FC2ブログ

二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

春を告げる「だるまさん祭り」

20050412014647.jpg

福一満星辻神社 だるま祭り
四月十二日 宵宮
  十三日 本宮
両日とも朝七時から夜九時まで
秋田市川反一丁目

星辻神社は境内に天保一四年(1843)と刻まれた手洗石ある古い神社だが、藩政期は聖護院(清光院)という修験の堂宇で、本尊は虚空蔵菩薩であった。そのため、お年寄りはこの神社を「セイゴイさん」とか「セイコウさん」と呼ぶ。明治維新の神仏分離の際に、虚空蔵信仰と縁の深い北斗七星、明星信仰の神社に衣替えし、星辻神社と名をかえ今に至る。

20050412014700.jpg
昭和四十年代の「だるま祭り」
今はコンビニ袋に入れられるが、このころは裸で持ち帰った

境内で「だるま」が販売されるようになったのは、明治になってからで、明治十九年の俵屋火事のあと、外町の火伏せの神さまとして急速に信仰を集めたといわれる。「火伏せだるま」の異名があるように、祭典の日には必ず雨が降り火難を防ぐと伝えられ、雨が降らないと大火があるともいわれる。

上肴町に明治二十八年に生まれた、文化人・鷲尾よし子は明治期の「だるまさんの祭り」の様子を書き残している。

 秋田市で春一番のお祭りは、一丁目川反の星辻神杜の「聖護院のだるまさん」のお祭りである。おまつりそのものより、重苦しい冬から解放された喜びを証拠立てるように嬉しがる。四月十二日の夜、
「サア、行こ行こ。せいごいさんのおまつりさ!」
と若いものたちがそわそわめくと、子供達が
「おらも行くう!」と、うなる。祖母が、
「赤いいしょう着て!」と晴れ着を出してくれる。一、二丁目先のお宮まで行くのにも晴着に着かえるのは、神仏を崇めて敬意を捧げるためであった。私は母の妹の叔母につれて行って貰った。
 春初めてのお祭りには、人がぞろぞろと出ていた。古いお宮にまずおまいりしてだるまさんを買う。屋台店が並んでいるが、まだアセチリンがない時代で、ローソクでうすぐらかった粗末な売台には、このお祭りにつきもののウチワ餅が、並べられていた。お餅を将棋の駒型に切ったのへ、黒砂糖をネットりつけて串にさされている。それにカルメやき、軽やきも賑かに見えていた。
 私は叔母とだるまさんを大事にして帰ったが、通町角で、ウチワモチをつけられても泣かずに帰った。が、みんなに笑われてしまって、泣きそうになったら、祖母が拭いてくれながら、泣かなかったことをほめてくれた事を思い出す。
雑誌「秋田」(鷲尾よし子主筆) 昭和五十年二月号より

ここに出てくる「ウチワ餅」という名物は、黒蜜をたっぷり塗った押し餅で、悪ガキどもが、娘たちの晴着にこれをペタペタとつけるイタズラが流行、あまりのひどさに警官が見張りに立つ始末であったという。


大きな地図で見る

続・春を告げる「だるまさん祭り」


沈丁花の香りはダルマ祭りの記憶とともに





| 祭り・民俗・歳時記 | 23:30 | comments:3 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

秋田市上肴町・魚市場


上肴町・魚市場 大正末頃

通町と上肴町界隈は秋田市の商業の中心地であった。通町側から今の「仏壇の升谷」のあたりまで魚問屋が両側に並び、店の前面にはアーケードの様に、コミセ(ヒサシ)が設置され、日差しや雨雪を防いでいる。



上肴町の米屋に明治二十八年に生まれ、幼少期を過ごした文化人・鷲尾よし子は、幼いころの記憶を書き残している。

馬から降ろされた大籠(十貫も入る長方形)から、貝焼皿で五匹づゝ計られるブリコハタハタがベロベロすべって藁包に入れられる。
「高げアなァ」
「ふん高げアがら、さらげ(やめれ)男鹿コの初物だでア、サアさらぐが、さらがねが(止めるか止めないか)・・・エエひまづれだでアこのアバ」
と魚売りオドは、あわや鰰をカゴにもどそうとする。
「せエば買ウでア」とアバ
……中略……
大籠のそばには雪の上にゴロゴロと転がされた鰰やサメ、台の上には鮭や鯛ひらめが、グズやチカなどを家来のようにして豪華に並んでいた。そこへ「よれよれ」と大声で馬が来る。魚が降ろされる。売る者買う人、どやどやと右往左往、雪の路上で、「高い」「負けれ」と、けんけんごうごう、時の声を作って騒ぐのだった。
男鹿、土崎方面から、或は新屋方面から海の魚、潟の魚が全部此処に出荷されて食い道楽の秋田市の民の魚は上肴町朝市でさばかれるのである。

雑誌「秋田」(鷲尾よし子主筆)より

「やめる、終わりにする」を意味する「さらぐ」は八郎潟あたりの方言。「グズ」は「グンジ」=「ハゼ」。

鮮魚は男鹿・土崎・新屋方面から馬に積まれて、この町で降ろされた。土崎港からの遠洋もの、汽車や自動車で近海ものなども入り、未明からの卸売りが済めば小売もし、昼前まで賑わった。

20041223140721.jpg
現在の同地点、通町から大町一・二丁目を望む

上肴町は、土崎湊にあった肴町の魚商人が、佐竹氏の時代になって移住した町。土崎は他国からの移住者が多く、生まれ故郷を偲び、出身地名を冠した酒田町、加賀町などという町名が残り、山口屋、丹波、讃岐屋、播磨屋、対馬などの屋号・姓も多い。このような地名を起源にした姓は、土崎だけでも七十種といわれる。

また、織田信長から弾圧された一向宗の信徒が逃亡して、土崎に定住したケースがあり、北陸系の加賀屋、能登屋、越後屋、金沢、越中などの屋号・姓には今も一向宗が多い。

20041223140630.jpg
加賀喜商店
左に通町、向かいが「せきや」

加賀喜商店は安政年間の創業という。木製文字の金網看板は通町拡張以前からのもの。昭和五十年、外旭川に市中央卸売市場ができるまで、十軒ほどの魚問屋が軒を並べ賑やかだった上肴町も、今では加賀喜商店だけになった。


大きな地図で見る
旧・上肴町

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 肴町に魚屋はなく年の暮れ

| 秋田市今昔 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |