二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

血まみれの交通安全標語看板

交通安全標語看板
▲秋田市旭南にて 2018.11

あ、あぶない
とび出しは事故のもと!

旭南小・PTA

経年の錆が、まるでしたたる血のような、昭和の交通安全標語看板

ヘタウマな女児のイラストも良き

交通安全標語看板

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

塩害で色褪せる千秋公園の紅葉 2018

2018年10月上旬に日本海を北上した台風25号と、その後の温帯低気圧による強風により、塩分を含んだ風が吹き撒かれたため、沿岸部では木々の葉が痛み、紅葉を前にして落葉する現象がみられたが、千秋公園のモミジも塩害の影響を受けて茶色く色褪せ、例年と比べると随分とみすぼらしい。

例年との色づきの比較をいくつか。

千秋公園の紅葉・塩害
▲2018.11 初旬

千秋公園の紅葉
▲2015.11 初旬

千秋公園の紅葉・塩害
▲2018.11 初旬

千秋公園の紅葉
▲2012.11 初旬

千秋公園の紅葉・塩害
▲2018.11 初旬 ヤマモミジの園芸品種

なかでもヤマモミジの園芸品種である枝垂(しだ)れ系のモミジは、原種よりも葉が薄くてデリケートなため影響を受けやすい。

千秋公園の紅葉
▲2012.11 初旬  ヤマモミジの園芸品種

千秋公園の紅葉
▲2012.11 初旬 ヤマモミジの園芸品種

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シラサギに蓮刈りの舟

千秋公園・大手門堀のシラサギ
2018.10

シラサギ(ダイサギ)千秋公園 大手門堀

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビル屋上のビッグベビーは北方を指差す

秋田市・赤ちゃんビル

かつての映画館街・有楽町通りを南進、下新橋交差点を楢山表町方向に左折してすぐ、楢山登町に建つビル屋上に、デカい赤ん坊が鎮座している。

秋田市・赤ちゃんビル

ビルの角で足を投げ出し、北方を指差して座る姿が、ずいぶんと危なっかしい。

ビル名は「赤ちゃんビルディング」。

当方が始めて赤ん坊を確認したのが 2017年3月。以前は白い外装だったが、ビルのオーナーが変わったのか、現在の暗灰色に塗り替えたとき、シンボルとして赤ん坊を設置し、名称を「赤ちゃんビルディング」と変えたのだろう。

2018年8月時点、テナントとして「青い鳥のレストラン」洋風居酒屋「クリスタル・ガーデン」毛筆パフォーマー佐藤佳奈さんの「毛筆デザインオフィス フデサイン 」が入居。

ビル右隣の空き地は「伊藤畳店」跡地。ビル後方(南隣)にあった長野不動産の「ながのスカイプラザ」は廃業して今は更地。

ビルの西側角地にあるガソリンスタンドの六割ほどを占めて建っていた「秋田キャピタルホテル」は、倒産後に廃墟となるが、その話はまたいつか。

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT