二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちん餅・師走の風物詩

 ちん餅
昭和34(1959)年師走 新聞広告

現在の大町三丁目に店舗があった、宝永2(1705)年創業の元祖秋田諸越本舗「杉山寿山堂」による「ちん餅」の広告。

「ちん餅」という言葉にピンとこない人も多いと思うが、「ちん」とは「賃金・工賃」の「賃」で、おもに正月用の餅を工賃を払って餅屋や米屋、菓子屋に搗いて貰うことをいう。

江戸時代に江戸から始まった言葉らしく、古くは臼・杵をかついで市中を回り、注文された家の前で、餅搗唄にあわせて餅を搗く職人も存在した。

ちん餅
『縁組連理鯰』より

天明1(1781)年刊『縁組連理鯰』から、「ちんもち」の看板が見える餅菓子屋の挿絵。暖簾に「突」の字、中央奥に米俵と米を水に浸す桶、左手にせいろで米を蒸す男、右手の棚には商品が並べられている。

我が家で「ちん餅」を注文していたのは、大福餅とかき氷が名物の楢山本町(通称・楢山表町)「斎藤もちや」。

暮れも押し詰まった29日頃、父が自転車で「ちん餅」(鏡餅・のし餅)を運んで来ると、正月を迎える師走気分が一気に高まった。

まだ柔らかさが残る搗き立ての「のし餅」は、新聞紙を敷いたちゃぶ台にのせられ、包丁にくっつかないように片栗粉がまぶされて、長方形に切りそろえられる。それをつまみ食いするのが毎年の楽しみだった。

昭和40年代後期、殺菌真空包装の「切り餅」が発売され、未開封で一年間という長期保存が可能になったが、加熱処理することにより、搗き立ての味がそこなわれる欠点があった。

昭和50年代に入って、無臭・無毒の脱酸素剤が発売され、食品の流通に革命を起す。パッケージ内の酸素を吸収し、食品のカビ発生や風味の低下を防ぐ脱酸素剤の登場によって、新鮮な状態の「切り餅」を長期保存することが可能になり、餅屋に注文する「ちん餅」の需要は徐々に低下してゆく。

鈴為餅屋
鈴為餅屋 2015.12

南通みその町の「鈴為(すずため)餅屋」も、師走は「ちん餅」で忙しく、名物の「ミルク焼」はお休になる。

| 食材・食文化 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハーゲンダッツが高級「ババヘラアイス」限定販売?

コンビニで「期間限定」の文字に惹かれて購入したハーゲンダッツの新作アイスクリーム。蓋を開けてみたらこれが、味わい深い高級「ババヘラアイス」であった。

フルーツリッチな
新作、誕生

誰もが大好きなフルーツ、苺とバナナ。

甘酸っぱい爽やかさと、風味豊かなやさしい甘さ。
一見まったく個性の違うふたつのフルーツですが、
実は驚くほど相性ぴったり。

みずみずしい苺は、
甘酸っぱさが際立つ爽やかなストロベリーソルベに。

香り高く完熟したバナナは、
濃厚なミルクと合わせてクリーミーなアイスクリームに。

果実そのものの美味しさが華やかに重なり合う、
フルーツリッチなフレーバーの誕生です。

Haagendazs

ストロベリーバナナ|商品情報|ハーゲンダッツ Häagen-Dazs

バナナと苺のコンビネーションは、秋田の「ババヘラアイス」の特徴。「ストロベリーバナナ」は「ババヘラ」にインスパイアされた商品に違いない。

Haagendazs

いかにも人工着色な「ババヘラアイス」にくらべ、色はナチュラルっぽい。苺の部分は「ババヘラ」と同じソルベ(シャーベット)だ。

口にした瞬間、苺の甘酸っぱいフレーバーが広がり、そのあとを濃厚なバナナの風味が追いかけてきて、やがて渾然一体となる。

ハーゲンダッツの「ストロベリーバナナ」は、「ババヘラアイス」よりもフルーティーで濃厚。ただし、野外で暑気払いに食べるならば、口当たりと風味がさっぱりと軽い「ババヘラ」が最適だろう。

ババヘラ・ミルキー

こちらは今年(2013)4月から地域限定販売されているババヘラ風味のミルキー。

以前書いたように、「ペコちゃん」の「ペコ」は東北方言の「ベコ」=「牛」からきている。

二〇世紀ひみつ基地 ペコちゃんのつぶらな瞳に涙哉

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 ババヘラのいる風景・初夏の千秋公園入口
二〇世紀ひみつ基地 ババヘラのいる風景・蓮香る千秋公園中土橋
二〇世紀ひみつ基地 ババヘラのいる風景・花冷えの千秋公園入口

関連リンク

ババヘラ - Wikipedia

秋田名物ババヘラアイス 有限会社進藤冷菓
ババヘラアイス発祥の地 ババさんアイス 元祖 児玉冷菓
杉重冷菓のババヘラアイスパラソル

ストロベリーバナナ|商品情報|ハーゲンダッツ Häagen-Dazs
【秋田限定】ミルキー(秋田ババヘラ) | 不二家

| 食材・食文化 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「恵方巻」の内緒話・はしたなき奇習

▼「恵方巻」はどこから来たのか

節分の行事といえば「豆まき」と相場が決まっていたのが、大阪起源の「恵方巻」という、お行儀の悪い奇習が全国的に定着して久しい。

縁起物としての「丸かぶり寿司」に関する最古の現存資料は、昭和7年(1932)「大阪鮓商組合後援会」発行の宣伝チラシという。その内容は以下の通り。
「巻寿司と福の神」
節分の日に丸かぶり

この流行は古くから花柳界にもて囃されていました。
それが最近一般的に宣伝して年越には必ず豆を年齢の数だけ食べるように巻寿司が食べられています。
これは節分の日に限るものでその年の恵方に向いて無言で一本の巻寿司を丸かぶりすればその年は幸運に恵まれるということであります。
宣伝せずとも誰言うともなしに流行ってきたことを考えるとやはり一概に迷信として軽々しく看過すべきではない。
‥‥後略‥‥
昭和七年「大阪鮓商組合後援会」発行宣伝チラシより
まだ「恵方巻」の名は見えない。注目すべきは「この流行は古くから花柳界にもて囃されていました」の一文。

当初は大阪のごく一部だけの流行で、戦後はすたれていたものを、1970年代、大阪の海苔問屋など業界団体が宣伝活動を再開、昭和60年(1985)頃に到って大阪で大流行、やがて周辺都市部にも知れ渡るようになる。

昭和60年(1985)の『秋田魁新報』に「好運を呼ぶ巻き寿司」の広告がある。文面は下記の通り。
幸運を呼ぶ巻きずし

丸かぶり

一本四〇〇円


鬼は外、福は内
節分の日にその年の恵方を向いて
巻きずしを丸のまま食べると
幸運がやってくる。
恵方とは其の年の良い方向で
今年は[西南西]の方向に
歳神様が宿ってるのです。
家族全員それぞれその方向に向かって
無言で巻きずしを切らず丸ごと食べると
幸運と健康がかなえられる。
七色の材料を使った幸運の巻きずし。
鬼は外!!福は内!!そして福は寿司。
丸かぶりを食べましょう。
お近くの秋田県すし組合加盟店でどうぞ。

●協賛 高岡屋会
秋田県鮨商環境衛生同業組合加盟店
協賛の「高岡屋会」とは、「幸福のり」のブランド名で名高い海苔の老舗「高岡屋」(本社・東京)のことだろう。同社が大阪でのブームを全国に広げ、海苔の拡販につなげようと、各地の寿司屋組合と共同企画した広告の秋田版と思われる。

昭和64年(1989)広島県内のセブン-イレブン一部店舗にて、丸かぶりする「巻寿司」を節分の縁起の良い風習として紹介。「恵方巻」の商品名で売り始める。同県の店舗オーナーが「大阪では節分に巻寿司を丸かぶりする」と提案したのがきっかけであった。

平成7年(1995)セブン-イレブンの関西以西で販売。
平成10年(1998)全国のセブン-イレブンで販売。

そのブームにコンビニ各社、スーパーマーケットまでも便乗、全国展開するようになり、大阪のローカルな奇習が全国的に定着する。


▼上方落語に「恵方巻」の起源を聞く

気になるのは、昭和7年(1932)「大阪鮓商組合後援会」発行の宣伝チラシにみえる「この流行は古くから花柳界にもて囃されていました」の一文。

現代の「恵方巻」の起源と思われる花柳界の風習とは、一体どのようなものであったのかと調べていた数年前、古い上方落語に「巻寿司の丸かぶり」に関する興味深い話があるのことを知った。

題名は『遊山(ゆさん)船』。江戸落語の熊さん・八つぁんに相当する喜六・清八の二人は浪速橋へ夕涼みにでかける。氷屋や西瓜屋が店を出し、花火が打ち上がるにぎわいのなか、川面に目を落とすと船遊びに興じるたくさんの屋形船(遊山船)。


浪花百景「浪花橋夕涼」絵師・歌川国員 出版・嘉永年間


屋形船(遊山船)明治期

屋形船の上には舞妓や芸妓をはべらせた旦那衆。やがて例の黒い棒状の「海苔巻」が運ばれてくる。そのシーンの抜粋は以下動画で。

師弟関係にありながら両者の語り口はもちろん、内容も少し違うので聞き比べると面白い。


上方落語「遊山船」六代目 笑福亭松鶴(1918-1986)

「尺八喰い」=「丸かぶり」
「まぁしゅう」=「舞妓衆」?
「きゃあ」=「客」
「ねずって」=「ねぶって」
「席駄」(せきだ)=「雪駄」(せった)に同じ、「草履」のこと


上方落語「遊山船」七代目 笑福亭松鶴(1952-1996)

年端もいかない舞妓に太い「海苔巻」を「尺八喰い」させ、目を白黒とする様子を見て喜ぶ旦那衆。これが現代の「恵方巻」の起源か・・・・・・。

古くは節分にかかわらず花柳界において行われた、このセクシャルな遊びは、商売繁盛と「舞妓に良い旦那(スポンサー)が付くように」と願う、オマジナイの意味もあったと言われている。花柳界(水商売)は今でも縁起をかつぐ風潮が強い。

以上のような花柳界におけるお座敷遊びと、陰陽道を起源とする「恵方信仰」(歳徳神信仰)を結びつけて、縁起の良い「恵方巻」が創作された。

関連リンク
歳徳神 - Wikipedia

上方落語の喜六・清八が現代に現れ、水商売でもないシロウトの老若男女が、恥じらいもなく「巻寿司」を丸かぶりするのを見たら、開いた口がふさがらないことだろう。


上掲画像は「恵方巻撲滅をめざす@ ウィキ」で配布している「恵方巻撲滅チラシ」を縮小したもの。「セクハラ」と断罪するのは野暮な気もするが、「恵方巻」花柳界起源説にまつわる情報がまとめられている。

関連リンク
【破廉恥】恵方巻撲滅をめざす@ ウィキ - ウソ風習の恵方巻の正体を暴いてやる!!


| 食材・食文化 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そば屋の支那そば「千秋麺」横町で〆の一杯



秋田市の老舗製麺所「ヤマヨ」から、横町通り「そば処・紀文」の人気メニュー「千秋麺」新発売。

昭和41年の創業当時から、川反帰りの酔客に“〆の一杯”として親しまれてきた、極細の卵麺にあっさりとした醤油スープがからむ「千秋麺」は、ラーメンというよりも、“支那そば”と呼ぶにふさわしい、昔なつかしの風味。



パッケージに写るノレンに「わんこそば」とあるように、初期の「紀文」は、秋田で唯一、本場盛岡式「わんこそば」が食べられる店として話題をあつめた。

_________

関連リンク

そば処 紀文 きぶん - 秋田/そば [食べログ]
[秋田]そば処 紀文|文藝春秋|雑誌 [web連載]|オール読物|「居酒屋おくのほそ道」

秋田麺の匠 ヤマヨネットショップ/秋田のご当地ラーメン・そば通販

関連記事

二〇世紀ひみつ基地横町道産子ラーメン・50年目の閉店
二〇世紀ひみつ基地消えた昭和の灯・横町“すきま店”の終焉
二〇世紀ひみつ基地横町のモダン理髪店跡・レトロ看板建築

| 食材・食文化 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT