二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

2006年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

大衆駄菓子酒場「ままごと屋」


ままごと屋・秋田市山王二丁目

ホーロー看板を外装にした昭和レトロ居酒屋「半兵ヱ」で有名な、ドリームリンク(秋田市)が経営する、市役所に近い「ままごと屋」は、昭和二十~三十年代の駄菓子屋をイメージした居酒屋。今後、全国でフランチャイズ展開する予定という。

20060929213732.jpg

外装に使われているポスター類は、「半兵ヱ」のホーロー看板のような実物ではなくレプリカなのだが、我々の世代にとって心躍る昭和レトロビジュアルに満ちている。

20060929213805.jpg

20060929213754.jpg

20060929213742.jpg
スタートレック風バチもんスゴロク

20060929213721.jpg
名糖アイスクリームバー・昭和三十六年

アイスクリームのスティックに「ホームラン」の焼印があれば、店頭でアイスクリームバーもう一本と引換というのは今も変わらないが、この時代には「満塁ホームラン」「場外ホームラン」が出ると野球盤などが当たるキャンペーンもあった。

20060929213704.gif


メニューの一部をあげると、祭の屋台を思わせる下町ソース焼そば、焼きとうもろこし。学校給食に出た揚げパン。総菜屋風のコロッケ、タコウインナー、お子様ランチ、大塚のボンカレーに永谷園のお茶漬け‥‥。飲み物はトリスハイボール、浅草名物・電気ブラン、冷しラムネ‥‥‥。そのほか、二百種類の駄菓子が四百八十円で食べ放題。

内部のディスプレイも「半兵ヱ」と同様に昭和レトロなポスター、看板、玩具などが所狭しと陳列され、BGMにはアニメソングや童謡が流れる、昭和の駄菓子屋で育った世代には懐かしく、若い世代にとってはレトロポップなムードをかもし出している。

-----------

関連リンク

株式会社ドリームリンク
経営探訪・株式会社ドリームリンク(BICあきた)
居酒屋・半兵ヱ
銀座カンカン 歌舞伎町靖国通り店 ドリームリンク直営
銀座カンカン 歌舞伎町靖国通り店
満塁ホームラン堂 ドリームリンク直営

| 散歩写真・路上観察 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

♪愉快なロンドン♪楽しいロンドン‥‥

川反四丁目で約三十年間営業を続けていた「キャバレー・ロンドン」が店を閉じ、あの昭和風俗遺産とも言えるレトロ看板があった建物は改装され、新しい店になっていた。


在りし日のロンドン

20060927170437.jpg

70年代後半から80年代前半、秋田放送の深夜番組「11PM」の枠で流れていた、英国近衛兵の帽子にミニスカの女性たちがラインダンスを踊る、キャバレー・チェーン「三経ロンドングループ」のテレビCMは、耳に残るCMソングとともに強いインパクトを視聴者に与えた。

20060927170448.jpg




川反にロンドンA館、B館が開店したのは昭和五十二年(1977)。

すでに秋田には有名なグランドキャバレー「ハワイグループ」が進出し、県内に店舗を拡大しており、その他の中央資本系列のクラブなどもふくめて、川反のほかに山王、駅前に次々に開店し、キャバレー戦国時代をむかえていた。

20060927170427.gif
秋田ハワイ観光の市内チェーン店

店の前での「客引き」は川反の品位をそこねると批判され、やがては鎮静化するのだが、客の争奪戦の前に、ホステスの引き抜きという仁義なき戦いが、夜の川反を舞台に過激に展開されていた。

昭和五十二年五月、川反での出来事を魁新報が伝えている。

ホステス引き抜き過熱
店同士があわや抗争
秋田署警戒、事情聴く

ホステス確保がついに店同士の対立抗争に発展-秋田市の飲食店街川反で十八日夜、二回にわたって飲食店同士のボーイ数十人が「引き抜いた客を返せ」といがみあい、抗争寸前となった。このため秋田署からパトカーが出動して双方を説得、事なきを得た。これは最近同市に中央資本のキャバレーなどが次々と開店したため、キャバレー、クラブの数が増え、従来から不足気味だったホステスの争奪戦を演じているためだ。‥‥後略‥‥

有能なホステスを引き抜かれるということは、同時にその娘についている上客も根こそぎ持っていかれるということ、店にとっては死活問題なのだ。

20060927171528.gif
ロンドン・求人広告

中央のキャバレーチェーンが進出するまでは、日給五千円保証が相場だったが、この時点では八千円から、なかには一万円以上を保証する店もあったという。通勤にはマイクロバス、独身寮に保母さん付き母子寮と至れり尽くせりの内容が、当時のホステス不足の状況を表している。

ホステスの人材不足で審査基準も甘くなり、年齢・容貌を問わない採用で、一部のキャバレーは「お化け屋敷」と揶揄されることになる。

20060927170355.jpg

20060927170342.jpg

「ロンドン」を改装して開店した CLUB VANILLASKY。


| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 22:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いけばなストリート vol.2

竹青華道会秋田支部いけばな展
06.09.23
秋田市通町商店街



20060924174920.jpg

20060924174907.jpg

20060924174850.jpg

20060924174832.jpg

-----------

関連リンク

生け花の野外展示という試み
いけばなストリート vol.1

| 散歩写真・路上観察 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彼岸彩色



20060923213625.jpg

同じカタチのモノが連なり、くりかえされて並ぶ光景に美しさを感じる。

20060923213612.jpg

20060923213554.jpg

20060923213536.jpg
お地藏さまの供物

| 散歩写真・路上観察 | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西暦2077年の日時計


秋田市八橋運動公園

八橋運動公園に「小原型精密日時計」が設置されてから約三十年の時が流れ、今ではその存在に気を止める人も少ない。

20060922215251.jpg

この日時計モニュメントは、昭和五十二(1977)年、秋田県時計貴金属眼鏡商組合連合会が、時の記念日の行事として秋田市に寄贈したもので、その年の時の記念日(六月十日)に除幕式が執り行われた。

20060922215226.jpg

日時計の台座部分には、タイムカプセルが収納され永い眠りについている。その中身は、市勢要覧、統計抜粋、広報あきた、都市計画図など市関係の書類。市長、議会議長の写真と名刺、東中、南中、東中の校舎の写真、市街地の航空写真。八橋小学校児童の絵と作文。腕時計、電子計算機、万年筆、ボールペンなど。それらを、500グラムの広口瓶十五本に詰め、松ヤニを主成分とした特殊糊で密閉し台座に納めた。

20060922215214.jpg

設計者は日時計作家の小原銀之助。小原は独学で天文学を駆使した時差表を作成、五分刻みの精密日時計を開発し、「世界でいちばん正確な日時計作家」としてギネスブックにも載った日時計の権威。設置地点は海外も含めて約四百カ所におよぶ。昭和五十八年、八十四歳で逝去。

台座のプレートには、小原の文章が刻まれている。

太陽が人間に「時」を教えた

人間が起きて働いている間も、夜、寝て休んでいる間も時は絶えず流れてやまない。時には形がない。しかし誰にも時がたってゆくことはよく感じられる。

人類は太古の昔にこのとりとめもなく流れる時に区切りをつけた。それが時刻である。時刻をきめるのには正しくくりかえされる何かのよりどころが必要であった。原始人はこれを太陽に求めた。朝、太陽が東の空に顔を出し、夜西の空に沈む。これを一日とし、一日をまたいくつかに分けた。今が何時かというのは太陽の位置でわり出す。そしてつかみどころのない広い広い大空、そこを動いてゆく太陽の位置を、そのつど決定し、時刻をきめる役をするのが日時計である。

地面に棒を立てると、太陽が西へゆくにつれて棒の影も動く。太陽と地球との動きに狂いがない限り棒の影は刻刻正しく動き、正しい時刻を示し、日時計となる。人間は大昔にこの事実を発見し、そして現代においてもこの原理に従った時刻法を世界各国が用いている。日時計は最も原始的でしかも科学的な天文時計である。

この日時計の影はこの地の正しい時間で、すなわち真太陽時であるが、腕時計などの日本標準時にするには時差表グラフを見てください。

精度は五分きざみという世界最高です。日出、日没の方位角、その時刻、またその日の太陽南中高度などの天文現象を表し、非常に正確な八方位に続いて内部の都市山岳岬などの方角も示した。

取付けた地球儀は、太陽の光により地球全体に現れる時刻の移り、朝、昼、夕、夜、北極・南極の白夜の現象など、また地球の自転・公転を知ることにもなり、世界随一の天文学的日時計である。

台座の空洞内にタイム・カプセルが収納されている。

20060922215203.jpg
当時の秋田市長・高田景次による揮毫

人類が滅亡しても太陽が消滅しないかぎり日時計は永遠に時を刻みつづける。

タイムカプセルの開封は、除幕式から三十年後、五十年後、百年後の時の記念日を予定しているという。来年はふたたびこの日時計が脚光をあびることだろう。そして百年後の2077年の時の記念日、そのときこの世界は一体どうなっているのだろうか。

20060922223535.jpg



太陽をつかまえた―「日時計の王様」小原銀之助物語 太陽をつかまえた―「日時計の王様」小原銀之助物語
柳 柊二、神戸 淳吉 他 (1985/01)
講談社
この商品の詳細を見る

| 散歩写真・路上観察 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

川反五丁目小路・定点観察 その2

川反五丁目小路に建設中のビルも完成。二階が「稲庭うどん処 佐藤養助 大町店」、オープンは九月下旬。

20060918153149.jpg

20060918153132.jpg
2006.09


2004.03

----------

関連記事

川反五丁目小路・定点観察

| 散歩写真・路上観察 | 22:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サーチワード公開・06.08月分

以下は、八月中、閲覧者がどのようなサーチワードで、このブログにアクセスしたかを解析したグラフである。

20060918153815.gif
06.08月分

1位の「††††††」は解析不能。

ジョニー君はあいかわらず、あちこちに出没し見物人をたぶらかしているようだ。まるで生きているかのような、あの不思議な動きには驚かされてしまうが、きっとタネがあるに違いないと検索しているに違いない。

夏の盛りの8月、常連のキーワードにまじって「広栄堂」が4位にランクイン。「秋田 広栄堂」のほかに「かき氷 広栄堂」「広栄堂 秋田」さらには「生グソ」などを含めた集計では、144アクセスを記録し、全国区のキーワードを抜いてトップに立っている。恐るべし「広栄堂」。

珍しいところでは、アメリカとロシアから「Kazuki Tomokawa」(友川カズキ)で、翻訳サイトを経由してアクセスがあった。さすがに海外のアンダーグランドシーンでも名の知られたアーチストである。海外で人気が高い三池崇史監督による『IZO』に、本人役で出演し劇中歌を歌っているため、そのDVDを観て「一体こいつは何者なんだ」と検索したのかも知れない。

映画「フラガール」の公開が迫りマスコミに取りあげられることが多くなっため、ここ最近は「常磐ハワイアンセンター」のキーワードが急上昇している。

-----------

関連リンク

楢山表町・かき氷ストリート
テキ屋のジョニー君
伝説のからあげ弁当
金萬は秋田名物ではなかった!?
木内のおばあちゃん社長
友川カズキはコトバを越える
東北の南洋・常磐ハワイアンセンター

| 未分類 | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

八橋山王さんの秋祭り・平成十八年度

日吉(ひえ)八幡神社秋季大祭(山王祭)
九月十六日・宵宮
九月十七日・本祭

山王さんの秋祭りは秋雨の時期とかさなり、曇りか雨模様の日が多い。今年も十七日は小雨との天気予報だったが、本祭の当日はほとんど雨も降らず、おだやかな一日になった。

20060917230308.jpg
宵宮の夜・大町日銀前

20060917230255.jpg
お旅所入り
今年のお旅所は通町の「きせや」

20060917230226.jpg
奉納竿燈・「きせや」駐車場

20060917230212.jpg

20060917230200.jpg

20060917225829.jpg

20060917225801.jpg
ダースコちんどん隊

-----------

関連記事

山王さんの秋祭り平成十七年度

| 祭り・民俗・歳時記 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蔦のからまる医院・座頭小路

初夏から晩夏にかけて、土手長町通りを通ると、青々と蔦におおわれた、旧安田医院の建物に眼が惹きつけられる。


旧安田医院

20060916202345.jpg
04.05

建築は大正か昭和初期だろうか、いずれにしろ、市内に残された洋風病院建築物ではもっとも古い物件と思われる。

20060916202332.jpg
正面

20060916202322.jpg
二階ファサード

季節ごとに装いを変える蔦のからまる建物は、街の喧騒の中にあって、そこだけが時の流れが停止したかのように、静かにそこに存在する。

20060916202305.jpg



_________

関連記事

伝説の大イチョウ・座頭小路

| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

伝説の大イチョウ・座頭小路

秋田市・歴史の小路(三)

中通五丁目、土手長町通りにある、ホテル・ルートイン(旧アキタニューグランドホテル)の北側の小道を座頭小路という。


座頭小路
右にホテル・ルートイン(スーパー健康ランド・華の湯)

そのむかし、小金持ちだった下亀ノ丁(現・大町二丁目)の座頭が、ここを通りかかったところ、金目当ての邪悪な武士にねらわれ惨殺された。このとき座頭の握っていた杖から芽が出て、みるみる根を張り、やがては大きなイチョウの木になった、と言い伝えられている。殺された座頭は、実は悪らつな高利貸で、憤慨した武士が斬り殺したという説もある。

20060915204516.jpg
秋田市保存樹
伝説を伝えるイチョウの木、後ろに北都銀行

樹高約25メートル、周囲約6メートル、樹齢およそ四百年。根元にある焼跡は過去に火災に遭ったことを物語り、伝説では木の所有者が変れば枝葉が茂らないともいう。

20060915204503.jpg

つい最近、このイチョウの木をめぐる騒動があった。

平成十六年六月、イチョウの所有者が土地売買を目的に更地にするため、保存樹指定解除申請書を市に提出。

都市緑化推進専門部会による審議では、保存を求める意見が大勢を占めたものの、所有者の意向を無視することもできず、結局は指定解除の方向で話が進み、イチョウの下のブロック塀に貼られた「秋田市指定樹」の標識も取り外されてしまう。

ところが、秋田市内に住む土地所有者の一人が、標識を取り外した理由を市に問い合わせてきた。実は、この土地は十一人の共同所有地(ほとんどが県外在住)であり、保存樹の指定解除申請は土地所有者全員の合意によるものではなかったことがこの時点で判明し、市長は答申の保留を決定する。

周辺住民らが結成した市民グループ「座頭小路のいちょうの木を守る会」では、市による保存管理を要望する署名運動を展開し、五千名を上回る署名を集め要望書を提出。平成十六年十二月、市は保存樹指定解除申請を取り消す。

20060915204449.jpg
平成十六年、市民グループが贈った看板

医者と弁護士が多かったこの町は、今ではマンションやホテルが増え、その街並はすっかり変わってしまったが、座頭小路の西側は、イチョウを始めとする木々がうっそうと、往年の面影をそのまま残し、古い建物も残っているのには、共同所有地という複雑な理由があったのだ。

20060915204435.jpg
座頭小路から西(川反)を望む

いずれは寿命をむかえ朽ち果てる運命にある樹木を、持ち主の意志を無視してまで、ただ保存を叫ぶだけの行為には賛同しかねるが、しかし、人間の寿命をはるかにしのぐ歴史という年輪を重ね、老翁のような重厚な存在感を漂わせて、無言のコトバを語りつづける大木を、まだ生あるうちに切り倒すという行為は、愚かで罪深いことである。やむなく伐採する場合も当事者はそれを認識し、しかるべき段取りを踏んで事に当たらなければならない。

20060915204422.jpg
歴史のごとく積み重なりしイチョウの実

20060915204410.gif
座頭小路・周辺地図

-----------

関連記事

「菊谷小路」という不可解
今は幻の「殻堀橋」
参詣の小道・蓮住寺小路

| 秋田市今昔 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「キリスト看板」という公害

東日本を中心に街に氾濫する、黒地に白と黄文字で聖書の一節が書かれた、なかには「死後裁きにあう」などいう脅迫めいた文言もある不気味な看板を、路上観察者および看板マニアたちは「キリスト看板」と呼ぶ。



これらの看板を貼りまくってる団体は宮城県の「聖書配布協力会」。ワゴンの街宣車で聖書の辻説法を陰気な声でたれながしてるのも同じ団体で、街宣車を走らせながら、看板を貼る場所を物色する。

20060912153724.jpg

自分は遭遇したことはないが、夏祭りや初詣で賑わう神社に出張し、スピーカーにプラカードで偶像崇拝糾弾を叫ぶ、営業妨害行為を働くこともあるという。八百万(やおよろず)の神の国の神の社(やしろ)で、偏狭な一神教の押し売りをするとは、なんということか。余計なお世話、全くもって迷惑千万なことである。

原理主義的な思想と過激な行動は、オーソドックスなキリスト教(なにが正統かわからぬが)からも嫌われているようで、その行為は反キリスト主義者の誉め殺し作戦だという説もあるほど。

20060912153654.jpg

「キリスト看板」のある家のほとんどは、平日の日中、お人よしで断ることのできないお年寄りに頼み込んで貼られたものだろう。一旦インパクトドライバで、トタンなどに打ちつけられた看板は簡単に取り外すことはできない。なかには剥がしたくとも「触らぬ神に祟り無し」と、そのままにしている家もあるのだろう。

20060912153711.jpg
「罪」の上にタバコのミニポスター

「キリスト看板」が消費者金融「マルフク」と仲良く並んでいる場合が多いのは、人目につきやすい効果的な場所を探し回り、家主に頼み込み看板を貼らせてもらうという両者の思惑が一致しているため。どちらかの看板があれば、その家は了解を得やすい家として、アタックの目印となるのは、往年のホーロー看板全盛の時代から変わらない原則である。

20060912153643.jpg

20060912153632.jpg
電柱に貼られたシール形式の看板、上部欠損

20060912153617.jpg

-----------

関連リンク

キリスト看板陳列館

聖書配布協力会 - Wikipedia


| 散歩写真・路上観察 | 22:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホジナシの語源を探る・秋田方言



秋田の方言「ホジナシ」の「ホジ」は、仏教用語の「仏・菩薩の本来の姿」を表す「本地」が語源で、その「本地」は後に「正気・本心」という意味にも使われるようになる。つまり「ホジナシ」とは、「本地=正気」が無い者、しっかりした意識が無いヤツを意味する。

20060910204324.gif

秋田では幼い子どもに「やっとホジ付いてきたなぁ」(しっかりした意識を持った子供に成長してきたな)というふうにも使われ、酒を飲んでつぶれた状態は「ホジを無ぐす」(正気を失う)と表現される。青森県下北では、酔っぱらって意識を無くすことを「ホンジを落とす」というのだそうだ。「ホジ」は、無くしたり、出たり、付いたり、落としたりするモノ。

20060910204324.gif

方言辞書のなかには「ホジ無い」を「方図(ほうず)無い」と解するものもある。「方図」とは「限り・限度・際限」という意味で、「方図無い」とは「際限が無い」ことを表すのだが、これでは何のことかあいまいで、「ホジが付く」「ホジが出る」「ホジを無くす」という方言の意味を解説することもできない。ために「ホジ=方図説」は間違いといわざるをえない。

平安末期の『堤中納言物語』「虫めづる姫君」に「本地・ほんぢ」は「もとの姿。本性。物の本源」という意味で使われている。

原文
人々のはなてふやとめづるこそ、はかなくあやしけれ、人はまことあり、ほんぢたづねたるこそ心ばへおかしけれとて‥‥‥

現代語訳
みんなは花や蝶々を鑑賞して喜んでいるけれど、それは違うと思います。人は、誠実に、モノの本性を見究めようとする事が素敵だと思うのです。

南北朝時代の成立という、御伽草子『酒呑童子』において、酒呑童子はこう語る。

原文
かのやつばらが是(これ)までは、よも來(きた)らじとは思へ共(ども)、つねに心にかゝる故(ゆへ)、酔(ゑ)ひても本地(ほんぢ)忘(わす)れずとて

現代語訳
あの連中が、よもやここまでは来るまいとは思うけれども、いつも気にかけているので、酒に酔っても、私は「ほんぢ・本地」を忘れないのだ

酒を飲んでも、自分は「本地なし」になることは無いと酒呑童子は自信満々に語る。「ほんぢ・本地」は、この時代の民衆にはなじみ深い流行り言葉であり、酔っぱらって意識を失った者を「本地なし」と呼んだに違いない。

20060910204252.gif

文化の中心・京都から南北朝時代に出発した流行り言葉「本地なし」は、同心円状に四方に拡散していく。言葉は人の口から口へと、ゆっくりと永い旅を続け、辺境へとたどり着いたころには、中心である京都では、すでに新しい流行り言葉が生まれて古い言葉は廃れ、辺境の地に行けば行くほど古い言葉が残ることになる。

20060910204240.gif

ホンジナシ系言語分布図
参考『全国アホ・バカ分布考』 松本 修   新潮社

アホ・バカ系言語のなかでは最古の、ホンジナシ系言語の、おおまかな分布イメージである。

※現代仮名遣いでは「ほんじ」とするのが正解だが、旧仮名遣い「ほんぢ」のほうがもともとのニュアンスを伝え、ロゴデザイン的にも美しいため、画像はすべて「ぢ」に統一した。

-----------

関連記事

秋田県アホ・バカ分布図
「たろんぺ」は由緒正しき方言
秋田名物「猿貝焼」のお話



全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路 全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路
松本 修 (1996/11)
新潮社
この商品の詳細を見る

| 祭り・民俗・歳時記 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あさづけ・米のデザート

「あさづけ」は漬物の浅漬けではなく、主に田植の時期から夏にかけてつくられる秋田の郷土料理。米を使ってつくるヨーグルトのように甘酸っぱい和風デザート。今はスーパーなどで年中販売されている。




地域によって「こざき練り」「粉なます」などとも呼ばれ、農作業の疲れをいやし、祝儀、不祝儀など人の大勢集まるときのお茶うけとしても使われるごちそうであった。

水にひたしたうるち米を、すり鉢やミキサーで砕き、水を加えてとろ火にかけ透明になるまで練り上げる、冷ましたあとに砂糖・酢を少々加え、野菜、果物などで彩りを添える。

「あさづけ」はもともと、玄米を精米したあとに出る粉を利用した精進料理らしく、うるち米のほか、もち米、白玉粉を利用する場合もあり、添えられる具は、最近は果物が多いが、古くは、キュウリ、カブの塩漬け、枝豆 、山葵の茎などの野菜が主体だったという。

「あさづけ」は生米を臼または、すり鉢でつぶして、ランダムな粒状を少し残してつくるもの。しかし、現在市販されている「あさづけ」のほとんどは、手間を省くためか市販の上新粉を使っている。上新粉の「あさづけ」は舌触りがトロリとなめらかで上品な食感であるが、本来の「あさづけ」がもつ食感、ザラリとした野趣が消えてなんだかものたりない。やはり自家製のものがいちばん。

我が家の「あさづけ」には、キュウリと缶詰めのミカン、リンゴのスライスなどが添えられていたが、最近は果物の種類や量が多すぎて、主役の米の風味を殺している場合も多い。これでは主客逆転である。

「白玉」と同様に、子どものころはこれが出るのが楽しみで、子どもたちも米をすり鉢でつぶすのを手伝ったりしたものだ。

その当時は市販のおやつよりも、「白玉」「あさづけ」のほかに「バッタラ」(米粉や小麦粉でつくる膨らまない和製ホットケーキ)など、母親の手づくりのものが多かった。子ども等はその製作過程を、完成を待ち遠しく見つめ、ときには手伝う。それは最近取りざたされている「食育」にも通じる、楽しくもかけがえのない体験であった。

秋田駅前「産直市場」で夏の郷土料理
あさづけ販売


『なんでも寒天で固める国、秋田』と「あさづけ」


_________

関連リンク

あさづけの作り方(雄和)

あさづけ和風デザート(タカヤナギ提供・ウィークリーレシピ)

こざき練り(あさづけ)雄勝町食生活改善推進協議会

あさづけレシピ(食の国あきたネット)

| 食材・食文化 | 22:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

’06PMA・夏の終りの淋しさ

The Power of Music from AKITA 2nd
ザ・パワーオブミュージックフロムアキタ
9月2日 前夜祭(サンパティオ大町)
9月3日 大町通り界隈 8会場


前夜祭
TAKASE'Band

昨年は、土曜の夜のトワイライトコンサートの感覚で、ゆったりと楽しめた前夜祭だったが、この夜の中庭には立錐の余地もないほどの人があふれていた。

明けた3日の本番、夏の名残りをとどめる青空に、ときおりの風が心地よく吹き抜ける、さわやかな好天。

20060904201800.jpg
「あくら」中庭

広くはないが白壁の蔵と、木々の緑が心地よく、アコースティック系の演奏には最適な空間。

20060904201532.jpg
ウクレッツ

20060904201510.jpg
チアーズ

20060904201510.jpg
ダースコちんどん隊

PMAという音楽の祝祭空間で、世代を超えた盛り上がりを演出するにはかかせない、県内唯一のチンドン屋、いや、プロではないので「ちんどんグループ」。

2005年4月、富山県で五十年上続いている全日本チンドンコンクール素人部門に初出場し最優秀賞受賞。

クラシック音楽の基本をふまえたうえで、あえてエンターテーメントに徹し、明治演歌(演説歌)から民族音楽まで幅広くカバーする、懐の深いパフォーマンスを展開する。

20060904201414.jpg
スコップ三味線の演奏で唄うは藤島桓夫の「さよなら港」

20060904201200.jpg
旧金子家住宅・土蔵
榮太郎商店(篠笛)

20060904201250.jpg
サン・パティオ大町

20060904201136.jpg
あがた森魚

あがた森魚のオープニングは昨年と同じ、自身の監督した映画「港のロキシー」のテーマ「港のロキシー」。「 夏の終わる頃が近づいてくると つかの間の楽しみが消えていくみたいで」という、夏が終わる淋しさを唄う出だしが、この季節にピッタリ。

そのほかの曲目は「赤色エレジー」「冬のサナトリウム~サルビアの花(メドレー)」「佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど」‥‥‥。

アンコールは、ムーンライダーズの鈴木博文が、あがたのLP盤「噫無情」のために作った名曲「大寒町(おおさむまち)」。アンコールの手拍子が鳴るなか、この曲を聴きたいと思っていたその通りの曲が演奏されたのには驚いた。

あちこちと移動して、流れる音に耳を傾けているうちに陽が暮れて、楽しい時間は少年時代の夏休みのように、あっという間に過ぎ去っていく。

-----------

関連リンク

The Power of Musicfrom AKITA

関連記事

もうすぐPMA・大町に音楽があふれる
PMA・大町で音楽に浸る (第一回)

| 読む・観る・聴く | 23:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

打楽器とオノマトペの怪人・山口とも

第6回あきたエコ&リサイクルフェスティバル
山口とも「廃品打楽器パフォーマンス」
06.09.02
秋田駅前・アゴラ広場

パーカッショニストの「山口とも」が秋田に来ることを直前に知り駅前にでかける。

ステージから離れた場所から、両足にはキムチが入っていたというブリキ缶を履き、頭には一斗缶、腰には自動車オイルの缶でつくった太鼓をさげ、歩きながらけたたましい音を立て、奇妙なオノマトペ(擬音語)を叫びながら登場しステージに上がる。

20060903214413.jpg

子どもたちは、そんなあやしいオジサンのくり広げる不思議なパフォーマンスに夢中になり、魔法の手から紡ぎ出される音を楽しんでいた。もちろん子ども心を持った大人もね。

20060903214400.jpg

往年のトニー谷を意識したような、最近でいえば極楽とんぼの加藤が「めちゃイケ」で演ずる「爆裂お父さん」のような風貌は、あやしさ満点ではあるが、音楽業界で知らぬものはいないほどの高名なパーカッショニストなのだ。

山口ともの祖父は「かわいい魚屋さん」「ナイショ話」など、多数の童謡を手がけた作曲家。父、山口浩一は新日本フィルハーモニー、ティンパニー名誉首席奏者。

1980年「つのだ☆ひろとJAP'S GAP'S」でデビュー。解散後はフリーのパーカッショニストとして、中山美穂、ピチカート・ファイブ、プッチモニ、後藤真希、平井堅、キリンジ、中島美嘉などのレコーディングやツアーに参加。

95年の音楽劇「銀河鉄道の夜」をきっかけに、廃品を使ったオリジナル楽器を作りはじめる。02年4月からNHK教育テレビのシュールな音楽番組「ドレミノテレビ」に「ともとも」の愛称で歌手のUAとともにレギュラー出演。

20060903214341.jpg

この日は幼児向けワークショップというおもむきのステージだったが、こんどは大人向けのパフォーマンスを観てみたいものだ。

-----------

関連リンク

TOMO OFFICE

| 散歩写真・路上観察 | 22:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |