二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雁々渡れ鍵になって渡れ

雁の渡り

秋も中旬の高い空に真雁の群がV字型の編隊を組んで、どこか憂えをおびた鳴き声とともに姿を見せると、子どもらは空を見上げて「雁々渡れ」と声を張り上げた。

雁々渡れ
大きな雁はさきに
小さな雁はあとに
仲よく渡れ

上掲の楽曲は明治時代に『小学唱歌』に採用されたもの。

小学唱歌・雁
↑ 伊沢修二 編『小学唱歌』第一巻(明治25年)より

文部官僚で近代日本における音楽教育の第一人者・伊沢修二が、古来のわらべ歌を改作し学校教育用の唱歌とした。道理できれいにまとまりすぎて、自然発生的に生まれたわらべ歌の野趣が感じられないわけだ。

左下の欄には以下のような注意書きがある。

(注意)雁ノ事ニ就キ、種々ノ問答ヲナシ、雁ハ、空ヲ翔ケル時モ、列ヲ正クシテ、亂レズ、ヨク長幼ノ序ヲ過ラヌモノト云フコトニ説キ及ボシ、兄姉ハ、弟妹ヲ愛シ、弟妹ハ、兄姉ヲ敬シ、互ニ睦シクスベク、又學校友ダチノ中ニテモ、長幼愛敬ノ道ヲ盡スベキコトヲ諭シ、此唱歌ヲ教フベシ。
教育ニ関スル勅語ニモ、「兄弟ニ友ニ」トアリ。友愛ノ、忽ニス可ラザルコトヲ知ルベシ。

伊沢修二 編『小学唱歌』第一巻(明治25年)より

『小学唱歌』では、雁々(かり かり)と訓読で唄っているが、雁々(がん がん)と唄う地方もあり、秋田では後者であった。

雁を題材にした同類のわらべ歌の一節を挙げると

竿になってわたれ 鍵になって渡れ

がん がん 棹になれ 鍵になれ

がん がん はしごに なあれ

雁々弥三郎 帯になって見せろ 襷になって見せろ(常陸)

への字になれ くの字になれ

このように雁の群がつくる隊列の面白さを表現したものが多い。

「竿・棹」は直線「鍵」は土蔵の扉などに使われるL字型の「和鍵」のこと。「帯」も直線「襷」は「たすき掛け」つまり「斜め十文字」の形。

秋田県内では次ぎのように唄われていた。

雁々(がんがん)
棹なれ 鍵なれ 奥山越えれ(仙北郡)

がんがん
棹なれ 鍵なれ(全県)

雁(がん)雁 小雁
先(さあき)の女郎 中(なあか)の姫御
後の屁ぴり雁 追(ぼ)出せ追(ぼ)出せ
鍵になれ竿になれ なあれ なあれ(由利郡)

雁雁(がんがん)
先(さきい)は女郎 中子は船子
あとになった屁すり雁
竿なれ鍵なれ
がちゃもちゃ なあれ(鹿角郡)

『東北の童謡』(日本放送出版協会 昭12年)より

鹿角の「がちゃもちゃ なあれ」は「めちゃくちゃになれ」という意味。「竿なれ鍵なれ」と唄いながらも、最後は「配列を乱してめちゃくちゃになってしまえ」と締めているのが面白い。

由利と鹿角はどちらも「女郎」を序列の先頭に置くが「女郎」を辞書で引くと

じょう‐ろ【女郎】
(1)若い女。また広く、女性をいう。浮世風呂(2)「―のお子はとかく爺親(てておや)の可愛がるものさ」
(2)遊女。世間胸算用(2)「―ぐるひ」

じょ‐ろう【女郎】
(1)身分のある女性。好色一代男(4)「さる御所方の御―様達」
(2)若い女。また、広く女性をいう。「京―」
(3)傾城(けいせい)。遊女。

め‐ろう【女郎】
(野郎(やろう)からの類推で作られた語)
(1)女の子。少女。雑談集(3)「女房の―具して西へ行きしを」
(2)女を卑しめていう語。浄瑠璃、心中天の網島「―、下にけつからう」
広辞苑 第六版 (C)2008 株式会社岩波書店

とさまざまな意味がある。

由利に「中(なあか)の姫御」とあるので、「身分のある女性。好色一代男(4)「さる御所方の御―様達」とも解釈できるが、わらべ歌は語呂合せなどの無意味な言葉遊びも多いので、歌詞を考察すること自体がナンセンスだったりする。

自分たちが子どもの頃に唄っていたのは

雁々(がんがん)渡れ
棹なって渡れ
鍵なって渡れ

というような、古いわらべ歌と明治の唱歌がまざった歌詞だったと記憶している。

| 散歩写真・路上観察 | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朽ちる青壁・室外機のある風景01

レトロ室外機
▲2003.03 川反 消失物件

秋田市川反、今はなき「祇園街」にて

60年代末から70年代にかけて設置されたと思われるクーラー用室外機。樹脂製波板の雨除けがある。

当時はまだ冷房機能だけのルームクーラーで、家庭への普及率はまだ2~5%ほど。暑い日はクーラーのある喫茶店が繁盛した。

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花に酔う太平川桜並木 2017

浩宮生誕記念植樹・太平川沿い桜並木
秋田市太平川[百石橋・愛宕下橋・太平川橋]周辺

秋田市太平川桜並木

秋田市太平川桜並木

秋田市太平川桜並木

秋田市太平川桜並木

秋田市太平川桜並木

秋田市太平川桜並木

秋田市太平川桜並木

秋田市太平川桜並木

秋田市太平川桜並木

秋田市太平川桜並木

秋田市太平川桜並木

秋田市太平川桜並木

秋田市太平川桜並木

秋田市太平川桜並木

秋田市太平川桜並木

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宴の跡・電気メーターのある光景03

祇園街
秋田市大町五丁目 2000.05

解体前の「祇園街」にて
川反五丁目に存在した「祇園街」については近日中に投稿予定

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT