二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

象さんが「木内」でお買い物・昭和27年の春

木内デパート

▲昭和27(1952)年 新聞広告

秋田市広小路の老舗百貨店「木内」(きのうち)が、花見時に出した「さくらまつり」の新聞広告。

品目を見ると「純綿 キャラコ・天竺 特売会」「御徳用 はぎれの市」など、生地類が目につく。

ちょうど婦人の服装の主流が和服から洋服へと移行する時期で、既製服がまだ少なく、品質も良くなかったこの時代、多くの家庭が足踏みミシンを所有していて、とくに婦人・子供服は、主婦によるハンドメードが多かった。

洋裁の内職にも使えるミシンは嫁入り道具としても人気が高く、昭和31(1956)年には全国のミシン普及率が75%に達し、婦人雑誌は毎号、洋服の型紙を掲載、洋裁学校がブームとなる。

当時、秋田でミシンの割賦販売を専門にしていた「緑屋ミシン店」はのちに「緑屋信販」と名を変え、家電・家具なども扱うようになる。そして70年代初頭、経営不振に陥った「やまじんデパート」のビルを買収し秋田駅前に進出、家電・家具に加えて衣料品・スポーツレジャー用品も扱う総合小売店となるが、そのお話しは別の機会に。

広告掲載商品をいくつか抜粋しておく。

新柄ネクタイ1万点即売会

其他のサービス品
ランニングシャツ 100円
純綿敷布 300円
婦人ソックス2足 90円
子供セーター 220円
ビニールハンドバック 300円
本革抱鞄 2,900円
正絹ネクタイ 100円
木内特製石鹸 3カ 50円
純綿割烹着 180円
男物ゆかた地 480円

お菓子の夜間サービス
本日の分
毎夜7時より特別奉仕
◎花林糖100匁 70円
◎松風せんべい 80円
◎甘納豆    80円

松風せんべいとは、表面に白砂糖がまだらにかかった生姜風味の駄菓子のことだろう。

当時の物価の目安をあげると、公務員の初任給7千円、ラーメン一杯が25~30円ほど。

さて、前置きが長くなったが、今回のテーマである「象さんのお買い物」について。

木内デパート

午前中「木内」店頭まで「象さんがお買い物に来ます」とのこと。

折しも千秋公園二ノ丸広場では、観桜会にあわせてサーカス団がテントを張っていて、そのなかの小象が、公演前に中土橋から、まだ交通量の少なかった広小路の車道を通って「木内」店頭まで訪れたという。サーカスの告知と同時に「木内」にも人が集まる一挙両得な宣伝行為であった。

当時はお花見やお祭りにサーカスはつきもので、昭和30年代前後、20団体を超えるサーカス団が存在し、全国津々浦々を巡業していたが、今では小規模な個人経営も含めて約5団体と大幅に減少している。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すずらん通り「音の店」楽器とレコードとオーディオと

音の店フジタ
▲昭和26(1951)年 新聞広告

秋田市大町「赤れんが館」南側、すずらん通り(三丁目小路)に、昭和25(1950)年創業の「音の店フジタ」は、レコードと音響機器、楽器と楽譜など、音楽に関する商品を取り揃えた「音」の専門店であった。

新聞広告にある「録音 10吋(インチ)レコード両面 吹込料共600円」の文面が気になる。

当時のSPレコード(78回転)の収録時間は10インチ(25センチ)盤で片面3~4分ほどだから、一枚につき6~8分の収録が可能。

その録音に使用した機材は、「日本電気音響」(DENON)が昭和24(1949)年に発売した「円盤式 RC-1 型録音機」に違いない。

円盤式録音機

大東亜戦争の終結を天皇陛下が伝えた玉音放送を記録したことで知られる「日本電気音響」の円盤式録音機は、戦争の影響で輸入が途絶えた円盤式録音機に代わって、昭和14(1939)年9月、日本放送協会(NHK)仕様の第1号機が完成。

その業務用録音機を携帯可能に小型化、民生用として発売したのが「円盤式 RC-1 型録音機」。ターンテーブルに乗せた10インチ録音盤を、録音用カートリッジでカッティングする方式で、ポータブル機といっても重量は15kgある。

満を持して発売された同機であったが、国産テープレコーダーの登場により、わずか一年で生産を終了してしまう。

昭和25(1950)年「東京通信工業」のちのソニーが、日本初のテープレコーダー「G型」を発売。おもに官公庁に納入されて、裁判所の法廷記録、警察の調書記録などに使用された。

G型テープレコーダー
▲「G型」テープレコーダー

国産第1号テープレコーダー「G型」の重量45kg、価格16万円。ちなみに公務員の初任給が6千円ほどの時代である。わずか数10グラムで胸ポケットにスッポリと収まり、ステレオ高音質録音が可能な現代のPCMレコーダーとくらべると隔世の感がある。

吹込に失敗すると盤を廃棄するしかない円盤式録音機に対して、磁気テープを使ったテープレコーダーは、長時間録音ができ、消去・再録も簡単な上にテープを切り貼りすることで編集も可能。おまけにコストも低いとあっては、時代後れな円盤式録音機が淘汰されるは時間の問題であった。

音の店フジタ
▲「音の店フジタ」昭和30年代中期

真空管ステレオ電気蓄音機やオルガンが所狭しと陳列された店内の壁に、「山葉ピアノ オルガン 日本楽器特約店」と記されたプレートがある。

「山葉」は当初「日本楽器製造」(現・ヤマハ)のブランド名だったが、のちにそれが社名となった。

当時のピアノは超贅沢品、昭和34(1959)年前後を例に挙げると、山葉ブランドで最も安価なアップライトピアノが26万円。公務員の初任給が1万2千円の時代で、20回分割払いの場合でも、頭金として約10万円が必要だったため、購買層は富裕層や教育機関、公共機関などに限られていたが、 高度経済成長の波に乗って一般家庭へのピアノ・エレクトーンの普及率は、昭和55(1980)年頃まで右肩上がりが続いた。

音の店フジタ
▲昭和41(1966)年 新聞広告

やがて、手狭になった すずらん通り本店から楽器部門を山王通りに移設、その後、仲小路の秋田駅前金座街西側、仙台高裁秋田支部跡地の一角に移転。「本金西武」(現・西武秋田店)が入る「秋田中央ビルディング」の工事が始まる前まで営業していた。

山王通り「音の店」楽器部の所在地は定かではないが、年代を考えると、二丁目小路(現・山王大通り)の拡幅工事にともなう移転だった可能性も。

秋田駅前

▲昭和55(1980)年 新聞広告(部分)全体図は下記関連記事に

仲小路との角地に「金萬食堂」がある金座街が現在のアゴラ広場。青丸で囲った「音の店楽器センター」は、今でいえば「西武秋田店」仲小路側出入口の付近に位置する。

「音の店楽器センター」の西隣に、当時大流行した「インベーダーハウス」がある。テーブル筐体のインベーダーゲーム機を並べ、ピコピコと電子音が流れるなか、サラリーマンや学生がゲームに熱中していた。

1975秋田駅前航空写真
▲昭和50(1975)年撮影 金座街周辺
1975map

音の店フジタ跡
▲すずらん通り「音の店フジタ」跡

レコードを買うのは秋田駅前広小路の「全音」か、同じく広小路の千秋公園入口に近い「河合楽器」と決まっていたが、80年代中頃「音の店フジタ」で何度かLPレコードを取り寄せたことがある。ちょうどレコードからコンパクトディスク(CD)へと移り変わりつつある時代だった。店を閉じたのは21世紀に入ってからだろうか。

大館市字大町にも「音の店」を名乗るレコード店「音の店 いわしや」(昭和40年創業)が存在したが、こちらは平成27(2015)年に閉店している。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

川反(駅前)にストリップ劇場があった時代

▼川反四丁目にストリップ劇場開場
 

ストリップ劇場
↑ 昭和43(1968)年 新聞広告

昭和43(1968)年9月、秋田市川反(かわばた)四丁目、老舗料理屋「かめ清」の北隣「キャバレー都」(ナイトスポット都)二階に、ヌード劇場「秋田ミュージックホール」が開場する。

翌44(1969)年、二階から一階に「秋田ミュージックホール」を移し新装オープン。

ストリップ劇場
↑ 鎌田五十治写真集『川反』’72~’73(1974)より

ストリップ劇場

成人映画と実演のプログラム。出演のストリップ嬢は、ローレン美山、リリー界、ローズ紅。

上掲の広告や看板に「関西ヌード」とあるが、おおまかにいえば、浅草六区を起源とする比較的に健全な関東系ストリップに対して、関西系は猥雑さを特徴としていた。

昭和45(1970)年11月、同劇場において、猥褻なヌードショーを演じたとして、コメディアン、ストリップ嬢、計12人を検挙、3ヶ月の営業停止処分を受ける。

ヌード劇場など営業を停止

‥‥前略‥‥
三カ月の営業停止処分をうけたのは秋田市大町四丁目(通称川反通り)のヌード劇場「秋田ミュージックホール」=同市川尻町●●●●、●●●●経営。さる十一月十日同劇場で観客の前で踊り子、コメディアンを使ってワイセツなヌードショーを演じて十二人が検挙された。営業停止期間は十二月二十三日から来年三月二十二日まで。‥‥後略‥‥
昭和45(1970)年12月25日『秋田魁新報』より

 

▼「秋田ミュージックホール」秋田駅前骨董ストリートに移転

摘発事件から間もなく、劇場を秋田駅前の市民市場裏通りに移転。短期間の営業の後に廃業した。

ストリップ劇場
↑ 新聞折り込みチラシ

ストリップ劇場跡
↑ 秋田駅前「秋田ミュージック劇場」跡 2016.06

右手(西側)角地が「秋田ミュージック劇場」跡。その向こう側右手に、最盛期は5軒ほどの骨董店が軒を連ね、高度経済成長期のはじめに発生した民芸ブームの影響もあって、県内外の客をあつめて繁盛していた。

「秋田ミュージック劇場」が存在した1970年代中期の住宅地図から同地区の骨董店を挙げると、南側から「太閤堂」「恋壺庵」「みちのく」「岩本美術店」「村越三笑堂」。

今は駅東に店を構える骨董店「温故堂」も、初期はこの地で営業したあと、中央通り「三光堂書店」斜向いを経て現在地に移転している。

80年代末の頃から徐々に閉店・移転が相次ぎ、最後まで残った「恋壺庵」が昨年(2016)移転、在りし日の骨董ストリートの面影は消失した。

かつての骨董ストリートを北進すると中央通りにぶつかり、その向こうに「金座街」があったことから、この通りには「南金座街」という通称もある。


↑ 秋田駅前「秋田ミュージック劇場」跡

都野鳥
↑ 川反「キャバレー都・秋田ミュージック劇場」跡「都野鳥」 2017.03

「キャバレー都」については下記リンク先を参照のこと。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

川反に“小人のマーチャン”来る・ゴジラの息子

小人のマーチャン
↑ 昭和33(1958)年 新聞広告

秋田市川反(かわばた)四丁目にあった「キャバレー都」に、昭和33(1958)年 “小人のマーチャン”が一座とともに来演。

特撮マニアには、ゴジラの息子・ミニラの“中の人”として知られる小人の芸人である。

深沢 政雄(ふかざわ まさお、1921年 - 2000年)は、日本俳優スーツアクター。芸名は「小人のマーチャン」、「マーチャン」。

来歴・人物

非常に小柄な体格で、これを生かした役柄が多く、「小人のマーチャン」の芸名で、日劇のショーやタップダンス、芝居、キャバレーや舞台でのコミックショーで活躍した。台湾東南アジアなど、海外興行の経験もある。

映画作品では、1967年に東宝の『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』製作の際にオーディションを受け、円谷英二有川貞昌両特技監督に見出され、当時46歳で「ミニラ」役に抜擢された。以降2作品にもミニラ役で出演している。それ以前にも特撮テレビドラマウルトラQ』(TBS円谷特技プロ)の怪獣「ガラモン」役の候補に挙がったことがあるが、採用はされなかった。

出演作品

映画

テレビ

深沢政雄 - Wikiwand

小人のマーチャン
↑ 「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」撮影風景

特撮監督・円谷英二から演技指導を受けるミニラ役のマーチヤン


↑ 怪獣島の決戦 ゴジラの息子(東宝1967)予告編

“小人のマーチャン”が来演した「キャバレー都」があった場所は、川反四丁目の老舗料理屋「かめ淸」の北隣。

キャバレー都
↑ 昭和34(1959)年 新聞広告

後期は「ナイトスポット都」とも称した同店は、キャバレー廃業後、昭和50年代中頃から、焼き鳥をメインとする居酒屋「野鳥みやこ」(現・都野鳥)に転業する。

都野鳥
↑ 「キャバレー都」跡「都野鳥」 2017.03

昭和40年代「キャバレー都」の二階に、ストリップ小屋がオープンするが、そのお話しは次回のお楽しみ。


↑ 「キャバレー都」跡

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT