二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

昭和レトロに逢いに行く・エリアなかいち界隈散歩

雲ひとつなく晴れあがった土曜日、「エリアなかいち」でのイベントをのぞきながら、千秋公園界隈に遅い朝の散歩。

バックトゥザセンター「ファイナルイベント」~昔懐かしい!がなかいちに集結!~
2012年09月08日(土)
場所・エリアなかいち にぎわい広場・にぎわい交流館・千秋公園穴門堀
主催・秋田商工会議所 ABS秋田放送 秋田まちづくり株式会社

イベント内容チラシ(PDF書類直リン)↓
H24.9.8 「バック トゥ ザ センター!」 ~昔懐かしい!がなかいちに集結!~





貸しボー屋を兼ねていた、秋田水族館(押切商店)のボート乗り場跡に近い、穴門堀ポケットパーク(木内向かいに2012年春オープン)を乗り場に、一日限りの貸ボート復活。一人100円。

関連記事
二〇世紀ひみつ基地 お堀から消えた貸ボート
二〇世紀ひみつ基地 28年ぶりに貸ボートが復活・千秋公園


穴門堀、本日のアオコ発生状況




ポニー馬車・横手市大森町「ポニーランド仁真園」より参加

関連リンク
ポニーランド仁真園






ダイハツ・ミゼットDK型「西仙オールドカークラブ」出品





昭和32年(1957)発売の商用三輪自動車「ミゼット」シリーズ初期型。

乗車定員1名、250ccエンジン、バーハンドル、ドア無し。運転席と荷台には下記画像のように幌が張られていた。キャッチフレーズは「街のヘリコプター」。後継機は丸ハンドル、二人乗りとなり、ドアと屋根が完備する。




ダイハツ「ミゼット」生コマーシャル

ダイハツ工業が一社提供していた、ABC放送のコメディドラマ「やりくりアパート」内での生コマーシャル。商品名を連呼するのは、ドラマ主役の大村崑と佐々十郎。


駄菓子屋コーナー・展示品はNPO法人「油谷これくしょん」提供(以下同様)

アイスクリーム用魔法瓶とパチンコ式ゲーム機。

関連記事
二〇世紀ひみつ基地 アイスクリーム魔法瓶のある風景


パチンコ式ゲーム機(京極製)







ごく最近の製品の中に戦前のパッケージがまざるなど統一感に欠けた展示。








貼りまぜ屏風・NPO法人「油谷これくしょん」提供

秋田市内の商店の包装紙・チラシ・ラベルなどの複製を貼りまぜた屏風から、百貨店(デパート)時代の「木内」包装紙をピックアップ。



クリスマスシーズンに使われた包装紙。こんな包装紙に包まれたクリスマスプレゼントを、当時の子どもたちは、胸をときめかせながら開封したのだろう。木内で買ったクリスマスプレゼントを貰える子どもなんて、そんなに多くはなかった。



左手になじみ深い現役の包装紙。その右手も木内のクリスマスバージョンで、雪を白抜きにしたデザインがオシャレ。クリスマスシーズンは毎年違うデザインで造っていたのだと思う。



そうそう、木内にはこんな包装紙もあった。現役のペイズリーっぽい包装紙からリニューアルしたものの、不評で元に戻したものか、用途によって使い分けたものか不明だが、いずれの包装紙も昭和の百貨店的デザインが秀逸。

11月のバーゲンセール「誓文払い」のチラシは、建物のイラストと「駅前店」の記述からみて、昭和20年代後期の物件だろう。
せいもん ばらい【誓文払い】
近世、陰暦10月20日に京都で商人・遊女などが四条京極の官者殿(冠者殿)に参詣し、日ごろ商売上の駆引きに嘘をついた罪を祓い、神罰の放免を請う行事。今でもこの日の前後、京阪の商店は特に安値の売出しをする。
広辞苑 第六版 (C)2008  株式会社岩波書店

関連記事
「木内」二〇世紀ひみつ基地内検索

「油谷これくしょん」について

「油谷これくしょん」とは、湯沢市秋ノ宮の油谷満夫氏が10代後半から約50年間にわたって収集した、本人でさえ全体を把握できないほど膨大な、日本屈指の個人コレクション。

収集範囲は古文書、民具、家電、生活雑貨、紙モノ(印刷物)、看板、玩具、駄菓子屋商品など、希少価値の高いモノからガラクタまで、きわめて広範囲にわたる。

観賞のための美術品というよりは、庶民の生活と共にあって、その多くが廃棄されたモノたち。明治・大正・昭和とつづく近代秋田の庶民生活史を語る上での貴重な資料となり得るモノが多くを占める。

コレクションの一部、約50万点を同氏が経営する「秋乃宮博物館」で展示していたが、諸事情により2010年11月閉館。

2012年、秋田市に関連するコレクションを中心に、約20万点を秋田市に寄贈することを申し入れ受諾される。

NPO法人「油谷これくしょん」を立ち上げ、市内の廃校になった学校にコレクションを搬入、整理分類にあたるというが、なにしろ膨大な点数だけに、作業が終了するまでには相当な期間が必要と思われ、分類後の展示場所など、具体的な活用方法もまだ決まっていない。


ババヘラのいる風景・秋田県民会館前






弥高神社・リムジン送迎車






中土橋よりエリアなかいち

「エリアなかいち」中央通り側の住宅棟も竣工間近。





_________

関連記事

「エリアなかいち」二〇世紀ひみつ基地内検索

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田銘菓?「金萬」製造ロボットを見学しよう!


◆福岡の鉄工所からすべてが始まった




以前に書いたように、秋田で「金萬」の商品名で知られる小さな焼きまんじゅうは、さまざまに名を変えて全国各地に分布している。その代表的ネーミングが「都(みやこ)まんじゅう」。

秋田銘菓「金萬」の歴史をたどると、東京の「都まんじゅう」を経由して、その自動製菓機とレシピを考案した福岡の城野(きの)鉄工所に行きつく。この小さな鉄工所からすべてが始まった。
都まんじゅう(みやこまんじゅう)とは、白あん等をカステラ風の生地で包んだ焼き饅頭。

日本中に次のような共通点を持つ異名同種の饅頭が存在する。

●機械による自動製造
●形は小型の今川焼(直径5cm、厚さ1.5cmほど)
●表面に図柄等の焼印

元々は製造機械のメーカーでもある福岡県の城野鉄工所が、昭和10年代に地元で菓子店を出店した後、東京に進出したことから「都まんじゅう」と名付けられ、製造機械の販売に伴い日本中に広まった。現在は愛知県の森川フードマシン株式会社が製造機械を販売している。
Wikipedia(最終更新 2011年4月3日)より
自社開発のキノ式自動製菓機を使った菓子店を開業した城野鉄工所は、店頭で実演販売を見せることで、まんじゅうを販売しつつ、同業者候補へのデモンストレーションを展開、一石二鳥に「都まんじゅう」系を全国に広めていった。


◆僕らは“まんじゅう製造ロボット”に釘付けになった

YouTube に投稿されている各地の「都まんじゅう」系・自動製菓機の動画をプレイリスト化してみた。






京都市新京極・ロンドンヤ「ロンドン焼」By scchiang


◆金座街に「金萬」誕生・実演販売もヒットの要因

「都まんじゅう」が全国に広がりはじめたのは戦後復興期の頃。昭和28年「金萬」創業者・大内正見氏は東京で繁盛する「都まんじゅう」店に刺激されて、秋田駅前・金座街で「金万」を売り出す。


昭和30年 新聞広告

黄金色の“金座街まんじゅう”略して「金万」のネーミングは、ほどなく「金萬」表記に変わる。広告に「登録銘菓」とあるからこのとき商標を登録したのだろう。

当時、大内氏が秋田駅前で経営していた飲食店は、金座街の食堂・喫茶「金萬」のほかに食堂「正味」(銀座街)、生蕎麦「大内」(平和通り)の三店。

リズミカルな金属音を響かせ、甘い香りをただよわせながら、次々とまんじゅうが焼きあがるようすを、ガラス越しに見せる実演商法が大当たり。秋田駅前・金座街の名物として定着した「金萬」はやがて秋田土産の定番となり、その名声を不動のものとする。

ちなみに「金萬」が「秋田名菓」を名乗るのは、創業者である大内正見氏が亡くなった昭和55年以降。

「金萬本舗」では現在、駅東の工場で集中生産したものを各売店に配達しているが、「都まんじゅう」系は、同時代に全国に普及した「大判焼き」と同様に、店頭での実演販売が本来の姿なのだ。


金萬CM(邪魔なコメントを消すには右端のフキダシをクリック)


金萬CM三種

下記関連リンクに各地の「都まんじゅう」系の記事を集めた。百貨店の一画で実演販売をする店舗が想像以上に多い。廃業した店もあれば、なつかしの味を復活させて好評を博した例も。一個30円という庶民的価格の店もあり、その色合い・風合いもさまざまだが、見た目の良さとネーミングに関していえば「金萬」が上位に入るのではないだろうか。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 金萬は秋田名物ではなかった!?
二〇世紀ひみつ基地 金萬は浅草から…
二〇世紀ひみつ基地 金萬のルーツはどこに
二〇世紀ひみつ基地 「金萬」から「銀萬」新発売!
二〇世紀ひみつ基地 「金萬」からアイスクリーム新発売!

二〇世紀ひみつ基地 秋田駅前「金座街」晩期
二〇世紀ひみつ基地 銀座街・消えた駅前小路
二〇世紀ひみつ基地 平和通り・消えた駅前小路

関連リンク

都まんじゅう - Wikipedia
金生饅頭 - Wikipedia
とうまん - Wikipedia

◆各地の「都まんじゅう」系

都まん本舗「高知の銘菓 “都まん” 」

浅草 中村屋・都まんじゅう

上野の「都まんじゅう」:わたしのあしあと

都まんじゅう 真砂町 - 新清水/和菓子 [食べログ]

【お土産】つるや製菓の「都まんじゅう」(八王子)

都まんじゅう|湘南ひらつか名産品選定委員会推奨品

とうまん 冨士屋アピア店 - 札幌/和菓子 [食べログ]
とうまん冨士屋 丸井今井B1店 - 大通/スイーツ(その他) [食べログ]

菊川商店 箱根まんじゅうカステラ焼き/和菓子 [食べログ]

カステラ饅頭の秋芳堂 浜松市
カステラ饅頭再び - ねこじゃらし・Kの懐かし処

京都 ロンドンヤ《ロンドン焼10個525円》

昔ながらの変わらぬ味。デパ地下名物・いづつや饅頭 | 北九州市井筒屋百貨店
たろちゃん饅頭!!・飯塚井筒屋
ほんまち饅頭 - 飯塚井筒屋サロン

大丸饅頭 大丸梅田店 - 北新地/和菓子 [食べログ]
大丸饅頭・大丸焼きの謎

【愛知】懐かしのまんじゅう復活「かぶき家」が旧豊橋西武の名物再現

そごう饅頭:千葉そごうデパート

復刻!! 回転玉屋まんじゅうオープン!!:老舗百貨店「玉屋」

「いちょう小町饅頭! くまもと県民百貨店にて。」

千両饅頭 - 熊本・鶴屋百貨店 [食べログ]

| 食材・食文化 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

末廣カップラーメンに吾作ラーメンを想う


10.10.27

数日前、サンクスに入ったら、入口に面したいちばん目立つ特設コーナーと、高級カップ麺の棚が赤と黄の「末廣ラーメン」カラーで埋めつくされていた。話題性を期待できる商品だけあって、サークルKサンクスの力の入れようがうかがえるディスプレーぶりである。


秋田駅前店


とかち麺工房「末廣ラーメン本舗」店主監修

食した感想は、この手の再現商品にありがちなことだが、ある程度オリジナルの味を再現しているものの、店舗で味わう満足感には遠くおよばず、もう一度食べたくなるほどのリピート性に乏しい。

再現ラーメンをコンビニ向けに製造している「とかち麺工房」による、独自製法の氷結乾燥ノンフライ麺は好みの分かれるところで、300円弱も出せばもっとおいしいカップ麺がざらにあるのだから、最初は話題性でそこそこ売れるだろうが、価格を下げて在庫処分されるのも時間の問題かもしれない。

今度は末廣の「黒い焼飯」を再現したらどうだろう。あれはラーメン以上にやみつきになる味だ。

京都の老舗ラーメン店のノーハウを買い、秋田向けにより濃厚な味付けにしたという「末廣ラーメン本舗」の味を再現した、ポーク味のしょっぱい醤油スープを味わっていたら不意に「吾作ラーメン」のことを思い出した。

濃厚な醤油味のスープにチャーシュが乗って、元祖秋田ラーメンともいわれた能代発祥「吾作ラーメン」。新国道の東北電力に近い山王店はかつて食事時には行列ができる人気店で、最盛期には北隣に「SL寿司・吾作」を開業。模型の蒸気機関車で注文した寿司が運ばれてくるユニークな寿司屋も、ラーメンと同様に家族連れの客で繁盛していた。店舗を改装し食券式にした頃から味が落ちて急激に客足が遠のき、競合店が増加した今ではその影も薄くなってしまった。


70年代初頭に流れていたなつかしの TVCM「ラーメンじいさん今日も行く 吾作ラーメン大繁盛」

下記にリンクしたオフィシャルサイトで歴代の CM を見ることができるが、なかでもこのアニメ CM が印象深い。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 ヒロポン・羊羹ぱん・末廣ラーメン

関連リンク

末廣ラーメン本舗 【昭和十三年屋台の味】

吾作ラーメン

| 食材・食文化 | 21:00 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小さな瞳 夢みるチョコレート・追悼しばたはつみ

先月の末(10.03.27)実力派歌手・しばたはつみ が57歳で急逝した。   昭和27年(1952)に生まれ、米軍キャンプの将校クラブで唄い始めたのが9歳、CMソング関しては15歳頃からだという。その後、昭和のテレビジョンで数多くのCMソングを唄った。

NHK紅白歌合戦(昭和52年)に出場を果たした代表作「マイ・ラグジュアリー・ナイト」は東洋工業のロータリーエンジン搭載車・マツダコスモのCMソング。そのシングルレコードのジャケットにもコスモが写っている。


マイ・ラグジュアリー・ナイト/しばたはつみ

しばたはつみ が歌唱を担当したCMのなかで最もインパクトがあったのがこれ。


OH! モーレツ(1969 丸善石油)
出演・小川ローザ、歌・ はつみかんな&ハニー・ナイツ(しばたはつみ)

はつみかんな は しばたはつみ の初期の芸名。小川ローザのパンチラ姿が話題を呼んだ、お色気CMのさきがけとなった映像に、まだ17歳かそこらの少女とは思えぬ、しばたのパンチの効いた歌声がさらなるインパクトを添える、猛烈な右肩上がりの時代を象徴するCMだ。

ロッテチョコレートのCMソング「小さな瞳」は、誰でも一度は耳にしたことがあるだろう。


しばたはつみ 「小さな瞳」

1960年代を中心に歌謡界で活躍した浜口庫之助(ハマクラ)が作詞作曲した、胸キュンなCMソングの名曲。音源は非売品のプロモート盤シングルで、B面にはオリジナルとはおもむきを異にした、ファンキーな英語版も収録されている。


my sweet little eyes (「小さな瞳」英語版) しばたはつみ


ロッテガーナチョコレート 1970年 歌・相沢政子

こちらが相沢政子が歌う初期のCM、出演は九重祐三子と関口宏。この他にビリー・バンバン、最近では田島貴男(オリジナル・ラヴ)やキリンジがCMで同曲を唄っているが、なかでも しばたはつみ のセンチメンタルな歌唱がこの曲によくマッチしている。

メロディだけが流されることも多く、断続的ではあるが、これほど長いあいだ世代を超えて愛されたCMソングも珍しい。

時代を1960年代までさかのぼると、「小さな瞳」と同じメロディーの「瞳の世界」という曲がある。


パープル・シャドウズ 瞳の世界 1968

「小さなスナック」でデビューしたパープル・シャドウズのサードシングル「さみしがりや」のB面に収録された「小さな瞳」の元歌で、目薬のCMソングとして使われたという。

_________

関連リンク

歌手のしばたはつみさん死去 「OH!モーレツ」「レナウン娘」 - MSN産経ニュース

湯船で翌朝発見…しばたはつみさんが急死(芸能) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース

■♪しばたはつみ♪■ オフィシャルページ

YouTube - しばたはつみ

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT