二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

絵葉書で見る・秋田県記念館


秋田県記念館・戦前

2008.11.30日現在、ブログタイトルに使用している「県記念館」の画像は、「廣小路より記念館を望む」とタイトルがついた、戦前(昭和初期)の絵葉書を素材に加工したもの。

その絵葉書のキャプションに、「こゝ蓮花香る清らかな壕のほとり、廣小路より中土橋を渡った處に市民公会の殿堂たる記念館が建ってゐる。この邊りより緑樹滴る千秋公園の風趣が展けてゆく。」とある。


現在の同地点 06.11

建物の他に大きく変わったのは、現・平野美術館前の土手にそびえ、戦後になって秋田市の保存樹に指定されたクロマツの姿。




湾曲して水面まで垂れ下がる見事な枝振りをみせていた太い枝、ならびに、東側に分かれて高くそびえていた枝も、しばらく前に枯れ落ちて、今は見る影もない。

隣接するクロマツも昨年(2007)の暮れに腐食のため倒壊。この土手に並ぶクロマツは、推定樹齢350年というから、そろそろ寿命を迎えているのだろう。



こちらは昭和20年代後半に秋田市観光協会が発行した絵葉書。キャプションに「秋田記念館 千秋公園入口にあって諸集会に利用される記念館は木陰と壕に白い建物が良く調和されている。となりには児童会館児童遊園地がある。」と、水に囲まれた大正ロマンの洋館を紹介。

記念館の隣、現・県民会館の地に昭和25年、初代の児童会館オープン、ならびに、記念館の広小路側に児童遊園地を開設。同年に千秋公園二の丸に「秋田県児童会館付属児童動物園」(のちの秋田市立児童動物園)を開設。児童会館はその後、婦人会館に隣接した中通一丁目を経て、山王の現在地に移転。

この時代のカラー絵葉書は、モノクロ写真を元にレタッチマン(製版職人)がカラー化した人着(人工着色)印刷。絵葉書に限らず、人着印刷の風景の背景には晴天の青空が広がるのが常だが、曇天のモノクロ写真であっても、レタッチマンはそれを青空に変え、白雲を浮かべてみせた。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 レトロ映画ポスター観賞会 in 川反
人工着色印刷物について

二〇世紀ひみつ基地 瀟洒なる文化の殿堂・秋田県記念館

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彫刻のある理髪店・菊谷小路



秋田市保戸野通町から菊谷小路に曲がってすぐの左手、彫刻家・工藤健の手になるレリーフ作品が名物看板となっている「ヨシダ理容室」。


「装風」1975

ギリシア神話のハルピュイアを連想させる、風をまとって舞う“鳥と女性の複合生物”の、鳥のものとも人間のものとも知れない、アンバランスに突き出た片腕は天空を指さす。

昭和50年に借金をして造らせたというリレーフ、通町の拡幅工事の際に建て替えられる以前の店舗は間口が狭く、建物の上部を大きく占領して、場違いな光彩を菊谷小路に放つ姿が今よりもまして印象的であった。

もともと、パブロ・ピカソやジョルジュ・ブラックに代表される立体派(キュビスム)に影響された作家だが、このリレーフを造った70年代中期は、自らの殻を破って新たなる作風を求め暗中模索していた時期。そのため、立体派に回帰したのちの、本来の作風と比べると“らしさ”が感じられない作品となっている。


「愛の変容」1982「あや取り」1989「みつめる」1990


「絹の詩」1991・秋田市「アトリオン」音楽ホール

工藤健 Takeshi-Kudo(二科会評議員・多摩美術大名誉教授)
1937年(昭和12年)秋田市土崎港生まれ、県立秋田高校卒業後、東京芸術大学美術学部彫刻科菊池教室入学。1965年、二科展・金賞。1982年、高村光太郎大賞展・特別優秀賞。1991年、二科展・文部大臣賞。1992年、日本現代具象彫刻展・大賞など。全国各地にモニュメントを設置。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 「菊谷小路」という不可解

関連リンク

下丸子タウンウォッチング| アートウォッチング
「集いの詩」パークハウス多摩川

横浜駅西口情報 ハマこい.com
「あら「今日は」」横浜高島屋入口前

横浜磯子の婦人服ミヤマの店主のブログ:街中で見られる芸術作品⑤
「愛の変容」横浜みなとみらい21

| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

瀟洒なる文化の殿堂・秋田県記念館

大正七年、千秋公園入口の高台に秋田県記念館(正式名称・大正天皇御即位記念会館)竣工、天長節の十月三十一日に開館式が執行された。このとき秋田市広小路に面した東根小屋町に県立秋田図書館(正式名称・大正天皇御即位記念図書館)も同時に開館する。


秋田県記念館


現在の同地点 ジョイナスと県民会館

県民会館の前身(二代目)にあたる県記念館が存在したのは、現在の「秋田県生涯学習センター分館・ジョイナス」(旧・県立図書館)の場所だが、その入口よりも前方に大きくせり出し、奥行きのある建物であった。


昭和初期

特徴的なドーム屋根を中央に、両翼にマンサード屋根をのせた、左右対称の木造二階建てルネッサンス様式建築。工費十一万円弱(教員の初任給が十五円ほどの時代)、収容人員千四百人。

県建築技師の新林恒治が設計を担当、設計顧問として明治大正期に活躍し、東京駅や日本銀行の設計者として高名な辰野金吾が参画している。


辰野金吾設計・東京駅・大正三年竣工

県記念館の中央ドームおよび半円形のペディメントの造形は、辰野金吾が設計した東京駅の南北二つのドームとペディメントを連想させる。昭和二十年の東京大空襲で大きな被害を受け、特徴的なドームも破壊されてしまった東京駅は現在復元工事中。

大正十五年秋田市を訪れた、能代出身の美術史家でフランス文化の紹介者・成田重郎は県記念館を「ヨーロッパ風の純粋な様式に学び、よくルネッサンス式の特徴をとりいれ、しかも秋田図書館とともに、木造だが二つまでも、東北の一隅にあることは愉快だ。優雅で繊細で洗練されており、アカ抜けがしていて、しかも厳然。」と評価している。


昭和十四年

県記念館はもともと、北隣に存在したルネッサンス様式建築の県公会堂の補助施設として、両物件の調和を考慮して設計されたもの。

県公会堂は講演会や会議など集会には適していたが、終了後の宴会には不便であったため、その隣に立食のできる洋式のパーティー会場として着工する。しかし、県記念館の完工を前にした大正七年四月二十九日、県公会堂は惜しくも焼失。計画を変更して落成した県記念館はそれ以来、県公会堂に変わる文化の殿堂としての役割を負うことになる。


戦後の秋田市成人式

昭和二十九年に山王体育館(秋田市立体育館)がオープンするまで、大人数を収容可能な県内唯一の大ホールであったことから、公式行事、各種集会、演奏会・演劇・講演会はもとより、美術展、展示即売会、ボクシング、プロレス、ダンスパーティー、テレビジョン実験公開放送・・・・・・と様々なイベントが開催されたほか、大正十四年十月には、摂政宮(昭和天皇)の御宿泊所に選ばれている。

県記念館に足跡を残したアーティストの一部をあげると、昭和五年・十年、エフレム・ジンバリスト(バイオリニスト)、昭和九年、エリアナ・パブロバ(バレリーナ)、昭和十一年、三浦環(日本のプリマドンナ)、昭和二十八年、ラザール・レヴィ(ピアニスト)。昭和十二年六月には、奇跡の人・ヘレンケラー女史が来館、講演会を開き話題となった。



中土橋通りから、ゆるやかにカーブを描く左右の坂を上ると、列柱に支えられ中央に突出した車寄せに至る。県記念館をバックにしたロケーションは定番の記念撮影ポイントだった。

文化の殿堂、秋田市のシンボルとして永く県民に親しまれ、千秋公園の森を背景に瀟洒な姿をみせていた県記念館は、昭和三十五年、老朽化を理由に解体、その幕は永遠に下ろされ、跡地には県立図書館ならびに県民会館がオープン。

あえていうまでもなく、再開発というのは新たな「箱物」をつくることだけではなく、文化的再開発とでもいおうか、今あるものを再び蘇らせ、それを活かすことでもあるのだが、明治中期からの洋風建築が良く保存されている山形などと比べると、秋田県人は新しもの好きで古いものを大切にしない傾向が強かった。

県記念館を安易に解体することなく、同時に開館した広小路の図書館とともに修復保存され、さらには焼失した県公会堂も残っていたら、千秋公園入口の一帯は、緑と水に囲まれた近代文化遺産保存ゾーンとして異彩を放っていたことだろう。せめて県記念館だけでも残っていたらと惜しまれる。



県記念館ジオラマ・県民会館内に展示

_________

関連リンク

二〇世紀ひみつ基地 県立秋田図書館・広小路

二〇世紀ひみつ基地 壮麗なる文化の殿堂・秋田県公会堂

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

再建なる八幡秋田神社・千秋公園本丸


八幡秋田神社・拝殿 08.11

千秋公園本丸に鎮座する、秋田八幡神社の焼失から早四年弱。平成十八年七月に着工した復元工事もようやく終わり、白木もまぶしく、すがすがしい社殿には新しい注連縄(しめなわ)が渡され、あとは来月の式典を待つばかりとなった。


八幡秋田神社・本殿 08.11
_________

関連記事

八幡秋田神社焼失す
再建の槌音・ 八幡秋田神社
千秋公園に謎の銅像・明治三十四年
進む再建・秋田八幡神社

| 祭り・民俗・歳時記 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

壮麗なる文化の殿堂・秋田県公会堂


秋田県公会堂

千秋公園入口の高台、現在の県民会館の地に、明治三十七年「秋田県公会堂」、正式名称「皇太子殿下御慶事記念秋田県公会堂」落成す。

東宮(大正天皇)御成婚記念事業として、教員の初任給が十円ほどの時代、インテリアを含め総工費約九万円の県費を以て建設された壮麗な洋風建築。初代の県民会館に相当する県内唯一の大ホールとして、公式行事、各種集会、音楽会、展示会などに広く利用された。


現在の同地点

今は東海林太郎の銅像が設置されている一角に公会堂へ上る階段があった。

木造二階建て、左右対称の四隅にドームを配置したルネッサンス様式建築。工事設計者として赤坂離宮の設計などで高名な、片山東熊の名が記録されているが、実際に設計を担当したのは弟子の真山技師で、片山は設計顧問的なスタンスであった。




千秋公園入口・大正初期の絵葉書

左手に中土橋通りから県公会堂に上る裏口。



明治四十二年、秋田県を宣伝するために、県が在京の新聞雑誌記者二十名を秋田に招き、各社に紀行文を書かせたとき、県公会堂に於いて歓迎会が開かれた。以下は公会堂を見た記者の感想である。
‥‥前略‥‥
公会堂は有名なる千秋公園の入口にある大きな洋風建築で、五万円で出来たのである。仏国ルイ六十世式の装飾も中々の灰殻(ハイカラ)作り、出羽の辺域にこんなのがあろうとは全く以て思い設けぬことである。
‥‥後略‥‥
『日本新聞』記者 谷河梅人

‥‥前略‥‥
第四信 秋田市より
二十四日午後神宮寺より秋田市に入る午後五時県の公会堂に於ける県の官民連合して吾等の為めに開ける招待会に臨む。知事、旅団長、民間有力者等堂に溢る。公会堂は鬱乎(うっこ)たる公園の森林に據(よ)り、巍々(ぎぎ)たる新式の西洋館也。一箇の公会堂もなき東京市に恥ぢ入る次第。
‥‥後略‥‥
『東京二六新聞』記者 吉田渟

明治四十二年発行『知られたる秋田』(編集発行者 瀧澤 武)より

大正七年、観桜会でにぎわう四月二十九日の朝、ペンキ塗り替え作業中の県公会堂は突如として炎上す。
◎御慶事記念の
 縣公會堂燒失す
   本縣の一偉觀を失ふ
    惜みても尚餘りあり


櫻花笑ひ將に歡樂の巷と化せんとする昨日俄然花の下より火を發し時價數十萬圓を烏有に歸せしめたる慘事ありたり當日九時の時鐘將に打たれんとする刹那千秋園下なる大廈(たいか)
◇縣有公會堂より發火し半鐘亂打されスワ火事よと右往左往に驅巡る樣一種凄味あり市民の驅付けたる時には既に一面の烟にて有らゆる隙間より漏れ出で遠見せばその有無すら判明せざる程にて市の消防組全部其他軍隊村落の消防等協力し消火に努めし甲斐もなく正午迄南端の一部を殘せるのみにて
全部燒失したるは惜しみても餘りある事なり
‥‥中略‥‥

◎惜しき公會堂
 ◇御慶事記念の

東北唯一否全國にも多く見ざる所の縣公會堂は底事(なにごと)ぞ昨朝突然出火し五時間の長きに亙つて紅蓮の舌を吐きつゝ遂に灰燼と歸したるは惜しみても尚ほ餘りある事と云ふべし
 ◆此の公會堂は今上陛下未だに東宮に在せし頃御慶事記念として時の知事武田千代三郎氏發案の下に縣會の協贊を經三ケ年繼續にて當時の縣工師山口直昭氏及び小野技師に命じ建築に從事せしめしものにて木材及び石材とも堅牢無比なる好材料を蒐集し東亰より工匠を呼び寄せて充分の技倆を揮わせし甲斐ありて遂に巍然(ぎぜん)たる建築を見るに至りしなり
 ◆建築せりと雖も内部の裝飾其他萬般不備の點多かりし爲め其の後年々縣費を投じ裝飾品、テーブル、椅子、貴賓用椅子、電燈設備等をなせるが爲其の費用は本館の建築費四萬八千餘圓の外に四萬圓を要し合計九萬圓にて漸く完全なる公會堂を見るに至れり
‥‥中略‥‥
◆爾來十五ケ年間、東宮殿下、李王世子殿下を始め伏見閑院、東伏見、北白川各宮殿下の臺臨をかたじけなふせるのみならず文武の顯官知名の士を迎送するには總て此の館に於ゐてせり
◆況や縣は御大典記念として大正四年より三ケ年繼續して貳拾萬餘圓を投じ後方に更に一大記念館を造り目下起工中なるが竣工の曉に兩々相俟つて全國に誇るべき一大美觀を呈するのみならず官民の便益も又莫大なりしならんに忽然烏有となれるは遺憾の事にして只新館の火災を免れし丈は不幸中の幸ひと云ふべし(らん州)
大正七年四月三十日付『秋田魁新報』より



左手に建設中の県記念館



南隣では県公会堂の補助施設として計画された「秋田県記念館」の完成を間近しての惜しまれる惨事であった。もしルネッサンス様式の両館がこの地に肩を並べていたならば、記事にあるように「全国に誇るべき一大美観を呈し」たことだろう。

_________

関連リンク

二〇世紀ひみつ基地 国民新聞遊覧団来秋す・明治四十二年

二〇世紀ひみつ基地 平野美術館と大日本武徳殿・千秋公園

| 秋田市今昔 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平野美術館と大日本武徳殿・千秋公園

日赤跡地周辺の再開発計画の一環として、千秋公園入口の現在地から移転することが決定した平野美術館(県立美術館)だが、まだ老朽化が目立つわけでもない立派な建物を移転させる必要性が感じられず、その新築が永続的な活性化に結びつくとも思えない。

移転に反対していた財団理事会も、いかほど“握らされた”ものか賛成に一転、反対をつらぬき通した役員は脱会。

この時勢、無駄に「箱物」をつくらずとも、当面は「原っぱ」(緑地公園化)にでもしたほうが、よほど気が利いている。

閑話休題


平野美術館(県立美術館)08.10

美術館前の両側の土手は、もともとはつながっていた土手を切り開いたもの。よく手入れされた敷地内の土手は、藩政期の面影を残して美しい。


08.10

美術館の入口から駐車場のあたりは、お堀を埋め立てた造成地であることが、藩政期の地図からみてとれる。


秋田城郭市内全図より

黒い太線が土手、赤色マーキング部分が、埋め立てられ消失したお堀と新道路。上中城から下中城へ降りる坂は、土手に沿って現在の美術館前を土手沿いに通っていた。この坂を「内記坂」というのは、坂の下にかつて岡谷内記の屋敷があったことから。


中土橋界隈・ジオラマ

城郭の裏口にあたる、お堀の中に土を盛った狭い「中土橋」を渡りきると、一の門「中土橋門」にぶつかり、門を抜けて枡形を左に曲がると、二の門「楼門」(ジオラマ中央の白く塗られた二階建て)が行く手をさえぎる。

「枡形虎口」(ますがたこぐち)ともいう「枡形」(ますがた)は、城門などに枡のような四角形を造成することで、曲がって出入りするようにして、敵の直進を防いだ要害のこと。中土橋も緊急の際には土橋を崩し、水を満たして通行できないようにする計画であったという。秋田市登町の旧町名に「虎ノ口」とあるのも、このような要害があった場所を意味する地名。

二つの門をぬけると、左手に渋江家(現・県民会館の高台)、右手に梅津家といった家老クラスの屋敷の板塀が連なり、内堀にかかる橋を渡り、大阪の石段をのぼると、松下門の番所で取り調べを受け、ようやく二の丸に至る。


千秋公園入口・大正初期の絵葉書

中土橋通りをさえぎるように伸びる土手は美術館前へつづき、現在よりも道にはみ出していた県民会館前の土手とで「互い土手」の枡形を形成、ここに二つの門があったことになる。

左手の公会堂(現・県民会館)への登り口、かつては佐竹の家老・渋江家の出入り口であった坂は、藩政期の面影をそのままとどめている。土手の後ろ、現在の美術館の場所に武徳殿、その後ろが明徳小学校(現・市立図書館・明徳館)。


08.11

現在の同地点、右端に美術館前から続く土手の残骸がみえる。


大日本武徳会秋田県支部・武徳殿(明治末)

美術館の場所に存在した武徳殿を、現在の県民会館の高台から見下ろしている。

明治二十八年、武道の振興、教育、顕彰を目的とし設立された財団法人・大日本武徳会の理念は、武徳の涵養と剣術・柔術・弓術など武術の奨励、国民の士気振興。京都の平安神宮境内を手始めとして、各地に武術教育施設として武徳殿を建設。

大日本武徳会の創立者で、幹事長を務めたのが、秋田出身の京都府収税長、鳥海弘毅(とりのうみひろき)。嘉永二年、現在の秋田県岩城町に、亀田藩士の長男として生まれ、小野派一刀流、日置流弓術、大坪流馬術にすぐれた武道者であった。


明治末

県内の二万人を超える武徳会有志による基金をもとに、県内武道愛好家の象徴である武徳殿を、明治三十九年四月、秋田市下中城町五番地に落成。本殿九十五坪余り、第五回内国博覧会における秋田県売店を改築した付属殿は八十八坪。ほかに射的場、体操場、庭園を備える。今でいえば県立武道館、または県立体育館といったところか。

昭和二十一年、武士道精神の解体を目論む米国進駐軍の指令により、大日本武徳会は解散させられた。

_________

関連記事

大正期の中土橋・千秋公園入口

関連リンク

大日本武徳会 - Wikipedia

| 秋田市今昔 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ティファニーの薔薇窓・麗しき“あだ花”


聖セシリア教会

秋田市中通六丁目、中通小学校の斜め向かいに位置する、イヤタカグルーブ経営の結婚式教会・聖セシリア教会。

キリスト教の信者でもないカップルが、十字架と雇われ神父の前で誓いを立て、結婚式を挙げる舞台装置としての結婚式教会はおおむね、その軽薄な台本に似て、ディズニーランド的キッチュさをただよわす、嘘くさい建物が多いのだが、この物件は例外的に存在感と風格をそなえている。

その建物に圧倒的な存在感を与えているのが、随所に配置されたアンティーク・ステンドグラス。とくに正面上部に開けられた薔薇窓の美しさには眼を見張らされる。




米国の高級ジュエリー・ブランドTIFFANY 社創業者の長男、アールヌーヴォーの巨匠、ルイス・C・ティファニーがデザインし、1910年(明治43年)ティファニー工房にてに製作されたステンドグラス。

ティファニーが手がけた、アールヌーヴォー・デザインのテーブルランプが放つ耀きにも似て、万華鏡の如く花開く幾何学模様の薔薇窓の、繊細かつ深遠な光彩は、100年弱の時を経てなお、観るものを魅了する。

左右側面のステンドグラスも、同じ年に作られたティファニー作品だが、キリスト教的題材を超越した、普遍的意匠の薔薇窓に比べると魅力に劣る。



これらのティファニー作品はもともと、米国ミシガン州の教会にあったものという。

海外には諸事情により解体された教会から出た、ステンドグラス・彫像・調度品・建具などを専門に売買する業者が存在するのだが、永い年月ミシガンの教会に通い、ステンドグラスの耀きを心に焼きつけた信者たちが、遠い異国の地に売られ、信者無き聖堂である結婚式教会に、“あだ花”のように咲く、これらのステンドグラスの現状を知ったら、どのように感じるのだろうか。

ティファニー工房のオリジナル・テーブルランプが数千万円で取引されている現状で、これほどのスケールの逸品となると、相当にバブリーな買い物だったことだろう。



聖セシリア教会の隣に建つ、ゲストハウス・ヴァレリアーノに取り付けられた、葡萄意匠のステンドグラスは、秋田出身のステンドグラス作家・志田政人の作品。

_________

関連リンク

イヤタカグループ 聖セシリア教会
イヤタカブライダルサロン -ゲストハウス ヴァレリアーノ-

ベルクラシック|秋田セントポール教会
秋田駅前の結婚式教会

Louis Comfort Tiffany Pictorial Histories

Tiffany | Explore & Learn | The Metropolitan Museum of Art

Stained Glass Photography - Tiffany

ARC :: Louis Comfort Tiffany (1848-1933) :: Page 1 of 5

Antique Church Stained Glass Windows - Tiffany Windows
アンティーク・ステンドグラスなどを扱うニューヨークの業者

Rose windows
めくるめく薔薇窓ワールド

| 散歩写真・路上観察 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手形堀反町界隈・夕刻散歩

秋田駅西北地区の区画整理計画によれば、いずれ取り壊される秋田駅前のパチンコ屋・リボン会館を曲がって、夜のとばりが落ちた手形堀反町通り、今の地名では千秋久保田町界隈を歩く。


リボン会館

リボン会館がビルを新築したのは1972年。仕事帰りのサラリーマンであふれかえっていた70年代初頭の駅前にはパチンコ屋が多かった。

まず秋田駅前正面で金萬が経営する「秋田会館」(現・金萬駐車場)。なかよしビル(アルス)のあたりが「ホームラン」、その西隣に「リボン会館」、通りをはさんだ東角(現・三宅ビル)に一時はスマートボールも置かれていた「娯楽センター」。リボン会館の上階には「喫茶じゅねーぶ」やサウナ風呂も。

その頃はまだ電動ハンドルが普及する前で、左手に持った玉をひとつひとつ穴に入れて、右手ではじき飛ばす方式のパチンコ台で、のどかに遊べた時代。


福島商店

手形堀反町通りに入って間もなく、左手に定評の青果物「福島商店」。


三吉堂菓子店

通りの西側にあって区画整理により東側に移転した「三吉堂菓子店」。店名は三吉さん(三吉神社)から。



区画整理が完成した東側には高層マンションが二棟。


秋田セントポール教会

ベルコの結婚式教会「秋田セントポール教会」。ディズニーランド的キッチュ建築。キリスト教国の人たちにしたら異様に映るであろう信者無き聖堂は、クリスマスやらセントバレンタインデーなどを受容し、カタチだけのイベントにしてしまうのと同様に、きわめて日本的な光景ではある。

ここからは通りの突き当たり、千秋城下町。



つみ木

オーダー家具と雑貨の店「つみ木」。


DECOLA

ネイルの「DECOLA」。


きのこカフェ

ぬくもりのある手作り感あふれる「きのこカフェ」。幻覚作用のあるマジックマッシュルームでも出てきそうな店だが、店主はそっち系の好きな人で、ファイアーダンスを踊るアキタファイアーチームのメンバーでもある。先頃、新屋表町の三角屋を改装してオープンした「新屋参画屋」内にも、カフェ&居酒屋「わなり場」を出店。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 堀端の町・手形堀反町
二〇世紀ひみつ基地 消える街並・手形堀反町
二〇世紀ひみつ基地 手形堀反町の堀を偲ぶ
二〇世紀ひみつ基地 高松木材ビル解体・手形堀反町

二〇世紀ひみつ基地 第一回「川反秋の夜祭り」点描

二〇世紀ひみつ基地 三角屋のあるY字路・新屋

関連リンク

ベルクラシック|秋田セントポール教会

オーダー家具と雑貨●つみ木

きのこカフェ

| 散歩写真・路上観察 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三角屋のあるY字路・新屋


2006.06

秋田市新屋の日吉神社前から北へ向かい、汗かき地蔵で有名な愛宕町地蔵堂の前を過ぎてほどなく、目の前におもむきのある Y字路が現れる。

分岐点から右手に伸びる街道、左手にゆるやかに蛇行する裏道。これらの古道を北上すると雄物川放水路にぶつかる。

街道に面した Y字路の分岐点に建つのが、地元で「三角屋」と呼ばれている、木造二階建てレトロ建築。


2006.06

裏道の曲線に沿ってゆるやかにカーブを描く壁面と、そこにパッチワークのように貼られた、新旧の波トタンの表情が面白い。

明治の初めまで空き地であった三角地帯に下駄屋が開業、その後、下駄のほかに文具・小間物・荒物をあつかう「三浦雑貨店」を経て、近年はクリーニング店、運動具店などが入居する貸店舗となっていた。


大正期の地図より


戦前の三角屋前

しばらくのあいだ空き家になっていた三角屋が、新屋地区活性化の拠点として改装され、展示ギャラリー・カフェ・アトリエ兼フリースペースを備えた「新屋参画屋」として、10月30日にオーブンした。

二階の窓を覆っていた大きな看板は取り外され、錆びた波トタンも張り替えられて、ずいぶん小綺麗になったが、建物が放つ寂れた存在感が以前と比べると薄れてしまったように感じる。

歴史的街並が続く、いにしえの道にはさまれた分岐点に、この町のひとつのシンボルである三角屋が存在するY字路は、秋田市内では、同様にレトロ建築が建つ、楢山の「理髪館のあるY字路」と並んで、Y字路マニアの心を惹きつけてやまない、たぐいまれな物件である。


三角屋のあるY字路 No.02/2004


大きな地図で見る

_________

関連リンク

まちづくり拠点施設オープン 秋田市新屋、空き店舗を改装|さきがけonTheWeb

秋田のまちづくり活動拠点「新屋参画屋」開所-築70年の下駄屋改装 - 秋田経済新聞

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 愛宕町の汗かき地蔵・新屋

二〇世紀ひみつ基地 理髪館のあるY字路

| 散歩写真・路上観察 | 21:30 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |