二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

2004年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「たろんぺ」は由緒正しき方言

20050129005504.jpg

雪の中を夢中で駆けまわり、のどが渇いたら、雪を食べるか、軒にぶら下がった「たろんぺ」をなめたりかじったりして、のどを潤した子供のころは、今よりも雪は高く積もり、容易に軒に手が届いた。よく育った長い「たろんぺ」はチャンバラの刀にもなるが、すぐにポッキリ折れてしまう。子供らにとって「たろんぺ」は、その名の響きとともに親しみ深い存在だ。

秋田の方言「たろんぺ」の語源は「垂る氷・たるひ」つまり、「垂れ下がる氷」という意味の古代のことば。それに対して標準語の「つらら」は氷柱ではなく、普通の「平らな氷」を意味していた。しかし、中世からは「たるひ」が廃れ、「つらら」が転用されるようになって現在の標準語となった。

「たるひ」系の方言は、東北と北陸や九州の一部に残る。
県内では「たろっぺ」「たらんぺ」「たろんぺ」「たらこ」等が分布。変わったところでは、由利地方の「たろごじろご」、南秋田の「がら」がある。

朝日さす軒のたるひは融けながら
などかつららの結ぼほるらむ
『源氏物語』

現代語訳
軒の氷柱は朝日にとけながら、
どうして地面に張った氷はとけないでいるのでしょうか
意訳
あなたは表面は気を許したように見えながら
どうして底の方で打ちとけないものがあるのですか


| 祭り・民俗・歳時記 | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |