二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

川反「祇園街」残影・消えた小路

秋田市川反
↑ 川反「祇園街」南地区 2000.05

秋田市川反
↑ 2000.05

秋田市川反
↑ 2003.03

秋田市川反
↑ 2002.04

秋田市川反
↑ 2000.05

秋田市川反
↑ 2003.03

秋田市川反
↑ 2002.04

秋田市川反
↑ 2003.03

秋田市川反
↑ 2003.03

川反五丁目で中華料理店「中華園」を経営していた人が、昭和34(1959)年、有限会社「祇園街」を創設、徐々に店舗を拡張し、昭和37(1962)年「祇園街」が完成する。 経営者が京都祇園に近い中華料理店で修業していたことから、祇園の華やかさを願って「祇園街」と命名した。

両側に店舗が連なる南地区が冒頭の写真、撮影時には廃墟化が進行していた。

北地区の川反通りに面した角地に、1960年代中頃まであった民家の跡地に「祇園街」を最後の拡張、店舗数約60軒となる。川反通りから本町通りに抜ける小路は「祇園小路」と呼ばれた。

秋田市川反小路
↑ 祇園小路(祇園街)1980年代後期

秋田市川反
↑ 祇園小路(祇園街)跡 2017.03

1980年代の中頃、北地区の長屋店舗「祇園街」が、経営者が代わったためか、名称を「ニュー川反」と変更。その後、長屋店舗を取り壊した跡地に「ナカミ川反第1ビル」が完成する。

パチンコ文化センター

「祇園小路」の南側、今は駐車場になっている場所に1980年代後半まで存在した、パチンコ「文化センター」。ネオン看板に輝く「丸に星」のロゴマークが北朝鮮の国旗のそれに似ているが、その話は別の機会に。

秋田市川反
↑ 「文化センター」跡と「ナカミ川反第1ビル」 2017.03

アシベ
↑ 昭和44(1969)年

「祇園街」に短期間存在した、ミュージック・レストラン「ACB・アシベ」は、東京都中央区銀座七丁目にあった伝説のジャズ喫茶「銀座ACB・アシベ」と同名な店。昔の川反には、昼から営業する喫茶店や食べ物屋が多かった。

秋田市川反火災
↑ 昭和57年12月8日『秋田魁新報』

昭和57(1982)年12月8日未明「祇園街」南地区で火災発生、西側店舗が全焼した。

秋田市川反小路
2017.03 「祇園街」跡から川反通りを望む

平成15(2003)年7月「祇園街」南地区解体、跡地は駐車場となる。

秋田市川反
「祇園街」南地区跡 2008.05

冒頭の写真と同じく「ナカミ川反第1ビル」より撮影。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田駅前・金萬の「牛どんや」・1980年代後半

秋田駅・吉野家
▲吉野家 秋田駅ビル トピコ店 2016.12

平成28(2016)年1月17日、秋田駅ピル「トピコ」一階の「ミスタードーナツ」が経営不振を理由に閉店。その後、秋田県内でミスドを独占展開する「KAMADAスマイルコーポレーション」(旧・鎌田会館・マルシメ鎌田)が経営破綻していたことが判明する。

閉店した「ミスタードーナツ」秋田トピコショップ跡地に、平成29(2017)年11月22日「吉野家」秋田駅ビルトピコ店オープン。

秋田市に全国チェーンの牛丼店が初登場したのは平成9(1997)年11月のこと。横山金足線沿い、桜一丁目に11月4日「すき家」がオープンしたのにつづき、そこから北に数100メートル離れた広面字樋ノ沖に「吉野家」がオープン、互いに集客を競うが「吉野家」が先に撤退。「すき家 秋田東店」は現在(2017)も同じ場所で営業している。

▼秋田初の牛丼専門店は金萬の「牛どんや」?

全国チェーンの牛丼店が秋田に進出した平成9(1997)年からさかのぼること約10年前、秋田駅前に牛丼専門店「牛どんや」がオープンする。おそらくこれが秋田で初の牛丼専門店。

スタンド席のみの奥行きのある店内で、結構ボリュームのある並盛りが350円から400円ほどの価格は、当時の全国チェーン店とほぼ同じだった。

金萬・牛丼屋

 

秋田駅前1990

南側のパチンコ店「秋田レジャーセンター」および「秋田会館」から、北側の「サーティワンアイスクリーム」までが、金萬グループが経営していた店舗。その一角、「金萬」売店の隣に「牛どんや」があった。

▼「金萬」の誕生とレジャー産業への進出

湯沢市出身で「金萬」創業者の大内正見氏は、露店の闇市、バラックの引揚者住宅などが雑然と建ち並んでいた戦後間もない秋田駅前で雑貨や青物などを売る商売をはじめ、昭和23(1948)年完成の駅前商店街「銀座街」に入居し「正味食堂」を開く。その店名は店主の名前にちなんだものだろう。

「銀座街」は「たけや製パン」発祥の地だが「金萬」のルーツもこの地にあった。「正味食堂」廃業後、跡地に中華料理店「幸楽食堂」が入る。

ある日、東京に出かけた大内氏は、浅草のデパート「松屋」の食品売場で、その後の人生を左右するあるものに出会う。それは当時、東京で流行していた「都まんじゅう」の実演販売。

「都まんじゅう」の繁盛ぶりに感じ入り、早速その製造機械を購入した大内氏は、昭和28(1953)年、秋田駅前・金座街で「金座街のまんじゅう」略して「金万」(のちに金萬と改称)のネーミングで実演販売を開始。厳選した原料を使い「都まんじゅう」に負けない味を追求した。

できたてホヤホヤのおいしさと、ガラス越しに製造工程を見せる商法がヒットして、最盛期は1日2万個から3万個を販売。その利益をもとに食堂事業を拡大し、昭和30年代中頃にパチンコ店を開業してレジャー産業に進出。その後、ボウリング場、ゲームセンター、ブティックも経営する。80年代後半に入ると、サーティワンアイスクリーム、マクドナルドとフランチャイズ契約を結び出店。

「金萬」が「秋田名菓」を冠するようになったのは、創業者の大内正見氏(1921~1986)が亡くなってからのこと。

「金萬」の歴史とその製造機械などの詳細は下記リンク先に。

秋田駅前1990

▲秋田駅前・金萬ストリート・1990年頃

地下道出入口の向こう、仲小路の角地に建つ三角屋根のレトロ建築は旧「日本通運」秋田駅前支店。改築して一階をパチンコ店「秋田レジャーセンター」二階に金萬事務所が入った。


▼秋田駅前北地区再開発計画の頓挫

平成28(2016)年5月に廃業した「金萬ボウリングセンター」を最後にレジャー産業から手を引き、2軒のパチンコ店・ゲームセンター・金萬売店・牛丼店・サーティワンが並んでいた区画は現在(2017)金萬駐車場になっている。

金萬駐車場と「エスポワール緑屋」などがある秋田駅前北地区は「フォンテ秋田」(旧・イトーヨーカドー)が建つ南地区に次いで、再開発共同ビルを平成13(2001)年度までに建設する計画であったが、折りからの不況も重なり断念。再開発のため更地にされた空間は有料駐車場となった。

更地になる前、金萬売店とサーティワンは「イトーヨーカドー秋田店」(現・フォンテ秋田)二階に移転。

秋田駅前・金萬駐車場
▲秋田駅前・金萬駐車場 2016.12

秋田駅前3Dmap
▲金萬駐車場周辺俯瞰

緑色の多角形建築 「エスポワール緑屋」は旧「やまじんビル」。家電・家具を販売していた「緑屋」が買収後、金座街(現・アゴラ広場)側に増築、さらに変形度を増した。現在は居酒屋のほか、6階に「アニメイト秋田店」などが入居。「やまじんビル」と「緑屋」のことはまたいつか。


金萬「牛どんや」跡

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

丸窓のある銭湯「上野湯」川尻上野町

銭湯
2003.09

川尻総社通りに面した秋田市川尻上野町に存在した銭湯「上野湯」。廃業後の撮影のため、すでに煙突は撤去されている。

昭和5(1930)年開業の老舗銭湯。モルタル壁面のひび割れ修繕跡が目立つ建物は、昭和20年代後半から30年代にかけての建築と推定。

銭湯

平成15(2003)年10月廃業。最終営業日には近隣から常連が多く集まり、脱衣所で別れの宴会が開かれ、その翌日は無料開放された。

銭湯

銭湯跡
「上野湯」跡 2008.08

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

氷水屋と銭湯と・消える昭和

季節外れな話題だが、秋田市内で営業していた昔ながらの氷水屋が、この数年間に次々と店を閉じた。その主な理由は経営者の高齢化と後継者の不在。

かき氷
▲「佐々木商店」2004.07 三皇祭の日

夏期以外は大判焼き・鯛焼きを商う、牛島商店街の「佐々木商店」通称・牛島のババの店。

切妻屋根の町家建築に、かき氷の氷削機および大判焼機による製造工程が外から見える出窓を設けた古典的スタイルの、大正・昭和の風情が色濃く残る店であった。

かき氷
▲「佐々木商店」2004.07 三皇祭の日

かき氷
▲廃業後、三皇祭の日に「岡崎製氷」が店頭を借りて臨時出店 2009.07

内風呂率が低く電気冷蔵庫がまだ贅沢品だった時代、銭湯の近くで営業する氷水屋が多く、風呂上がりにかき氷で涼味を楽しむ客で繁盛した。

牛島商店街の場合、「佐々木商店」から北へ1分ほど歩いた「三皇神社里宮」の近くに「三皇の湯」、さらに3分ほど北へ進み、太平川橋を越えた左手に「牛の湯」があった。

かき氷
▲「竹内商店」2008.08 竿燈祭りの夜

大町三丁目「すずらん通り」の突き当たりに近い「竹内商店」も、「佐々木商店」と同様に、店頭で製造工程を見せる出窓がある、涼しくなると大判焼・おやきを商う店だったが、この数年間はカーテンを閉ざしたまま。(2017.04 大判焼きの営業を確認、不定期開店とのこと)

昭和8年頃の地図にも名がみえる「竹内商店」はもともと菓子屋で、以前は自家製のパンなども売っていた。

「竹内商店」の斜め向かい、柳町の角地にあった銭湯「松の湯」は、古くは「柳の湯」の名で、場所柄、川反の芸者さんが常連客だったという。「松の湯」はのちに「秋田ピカデリー」南側の田中町に移転。

かき氷
▲「竹内商店」2008.08 竿燈祭りの夜

すずらん通り
すずらん通り 2016.11

手前に「竹内商店」、黄色い日除けテントの「美容室イク」、その奥に「土田果物店」。これらの店も廃業して久しい。

「すずらん通り」の突き当たりには、昭和49(1974)年まで映画館「秋田ピカデリー」が存在し、川反方向から延びる「すずらん通り」はかつて、昼夜を通して人通りの多い商店街だったが、近年は古くからの店が次々に店を閉じて、ずいぶん寂しくなった。

「竹内商店」の東隣、今は空き地になっている場所に70年代まであった中華料理「王芳」は、田中町の「松の湯」北隣を経て、秋田県庁の裏側、山王四丁目に移転し、大町五丁目「第二NKビル」入口左側に大町支店をオープン。料理はボリューム満点で安く、セロリを使った炒飯が癖になる味で、水餃子とセットでよく食べたものだが、平成20(2008)年10月頃に閉店。

斉藤もちや
▲斉藤もちや 2005.07

秋田市楢山本町で昭和10(1935)年創業の老舗「斉藤もちや」。今年(2016)の春頃に廃業。

夏期はかき氷を商い、真向かいに秋田市最後の銭湯「星の湯」がある。

かき氷屋跡
▲秋元商店跡 2004.05

ここからは遠い記憶の彼方にある氷水屋。

楢山愛宕下と牛島東の境界を東西に延びる新屋敷(しんやしき)小路にあって、夏はかき氷をやっていた駄菓子屋「秋元商店」。建物の右手にかき氷の製造工程を見せたとおぼしき小窓が残る。

新屋敷小路を東に進むと金照閣踏切、振り向いて西に進み、突き当たりを左折すると、冒頭の「佐々木商店」に到る。

銭湯跡
▲愛宕湯跡 2004.05

「秋元商店」の西隣のアパートは「愛宕湯」跡。所在地名は牛島だが隣町である愛宕下の「愛宕」を冠した銭湯は、70年代後半頃に廃業。子どもの頃に通っていたなつかしい銭湯だ。

黒澤家住宅
▲「黒澤家住宅」長屋門・東根小屋町(中通三丁目)

金照寺山・一つ森公園に移築された上級武家屋敷「黒澤家住宅」が、「たまご公園」の南側、東根小屋町(現・中通三丁目)にあった時代、長屋門形式の表門の両側に店舗を増築して貸していたが、左手の駄菓子屋のような店が氷水屋をやっていた記憶がある。画像右手は「佐々木表具所」。

至近距離にあった銭湯は「黒澤家住宅」から中通小学校方向に向かい、十字路を右折した池永小路の「鶴の湯」。徒歩1分の距離。

「黒澤家住宅」跡地には今、11階建てのマンション「パークハイツ中通」が建っている。

旧黒澤家住宅(旧所在 秋田県秋田市中通三丁目) 表門 文化遺産オンライン

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT