二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

烏瓜の青き実ふくらむ


09.08.29

烏瓜の実が青くふくらむ晩夏とはいえ、太陽の照りつける夏らしい日が少なかった今年、昨今は気温も一気に下がり、すっかり秋の気配。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 烏瓜の灯火とカボチャランタン

二〇世紀ひみつ基地 白々と闇に咲く夢からすうり

| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

遅れてきた正統派アイドル・河田純子

70年代から80年代前半の昭和アイドル歌謡ブームが衰退した、アイドル不遇の時期にデビューしたことから、“最後の正統派アイドル”とも称される、秋田市飯島出身の歌手、河田純子。ニックネーム・ジュンジュン(JUN2)

昭和62年(1987)、秋田北中生のとき、第2回「東鳩オールレーズンプリンセスコンテスト」で準グランプリ。翌63年(1988)、CX系「志村けんのだいじょうぶだぁ」のオーディションを通過、マスコットガールとしてレギュラーになったのをきっかけに、 CBS ソニーにスカウトされる。

ちなみに「オールレーズンプリンセスコンテスト」で同じく準グランプリを獲得したのは、女優の水野美紀。「だいじょうぶだぁ 」のオーディションでは三人の女の子を選んでトリオでデビューさせる予定だったが、彼女だけが候補に残った。

昭和63年(1988)、AIWA の年末キャンペーンCM「早くスターになりたい編」に出演、その可憐で初々しい姿が話題に。


AIWA 年末キャンペーンCM「早くスターになりたい編」



平成元年(1989)3月、「輝きの描写 (スケッチ)」でレコードデビュー。作詞:森雪之丞、作曲:後藤次利、CX系「志村けんのだいじょうぶだぁ」エンディングテーマ曲、CX系アニメ「名門!第三野球部」オープニングテーマ曲。


輝きの描写 (スケッチ)

デビューしたばかりで、まだぎこちない振り付けと歌唱、そして名前のように純朴そうな容姿。


あした元気になあれ 1989

個人名義では平成3年(1991)までに、シングル9枚、アルバム3枚をリリース。その後グラビアを中心に活動し、平成4年頃からの数年間「秋田ステーションデパート」のマスコットガールに。


書籍広告 1992

その後しばらくメディアから姿を消していたが、平成17年(2005)、デュオユニット・ LENPHa(レンファ)の樹凛花(ジュリカ)として活動を限定再開、CMソング2曲を収録したシングル CD をリリース。同17年8月、渋谷のクラブ 27destiny にて「一夜限定復活ライブ」を開催、この日を待ちわびていた往年のファンたちの喝采を浴びた。


1989→→→→2006

田舎から出てきた純朴な少女というイメージだったデビュー時から、20年の時が流れ、すっかりオトナの女性になられたジュンジュン。いまだに完全に引退したわけではなさそうで、現時点で本人のオフィシャルサイトが存在し、ブログもたまに更新している。

_________

関連リンク

河田純子オフィシャルウェブサイト

:: 河田純子「思いっきりLIVE 2006~同窓会~」ライヴ ブログ ::

コロムビアミュージックエンタテインメント | LENPHa(レンファ)

河田純子ファンサイト -kawadajunko.net-|トップページ
デビュー時から最近の話題まで網羅する充実したファンサイト。Database の「ファンクラブJ'sの会報 」10号(1991.02) に、秋田に里帰りした際のオフショットも。

河田純子 - Wikipedia

YouTube - 河田純子

お宝テレカ鑑定団 - 河田純子

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 桜田淳子が天使だった時代・阿久悠物語

二〇世紀ひみつ基地 70s「朋ひろこ」という秋田生まれの歌手がいた

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

広小路に歩道橋と電巧堂があった時代


09.08

秋田市広小路に面した中通2丁目の久保田交差点に、9月中旬にオープンする、14階建て単身者向け賃貸マンション「レオパレス Flat 秋田」。

広小路に面したこの地は、歩兵十七連隊の玄関にあたり、戦後になって連隊の跡地が整理され、市民市場前を通って南通りへ抜ける道路が開通する。

その新道路の角地に、昭和33年(1958)、「白銀(しろがね)ビル」がオープン。1階に食堂と自転車店、2階にレストランと旅館、3階が旅館という構成の3階建て複合ビル。


昭和33年 新聞広告

昭和41年の住宅地図を見ると、白銀ビルに旅館の名は無く、喫茶しろがね、吉田興業、近畿日本ツーリストが入居している。

昭和44年(1969)、地元商店街の反対を押し切り、交差点に県内初のH型横断歩道橋が完成。


三伝ガソリンスタンド前から、白銀ビルと歩道橋 1969

70年代に入って「白銀ビル」を改装し、家電量販チェーン店「電巧堂・秋田本店」(のちにデンコードー)がオープン。当時はまだ少なかった家電量販店は連日の盛況、休日には所狭しと家電が展示された店内に人があふれた。

昭和63年(1988)、不評だった歩道橋が撤去される。


千秋公園・美術館前から久保田交差点方面を望む 1972

歩道橋のむこう、コカコーラの看板がある白銀ビル、その手前角地に鉄道弘済会(現・駐車場)、アトリオンの場所は空き地、右手の建物が改築前のマルサン。


千秋公園中土橋から久保田交差点方面を望む 09.08

時はめぐり、デパートと専門店が建ち並ぶ「買う・遊ぶ・集う」街から、ホテルと高層マンションが目立つ「泊まる・住まう・通過する」街へと変貌した広小路。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 マルサン・レクイエム

二〇世紀ひみつ基地 歩兵第十七連隊・秋田駅前

二〇世紀ひみつ基地 秋田駅前界隈・昭和四十年代初頭

二〇世紀ひみつ基地 ホテルハワイの廃業とホテル街となった広小路

広小路(ひみつ基地内検索)

関連リンク

レオパレスFlat秋田|賃貸はレオパレス21

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たそがれゆく街にて・秋田ニューシティの終焉


09.08

解体も間近との噂も聞こえる、秋田市大町の秋田ニューシティビル。

所有者である日本生命保険相互会社が、維持費のかさむニューシティビルの解体を予定しているという噂が数年前から流れていたが、地下で営業していたスーパー「ヤマト」が、隣接した AD ビルに移転、150年を超える老舗「辻兵呉服店」も、今年の5月に永い歴史に幕を下ろし、立ち退きを言い渡された店舗の閉店・移転準備もはじまっている。

当初5階まであった営業フロアは2階までに縮小、夜9時までの営業時間は、しばらく前から7時に繰りあげられた。先代の辻兵吉氏が亡くなってからというもの、終焉への動きが加速化しているように感じるのは、ただの偶然か。



昭和56年、「ダイエー秋田店」と「辻兵」を核店舗として、鳴り物入りでオープン以来、途中で「ダイエー」の閉店というダメージもどうにか乗り越え、大町の中核ビルとして存在して28年。

中核商店の空洞化、それは地域住民にとって、淋しさと空しさをともなう、やれきれない心の空洞化。

地域の活性化を目的としたイベントが増えても、それはその場限りのにぎわいが創出されるだけで、目に見えるカタチで実を結ぶことは少ない。「活性化」が叫ばれること自体、「衰退化」が癒しがたく進行していることの証であるのだから。



_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 大町二丁目通り変遷

二〇世紀ひみつ基地 秋田初のミスドは鎌田会館一階に

デパート - ひみつ基地内検索

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 21:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒロポン・羊羹ぱん・末廣ラーメン

8月上旬・検索キーワード・トップ3

001 ヒロポン 1945
018 ヒロポン中毒 25
020 ヒロポン 広告 23
021 覚醒剤     23
040 ヒロポン 芸能人 16
048 ヒロポン錠 9
060 ヒロポン 戦争 7
119 ヒロポン 市販 4

002  透視メガネ 150

003 羊羹パン 133
今月上旬、当ブログへの訪問者が各社検索エンジンで入力したキーワードは、“のりピー”の覚醒剤騒動の影響で「ヒロポン」関連がダントツのトップ。芸能界の薬物汚染が報道される前、先月あたりから、このキーワードがやけに増えはじめたのが気になっていた。

元清純派アイドルから一気に奈落の底に落ちた“のりピー”の、山口組構成員の弟が先月、薬物使用で福岡署に逮捕され、さらには、交通事故で亡くなった父親は、元山口組系酒井組の親分で、組の主なシノギ(資金源)がシャブ(覚醒剤)だったという、「親の因果が子に祟り・・・」という見世物の口上を思い起こさせるような、なにか因縁めいた展開。

検索ワード第3位の「羊羹パン」の上昇は、日テレの「秘密のケンミンSHOW」で、北海道の羊羹パンが取り上げられたため。

そういえば、高田馬場に進出した、京都生まれ秋田育ちの「末廣ラーメン本舗」の“黒いスープの中華そば”が、「秘密のケンミンSHOW」で紹介された効果にお盆休みがかさなり、まだ4時前だというのに、山王店の前にときならぬ行列ができていた。


09.08.15 3:53 PM

以前は山王に本社があるドリームリンクの直営だったが、今は同社が設立した「株式会社ふくまる」が「末廣ラーメン本舗」を展開している。

そのほか、「赤ずし」「草市」「お盆の供え物」など、夏の行事・風習に関する検索件数も多かった。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 覚醒剤「ヒロポン」の時代

二〇世紀ひみつ基地 「羊羹だんご」と「羊羹パン」
二〇世紀ひみつ基地 復刻版「羊羹あんぱん」たけや製パン

関連リンク

末廣ラーメン本舗 【昭和十三年屋台の味】

| 未分類 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

森蔭に狐のかみそり直立す



盂蘭盆会に合わせるように忽然と咲いた朱い花に、俳人は亡くした人を垣間見たのだろうか。

旧盆の頃、燃えるようなだいだい色の花をつける、ヒガンバナ科の多年草キツネノカミソリ(狐の剃刀)。

春先に芽生えたヒヤシンスのような縦長の草は、花の咲く前に葉を落とし、幹だけがひょろりと伸びた先端に花をつける。



「狐の剃刀」という和名の由来は、その葉が日本剃刀の刃に似て、森蔭に炎が立ちのぼるように群生する花の姿を「狐火」に見立てたものといわれている。

| 散歩写真・路上観察 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤松のまだ傷癒えぬ終戦日

はじめに「松の木に刻まれた戦争」をご覧下さい。

●終戦記念日特集「続・松の木に刻まれた戦争」


昭和20年8月9日付『秋田魁新聞』より

間もなく終戦を迎えようとする8月初旬、赤ん坊をおんぶした母が、松の木から松脂を採る姿をとらえた写真を配した、新聞記事の見出しは『サァ皆んで採らう 素敵な航空燃料 これで飛ぶゾ 友軍機も』。

なにしろ大東亜戦争も末期の物資不足の時代、紙質の悪さに加え、貴重なインクの節約のため、文字がかすれて判読困難な部分が多い記事から一部を引用。
サァ皆んで採らう
 素敵な航空燃料
   これで飛ぶ 友軍機も

一本でも多く採れ
今にもの見よ米鬼ども、天与の航空油資源は訪れる勝機にぐんぐん溜る一方、割当採集の指定を受けた各町村では森林組合を中心として各地松林の活用を取り定めて目標突破を期しているが、‥‥後略‥‥
勇ましく躍る言葉が空しい。

つづいて、松脂の採集方法について。
まず松の幹に眼の高さ程の個所から根元少し上の部分まで六、七十センチの間を幹の廻り三分の二位の幅で表面の樹皮を剥ぎとり、次に剥ぎとった部分の中央部に一本溝をつけ、ここに釘などを打って脂入れを取りつけ、この溝を中心に下の方から約四十五度の角度で溝を切りつけること、溝の深さは木質部に約一ミリ程入る程度に注意すること、方法はこれだけで、これだけやって置いたら次の日には約二十グラムは溜まっている、溝からは一日間より脂が出ないから二日目は前の溝の上の方約一センチの間隔にまた切口をつける、こうしておけば女子供でも毎日二十グラムは楽に採れるし、松は死にはしない、
このようにして採った松脂を工場で水蒸気蒸留し、航空機燃料に加工するテレピン油を精製する。

もうひとつの採取方法は、「松根油」(しょうこんゆ) という名称が示すように、伐採しておおよそ10年以上が経過し、琥珀のように変質した松の根を掘り出し、釜で蒸し焼き(乾留)にしてテレピン油を精製する方法。

厳密に分類すれば、松の根から精製した油を「松根油」というのに対して、松脂から精製したものを「松精油」といい、松根油の方が品質が劣る。

しかし、松の古株のほうが含油量が多いことから乱掘され、生産が間に合わなくなった末期には、松のほかに杉、檜など常緑樹の古株、さらには生木を伐採した上での採掘も行われるようになり、防風林・森林の荒廃が全国に広がる。

終戦までに採掘された松根は約84万トン、戦闘機を1時間飛ばすのに、約200本の松根を必要とするというのだから、まったくもって効率が悪い。


「松根油緊急増産運動」ポスター







あらためて千秋公園内の松脂採取痕を観察してみると、その位置が極めて低い物件が多いことに気づく。

松脂を含めた松根油の採取に動員されたのは、戦地におもむいた壮年を除く、老人・女性・児童たち。なかでも比較的軽作業である松脂の採取に、国民学校の児童が多く動員された。

先の新聞記事にある、「まず松の幹に眼の高さ程の個所から根元少し上の部分まで六、七十センチの間を幹の廻り三分の二位の幅で表面の樹皮を剥ぎとり」の「眼の高さ程」を考慮すれば、これらの低位置に傷痕を残す松の木から、国民学校の低学年、もしくは未就学の幼い子どもらの手により、松脂が採取されたことを想像させる。



さて、冒頭の写真に写る婦人は、樹皮を剥がずにそのまま V字形の傷を入れている。このような採取方法もあったのかと、千秋公園の松の木を観察すると、その形は樹木の生長で膨張しているものの、かつて斜めに傷を入れたと思われる痕跡を残す松を、わずかであるが確認することができた。



昭和20年4月から8月にかけて、43万人を超える労働者を動員して生産された松根油は 256.940バレル。しかし、本格的な航空燃料精製を前に、陸軍岩国燃料廠は空襲により壊滅、海軍四日市燃料廠の竣工前に終戦を迎えたため、実戦で使用されることはなかったという。

米国による石油禁輸が大東亜戦争突入の契機になったことを考えると、この大戦は燃料をめぐる戦争であり、その末期の「松根油増産計画」は、原油輸入ルートを絶たれて溺れんとする瀬戸際の、藁をもつかまんとあえぐ国家による、切羽詰まった哀しき作戦であった。

終戦後、余った松根油は漁船・トラクターなどの燃料として活用、岩国と四日市の燃料廠のプラントおよび跡地は、石油コンビナートとなり、戦後の復興から高度経済成長の時代を支える基盤となった。



_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 松の木に刻まれた戦争

二〇世紀ひみつ基地 戦争と石油危機と厚生車

関連リンク

松根油は語る

消えゆく戦争の痕跡 代替燃料「松根油」採取-北國新聞

| 秋田市今昔 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白々と闇に咲く夢からすうり


キカラスウリ(黄烏瓜)雄花 09.08

夜に花を開き蛾を誘い、翌日の午前中にしぼむ、レースのような先端をもつ、煙が広がるような形姿の幻想的なカラスウリの花。
妖精の編棒烏瓜咲かす 柳原佳世子
烏瓜の花煙幕を張りにけり 高澤良一
烏瓜咲いて月夜の精あそぶ 加藤燕雨

午前中 09.08
烏瓜咲く学童の肝だめし 太田土男
カラスウリが花をつける夏休みは肝試しの季節。夕食後、町内の子どもらが集まり、一人ずつ目的地に向かう道すがら、懐中電灯の豆電球が照らす暗闇に、白く灯るように点々と咲くカラスウリの花が、妖気を放っているようで、とても薄気味悪く感じた夏の一夜。

烏瓜の実でつくって遊んだ灯火のことは下記関連記事に。

________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 烏瓜の灯火とカボチャランタン

| 散歩写真・路上観察 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蝉殻を入れて忘れた宝箱


09.08

おみくじにしがみつきたる蝉の殻

命短きその実体よりも、静かに動きを止めた蝉殻にみる、確かな存在感。


09.08

子どもより親が夢中な昆虫採集。

| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

散りて咲き また咲きて散る のうぜん花


凌霄花(のうぜんかずら) 09.08


| 散歩写真・路上観察 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

竿燈まつり点描・平成二十一年度

好天に恵まれた四日間、最終日の夜本番は風強く、あばれ竿燈となる。

●昼竿燈(妙技会)於千秋公園中土橋

 大若団体規定 優勝 下肴町(A)
 大若団体自由 優勝 下肴町


下肴町
昼竿灯足袋の白さに意気籠もる 酒井露香
風の竿灯双手(もろて)翼にして耐ふる 巽 巨詠子

大若団体自由 馬口労町(二位)継ぎ竹三本、花笠三本
幣を得し竿灯の反りただならず 柳川大亀
身を反らしをり竿燈の撓(たわ)むとき 皆川白陀
しなやかな竿のたわみに合わせ、観客も体を反らして空を仰ぐ。

竿はもとより、提灯も竹ひごで形成された竿燈は、「竹」がなければ成り立たない「竹祭り」でもある。古来より神聖視された、粘り強くしなやかな中空の竹を愛でる祭り。








共和町








戻り竿燈(町内竿燈)上米町二丁目

_________

関連記事

竿燈(ひみつ基地内検索)

関連リンク

秋田竿燈まつり-Akita Kanto Festival- 国重要無形民俗文化財

| 祭り・民俗・歳時記 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夢見るように眠る犬


09.08

ようやく夏らしくなった八月の路上に身を投げだして、なんの夢を見るのか、こんこんと眠る、サイクルショップの看板犬。

| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |