二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1981 漫画喫茶「ちろりん村」仲小路ビルにオープン

漫画喫茶ちろりん村▲1981(昭和56)年12月 新聞広告

あなたは5,000冊の漫画を読破するのに何日かかる!?

12月10日 AM8:00
仲小路ビル3階に漫画5,000冊を取り揃えた
話題のマンガ喫茶
コミック&喫茶 ちろりん村 OPEN!!

お仕事前のいこいのひとときに、又モーニングサービス、ボリュームある昼食にご利用下さい。

コミック&珈琲
ちろりん村
秋田市中通二丁目1の48(仲小路ビル3F)
営業時間AM8:00〜PM8:00

1981(昭和56)年12月10日、秋田市「仲小路ビル」3階に漫画喫茶「ちろりん村」オープン。おそらくこれが秋田初の漫画喫茶。

漫画喫茶から発展した現代のネットカフェのような個室や客席の間仕切りもなく、時間制限もない。書棚に囲まれたオープンスペースに簡易なテーブルと椅子を配置した店内。

オープン時点で PM8:00 とやけに早い閉店時間は、間もなく PM9:00 までに延長される。

広告のイラストに当時の人気漫画『Dr.スランプ 』(ドクタースランプ)の登場人物が使われている点については、著作権者に関する記述が見当たらないため、無断使用の可能性が高い。

現在ならば新聞広告掲載基準によって掲載を拒否され、手直しを求められる案件だが、当時はまだ著作権に対する対応が今のように厳格ではなく、特に地方紙においてはルーズさが残っていて、たとえば同時代の80年代初頭に掲載された、ディズニーのキャラクターを使用した食堂の新聞広告(近日公開予定)のように、稀に著作権を無視した例が見られた。

漫画喫茶ちろりん村

 県内では珍しい本格的な漫画喫茶=写真=がこのほど、秋田市中通のビル内にお目見えした。

 今まで漫画を置いている喫茶店は数多くあったが、五千冊以上もそろえたのはおそらく始めて、八畳二間ほどの広さの店内には入口正面から壁という壁に漫画がギッシリ。つい立式の本棚まである。

 客はやはりヤングが多い、という。午前八時の開店時間になると、出勤前のサラリーマンがモーニング・サービスを食べながらベージをめくる。また午後は、高校生や大学生が教科書はそっちのけでコーヒー片手に読みふける姿が見られる。いずれも無言。軽いポップ調のBGMを聴きながら「Dr・スランプ」などを読む姿は、やはり現代若者の一風俗か?

 今後、客の要望にこたえて随時漫画を増やしていくそうだが、コーヒー一杯で何時間も漫画に熱中する人ばかりだったらどうするんだろう?

1981(昭和56)年12月21日『秋田魁新報』より

漫画喫茶ちろりん村
▲『週刊アキタ』より

店名の「ちろりん村」は、NHK総合テレビで昭和30年代の夕方に放送された連続人形劇『チロリン村とくるみの木』から拝借。

1990年代前半、漫画喫茶「ちろりん村」閉店。

1991(平成3)年頃の「仲小路ビル」テナント

BF
ぱいたん倶楽部
占い館1999
やき鳥 車

1F
私の部屋 (株)平惣
ポルト
弥助そば 秋田店

2F
れもん
朱鷺
デジャ・ブー
ダックスフンド

3F
トライアングルクラブ
ちろりん村
メゾ148

秋田市仲小路ビル▲2004.07 仲小路ビル

2004(平成16)年撮影の写真から看板類に記された店名を拾ってみる。

まず1階入口付近に「冷し中華」の幟旗と「ぱいたん倶楽部」の看板がある。1階エントランスから階段を降りた突き当たりの地下1階、豚骨の香りが染みついたラーメン屋「ぱいたん倶楽部」は当地で創業し、2020年現在、秋田市広面字樋ノ沖で営業中。

入口の左手にスパゲッティ&ワイン「ポルト」。そば粉を使った生地で梅餡をつつんだ、そばまんじゅうが名物だった「弥助そば」秋田店。角地の雑貨店「私の部屋」と並ぶ。

当ビルで長く営業した「ポルト」は、秋田市山王にイタリアンレストラン「ミラノ食堂」と名を変えて移転後、2017(平成29)年「サンパティオ大町」内に移転「ミュージックバー ポルト」と、元の店名に戻った。

2階のテナントはスナック「朱鷺」広島風お好み焼き「れもん」定食屋「お万菜」。

その後の「仲小路ビル」については下記関連記事を参照のこと。

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昭和残影・土崎「石田商店」洋品店兼タバコ屋兼書店

土崎 石田商店
▲2004.03

秋田市土崎港中央三丁目、旧町名・土崎港旭町旭受。「本住寺」の南側、「満船寺」の向かいにあった、大正9(1920)年創業の洋品店「石田商店」。

土崎 石田商店
▲2004.03

店頭のタバコ・コーナーに置かれた昭和風情のタバコケース。陶製タイルを模した、タイル風型押しトタン板の上にペンキで白枠を塗り、赤文字で「たぱこ」と描き入れている。

土崎 石田商店
▲2003.09

土崎 石田商店
▲2003.10

「石田商店」と記された袖看板の後ろ、経年変化によって色褪せた屋根看板に描かれた文字は「小学館の学習雑誌(改行)新刊書・雑誌 石田書店」。

往年は洋品店とタバコ屋の他に書店を兼ねていたのだ。

土崎 石田商店

「小学館の学習雑誌」の右側に「パーマン」左側に「トッポ・ジージョ」とその脇役の「オルソポピー」が描かれている。

藤子不二雄による漫画『パーマン』が『週刊少年サンデー』で連載が始まったのは1967(昭和42)年。翌1968(昭和43)年から小学館の学年別学習雑誌でも連載開始。

ミラノ生まれのネズミが主人公の人形劇『トッポ・ジージョ』日本版(オリジナルはイタリア人形劇)のテレビ放映開始は1966(昭和41)年。翌1967(昭和42)年『小学館コミックス』にて、石森章太郎(のちに石ノ森章太郎と改名)の手によって漫画化。

というわけで、この看板の設置は1967(昭和42)年から翌1968(昭和43)年にかけてと推定できる。


土崎 石田商店
▲2004.03

2013(平成25)年頃「石田商店」解体。

土崎 石田商店跡
▲2013.07「石田商店」跡

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1979「住友生命秋田ビル」に「パルナス」オープン

▼マルナカ跡地・まぼろしの「秋田中三デパート」計画

1979(昭和54)年3月、秋田市中通二丁目の中央通り沿いに「住友生命秋田ビル」竣工。

●地下1階、地上11階建
●設計/(株)日建設計
●施工/戸田建設(株)

山二ビル(旧・住友生命秋田ビル)
▲2009.03

「住友生命秋田ビル」(現・山二ビル) が建つ、十字路の角地はもともと、秋田市内にチェーン展開したスーパーマーケット「マルナカ」(旧名・秋田中央市場) の創業地であった。

「マルマカ」本社が大町一丁目(旧・上肴町)に移転した跡地および、東隣の「河北新報秋田支社」跡地を、1971(昭和46)年、青森に本社を置く「中三百貨店」が買収。

地下1階、地上8階、塔屋4階のデパートを計画するも、市場調査の結果、採算を見込めないと進出を断念。1972(昭和47)年に用地を転売屋に売却する。


▼「住友生命秋田ビル」に「パルナス」誕生

山二ビル(旧・住友生命秋田ビル)
▲新聞広告

地上41メートルにも春風。街の流れが変わります。
“住友生命秋田ビル”中央通りに完成

見えてきた。見えてきた。
3月10日。住友ビルに、「パルナス」誕生。
美しくなるための冒険ではない 自分をひとつのカラに閉じ込めない
自分自身の生き方を大切にする人々の集う、新しいクオリティ・ライフ・ゾーン
PALNAS SUMISEI SQUARE

「住友生命秋田ビル」は当初、全館オフィスビルとして設計されていたが、中央通り商店街の商店主らの要請と「秋田市商店街連合会」のサポートにより、一部を店舗として開放することを決定、着工間際になって設計を大幅に変更することに。

地元商店主らの意図は、商店街として成熟した秋田駅前・広小路に対し、損保会社や金融機関が多く、ショッピングゾーンとしての魅力に欠ける中央通りの集客力を高めること。

こうして、1・2階が女性をターゲットとしたショッピング・スペース、その片側にオフィス棟を載せた逆L字形の下駄履きビルが誕生した。

山二ビル(旧・住友生命秋田ビル)
▲新聞広告より

有馬晴彦とデキシージャイブ
秋田で初公開のデキシーミュージックで始まるオープニング。街頭演奏の華やいだ雰囲気が、道ゆく人の心も、街もはずませます。赤いオープンカーによるパレードをお楽しみに!! あさってが晴れでありますように。(雨天の場合、パルナスの前で演奏いたします。
★ラッキー・フラワー・プレゼント
当日、各テナント・店頭のフラワーワゴンのお花をお客様に差上げます。お花の中にラッキーカードが入っていて、当たった方には素敵なプレゼントをいたします。

1F
●SPACE SHOP JIN KIKKAWA
●プルミエール 新樹
●ELDIER マツヤ
●化粧品・輸入雑貨 ベルモア
2F
●宝石・時計 オノ宝飾
●きもの 有坂
●毛皮 エンバ
●ワコールファッションショップ チルチル
●ロイヤル・コペンハーゲン・ティー ヒラノ
●Rチェーン ルイ美容
●ブティック マツヤ アマール

山二ビル(旧・住友生命秋田ビル)
▲「パルナス」跡 2010.11

山二ビル(旧・住友生命秋田ビル)
▲「パルナス」跡 2012.06

山二ビル(旧・住友生命秋田ビル)
▲「パルナス」跡 2019.08

山二ビル(旧・住友生命秋田ビル)
▲新聞広告より オフィス棟・入居テナント

開業当初のテナントで 2019年8月現在も入居しているのは「住友生命秋田支社」「ジャックス」「東北ダイケン」。

鳴り物入りでオープンした「パルナス」であったが、80年代後半からテナントが撤退しはじめ、1987(昭和62)年の時点で1階は空き家、2階に「ルイ美容室」と「毛皮エンバ」が残るのみ。

数年後、完全に空き家となった1・2階の「パルナス」跡に「住友生命秋田支社」が上階から移転。

やがて「パルナス」の誘致を進めた「秋田市中央通り商店街振興組合」は解散。その原因は役員による組合費の横領が発覚したためだとか。

前回記事のとおり、2013(平成25)年「住友生命秋田ビル」が「山二ビル」に改称。同ビルのシンボルツリーであった、前面のケヤキ並木が伐採される。

2019(令和1)年11月、レンタルオフィス事業を展開する外資系企業「日本リージャスホールディングス」が「山二ビル」6階に「リージャス秋田駅前センター」を出店。シェアオフィス・レンタルオフィスを開設。

山二ビル(旧・住友生命秋田ビル)
▲「山二ビル」(旧・住友生命秋田ビル)  2019.09

山二ビル(旧・住友生命秋田ビル)
▲「山二ビル」(旧・住友生命秋田ビル) の裏側は「アトリオン駐車場」

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昭和残影・色と音と光の専門店「デンキヤ」秋田市中央通り

デンキヤ
▲旧「デンキヤ」ビル 2015.06

秋田市中通三丁目、中央通りに面した旧「デンキヤ」ビルが、竣工から約50年経過した2019(令和1)年6月に解体された。

デンキヤ

デンキヤ
▲2019.05

デンキヤ
▲1970(昭和45)年6月 新聞広告

1970(昭和45)年6月17日、家電販売店「デンキヤ」オープン。

電気屋に「デンキヤ」とは、なんともストレートなネーミングだが、印象的で覚えやすい良い店名だと思う。

同店を経営したのは、山王大通りに本社を置く、三菱電機代理店「菱明三菱電機機器販売」。

菱明三菱電機機器販売
▲菱明電機機器販売株式会社 2017.07

デンキヤ
▲1970(昭和45)年8月 新聞広告

「お買いあげ10,000円以上の方を北島三郎ショー ご招待」サブちゃんはまだ30代前半。

17形(17インチ)カラーテレビの現金正価(現金一括払いで購入した場合の希望小売価格)が 157,000円(デンキヤ価格122,000円)15形で現金正価 129,000円(デンキヤ価格98,000円)と、公務員の初任給(基本給)が36,000円ほど時代、おいそれとは手が出せない高額商品。そのため分割払いで購入するのが普通だった。

三菱カラーテレビ高雄▲1970(昭和45)年

同じ1970(昭和45)年の三菱カラーテレビ「高雄」19形の現金正価は197,000円。

1969(昭和44)年末時点の秋田県内の白黒テレビ普及率が89.9%なのに対して、カラーテレビ普及率はまだ14.2%。

70年代、カラーテレビの普及率は年ごとに倍増、量産が進むにつれ価格は下がりつづけた。

デンキヤ
▲1970(昭和45)年10月 新聞広告

秋田で初めてのスピーカー制作コンクール

パイオニアスピーカー PIM-16A(ロクハン)を¥1,700を特別価格¥1,000でおわけします。作り方はあなたの自由です。ユニークで優秀な音のスピーカーシステムに完成させてください。お寄せ頂いたスピーカーは全部メーカー専門工場で測定し、順位を決め後日表彰、豪華賞品を差しあげます。

パイオニアの名器、16cm フルレンジ スピーカーユニット PIM-16A を使った、自作派オーディオマニアをターゲットにした、スピーカーシステム制作コンクール。パイオニアの主催で全国で開催された。

デンキヤ▲1972(昭和47)年6月 新聞広告

2年前の1970(昭和45)年の広告と比べると、三菱17形カラーテレビの現金正価が 157,000円(デンキヤ価格122,000円)だったのが、現金正価126,000円(デンキヤ価格98,000円)と実売価格で10万円を切っている。

さらに、10万円以上のカラーテレビを買うと古いテレビを25,000円で下取りするサービスも。

そのほか、三菱カラーテレビ「高雄」20形が現金正価149,000円(デンキヤ価格124,000円)。三菱14形ポータブルカラーテレビの現金正価89,800円(デンキヤ価格76,000円)。白黒テレビで最も安いのは、ビクター12形白黒テレビ 定価29,000円(デンキヤ価格22,000円)。

デンキヤ
▲1974(昭和49)年1月 新聞広告

菱明OA電算事業部
▲1983(昭和58)年12月 新聞広告

1983(昭和58)年12月、廃業した「デンキヤ」跡に「菱明三菱電機機器販売」OA電算事業部が新事務所「コンピュータ」を開設、一階に各社オフィスコンピューター等を展示するショールームを置く。

三菱MULTI16▲1983(昭和58)年 雑誌広告より

●16ビット●日本語●オンライン
三菱パーソナルパソコン
MULTI16

8インチモデル

MP-1622
モノクロディスプレイ、主記録装置192KB
標準フロッピーディスク2台、標準キーボード
93万円(標準価格)

MP-1625
カラーディスプレイ、主記録装置256KB
標準フロッピーディスク2台、標準キーボード
113万円(標準価格)

「デンキヤ」跡に「コンピュータ」が開設された年、三菱から発売されていたパソコンMULTI16シリーズ。パーソナルパソコンとあるが、個人向けではなく、主に業務用に使われた。

8インチ8色カラーディスプレイ・メモリ256KB・8インチ2Dフロッピーディスク×2で113万円。ハードディスクは内蔵されず、オプションで追加できる外付ハードディスクの容量は20MBで、価格は30万円ほど。

同年のMULTI16シリーズで最も安価なMP-1601Sは、5インチモノクロディスプレイ・メモリ128KB・5.25インチ2Dフロッピーディスク×1で53万円。

8インチは小型タブレットサイズ、5インチといえば、小さめのスマホのサイズだ。

デンキヤ
▲2018.09

「コンピュータ」時代にビルの側面に掲示された「三菱コンピュータ」の文字は、西隣にビルが建ったことで隠れてしまったが、ビルの狭間に注目すると、三菱の赤いロゴマーク・スリーダイヤがチラリと顔をのぞかせている。 

デンキヤ
▲2004.02

「コンピュータ」撤退後、2000年初頭、一階にコンビニ「ローソン」が短期間入居。

上掲画像、旧「デンキヤ」ビルの小路を隔てた東隣に見える呉服店、旧「きもの有坂」ビルも2018(平成30)年に解体されて、今は駐車場になっている。


▲家電販売店「デンキヤ」跡

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT