二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

川のない橋「牛島橋」界隈を歩く



まだ冬の装いの太平山の山並みを背景に、早春の太平川の土手でザッコ(雑魚)を釣る太公望たち。前回のエントリーでとりあげた『保存版 ふるさと秋田市』に掲載された写真である。

まだ高層の建物もなく、堤防に桜が植樹される前なので、空が広く太平山の眺望もすこぶる良い。この界隈で生まれ育ったものにとって、太平川から望む太平山はなつかしき原風景。おりふし、東の空に目をやると、四季の彩りを装う太平の峰が、遊ぶ子らを見守るように、いつもたおやかな姿をみせていた。



添えられたキャプションに
太平川下流の太公望(太平・昭和34年) 太平川(左)と猿田川(右)の合流点。‥‥後略‥‥
とあるが、これは誤解。どうもこの写真集には間違いが目立つ。

右手に牛島の「寳袋院」(ほうたいいん)本堂が確認できることから、正確な撮影地点は「太平川橋」の下流。太平川と猿田川の合流点はもっと下流にあり、周囲の風景も全く異なっている。

のちほど説明するが、わけがあって現在は全く同じポイントからの撮影はできない。ほぼ同じ場所から撮影したのが以下の画像。右手に見えるお寺が久保田三十三番札所巡礼・七番札所「寳袋院」、その向こうの橋が「太平川橋」。


10.01

うねうねと蛇行する太平川下流域は水害多発地点、そのため戦前から戦後にかけて河川の改修が行われ、「太平川橋」周辺の河道も、戦後の河川改修でその姿を大きく変えた。まずは河川改修前の地図を。



ベースにしたのは昭和24年発行『秋田市街図』。青色でマーキングした部分が大きく蛇行していた河道をなめらかに改修するために堀替えた新河道、ここに現在の「太平川橋」が新たに架設される。

「太平川橋」の下流にかつて、牛島駅と川口境の工場地帯を結ぶ、専用引き込線の鉄橋が存在した。太平山と太平川を捉える絶好の撮影ポイントであった、その鉄橋の上から東方を撮影したのが冒頭の写真。そこには今も橋脚の痕跡が残り、ときおり水鳥が羽を休めている。


専用引き込線・太平川鉄橋跡 10.01

旧河道に架かっていた「お東橋」が撤去され、その周辺が最初に埋め立てられ、残りの旧河道はしばらく残っていた。冒頭の写真はその時代に撮影されたもの。

たそがれどき、木々が鬱蒼と茂る旧牛島橋から旧河道を見下ろすと、流れを止めた川は暗くよどみ、投棄されたゴミが水面が浮ぶ眺めが、子ども心に不気味に感じら、後年の一時期、その光景がよく夢に現れた。

残っていた旧河道もやがて埋め立てられ、昭和39年、牛島橋の旧河道上流部分に U字形の児童公園「楢山末無町街区公園」開設、下流部分も小公園に。

  
牛島橋跡から旧河道上流(児童公園)を見下ろす 09.06


09.06


牛島橋跡から旧河道下流を望む 09.06

雄物川水運で穀物・縄・薪などが荷揚げされた船着き場があった場所。今は橋と同じ高さに埋め立てられている。


蛇行した緑地帯が旧河道


牛島橋跡から牛島方面を望む 09.06


牛島橋通り(登町方面を望む)08.11

いにしえの国道・羽州街道に架かっていた「牛島橋」は久保田城下と河辺郡牛島村を結ぶ境界の橋、佐竹氏の参勤交代の際、一行はこの道を通って牛島に入り、御茶屋橋のたもとで茶を一服してから江戸へ向かうのが恒例であった。


お東橋跡より太平川橋を望む 10.01

太平川で行き止まりであった楢山南新町下丁に、大正末期、牛島に通じる「お東橋」架設。「お東」の名は町内に佐竹東家の下屋敷(別邸)があったことに由来し、「お東町」とも呼ばれた町内には東家の祖・佐竹義久をまつる東館神社が現存する。


お東橋跡付近より太平川橋と新河道を望む 07.05

まだ木橋だった昭和30年代、橋の上から雄物川の花火がよく見えた。この橋の正式名称が「太平川橋」と知ったのは比較的最近のことで、自分たちはずっと「牛島橋」と呼んでいた。すでに旧牛島橋は橋ではなくなり、牛島のメインストリートに架かる橋だから、今は「牛島橋」の名がふさわしいと思う。


引き込線鉄橋跡より太平山を望む 10.01




大きな地図で見る

牛島駅から川口境へ延びる専用引き込線とその界隈については次回に。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 桜花の百石橋・定点観察

二〇世紀ひみつ基地 『保存版 ふるさと秋田市』の参考文献に

牛島(ひみつ基地内検索)

| 秋田市今昔 | 23:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『保存版 ふるさと秋田市』の参考文献に



秋田市内の歴史的写真を集めて、長野の「郷土出版社」から昨年の12月に出版された『保存版 ふるさと秋田市』巻末の「主な参考文献」の書籍名が並ぶ末尾に“ブログ『二〇世紀のひみつ基地』”の名を見つけてびっくり。「の」の字がひとつ余分だが・・・。

ざっとページをめくっていて、誤記を発見したので指摘しておく。



上掲の写真につけられたキャプションに
広小路から見る県立図書館(広小路・明治35年) 左手の2階建ての建物は秋田県立図書館である。‥‥後略‥‥
とあるが、この二階建て洋館は過去のエントリーで解説したように、秋田県庁舎の隣(現・高層マンション・ランドマーク秋田)にあった秋田初の煉瓦造り建築「秋田県会議事堂」。

「秋田県会議事堂」の手前に写る「木内」が明治四十三年の焼失後に建て直した店舗であることと、背後に大正六年に開設された「日本銀行秋田支店」の屋根が見えることから、(広小路・明治35年)の記述も間違い。


大正天皇御即位記念図書館

これが広小路に面した県立図書館。正式名称「大正天皇御即位記念図書館」大正七年十月落成。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 県立秋田図書館・広小路

二〇世紀ひみつ基地 県民会館の土手から西を望む・大正期

| 秋田市今昔 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

謹賀新年・平成二十二年元旦


秋田市電・将軍野停留所

謹んで初春のお慶びを申し上げます
平成二十二年元旦 二〇世紀ひみつ基地


旧将軍野停留所・電車道と三本松 2003.09


大きな地図で見る

_________

関連記事

市電(ひみつ基地内検索)

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |