二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

溝蕎麦の金平糖の花ほころぶ


ミゾソバ(溝蕎麦)千秋公園にて

畦、川辺など肥沃な水湿地に群生するタデ科の一年草。蕎麦に似て溝に生えることからミゾソバと命名、飢饉の際の救荒食として栽培もされたという。

葉が牛の顔に似ていることから、別名「ウシノヒタイ」。秋田方言では「ベコ(牛)クサ」「ウシノツラ」など。



乾燥した葉を煎じてリウマチの薬に、葉を揉んだ汁は血止めに、また、漆かぶれに効果があることから「ウルシグサ」とも呼ばれた。

秋にほころぶ米粒ほどの小さな花は、半透明の白に、ほんのりと紅をさした金平糖のようで、雑草と呼ぶことをはばかられるほど可憐で美しい。



| 散歩写真・路上観察 | 22:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |