二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

廃墟ビル「和食会館」解体

秋田市中央通りで、ずいぶん前から廃墟と化していた、旧「和食会館」のことを以前書いたが、最近になって周囲に足場が組まれ、ようやく解体が始まったようだ。おおかた駐車場にでもなるんだろう。



70年代初頭から、食堂・レジャー関連事業を幅広く展開した、「和食会館」を経営する「東洋グループ」について、昭和49年5月18日付の秋田魁新報に「東洋グループ、行き詰まる 負債額、四億円にも 過剰投資 相次ぎ不渡り手形」の見出しで記事が載っている。

記事によれば、昭和48年に2億円を投資して建設した、コンピューターゴルフ「東洋ゴルフガーデン」の経営不振が不渡りの原因という。


1974 書籍広告

「東洋グループ」の倒産後も一階の喫茶店「茶居珈」は営業をつづけ、二階には一時期「鳳龍飯店」が入居していた。

この区画で思い出深い店をあげると、始めての一眼レフカメラを買った「アキタカメラ」、その隣の SONY 専門店「シンソニック秋田」、向かいに移って「三光堂書店」「カメラのサトウ」、「とれびあん」と「ルフラン」はビルの二階にあった喫茶店。このなかで「アキタカメラ」だけが今もかろうじて営業を続けている。


大きな地図で見る
「和食会館」跡

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 街中の廃墟ビル・和食会館

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 21:00 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |