FC2ブログ

二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

何と読む?「難読看板」川反五丁目小路

川反五丁目小路
▲2019.04 川反五丁目小路

川反五丁目小路

秋田市大町五丁目の「川反五丁目小路」に残る、廃業して久しいスナックの看板。はたして何と読むのでしょう?その答えは後半で。

このスナックの存在を知らない人には、まず読めない。視認性を重視する看板としては失格だが、仲間内にだけ通じる暗号性・記号性という点において、街角にはびこるグラフィティ(落書き)に通じるものがあり、ラフでスピード感があるタッチも、その系統の匂いがする。

川反五丁目小路
▲2005.02 川反五丁目小路

 入口にアーチがあった時代の「五丁目小路」。

川反五丁目小路
▲2004.09 川反五丁目小路

今はもう無いアーチをくぐって進むと右手にみえるスナック「銀座四丁目」が、さきほどの難読看板の店。ご覧のようにその初期は普通に読める看板だった。

今も残る難読看板のほうは、ひらがなで「ぎんざよんちょうめ」と記されているようだ。

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪の足跡・野良猫の出入口

野良猫の出入口

秋田市川反の飲食店の床下に通じる通気口は野良猫占用の出入口

人家や神社仏閣の縁の下は野良猫にとって寒さをしのぐ住み処となるが、最近はたやすく縁の下に進入できる建物が少なくなった

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旧「後藤商店」に「モグネズ」間もなくオープン

mogunezu_モグネズ
▲2019.12

川のない橋・牛島橋たもと「秋田牛島郵便局」向かいのレトロ建築、旧「後藤商店」(後藤書店) に、2019年12月21日(土)、 varietystore「mogunezu」(モグネズ) オープン予定。

「石田珈琲店」喫茶「キトキト」を立ち上げた店主が経営する、焼き菓子と雑貨の店で、取扱商品などは文末の関連リンク先に。

思い入れのある、なつかしい建物に数十年ぶりに明かりが灯った。

mogunezu_モグネズ

mogunezu_モグネズ

牛島橋通り・悟道商店
▲牛島橋跡と改装前の後藤商店 2015.10


▲モグネズ・旧「後藤商店」

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

消えた「住友生命秋田ビル」のシンボルツリー

山二ビル(旧・住友生命秋田ビル)
▲2009.03

二階建て建築の片側にビルを載せたような、下駄履き・逆L字形の外観がユニークな、秋田市中通二丁目、中央通り沿いの「住友生命秋田ビル」。

ビル前面の手入れが行き届いたケヤキ並木は、建設時にランドスケープ(人工物と自然の調和・景観)デザインに基づいて植栽されたもの。

山二ビル(旧・住友生命秋田ビル)
▲2012.05

 山二ビル(旧・住友生命秋田ビル)
▲2010.11

企業空間と公共空間が交わる間(あわい)にあって、四季折々に彩りを変えるケヤキ並木はビルに調和し、街並に潤いをもたらす。

1983(昭和58)年、当ビルが「昭和57年度 市民が選ぶ都市景観賞」を受賞。

ちなみに「住友生命秋田ビル」の斜め向かいにかつて存在した「マルシメ鎌田」経営の、秋田杉を豊富に使った「杉のやビル」も、同年度の都市景観賞を受賞している。

山二ビル(旧・住友生命秋田ビル)
▲2010.12 

山二ビル(旧・住友生命秋田ビル)
▲2013.09

2013(平成25)年の初秋「住友生命秋田ビル」のケヤキ並木が消えた。

伐採されてから間もなく、テナントサイン(案内板)のビル名が「山二ビル」に変更され、同年10月「山二」本社が秋田駅前から同ビル10階に移転。屋上壁面の箱看板も「住友生命」から「Yamani」に置き換えられた。

1・2階の「住友生命秋田支社」および上階の同社支部は改称前と変わらずに入居。

ビルのオーナーが変わったのを機に、維持管理費がかさむケヤキを伐採したのだろうか。いずれにしろ、約35年間維持されてきたランドスケープ・デザインが台無しになってしまった。

中央通りの街路樹であるイチョウがここだけ途切れていることもあって、ケヤキが消えた街並に、もの寂しさを感じる。

山二ビル(旧・住友生命秋田ビル)
▲2019.09

次回は「住友生命秋田ビル」が逆L字形に設計された理由と、その1・2階にかつてあった、オシャレなショッピングゾーンのことを。

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT