二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

片隅のふたり・街角のアート



壁面に影を落とす二人連れが居た駐車場の片隅

| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昭和44年・秋田テレビ開局のころ

秋田テレビ開局40周年記念

昭和44年(1969)10月1日、秋田で二番目の民放放送局 AKT 秋田テレビ開局。朝8時、秋田市上空に響くノロシの音と同時に放送開始。

10月13日、秋田県立体育館にて「放送開始記念ミュージックフェスティバル」開催。八橋本町の秋田テレビ前を出発し、山王大通り・通町・広小路を経由し県民会館前まで行進する昼の記念パレードに参加したのは、陸上自衛隊中央音楽隊、海上自衛隊大湊基地音楽隊、秋田市内の中・高校ブラスバンドなどで編成した楽隊、テレビメーカー各社のデコレーションカーが連なり、ミス秋田おばこが花を添えた。

12月1日本放送開始、12月3日、秋田市立体育館において開局記念番組「ダイヤモンドグローブ」を収録。全日本ジュニアライト級チャンピオン 東海林博(米倉・横手市出身)と、世界ジュニアライト級第8位 石山六郎(極東・西馬音内出身)が対戦するメインイベントは、同日夜10時からフジテレビのネット局で全国放送された。


昭和44年・新聞広告

秋田テレビは県内初の UHF 局、既存の VHF 専用テレビでは受信できない。秋田テレビでは開局を前に県内の家電店とタイアップして、グァム島招待旅行をはじめ豪華賞品が当たる UHF コンバーター普及セールを展開。



無電テレビ工業 昭和44年・新聞広告

UHF ・ VHF 両波が受信できるオールチャンネルテレビの当時の表示価格は、19型カラーが約18万円、13型カラーで約12万円、17型白黒でも約5万円。実売価格は大幅に値引きされるものの、公務員の初任給が27.000円ほどの時代、かなりの高額商品であり、さらに専用のアンテナも用意しなければ受信できない。

アンテナを含めたコンバーターの価格は、単チャンネル型の普及品で約5千円、オールチャンネル型が7千円から1万2千円ほど。ほとんどの家庭でコンバーターとアンテナを購入し、これを機に白黒テレビから大量生産で安くなりはじめた、オールチャンネルのカラーテレビに買い換える家庭も少なくはなく、家電販売店はこの時期、秋田テレビ開局景気の恩恵を受けた。


サンヨー UHF コンバーター UH-55R


昭和44年・新聞広告
左・金座街まるさ電機
右・ナショナル・パナカラー内蔵用 UHF コンバーター

昭和40年代の大型テレビのデザインは、キャビネットに天然材または木目調をあしらった豪華な家具調が主流。その家具調テレビブームの火付け役になったのが、松下電器が昭和40年(1965)に発売したナショナル白黒テレビ「嵯峨」19型 72.500円。同年のグッドデザイン賞を受賞、同社のロングセラーシリーズになる「嵯峨」は、40年代の国産大型テレビの基本デザインとなった。

ナショナル「嵯峨」

「嵯峨」の成功をきっかけに各メーカーから、「高雄・三菱電機」「歓(よろこび)・シャープ」「王座・東芝」「金剛・ゼネラル」など、和風ネーミングで同様のコンセプト・デザインの家具調テレビが相ついで発売された。

昭和30年代、庶民のあこがれの的であった電化製品の「三種の神器」は「白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫」。いざなぎ景気にわいた昭和40年代は「カラーテレビ・クーラー・カー」が新三種の神器といわれ、頭文字を取って「3C」とも呼ばれた。そんな高度経済成長期に開局した秋田テレビも今年で40周年。転じて平成不況の今、明るい未来が確かに実感されたあのころが、遠くはるかな夢のように感じられる。

_________

関連記事

テレビ (ひみつ基地内タグ検索)

関連リンク

AKT秋田テレビ

パナソニックのテレビの変遷を振り返る

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 23:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

稀代の表現者ちあきなおみ&友川カズキ


ちあきなおみ 夜へ急ぐ人 1977

1977年の紅白歌合戦に出演した歌姫 ちあきなおみ の、女の情念を演ずる狂気をおびたパフォーマンスに、一家団らんでなごやかな大晦日をすごす全国の茶の間が凍りついたその曲は、友川かずき(現・友川カズキ)がちあきの依頼でつくった「夜に走る人」。歌い終えたあと白組司会者の山川静夫が発した「なんとも気持ちの悪い歌ですね~」のコメントともに、今も語りぐさになっている伝説のシーンである。

[サビ]
かんかん照りの昼は怖い
正体あらわす夜も怖い
燃える恋程 脆い恋
あたしの心の深い闇の中から
おいで おいで
おいでよ する人 あんた誰

[台詞]
ネオンの海に目を凝らしていたら
波間にうごめく影があった 
小舟のように あっけないそれらの影は 
やがて哀しい女の群と重なり 
無数の故郷と言う 
涙をはらんで 逝った

Kazuki Tomokawa > photosより

よみうり放送の深夜番組「11PM」に生出演し「生きてるって云ってみろ」を唄う友川の姿を、ちあきが偶然に見たのをきっかけとして、友川がちあきに提供した八曲ほどの歌は「夜へ急ぐ人」のような人間の内面をえぐりだす重い詩が多いのだが、なかにはこんな郷愁をさそう優しい曲もある。



祭りの花を買いに行く 作詞作曲・友川かずき

祭りの花を買いに行く
村の鈴木商店へ
木々はさえざえと天にあり
祭りの花を買いに行く

いつもの顔いつもじゃない顔
子供もよそゆき おべべ着て
かごめかごめを唄ってる
祭りの花を買いに行く

上の姉やには ブルースター
チーの姉やには 山ききょう
祖母のミヤには 夏小菊
祭りの花を買いに行く

年に一度の無礼講
たいこや笛も鳴りやまず
いずれも浮かれて 赤ら顔
祭りの花を買いに行く
友川が生まれ育った八竜での、遠い日の記憶をベースに描かれたと思われるリリカルな曲。本人の歌う「祭りの花を買いに行く」もまた良い。

_________

関連リンク

天才表現者ちあきなおみは今も尚我々の前に屹立する
友川とちあきなおみの関わりについて

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 産館ホールへ行こう
二〇世紀ひみつ基地 どこにもない絵・友川カズキ
二〇世紀ひみつ基地 友川カズキはコトバを越える
二〇世紀ひみつ基地 秋田の犬、EUで吠える
二〇世紀ひみつ基地 広小路に「ヤング広場」オープン・1972
二〇世紀ひみつ基地 友川カズキと能代バスケット
二〇世紀ひみつ基地 映像作家ヴィンセント・ムーン、友川カズキに迫る
二〇世紀ひみつ基地 ホームコメディの主題歌は「生きてるって云ってみろ」
二〇世紀ひみつ基地 友川カズキ主演映画・ベスト音楽映像賞受賞!

| 読む・観る・聴く | 22:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

古川堀端通り龍神前・定点観察


古川堀端通り 2007.06


古川堀端通り 2009.11

よもや変わるまいと思っていた見慣れた風景・街並も、世間の諸事情で変化することもある。

秋田署の裏、古川堀端通りに鎮座していた「雄柳大龍王尊神社」の跡地に、大町通りで営業していた「チーズ&ワイン アベ」が新築移転。大町一丁目、サンパティオ大町の筋向かいにあった旧店舗の前身は、よく買い物をした「ジーパンのドン・大町店」。




大きな地図で見る

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 勝平得之「蛇柳夜景」広小路
二〇世紀ひみつ基地 広小路堀端・定点観察
二〇世紀ひみつ基地 堀端から消えた龍神さま

関連リンク

チーズ&ワイン アベ・TOPページ


| 散歩写真・路上観察 | 23:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

友川カズキ主演映画・ベスト音楽映像賞受賞!



コペンハーゲンドキュメンタリー国際映画祭(CPH:DOX 2009)にてワールドプレミア上映された、ヴィンセント・ムーン監督による、友川カズキ主演ドキュメンタリー La Faute des Fleurs(邦題:花々の過失)が、Sound and Vision Award を受賞。

Modest Launch > 友川カズキ
Modest Launch > 『 花々の過失 』がCPH映画祭でSOUND & VISION AWARDを受賞!
Modest Launch > パリ、そしてコペンハーゲンへ その3

Modest Launch » 友川カズキ ドキュメンタリー映画『花々の過失』( 2009年 )



LA FAUTE DES FLEURS - a portrait of Kazuki Tomokawa - a set on Flickr
ヴィンセント・ムーンによるスチール写真多数

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 映像作家ヴィンセント・ムーン、友川カズキに迫る

| 読む・観る・聴く | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田広小路モノレール計画・昭和30年代


トッパンの愛児えほん『はしれのりもの』(昭和30年代発行)より

昭和41年の市電(秋田市営電車)廃止を前にした昭和39年(1964)、市電に変わる交通網として、秋田市内のデパート業界間でモノレールを導入する計画が持ちあがった。

「協働社ビル」の浅利社長と「新秋田ビル」の北林社長が中心となって構想した計画は、秋田駅二階のステーションデパート・木内・協働社・新秋田ビル・本金のそれぞれの屋上をモノレールで結び、駅前から広小路・大町を一大ショッピングセンターにし、三、四年後には市内の商店街を空の交通で結び、将来的には市内を縦横に走らせようというもの。


淡色文字は昭和40年以降の商業施設


秋田市街モノレール計画 1964
距離1.048km

1 ステーションデパート
2 木内デパート
3 協働社ビル
4 新秋田ビル
5 本金デパート

しかし、支柱を建てるスペースの確保が難しく、上空をさえぎって走るモノレールは、住宅や商業施設の密集した市街地には適さない交通機関。秋田空港が新屋から雄和に移転した80年代に、市街地と新空港を結ぶ新交通システムとして、モノレールを導入する計画があったが、同様に実現するには至らなかった。


木内デパート屋上から大町方向を望む・昭和三十年代

さいわい橋をわたると「秋田名店街」入口、大町通りにそびえる本金タワー。まだ「新秋田ビル」は建っていない。


ランドマーク秋田(旧協働社ビル)から新秋田ビル、大町公園橋 06.03

広小路の突きあたりから旭川を渡り川反に抜ける「さいわい橋」(現・大町公園橋)はもともと、昭和36年(1961)、先代の辻兵吉が「秋田名店街」(現・AD)をつくったとき、広小路と「秋田名店街」を短距離で結ぶために架けられた私設橋で、現在よりも少し川下(南側)に位置し橋幅が狭かった。昭和40年(1965)、橋を渡った場所に「新秋田ビル」竣工、現在はブティックが入居するビル一階部分に開けられた通路を抜けると、正面に「秋田名店街」の入口があった。

「新秋田ビル」オープン当時の入居者は、地階に「茶の間」「鳥吉」「なぎ」「銀寿し」「りんでん」など飲食店。一階のファッションフロアに「杉」「ササキ」「ミウラ」。三・四階「農林漁業金融公庫」。四階「日立製作所」「住友火災海上」「千葉歯科医院」。五階「高千穂交易」「北林道場」(柔道場のちに日本拳法道場)。

現在は地階に「関西割烹・三四郎」、一階のブティック、二階に「ほくと商事」など、上階はほとんど空き部屋のようだ。

_________

関連記事

協働社 - Google 検索(ひみつ基地内検索)

木内 - Google 検索(ひみつ基地内検索)

本金 - Google 検索(ひみつ基地内検索)

ステーションデパート - Google 検索(ひみつ基地内検索)

市電 - Google 検索(ひみつ基地内検索)

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 21:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仲小路ビル・リノベーション計画の続報

仲小路ビルのリノベーション計画について、2009年11月12日付「河北新報 web 版」に関連記事。
‥‥前略‥‥
 再生されるのは、中通2丁目の仲小路通りに立つ「仲小路ビル」(地下1階3階建て)で、既に改築工事が始まり、来年3月ごろ完成する。1、2階に飲食店やデザイン関係、雑貨などのテナントが入り、地下にはデザイナーやアーティストら約15人が活動の拠点を構える。

 ビルは1980年代ごろまで、ディスコや喫茶店、飲食店などが入居し、若者のたまり場的存在だった。ところが、時代の変化とともにテナントが減り続け、所有者はビルを壊し更地にするか建て替えするか検討していた。

 そんな時、歓楽街の川反地区で、同じような古いビルがアートスペースとなって、若者たちでにぎわっていることを知り、その関係者に相談して改築が実現した。
‥‥後略‥‥
川反地区のアートスペースというのは、川反三丁目、秋葉神社向かいのココラボラトリー。もともとは戦後の秋田市で数軒の映画館を経営し、最後は有楽町に秋田初のシネコン「プレイタウンビル」を経営した、秋田の映画王・村山多七郎氏が創業した秋田中央印刷のビル。昭和45年(1970)の落成だから、仲小路ビルと同じく築後約40年が経過している。市内にはこの時代の老朽化した空き部屋の多いビル、閉鎖されたビルが目立つ。


昭和45年(1970)落成・旧秋田中央印刷ビル(左端) 2004.02


昭和44年(1969)落成・仲小路ビル 2008.08

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 いまといつか・カジュアルアーツフェスタ'08より
仲小路ビル全盛時代のことなど

二〇世紀ひみつ基地 水玉模様のファッションビル・仲小路

二〇世紀ひみつ基地 仲小路ビル再生に Open A 参画

関連リンク

河北新報 東北のニュース/若者目線で古ビル再生 秋田駅西口商店街

秋田「仲小路ビル」がリノベーション工事着工-本格的シェアオフィスも - 秋田経済新聞

みんなのアートスペース ココラボラトリー[coco laboratory]
coco laboratory | ココラボラトリー

| 散歩写真・路上観察 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

象さんがやってきた!・秋田県児童文化博覧会


秋田にゾウが来た日/日印友好伝える写真 - asahi.com マイタウン秋田」より

朝日新聞秋田支局に持ち込まれたという、秋田市に初めて象がやってきた昭和25年の夏、千秋公園で撮影された写真が「asahi.com:マイタウン秋田」に掲載されている。

この年の8月、今の県民会館の地に、秋田県児童会館がオープン、記念行事として「秋田県児童文化博覧会」が開催された。その博覧会の目玉だったインド象の「インディラ」が日本に上陸したのは前年の昭和24年9月のこと。

大東亜戦争の末期、全国の動物園で食糧の確保に窮し、かさねて、空襲によって動物が逃げ出す危険性があるとの陸軍の判断に基づく命令によって、猛獣を中心に多くの動物が殺処分された。

戦前は東京・大阪・名古屋にいた象も、名古屋の東山動物園に2頭が残るのみ。象が見たいと願う東京の子どもたちのために、東京・名古屋間に15両編成の団体専用列車エレファント号が、日本交通公社と東京日日新聞の共催で運行されたこともある。

「動物園に象を」の声が高まる昭和24年、「象がほしい」という思いを子どもたちがつづった手紙を、インドのネルー首相宛てに送るキャンペーンを朝日新聞社が展開、集まった800通を上まわる手紙がネルー首相のもとに届けられた。その熱意が首相を動かし、インドからの親善大使として、首相のまな娘インディラ・ガンディーにちなんで命名された象「インディラ」が日本に贈られることに。

昭和24年9月、カルカッタから船にゆられてやってきた「インディラ」が上野動物園に到着。10月1日には両国の来賓をはじめ、約4万人の来園者が参加する中、盛大に贈呈式が挙行され、吉田茂首相が孫の麻生太郎をともない出席。



歓迎の曲を依頼された団伊玖磨が、まどみちおの詩に曲をつけた、今では誰もが知る「ぞ~うさん、ぞ~うさん、お~はながながいのね」ではじまる童謡「ぞうさん」が披露され、ネルー首相のメッセージが読みあげられた。
日本の子どもたちへ贈る言葉

皆さん。私は皆さんのお望みによって、インドの象を1頭皆さんにお送りすることを大変嬉しく思います。この象は見事な象で、大変にお行儀が良く、そして聞くところによりますと、体に縁起の良いしるしをすっかり備えているとの事です。

皆さん、この象は私からのではなく、インドの子どもたちから日本の子どもたちへの贈り物であるとご承知ください。世界の子どもたちは多くの点で似通っています。ところが大人になると変わりだして、そして不幸なことには時々喧嘩をしたりします。私たちはこのような大人たちの喧嘩をやめさせなければなりません。そして私の願いは、インドの子どもたちや日本の子どもたちが成長したときには、おのおの自分たちの立派な祖国の為ばかりではなく、アジアと世界全体の平和と協力の為にも尽くしてほしいということです。
‥‥中略‥‥
象というのは立派な動物で、インドでは大変可愛がられ、しかも賢くて辛抱強く、しかも優しいのです。私たちも皆象の持つこれらの良い性質を身につけるようにしてゆきたいものです。終わりに皆さんに私の愛情と好意を送ります。
1949年9月1日 ジャワハルラル・ネルー

『インディラがやってきた』戦後の日本、三五〇〇キロの旅
著者・志村武夫 出版社・佼成出版社 発行年・1979

「インディラ」の到着をさかのぼる一か月ほど前、読売新聞社と講談社のキャンペーンにより、タイ王国から象の「はな子」が贈られていたため、上野動物園の象は二頭となり、ようやく明るい活気がもどった園内は、象見物の子どもらの長い行列ができ、連日のにぎわいをみせる。

そんな上野動物園の園長のもとに、全国の子どもから「象が見たい」との手紙が寄せられるようになる。園長は「日本の子どもたちへの贈り物だから」と、地方への巡回を決意、朝日新聞社を後援とする移動動物園が企画される。

「インディラ」をはじめ、マントヒヒ、サバンナモンキー、台湾猿、お猿の電車、小熊、孔雀など、13種による移動動物園は、昭和25年4月から9月まで約半年間にわたり東日本各地を有蓋貨物列車で巡回、行く先々で熱狂的に迎えられた。

秋田市に「インディラ」が滞在したのは、昭和25年8月6日から12日まで。折しも秋田市では千秋公園を会場に「秋田県児童文化博覧会」が開催中、「インディラ」一行の移動動物園は、博覧会の目玉となり、国鉄では羽越奥羽両線に臨時列車「象さん見物インディラ号」を運行し見物の便を図った。

8月6日午後4時過ぎ、秋田駅前広場に「インディラ」が姿をみせると、はじめて見る本物の象に、あたりから大きな歓声があがる。小学生の代表が歓迎の言葉をのべ、子どもたちによる「象さん歓迎の歌」、冠の贈呈などのあと、会場へと歩みをすすめる、秋田駅前から広小路を通って千秋公園まで至る沿道は、黒山の人垣で埋めつくされた。このとき、秋田駅から会場まで「インディラ」が歩いた時間を当てる懸賞も募集されている。


千秋公園・中土橋にて



「秋田県児童文化博覧会」は、秋田県児童会館の創立記念行事として、児童会館の創立に尽力した、県民生部長・小畑勇二郎(のちの秋田県知事)が企画立案し、千秋公園を会場に、秋田県・秋田教育委員会・秋田魁新報社が共催し、戦後の混乱と退廃ががつづき、非行児童の増加が問題となったこの時代に「子どもたちに夢と希望を抱かせよう」との趣旨で、昭和25年8月1日から20日まで開催された、秋田では戦後初の博覧会。その日程は「インディラ」一行の「移動動物園」の来市に合わせて組んだものと思われる。


千秋公園・中土橋



千秋公園の中土橋、記念館の入口に竜宮城をかたどった歓迎門が設けられ、新築の児童会館(現・県民会館の地)を使った郷土館を中心に、科学館(県記念館、現・ジョイナス)、児童作品館(和洋高校)、健康館(明徳小学校、現・明徳館)、交通館(警察学校、現・県立美術館)、芸能館(児童会館内劇場)など各パビリオンを配置。

そのほか、千秋公園本丸に「子ども鉄道館」、二の丸に「青空劇場」と博覧会の目玉「インディラ」一行の「移動動物園」など多彩なイベントがくり広げられた。

本丸の「子ども鉄道館」は、土崎工機部特製の10トン豆機関車に客車三両を連結して走らせ、各駅に子ども駅長を配置、車掌も中学生がつとめて、連日の超満員、切符を購入するための長蛇の列が二の丸の階段下までつづく人気だったという。



児童会館と同時に開設されたのが、県記念館の南広場の児童遊園地と、弥高神社前の梅林を撤去してつくられた「秋田県児童会館付属児童動物園」(のちの秋田市立児童動物園)。

会期中は連日の好天と「インディラ」の人気がかさなり、延べ20万人を上まわる来場者を記録して閉幕。盛況だったにもかかわらず、収支決算では約200万円(小学校教師初任給4,000円ほどの時代)の赤字だったというが、戦後の混乱がまだ残る時代に開催された児童博覧会は、未来を担う子どもたちに夢と希望というかけがえのない財産を与え、やがて訪れる高度経済成長期へのステップとなった、記念すべきイベントであった。


児童会館と千秋公園

昭和32年、ネルー・インド首相が娘のインディラ・ガンディーと共に来日、上野動物園を訪れ「インディラ」との再開を果たす。

昭和39年5月27日、ネルー首相死去。

昭和58年8月11日未明「インディラ」は49歳の天寿をまっとうして息を引き取り、その骨格標本が国立科学博物館に展示される。

昭和59年、「インディラ」の死亡を伝え聞いたインディラ・ガンディー首相から上野動物園に二頭の象が贈られる。同年10月31日、日本の子どもたちに「象のおばさん」と親しみをこめて呼ばれたインディラ・ガンディー首相がシーク教徒の警護兵により官邸で射殺される。その後任として長男のラジブ・ガンディーが就任するも、母と同じく平成3年に暗殺、インドでは「ガンディー家の悲劇」といわれている。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 ライオンが射殺された日

二〇世紀ひみつ基地 瀟洒なる文化の殿堂・秋田県記念館

二〇世紀ひみつ基地 絵葉書で見る・秋田県記念館

二〇世紀ひみつ基地 新しき朝を報(しら)せよラジオ塔

関連リンク

asahi.com:秋田にゾウが来た日/日印友好伝える写真-マイタウン秋田


| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホームコメディの主題歌は「生きてるって言ってみろ」


一家だんらん物語 新番組予告

バックに低く流れるのは、友川かずき(現・友川カズキ)が唄う、連続テレビドラマ『一家だんらん物語』(1986)の主題歌「生きてるって言ってみろ」。

まだ30代の半ば、切れ味の良いナイフのような伸びのある声で、笑うように、また泣くように喉を震わせ絶叫する友川節が健在。

還暦も間近となった今は、若いときとはまた違った枯れた味わいと深みがあるが、ライブパフォーマンスの点では最も充実し、今も語りつがれる伝説的ライブをくり広げていた時代の録音である。

「生きてるって言ってみろ」のオリジナルは、1974年、東芝からリリースされたセカンド・シングル。主題歌として使われることが決り新たに録り直され、1986年 CBSソニーから再リリースされた。

若いときはこの曲をやると、必ずギターの弦が何本か切れ、唄い終わるころには5本の弦がぶっ飛び、もうギターだか打楽器だか訳のわからない状態になり、その指先に血がにじむのを間近で目撃したこともある。まったくもって正気ではない。

それにしても、こんなとんでもない曲がメジャーレーベルからリリースされ、ドラマの主題歌に選ばれ、ゴールデンタイムの茶の間に流れていた時代は、今から思えばとんでもなく面白い時代だったのかもしれない。

このドラマで友川は主題歌のほかに、近所の住民というちょい役で出演もしている。秋田なまり丸出しで。

秋田なまりといえば、1983年公開の映画『戦場のメリークリスマス』で坂本龍一が演じたヨノイ大尉の役に、大島渚は当初、友川を想定していた。しかし、あの役に秋田なまりは似合わない。大島は友川に「秋田なまりを直すつもりはないか」と問うが「ない」という返事、やむなくあきらめた大島は代役として坂本龍一を選んだという。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 産館ホールへ行こう
二〇世紀ひみつ基地 どこにもない絵・友川カズキ
二〇世紀ひみつ基地 友川カズキはコトバを越える
二〇世紀ひみつ基地 秋田の犬、EUで吠える
二〇世紀ひみつ基地 広小路に「ヤング広場」オープン・1972
二〇世紀ひみつ基地 友川カズキと能代バスケット
二〇世紀ひみつ基地 映像作家ヴィンセント・ムーン、友川カズキに迫る

| 読む・観る・聴く | 22:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カフェ「オブジェ」秋田駅前に復活





今年(2009)の5月末まで秋田市保戸野通町で営業していた、カフェ「てぃー・たいむはオブジェのように」が秋田駅前に「Kissaten」と名を変えて復活。

場所は「東洋新食堂」(旧・全音)と緑屋ビルにはさまれたビル(旧・美光堂)の二階。一階は最近オープンしたドリームリンク経営の炭火串焼「助六」。


2009.11


2004.03

_________

関連リンク

asahi.com:再会そして新たな別れ/椿田恵理子-マイタウン秋田

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 さようならへのカウントダウン

二〇世紀ひみつ基地 珈琲のカップを伏せてサヨウナラ

| 散歩写真・路上観察 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

教会の鐘塔と絵本「小さな家」の思い出


秋田聖救主教会聖堂・秋田市有形文化財

かつては武家屋敷であった保戸野中町の閑静な住宅街に、ひときわ異彩を放つゴシック様式建築の秋田聖救主教会聖堂。

英国教会(チャーチ・オブ・イングランド)を母体とする、日本聖公会に属する教会。はじめは保戸野愛宕町にあった教会に、明治41年、当時日本聖公会の伝道師であった土田八九十(はくじゅう)、のちの山村暮鳥(詩人・児童文学者)が赴任、数か月間滞在した。

昭和五年竣工の現在の聖堂は、聖路加国際病院旧棟の設計で有名な米国人建築家・バーガミニーによる基本設計のもとに、聖公会信徒の上林敬吉が設計を担当。ほぼ同時期に上林は宇都宮、盛岡、郡山などに秋田聖救主教会と類似した聖堂を建築している。

盛岡聖公会
施工・昭和4年 設計・上林敬吉
近代建築散策:郡山聖ペテロ聖パウロ教会
施工・昭和6年 設計・上林敬吉
近代建築散策:日本聖公会宇都宮聖ヨハネ教会
施工・昭和8年 設計・上林敬吉 国登録有形文化財

教会の裏にある秋田聖使幼稚園は、明治三十八年(1905)四月、米国聖公会の女性伝道師が保戸野愛宕町に開設した「幼児遊戯園」を起源とする、県内ではじめて開かれた歴史ある幼稚園。


大きな地図で見る


ベルタワー

ゴシック様式の特徴である、先の尖ったアーチ窓がうがたれた、いかにも英国風な白亜のベルタワー(鐘塔)。その窓が人間の眼と口のようなタワーを見上げていたら、子どものころ生家にあった、建物を擬人化した絵本のことを思い出した。

たしかディズニー絵本シリーズの一冊だったはず。わずかな記憶をたぐりよせ、ネットで検索すると、それはディズニーのアニメセルをもとにつくられた「講談社のディズニー名作絵話」の『小さな家』という絵本であった。



もう一冊、家にあった同シリーズの『ダンボ』よりも『小さな家』のほうが気に入っていて、表紙がボロボロになるまで、読みこんだなつかしき絵本。

『小さな家』の原作は今年(2009)生誕100周年にあたる、米国の絵本作家バージニア・リー・バートンの名作『ちいさいおうち』。
「むかしむかし、静かないなかにちいさいおうちがたっていました。それは、ちいさいけれどとてもがんじょうにつくられた、強いおうちでした」
   こうして始まるバージニア・リー・バートンの『The Little House』(邦題『ちいさいおうち』)は、1943年、カルデコット賞に輝いた不朽の名作だ。

   ピンクのばら色をしたちいさいおうちは丘の上に建っている。りんごの花がつぼみをつけることで春の訪れを知り、初雪が舞うことで冬の到来を感じていた。だが、町の明かりが遠くに見えはじめたのをきっかけに、ちいさいおうちの周辺もどんどんと変わっていく。まず道ができ、そこに自動車やトラックが走りだし、整備されて道路となった。やがて道路はあちこちに延び、背の高い家やアパート、お店、車庫なども次々と完成、ちいさいおうちを取り囲んでいく。

   とうとう住んでいた人たちも引っ越してしまい、ちいさいおうちは町の真ん中でひとりぼっち。人工的な町の照明は明るすぎて、もはや太陽も月もわからない。ちいさいおうちは思う。「月あかりの中、かがやく白いヒナゲシのお花畑やりんごの木々がもう1度見たい」と。

   ぽつんと取り残され、町の中で窮屈そうにしている古ぼけたちいさいおうち。その姿に子どもたちは胸を痛めることだろう。だが、女の人が現れて、ちいさいおうちを田舎に移してやり、そこで幸せに暮らすという結末にほっとするに違いない。低年齢の読者は、あらすじや挿絵を追うのに夢中かもしれない。だが、本書は都市化の弊害をさりげなく子どもに伝えた、忘れられない作品である。
『ちいさいおうち』Amazon.co.jp 商品説明 より
バージニア・リー・バートンの『ちいさいおうち』を、ウォルト・ディズニーがアニメ化したのが1952年(昭和27年)。 YouTube を探したらその動画が数件アップされていて、絵本『小さな家』の記憶が鮮明によみがえった。

The Little House 1952

_________

関連記事

顔に見えるモノ(ひみつ基地内タグ検索)

関連リンク

聖使幼稚園へようこそ

_________

ちいさいおうち (大型絵本 (3))
ちいさいおうち (大型絵本 (3))ばーじにあ・りー・ばーとん

おすすめ平均
stars1943年アメリカ最優秀絵本
stars『ちいさいおうち』を自分へのプレゼントに!
stars初めての読書
stars名作とはこういう絵本
starsちいさいおうち

Amazonで詳しく見る


| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆうもれすく・のすたるじあ・ぼへみあん


ドヴォルザーク作曲「ユーモレスク」 演奏・フリッツ・クライスラー

NHK ラジオ番組のテーマソングだったか、物心のついたころから、毎日のように生家の真空管ラジオから、ドヴォルザークの「ユーモレスク」が流れていた昼前のひととき、かたわらには針仕事をする母が居た。

重度の鉄道ヲタクであったことでも知られるドヴォルザークが、米国時代に故郷のチェコに一時帰国したとき、レールの響きにインスパイアされ生まれたという曲。

まどろみのなかで、ガッタン・ゴットンとレールを響かせて、ゆっくりと蒸気機関車が走り出すさまを表現したという冒頭の旋律を耳にすると、過ぎ去りし日々の郷愁に波立つ心はやがて深く静かに時間の海をたゆたい、動き出した車窓に走馬燈のように、いつか見た遠い日の光景を映しだす。

交響曲第9番「新世界」第2楽章の、日本では「家路」「遠き山に日は落ちて」として知られる曲にしても、ボヘミアン(ジプシー)がはぐくんだ、西洋音楽とは異質のボヘミア音楽を継承する、ドヴォルザークが創造する旋律は日本人の情緒にも通じ、聴く者を深いノスタルジアに誘う。


Going Home(家路)



| 読む・観る・聴く | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仲小路ビル再生に Open A 参画


09.10.31

既報のように全館閉鎖されていた仲小路ビルで、先日から内部改装工事がはじまっていたが、最近になって掲示された「仲小路ビル リノベーションプロジェクト」の幕に「設計:Open A 」の名が。

Open A は、近年のリノベーションブームをつくり、都市再生プロジェクト R-project の発起人で、「東京 R 不動産」のディレクターでもある若手建築家・馬場正尊が経営する設計会社。

再生の真打ちが手がけるプロジェクトに期待したい。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 水玉模様のファッションビル・仲小路

関連リンク

河北新報 東北のニュース/若者目線で古ビル再生 秋田駅西口商店街

OpenA

馬場正尊インタビュー/仙台建築都市学生会議

Tohoku R Project:TUAD 東北芸術工科大学

馬場 正尊/インタビューACROSS(アクロス)

山形R不動産リミテッド

RealTokyoEstate-東京R不動産-

| 散歩写真・路上観察 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |