相似するユニークなデザインの「感恩講発祥之地」碑に、伊藤博次の機知に富む造形感覚の一端を垣間見ることができる。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 歴史遺産「旧秋田感恩講土蔵群」を見る
二〇世紀ひみつ基地 歴史的土蔵の小道・感恩講小路

二〇世紀ひみつ基地 人徳の商家・那波家
二〇世紀ひみつ基地 那波祐生と感恩講

関連リンク

文化広報誌:SPAZIO no.64 -文字・金銀箔散らし・香から、意匠への展開
源氏香図について

香道「香筵雅遊」 welcome to koengayu
香りを聞く・雅なる香道の遊び

柳屋本店 <化粧品メーカー> * YANAGIYA since 1615 *
ヘアートニック・ポマードでお馴染み柳屋本店の商標は「花散里」

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シルエットのある壁面


01.08

| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歴史的土蔵の小道・感恩講小路

秋田市・歴史の小路(五)


2010.08 「新政酒造」土蔵と猿谷小路

川反六丁目から本町通りに抜ける、「新政酒造」の土蔵(旧・秋田感恩講土蔵)に沿って東西に湾曲した小道を「猿谷(さるや)小路」という。その名は川反側の北角(上掲画像右手)で、昭和四十年代頃まで質店を営んでいた旧家の名字にちなんだもの。


手前に猿谷質店、小路をはさんで秋田感恩講土蔵と「新政酒造」


2005.03 帯谷小路

「猿谷小路」の南側が「帯谷(おびや)小路」。この名も「帯谷鉄工所」を経営していた旧家の名字にちなんだもの。酒の仕込みの時期になると、あたりには麹の甘い香りが漂う。


2009.011 神田小路

「帯谷小路」を西に進み、大町六丁目の交差点を過ぎると、ここも同じく旧家にちなんだ「神田小路」。最近まで北側に「神田鉄工所」があった。突き当たりに「石敢當」あり。画像左手のバイクが停まっている年季の入った店は、知る人ぞ知る庶民的中華料理の名店。


●旧町名・小路名の魅力とその効用



「新政酒造」の界隈には古い小路名が多い。これらは町民が命名した非公式愛称だ。

秋田市内には「保戸野鉄砲町」と「鉄砲町」というふたつの、鉄砲にちなんだ旧町名がある。「鉄砲町」は鉄砲を製造する鉄砲鍛冶が住んでいたことに由来。「保戸野鉄砲町」は鉄砲で武装した「鉄砲組」の足軽が住んでいた町。

「十人衆町」については定かな記録がないので不明だが、熊野十二所権現に関連して、初期は「十二所町」と呼ばれていた「じゅうにしょ」が転訛して「じゅうにんしゅう」となったとも、藩に多額の御用金を納めた“十人の資産家”が住んでいたことに由来する、ともいわれている。この町に「銀映座」という映画館があった。

時代劇に登場しそうな粋な地名「四十間堀町」ならびに「四十間堀川反町」は、町内を堀(水路)が通っていたことに由来するが、これはまた稿を改めて考察したい。「舟大工町」については後述する。

細かく区分けされた旧町名や小路名が便利なのは、名前を聞いてすぐその場所が分かること。たとえばタクシーに行き先を告げるとき、「十人衆町」といえば一発で分かるが、現在使われている新町名においては、上掲略図の大半が「大町六丁目●番●号」となってしまい、まったくもって分かりづらい。さらに、縦軸で分割された旧地名の隙間を埋め、おぎなうように、小路名を横軸に配置して地理の万全を期しているのが素晴らしい。


●舟のひしめく旭川・湯船ひしめくソープ街

嘉永五年(1852)に「佐卯商店」(現・新政酒造)を創業した佐藤卯兵右衛はもともと米問屋だったという。この地域は県南から雄物川水運で旭川を下った穀物など、物資の荷揚場で、いにしえは米問屋、材木屋、薪炭問屋などが軒をつらねた町。


2004.03 「新政酒造」酒蔵

春になると岩見三内方面から大量の木炭や薪木が陸揚げされた。石炭・石油・ガスが燃料として使われる以前、町民が煮炊きや暖房、風呂焚きに使用した燃料は薪炭が占めていたのだから、その数は尋常ではない。先に挙げた「猿谷小路」の質店、「帯谷小路」の鉄工所も、元来は木炭と薪を取り扱う薪炭商であった。


明治三十一年『秋田市商工人名』より

木炭の産地であった岩見山内の野崎を起点とし雄物川を下る舟を「岩見舟」と称し、その終点である下新橋のたもとに置かれた舟乗りのための舟宿「岩見小屋」が昭和三十年代まで残っていたという。
‥‥前略‥‥
 春には、毎年のように河辺郡の岩見三内から、炭やマキを積んだ岩見舟というのがさかのぼってきた。ときには中島の女学校下の浜までのばり、マキなどをおろしたものだ。しかし大半は鍛冶町川反に荷揚げされ、小売り人の手に渡り、きたるべき冬の燃料としてさばかれたものだ。
 この人たちは下新橋のたもとにある岩見小屋という建物にたむろし、遊郭などで遊び、ふところを軽くしてから村へ帰るのを常とした。その建て物は"新政"の酒倉の下に今でも残っている。
‥‥後略‥‥
洞城利喜『あきたよもやま』昭和五十一年刊 より


2009.11 川反より下新橋を望む

有楽町通りの裏側にあたる、下新橋の向こう岸(東側)が「岩見小屋」の置かれた浜(河原)だが、河川改修のため浜は消滅、往時の面影はない。

雄物川水運の舟がひしめき、舟を造る職人が住んでいた、川反の旧舟大工(ふなだいく)町も、今では“舟”ならぬ“湯船”のあるソープランドがひしめく、秋田を代表する風俗街に変貌した。


●「感恩講小路」の復活を・・・

「新政酒造」北側の「猿谷小路」は「感恩講小路」とも呼ばれていた。小路に沿った土蔵は旧感恩講の倉庫であり、北側には感恩講事務所があった。そして「猿谷小路」で薪炭商ならびに質屋を営んでいた猿谷利左衛門は、高堂や本金らとともに明治二十七年から感恩講の役員に就任している。

那波祐生をはじめとする「秋田感恩講」の創設に関わった先人、維持のために協力した商人・町民たちの威徳と熱情に思いをはせ、後世に語りつぐ意味でも、旧感恩講の歴史的土蔵群が白壁を連ねる小道に、今改めて「感恩講小路」の名を復活させようではないか。


2005.02 感恩講小路(猿谷小路)


大きな地図で見る
_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 人徳の商家・那波家
二〇世紀ひみつ基地 那波祐生と感恩講

二〇世紀ひみつ基地 歴史遺産「旧秋田感恩講土蔵群」を見る
二〇世紀ひみつ基地「感恩講発祥之地」碑・花散る里

「感恩講」二〇世紀ひみつ基地内検索

秋田市・歴史の小路(一)
二〇世紀ひみつ基地 「菊谷小路」という不可解
秋田市・歴史の小路(二)
二〇世紀ひみつ基地 参詣の小道・蓮住寺小路
秋田市・歴史の小路(三)
二〇世紀ひみつ基地 伝説の大イチョウ・座頭小路
秋田市・歴史の小路(四)
二〇世紀ひみつ基地 「付木小路」に響く音(ね)は‥‥

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

九月の入道雲・残暑御見舞


2010.09.02 5:50:06PM

九月の空とは思えぬ、暑苦しき真夏の入道雲居座り、虫の声も止む熱帯夜。

| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |