FC2ブログ

二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鬼首水道道路を歩く・太平川水管橋と三日月湖

前回記事「 横森「水道道路」を歩く・手形山送水管」のつづき。

「手形山送水管」の役割と「水道道路」の定義については、前回・前々回の記事を参照のこと。

まず国土地理院地図で太平川付近の「手形山送水管」の配置と土地の変遷を。

水道道路

水道道路
▲昭和37(1962)年撮影 送水管敷設予定地

「手形山送水管」埋設以前の横森・広面地区。地下の送水管は水田の中を通る農道を北上し、手形山へと向かう。

水道道路
▲昭和51(1976)年撮影

昭和37(1962)年時点で大きく蛇行していた太平川は改修され、旧河川の残骸が、二つの三日月湖として残る。

蛇行する河川は水害の要因となったため、主に昭和30年代中頃から改修された。同地区の河川改修については別記事で。

水道道路
▲平成21(2009)年撮影

水道道路

「手形山送水管」は、前回記事の、横森「水道道路」の終点(上掲地図・神社記号の北側)を東進、次の交差点を左折して旧農道を北上、両側に「横森市営住宅」見て進むと、太平川の土手に突き当たる。

太平川水管橋

水道局が設置した「ここであそんでは危険です あそばないでください」との看板がある太平川の土手。

太平川水管橋
▲太平川水管橋

地下から姿を現し、太平川を渡る「手形山送水管」。

送水管の上に管理用の通路が附属する橋を「水管橋」という。水道局の作業員以外は通行禁止。

鬼首水道道路

地下に送水管が埋設されている「水道道路」を、水色の破線ラインでマーキング。水色の実線ラインが公道の地下を通る送水管。

鬼首水道道路
▲昭和37(1962)年撮影 送水管敷設予定地

鬼首水道道路
▲昭和51(1976)年撮影

右手に河川改修工事によってできた旧河川の残骸である三日月湖。現在は街区公園となっている。

鬼首水道道路
▲平成21(2009)年撮影

太平川を越え、再び地下に潜った送水管は、秋田市広面鬼頭(ひろおもて おにこうべ)に到る。ここが、かつての水田を斜めに横切る、鬼首「水道道路」(水色破線部分) 。

水田などの一部を水道用地として買収し、地下に送水管を敷設したのが「水道道路」。

鬼首水道道路
▲鬼首「水道道路」

鬼首水道道路・三角公園
▲鬼首「水道道路」三角公園

鬼首「水道道路」に沿って、旧水田を三角形に地割りされた土地・建物が目立ち、中間地点には三角形の空間に造られた「三角公園」がある。

鬼首水道道路
▲鬼首「水道道路」

空き地が目立つ、鬼首「水道道路」の終点。上掲画像右手のアパートの壁面は「水道道路」に沿って階段状に傾斜している。

鬼首水道道路
▲「太平川水管橋」と鬼首「水道道路」

「太平川水管橋」を越えると、南北に整列していた旧水田のグリッドに沿って形成された住宅地を斜めに走る「水道道路」。「水道道路」の建設によって生じた三角形の地割り。

水道道路
▲鬼首「水道道路」と「太平川水管橋」を北から望む

太平川水管橋 横森市営住宅
▲「横森市営住宅」「太平川水管橋」鬼首「水道道路」とを南から望む

水色で塗装された「太平川水管橋」の手前、送水管コースをはさんだ両翼に建つ団地「横森市営住宅」は昭和48(1973)年から昭和53(1978)年にかけての建設。建設当初は近代的設備を誇る公営団地であった。

モダンな団地生活を夢みて、入居申込み日には徹夜組が数100人並び、数日前から待機する野宿組も出現するほどの人気を集めた。

広面の鬼首「水道道路」を抜けると、住所は東通と変わり「手形山送水管」は東通の公道地下を「手形山配水場」へと北上する。

手形山送水管横森水道道
▲手形山送水管 楢山・横森・広面地区

手形山送水管

| 秋田市今昔 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

横森「水道道路」を歩く・手形山送水管

▲「水道道路」とは?

前回記事「金照寺山東部・閉ざされた水道トンネル・一つ森公園」のつづき。

手形山送水管

雄物川を水源とし「仁井田浄水場」で浄化された水道用水は、内径 1,000mm の太い送水管で「手形山配水場」へ送られ、高台の配水池から市街地に延びる配水管を通って各家庭の給水管に給水される。

送水管の大半は旧農道を含めた公道の地下を通っているが、コース上に田畑や山地が存在したため、それら私有地の一部を買収して送水管を埋設した。

一つ森公園・送水トンネル

ピンクでマーキングした金照寺山(一つ森公園)の「送水トンネル」から南側(楢山側)に延びる送水管は公道(旧農道)に沿って埋設されている。

「送水トンネル」を抜けた北側(横森側)は、水田と丘陵の一部を水道用地として買収して送水管を敷設。

今ではすっかり宅地化された横森地区で、生活道路として利用されているこの道も、当初は水田と丘陵を横切って延びる水道専用の道路であった。

地下に太い送水管が通る、以上のような水道専用道路を「水道道路」または「水道道 (すいどうみち)」と呼ぶ。「送水トンネル」もまた「水道道路」の一種。

今回は「手形山送水管」コース上にある「水道道路」のなかでも、最も見どころの多い、横森の「水道道路」を歩く。

まずは、国土地理院地図で横森「水道道路」の概要と地区の変遷を提示。

手形山送水管横森水道道
▲横森「水道道路」

地下に送水管が埋設されている「水道道路」を、水色の破線ラインでマーキング。水色の実線ラインが公道の地下を通る送水管。

手形山送水管横森水道道
▲昭和37(1962)年撮影 送水管敷設予定地

水田と丘陵が広がる、送水管敷設直前の横森地区。「秋田市水道局」による、上水道第4期拡張事業(昭和38年4月〜44年3月)で、この地に送水管を敷設するための「水道道路」が造られた。

手形山送水管横森水道道
▲昭和51(1976)年撮影 宅地化が進む横森地区

手形山送水管横森水道道
▲平成21(2009)年撮影

上掲画像右上の空白地帯は昭和52(1977)年建設の「横森グラウンド」。秋田市の緊急避難場所に指定され、正式名称を「横森地域運動広場」という。あとで説明するように、このグラウンド、かつては小高い山地であった。

▲横森「水道道路」を下流(北)へ歩く

手形山送水管横森水道道
▲横森「水道道路」南端(一つ森公園)から北を望む

手形山送水管横森水道道
▲「送水トンネル」出口付近から横森「水道道路」を望む

「送水トンネル」の出口から北へ一直線に延びる横森「水道道路」。

かつては左手の住宅地まで延びていた「一つ森公園」に連なる丘陵(画像右手)の山裾を切り崩して送水管を埋設した。

手形山送水管横森水道道
▲横森「水道道路」注意看板

横森「水道道路」途上の注意看板。

注 意
この付近には重要水道管が埋設されています。 破損漏水がありましたら下記までご連絡ください。
秋田市上下水道局

手形山送水管横森水道道
▲横森「水道道路」中間地点(丘陵)から南に位置する「送水トンネル」を望む

手形山送水管横森水道道
▲横森「水道道路」

中間地点を過ぎると標高が上がり、やがて丘陵を切り開いた蛭沢(ひるさわ)の切り通しに到る。

手形山送水管横森水道道
▲横森「水道道路」蛭沢の切り通し

手形山送水管横森水道道
▲横森「水道道路」蛭沢の切り通し

切り通し西側(画像左手)の新興住宅地は蛭沢の丘陵を平(なら)して造成。東側の一部(画像右手前)も丘陵を崩して畑地を造成している。

手形山送水管横森水道道
▲色別標高図(現状)

出羽山地に連なる蛭沢の丘陵は早くから畑地・宅地などに開発され、もはや原形をとどめていない。

例えば、上掲「色別標高図」の右上にある平地「横森グラウンド」(横森地域運動広場) も、丘陵を切り崩して造成した場所。山地を崩して出た大量の土砂で水田を埋め立て、市が分譲用の宅地を造成したという。

昭和52(1977)年4月以前の旧地名を秋田市下北手桜字苔良谷地(しもきたて さくら あざ こけらやち)という現「横森グラウンド」の地がまだ丘陵であった昭和28(1953)年、その高台の上に「敬愛学園高校男子部」が開校するも、2年後に校舎を全焼したため「横森橋」近くに校舎を移転。その後、千秋公園前の本校「敬愛学園高校」(女子校) と統合されて男女共学となり「国学館高等学校」と改称されるのだが、その話はまた別記事で。

手形山送水管横森水道道
▲横森「水道道路」切り通しの石柱

蛭沢の切り通しの東側、法面(のりめん)の上に「秋田市水道局」を表す「秋水」と刻された、水道局の所有地を区画する石柱が数本並んでいる。

手形山送水管横森水道道
▲25000分の1地形図 明治45(1912)年惻図

古い地形図を見ると、切り通しの真上に学校を表す「文」の地図記号が見える。

明治33(1900)年、蛭沢の高台に「下北出村立西尋常小学校」開校。その当時の地名は河辺郡下北手桜字蛭沢。

大正12(1923)年、同校は「下北出村立東尋常小学校」と合併「下北手尋常高等小学校」と改称して廃校。今の「下北手小学校」および「下北手中学校」のルーツだ。

切り通しを過ぎると間もなく横森「水道道路」の終点に到る。

手形山送水管横森水道道
▲横森「水道道路」終点

南(画像手前)から北に延びる「水道道路」と、ゆるやかな曲線を描く古道が交差する地点。

かつては水田と谷間を通る、細い小道がつづいていた、明田方面からつながるこの古道を歩いて、江戸後期の紀行家・菅江真澄は、文政5(1822)年の春、上北手大戸の肝煎・松淵家を訪ねた。

菅江真澄が歩いた、往時の丘陵地帯の面影を今に残す、こんもりと緑濃い森は、古くから部落の共同の墓地であった「苔良谷地(こけらやち)共同墓地」。

前出の国土地理院地図では、この付近に神社記号が見えるが、共同墓地の南麓、古道に面して存在した「愛宕神社」は、今(2020年)から18年ほど前に廃社となり、社殿は解体されてしまった。

上掲「横森水道道路終点」の Google マップ画像をよくみると、クリーニング店の赤屋根の上に白抜き文字で「愛宕神社」の名がいまだに残る。しかし、実際に神社があったのは、クリーニング店西隣の空き地。消失した当神社についてはまた別の機会に。

手形山送水管横森水道道
▲横森「水道道路」終点から南を望む

苔良谷地(こけらやち)共同墓地の北麓に「横森三丁目公園」と「横森三丁目公民館」(上掲画像左手) がある。かつては水田であった同公園は「秋田市水道局」の所有地、公園の地下に送水管が埋設されている。

次回は「手形山送水管」コースを北上、横森から太平川を越えて広面へと足を向ける。

手形山送水管横森水道道
▲手形山送水管 楢山・横森・広面地区

| 秋田市今昔 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金照寺山東部・閉ざされた水道トンネル・一つ森公園

▼裏山の閉ざされたトンネル

一つ森公園・送水トンネル
▲送水トンネル 楢山側

僕らが裏山と呼んでいた金照寺山東部、現在の「一つ森公園」の麓に古めかしいトンネルがある。今は封鎖されているが、かつては誰もが自由に通行できるトンネルだった。

一つ森公園・送水トンネル
▲送水トンネル 楢山側

一つ森公園・送水トンネル

銘板を見上げると達筆で「秋田市と水道 送水トンネル」その右下の銘板に、完成年月である「昭和四十年九月」につづき、管理者の氏名が刻まれている。

あとで説明するが、上掲画像の楢山側がトンネル入口、山向うの横森側が出口だ。

一つ森公園・送水トンネル
▲送水トンネル 横森側

一つ森公園・送水トンネル
▲送水トンネル 横森側

横森側出口は下部が堆積した土でふさがれ、まるで遺跡のような風情がある。

一つ森公園・送水トンネル

▼送水トンネル建設の経緯とその役割

一つ森公園・送水トンネル
▲金照寺山 送水トンネル工事 

時代は高度経済成長期にあたる昭和30年代後半。急速な人口増加、工業団地の整備などにともなう水の需要増に対応すべく「秋田市水道局」は上水道第4期拡張事業(昭和38年4月〜44年3月)に着手。

拡張事業の一環として「仁井田浄水場」から、新設される「手形山配水場」への送水を目的に、金照寺山東部の丘陵を貫いて、送水管を通す(埋設する)ためのトンネルが、昭和40(1965)年9月完成する。

雄物川を水源とする「仁井田浄水場」から「手形山配水場」まで、延長 9,460m、内径 1,000mm の送水管を敷設する大工事。送水用の銅管は馬車で、冬は馬そりで運んだ。

水の流れは仁井田から手形山へ向かっているため、楢山側がトンネル入口、横森側が出口となる。

手形山送水管

▼送水トンネルの開放と再閉鎖

開通後は水道局の管理用トンネルとして、常時は施錠されていたが、やがて付近の農家から「トラクターなどの移動に使わせてほしい」との要望が寄せられた。

山向うの田んぼまで農作業に向かうとき、従来の山麓迂回コースと比べ、トンネルを利用すれば大幅な時間短縮となる。

そのような目的ならば特に問題はないだろう、と当局は通行を許可。以降、トンネルは一般に開放され、誰でも自由に往来できるようになった。

裏山(現・一つ森公園)の水道トンネルが開放されたらしい、との噂を耳にして、悪友たちと連れだって探検に出かけたのは中2の頃だったか。

トンネルの両側には当初、一面の田んぼが広がっていて街灯も少なかった。トンネル内に照明装置はなく、夜になると真っ暗闇になる。夏の肝試しには最適な環境で、幽霊に遭遇した、痴漢が出るらしい、などの噂も。

トンネルの闇に隠れてシンナーを吸っていた中学生が補導されたことをきっかけに、近くの学校や保護者が「非行の温床になりかねない」と封鎖を要求。昭和57(1982)年、送水トンネルは再び閉じられることに。

同地区の宅地化も進み、トンネルを便利に使っていた農家が減少したこともあってか、封鎖に反対する声も上がらなかった。

封鎖後の一時期「秋田消防本部」がトンネル内で、煙中救助訓練を定期的に行う。

トンネル封鎖の翌年、昭和58(1983)年3月「一つ森公園」が華々しくオープン。

次回は送水トンネルから北側の、水道道路・水道橋や三日月湖のお話しを。

一つ森公園・送水トンネル
▲昭和37(1962)年撮影 送水トンネル開通前

一つ森公園・送水トンネル
▲昭和51(1976)年撮影 宅地化が進む横森地区(送水トンネル出口側)

一つ森公園・送水トンネル
平成21(2009)年撮影

一つ森公園・送水トンネル

| 秋田市今昔 | 08:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全国現存「ラジオ塔」総覧・秋田の「ラジオ塔」

2019年10月2日付「デイリーポータルZ」の特集は「ラジオ塔」。

「ラジオ塔」の成り立ちと現状、全国に現存する「ラジオ塔」を総覧できる。

千秋公園入口「秋田県記念館」の花園にあった「ラジオ塔」のことは下記関連記事に。

| 秋田市今昔 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「松坂古書店」店主殺人事件と二つの店名の理由

▼さようなら「松坂古書店」

一昨年(2017)11月末日、秋田市で最古の歴史を有する古本屋「松坂古書店」南通り店が静かに店を閉じた。

松坂屋古書店
▲「松坂古書店」南通り店跡 2019.04

松坂古書店・みしま書房
▲平成2(1990)年

平成2(1990)年時点の店舗をあげると、すずらん通り本店・南通り店・手形東通り店・秋田ワシントンホテル(現・イーホテル秋田)2F AD店の4店。80年代には秋田大学の近くに手形山崎店も。

松坂古書店・みしま書房
▲「松坂古書店」すずらん通り本店 2004.03

70年代から足しげく通い、想い出が詰まった すずらん通り本店も、今(2019)から9年ほど前に閉店。

「松坂古書店」と「みしま書房」の看板が掲げられた外観は一見、別々の店のように見えるが、内部はつながっており(初期は別個の店)、とりわけて郷土資料が充実し、価格も良心的。思わぬ掘り出し物に遭遇する確率も高かった。

エロ系も豊富で、80年代のビニ本ブームのときは、ビニールでパッキングされた、きわどいエロ写真集が店舗の中心を大きく占めていた。

図書館でお見かけすることが多かった、古書店主人を絵に描いたように無愛想で学者肌の御主人・三島亮氏が亡くなってから、もう20数年になる。

 

▼古書店「松坂屋」店主殺人事件

松坂屋古書店▲明治38(1905)年 新聞広告

「松坂古書店」のルーツである古書店「松坂屋」は明治後半、秋田市茶町菊ノ丁(現・大町二丁目)に開業。その後、隣町の茶町扇ノ丁(現・大町三丁目)に移転。

昭和33(1958)年12月1日「松坂屋」店主・松坂壮一郎氏が、顔なじみの青年に絞殺される事件が発生。現金と貯金通帳を奪って逃亡した犯人は5日後にスピード逮捕された。

松坂屋古書店

 秋田市のド真ン中で殺人事件
 古本屋絞殺される
 物とりの線で鋭意捜査

一日午前十時ごろ秋田市茶町扇ノ丁、松坂屋古書店経営主の松坂壮一郎さん(六五)が店内のタタキにあおむけになって死んでいるのを出勤した店員が発見、秋田署に届出た。同署ではただちに現場に急行、検視の結果首に麻ヒモのようなもので絞められたあとがあるため他殺と断定、捜査を開始した。

同古書店は秋田市の中央部、市電路線に面したところで店は約十六平方メートルだが、市内でも名のきこえたしにせ。

 ‥‥後略‥‥

昭和33(1958)年12月1日付『秋田魁新報』

一方、のちに「松坂屋」店主となる三島亮氏(本名・三島亮吉 1921-1996)は、母校の秋田工業高校で教師をしていた昭和24(1949)年、GHQによるレッドパージ(赤狩り)により教職を追われ、やむなく古本屋に転身。

古本屋を始めるにあたり、三島氏が弟子入りしたのが「松坂屋」店主・松坂壮一郎氏。当初は「松坂屋」の書棚の一角に自身の蔵書を置かせて貰っていた。それから数年後「松坂屋」の隣町、茶町菊ノ丁に古書店「みしま書房」を独立開業する。

みしま書房
▲昭和34(1959)年

殺人事件後、遺族の意向を受け、師弟関係にあたり、故人と親交の深かった三島氏が松坂氏の跡を継ぎ「松坂屋」の経営者に納まることとなるが、氏は店名を変更することなく、歴史ある古書店の名を後世に残すことを決意。この時点で自身が創業した「みしま書房」と、跡を継いだ「松坂屋」の両店を経営することに。

のちに店名を「松坂屋」から「屋」を外して「松坂古書店」と改め「みしま書房」の名は主に出版社名として使われるようになる。

松坂屋古書店
▲「松坂屋」が入居していた雑居ビル

事件当時「松坂屋」が入っていた茶町扇ノ丁(現・大町三丁目)の建物は、県庁前通り(現・山王大通り)沿い、お茶の「繁田園」と「三和銀行」秋田支店(現・ミタビル)にはさまれた二階建て雑居ビル。他にふとん店と薬局が入居。

ビルの東端(上掲画像左端)、間口4.2メートル・奥行5.5メートルの小さな店舗にもかかわらず、公務員の初任給(基本給)が1万円ほどの事件当時、1日の売上げが2〜3万円に上ることもあったというほど、古本が飛ぶように売れた時代で、そのあたりの状況を知った上での犯行だった。

松坂屋古書店跡
▲「松坂屋」が入居した雑居ビル跡 2018.08

雑居ビルが解体された跡地の西側に「山一証券秋田支店」が新築移転。同社倒産後解体され、現在(2019)同地に「大和リビング」秋田営業所がある。

松坂屋古書店▲昭和33(1958)年 松坂壮一郎氏経営時代

松坂屋古書店
▲昭和32(1957)年 松坂壮一郎氏経営時代

松坂壮一郎氏は古典芸能に明るく、古書においてもそれを得意分野としていた。

▼店舗火災・市立図書館「三島文庫」出版社「みしま書房」

事件から数年後、入居する雑居ビルの解体を前にして、茶町から すずらん通りの突き当たり、洋画専門館「秋田ピカデリー劇場」前に移転。銭湯「松の湯」跡に建てられた木造二階建て雑居ビルに、当初は魚屋、薬局、古本屋が入居。

昭和58(1983)年11月26日「松坂古書店」に隣接する薬局の二階から出火、ビル二階部分を焼失。

一階店舗の書籍に加え、貴重な古文書・郷土資料など、三島氏の蔵書を含む約6千冊が消火活動により水浸しになり、一部を残してやむなく廃棄される。

永い年月をかけて収集した資料を一瞬にして失った三島氏の落胆ぶりは本当に気の毒だった。

火災をさかのぼる、同年10月3日「秋田市立中央図書館 明徳館」オープン。その開館を前にして、三島氏は蔵書から郷土資料を中心とした 4,445点を寄贈、「三島文庫」と命名される。

偶然にしては出来すぎた、絶妙なタイミングで行われた寄贈により、資料の多くが火災をまぬがれたことは不幸中の幸いであった。

「三島文庫」寄贈と火災の前年、昭和57(1982)年「秋田市文化団体連盟章」受章。

文化団体連盟章

‥‥前略‥‥

〔学芸〕三島亮さん(60歳)
郷土史関係を中心にした数々の貴重な本を出版するとともに、川柳選者としても、川柳愛好者の指導、育成に努めました。

『広報あきた』No.874- 1982-02-10 - より

川柳関連の肩書は、現代川柳作家連盟会員、川柳あすなろ会顧問、川柳研究いかり主宰、川柳波紋社主宰など。

昭和42(1967)年5月に出版した『八郎潟近世漁業史料』(半田市太郎/編) を手始めに「みしま書房」名義で始めた出版事業は、昭和50年代をピークに平成4(1992)年まで続いた。

「秋田県立図書館」で「みしま書房」を検索すると該当件数は91件に及ぶが、一部に類似名出版社の書籍が混入している模様。

松坂古書店・みしま書房
▲「松坂古書店」すずらん通り本店 2004.03

すずらん通り
▲「松坂古書店」すずらん通り本店跡 2019.05

すずらん通りの突き当たり、洋画専門館「秋田ピカデリー劇場」跡地の一角に、最近「セブン-イレブン」がオープンした。

松坂古書店
▲在りし日の「松坂古書店」南通り店 2017.07

最後に残った南通り店のオープンは昭和57(1982)年頃。建物はもともと、かつて斜め向かいにあった家電・家具月賦販売「緑屋信販」の別館「緑屋住宅設備」として建てられたもので、数年前まで二階に社交ダンスのスタジオが入っていた。

| 秋田市今昔 | 08:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT