二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

鰰の喰い飽き足りて猫の餌



ハタハタで育った秋田の子どもたち

ハタハタが年間1万トンから2万トンも捕れた昭和30年代後半から40年代にかけて、季節ハタハタの時期になると連日、ハタハタの木箱を満載した浜直送のトラックが何台も、スピーカーから北島三郎や都はるみの演歌を流しながら秋田市内に行商にやって来た。

最初は一箱数百円ほどの値も、捕れすぎると数十円という捨て値でさばかれるようになる。白子ハタハタで一箱30円という下値を記憶している。塩焼きに煮付け、ショッツル貝焼、白子鍋など、連日のハタハタづくしの食卓に食傷気味になると、もうその顔も見たくなくなり、あまったものは麹漬けや鮨漬けの保存食にした。

昭和50年代末から急激に漁獲量が落ち込み、数年間の自主禁漁を決行するにおよんで、大衆魚から一躍高級魚となったとき、ハタハタをあきるほど食べられたあの頃が、とても贅沢な時代であったことを痛感し、激しいハタハタ禁断症状におちいるのであった。
 雪がつもりはじめる頃になると、土崎港にちかい新屋浜のあたりから、魚屋の小母さんが魚をかついで売りに来た。冬ごもりの食糧に、鰰という小魚を大量に買い込んで、それを木の樽に何本も漬け込む。塩漬、ぬか漬、麹漬、鮨など。その魚屋の小母さんが私を可愛がってくれた。‥‥後略‥‥
石川達三『私ひとりの私』昭和四十年・文藝春秋社 より
幼少期の石川達三が秋田市楢山裏町に住んだのは、明治末から大正のはじめにかけて。その頃の漁獲量は現在とさして変わらない。

大正6年の魁新報に、ハタハタの豊漁が原因で列車のダイヤが大幅に乱れたという記事がある。
◎鰰汽車を遲らす
◆船川線各驛の大混雜

去る六日七日にかけて男鹿の北浦南磯とも鰰の大漁なりしが是れが郡部へ輸送積込みの爲め船川線羽立船越兩驛は大混雜を來たし爲めに貨物列車はもとより各列車とも多少の遲發を免れざる状態なりしが豐漁ありし翌八日九日の如きは天氣良かりしより海陸とも輸送大いにはかどり爲めに兩驛は人馬の往來甚だしくて一層雜踏し遂に船川發秋田驛終着列車は定時より二時間程も遲れ爲めに惹ゐて秋田驛午後九時發終列車の如きは同驛發午後十二時發下り直行が出でても尚發車し得ざるのみか夫れより尚且つ三時間遲れて漸く發車したりと云う又羽立驛は南磯は云う迄も無く北浦方面よりも積込輻輳する爲め隨つて輸送捗々(はかばか)しからざるより其後遠囘りなれど北浦方面よりの鰰は船越驛まで車馬を以て運搬し同驛より輸送しつゝあれり
大正六年十二月十二日付『秋田魁新報』より
ハタハタの遠距離輸送に貨物列車が利用される以前、男鹿から秋田市の魚市場までハタハタを運んだのは、男鹿近郷の農家が飼っていた農耕馬。藁ムシロを二つ折りにして作った袋状の叺(カマス)にハタハタを詰め、馬の背に左右に振り分けて運搬した。

馬一頭に積める単位が「一駄」、荷物を積んで運ぶ馬のことを「駄馬」、駄馬に乗せて運ぶ荷物を「駄荷」、そして駄荷の運賃を「駄賃」という。これが子どもにご褒美として与える「お駄賃」の語源。季節ハタハタの時期、農閑期の近郊農家は絶好の駄賃稼ぎができた。

男鹿から秋田市まで駄馬を曳いて、ときには地吹雪の夜道を夜通し歩きつづける仕事のつらさは想像を絶するものがあるが、連れ立つ仲間たちと眠気覚ましに歌を唄い交わしたりしながら(民謡の馬子唄・馬方節はもともと駄馬で荷物を運ぶ際の作業歌)歩きつづけ、翌日の未明に秋田の魚市場に到着する。
秋田百点走馬燈 鷲尾よし子

上肴町今昔
‥‥前略‥‥
 上肴町も、年中、未明から魚で賑わった。冬のハタハタは男鹿あたりから、夜通しで来る馬に積まれてこの町におろされると、両側の往来に戸板が布かれて小売りで賑わった。あられのふる下で貝焼皿に五匹づつ入れられたハタハタは、
 ヒトウロウロ、フタァラァラ
と一種独特の節で元気よく勘定され、わらづとに入れられて、外町のおがはんや内町の御新造さん達の、あけびづるで編まれたコダシコに入れられる。‥‥後略‥‥
昭和34年発行『秋田百点』より

秋田市上肴町(現・大町一丁目)・魚市場 大正末頃
はたはたのうた 室生犀星

はたはたといふさかな、
うすべにいろのはたはた、
はたはたがとれる日は
はたはた雲といふ雲があらはれる。
はたはたやいてたべるのは
北国のこどものごちそうなり。
はたはたみれば
母をおもふも
冬のならひなり。

室生犀星『動物詩集』昭和18年 より
「ふるさとは遠きにありて思ふものそして悲しくうたふもの・・・」と詠んだ室生犀星のふるさとは、ハタハタの捕れる日本海に面した金沢市。犀星の「はたはたのうた」に、おなじくハタハタを食べて育った、八竜生まれの友川カズキが曲をつけて唄ったものが、この6月にリリースされたアルバム『イナカ者のカラ元気』に収録されている。静かにささやくように繰り返される「ハタハタ・ハタハタ・・・」のフレーズが耳の奥に残る名演だ。


_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 上肴町・魚市場
二〇世紀ひみつ基地 塩田から風力発電まで・新屋浜変遷


| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

池永小路の闇にタヌキを見る

昨日の夜8時頃、池永小路(秋田市中通5丁目)を散歩していると、側溝のあたりをなにやら小動物がうごめいている。猫かと思って声をかけるが反応もなく、よく見ると子犬のようでもある。

逃げ込んだ駐車場の暗闇を凝視しつづけ目が慣れると、こんな街中にまさかとは思ったが、そいつは紛れもないタヌキの子どもであった。


08.08.17 07:53:43 PM

市の中心部でタヌキを見つけたのは、もう7年ほど前の夜中、寺町の寺の門前にちょこんとお座りしていた大きなタヌキに遭遇して以来のことだ。あのときはカメラを携帯しておらず、近所の人に聞いても、このあたりでタヌキなんて聞いたことも見たこともないとのことであったが、間違いなくあれはタヌキだった。

寺町ならば緑も比較的に豊富で、寺の縁の下などすみかとなる場所に事欠かないが、この辺ではどこをすみかとして、どんな生活をしているんだろう。飼いタヌキが野生化した可能性も捨てきれない。


●市内に現れたタヌキのこと

近年秋田市中心部に出現したタヌキについて、魁新報の見出しを検索すると、1984年11月1日 朝刊「野生タヌキ飲食街をかっ歩 大捕物の末に御用 早朝の川反で一騒動」。1993年10月3日 朝刊「“新天地”求めタヌキ広小路へ 千秋公園から子別れか フライドチキンがお気に入り」などが出てくる。

千秋公園には、はたして今も生息するのだろうか。その頃まで千秋公園本丸に生息していた野生リスを今は見ることができない。

昭和32年(1957)5月には、上肴町(現・大町一丁目)「県水産市場」にて、魚をしこたま食べて、まるまると太った大ダヌキが捕まった。夜な夜な現れて魚を食い荒らす、正体不明の動物がいたため、ワナを仕掛けて捕まえたこのタヌキはその後、千秋公園内の児童動物園に寄贈されている。

このタヌキ騒動について、上肴町生まれの明治女・鷲尾よし子女史が取材している。
‥‥前略‥‥
 私は昔の話も思い出して県水市場へ行きました。そこで、このタヌキは何ぼう位になるものか、いつどこから来たものか、一匹か、夫婦ものか、子があるかを聞いてみたけれど誰も知らないという。
 どこに住んでいるかしらと話してみたが、どうもわからないが、市場は、通町に面した方と肴町に面した両方に入口があり、電気冷蔵の土蔵が二つ奥ふかくにあり、水がいつも流れて、この水が土管に入って往来の地下のマンホールに流れてゆくらしく、もしかしたら、マンホールに住んでいて夜な夜なふんだんにある魚類を食べに来ていたのではないだろうか、とも思われる節もあった。
 聞きたいと思った事は何もたしかめる事が出来なかったし、狸と狢と違うだろうとか同じだろうとかで話に花を咲かしたが、たゞ狸というものは一種異様な匂いのするものであるという事を話していた。

 も一つ不思議な話を若い衆が教えてくれた。

 狸を生捕りにして、動物園に寄付した次の朝、いつもの通り、市場は三時頃表戸を開けて営業を開始したそうですが、多勢の男衆が電気冷蔵の土蔵から魚をせっせっと運び出している最中、見なれない若い男の人が、ウロウロと歩き廻っていたそうですが、みんなは多分魚を買いに来た新しいお客筋だろう位に思っていたが、夜が明けかかってお客が来る頃になったら、いつの間にか、その男は姿を消していたというのでした。
 勿論言葉を交した人も居らず、ただその男はニヤニヤし乍ら歩き廻っていただけで姿をかくしてしまったという話でした。

雑誌『秋田』(鷲尾よし子主筆) より
さてさて、その怪しげな男は、捕らわれた親を探しに来た、人間に化けたタヌキだったんでしょうかねぇ。

_________

関連記事

鷲尾よし子(ひみつ基地内タグ検索)

上肴町・魚市場

川反にタヌキの慰霊碑

| 散歩写真・路上観察 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明治時代のねぶり流し・竿燈


大正期と思われる竿燈風景
場所は不明だが、提灯には保戸野鉄砲町の「お多福」の町紋がみえる

ようやく長い梅雨も明けて、今年も「竿燈」の季節になったが、その「竿燈」の現流である「ねぶり流し」の姿はどのようなものであったか。

秋田市上肴町の米屋に明治二十八年に生まれ、幼少期を過ごした文化人・鷲尾よし子は、自身が主催する月刊誌「秋田」に、特有の情感あふるる文体で、明治期の「ねぶり流し」の情景を綴っている。

夢のねぶり流し 鷲尾よし子

 そろそろお盆が近づくと七夕が待ち遠しかった。今は、あまり流行って見せもの的になってしまい、何かあると、ソレ竿燈だと持ち出されるが、昔はねぶり流しと云って七夕のその夜、たった一ト夜の織姫と牽牛のたまゆらの「逢ひ」に灯を奉り、はかない逢瀬の哀れさを悲しんで二つの魂よ、燃えて輝け、空にも届け、とばかりの人情の炎であった。
 電燈もまだなく電信柱のなかった、上肴町から茶町三丁(菊之丁、梅之丁、扇之丁)から馬喰労町まで続き、一せいに火が入って、思う存分妙技を振るった。あのねぶり流しの華麗さを、昭和の竿灯に比べていう事はムリとも思うが‥‥。
 その夜大若は、街々の定紋付の提灯と同じ定紋付の紺の法被に紺の股引、白足袋惜しげなく、一呼吸、妙技が始まった。
 この一人の大若を真中に取り巻いて、薄化粧の中若、コッテリとお白粉をぬりたくった小若が一団となって、佐竹定紋五本骨の月印を大きく振って、あおぎ乍らの声援である。
 オイタサッサ オイタサ
 ネコツイタ オイタサ
笛太鼓がリズムをととのえて鳴り響くと、小若達は水色の手甲に鈴をつけた可憐な手に、小扇をふって
 ドコシヤァ ドコシャ
 ドウドウ ドコシャ
と相和す。鉦太鼓はリズムを高調、演者は継ぎ竹三本も継ぎ足して空にも届けとばかり、太竹の芯が身体と共にのけぞる程の弓なりに、声を呑んだ瞬間こそ、彦星織姫の二つの魂が燃えて消えゆく狂乱の最高潮であろう。
 ねぶり流し百本の一本が、響きをあげて倒れると、将棋倒しに皆燃え上って空も火の海となる。
 そして昔のねぶり流しは、又、来年ということにして終了したものだった。

月刊「秋田」昭和四十二年七・八月号より

この当時、夜竿燈が演じられた「上肴町から馬喰労町」の距離は、現在の会場である竿燈大通り(山王大通り)でいえば、二丁目橋から秋田市役所を通り越した十字路のあたりまでに相当し、道幅が狭いとはいえ、かなりの長さである。

今は提灯の下には空気孔があって、竿燈が倒れるとロウソクが消え、提灯に火が移らないような工夫がされているが、当時は空気孔はなく、転倒することで簡単に燃えたのかもしれない。

自動車も走らないから交通規制の心配はなく、観客と演者との境界線もなく、竿燈が将棋倒しで燃えあがるまで続けられた一夜限りの「ねぶり流し」の風情ある光景。街灯もビルの明かりもない真暗闇に浮かぶ竿燈は、どれほどの美しさであったことか‥‥‥。

それは、たった一晩の行事だから、身も心も燃え(萌え)狂い、竿燈さえも燃えあがるのだが、時代を下るにしたがい、二日、三日と期間が延長され、今では四日間の「観光イベント」と化してしまった。

一体誰のための行事なのか。二日までは良いとして、四日もダラダラとやる必要などどこにもない。あるとすればそれは大人のいやらしい事情があるだけである。

などという理屈をこねてみても、祭りキチガイである自分は、竿燈の「流し」のお囃子が聞こえてくると、じっとしてはいられなくなるんだ。

ついでに、夜竿燈の鑑賞ポイントについて。竿燈大通りの両端は極端に混みあうので、中ほどに行ったほうがゆったりと見られる。寺町界隈はビルもないので、夜空に提灯の明かりが映えて見た目もいい。移動するときは混雑した竿燈大通りではなく、大町二丁目寄りの裏道を通ると楽。

-----------

関連記事

戦前の竿燈風景

竿燈妙技会2005・昼竿燈

竿燈(ひみつ基地内検索)

| 祭り・民俗・歳時記 | 21:30 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

街に電燈が灯った日

秋田市に初めて電燈が灯ったのは、明治三十四年十一月、電線が引かれたのは当初、土崎湊新柳町(花柳界新地)、旧秋田市内の通町、茶町通り、大町通り、川反通りとその周辺で、点灯数はわずか七十灯であったという。

千秋公園には米国マンハッタン社製アークランプが三本設置された。アークランプは千二百燭光(約1200ワット)という高輝度で、それは、あたかも北斗七星が落ちてきたかのようだ、と当時の新聞は伝えている。

秋田の電燈で千秋園のは千二百燭光と聞いたから無論明るいが、秋田市全体より見え北斗の垂下した如き観がある。民間で大きいのは佐野薬種店の三十燭光と倶楽部本館の二十燭光である。佐野醤油店の飾り電燈は美観にて、ヤガテ田中醤油店や大島衛生堂にても之に似たものをしつらふべしとの事である。

明治三十四年十二月十八日 秋田魁新報「うめ草」より

佐野薬種店は、現在の佐野薬局。倶楽部本館は「あきたくらぶ」のこと。

20051211184938.jpg
千秋公園に設置されたアークランプ

電燈が登場した当時の街の様子を、明治生まれの文化人・鷲尾よし子が書き残している。

「魔ものの電気」
……前略……
 まだ小学校前の数え年七ツ位であったと思う。通町の小松鳥屋に電気がついたというので、私は十代の叔母に連れられて見に行った。上肴町角の藤林の筋向い(現在金物屋)で、大きな鳥屋の店の雨戸が全部締まっていたが、小さい潜り戸が開いていて、戸口に人が沢山立ちはだかり、のぞいては、「まんつ、大変だもんだ」と驚嘆し乍ら帰って行く。店の中は昼のように明るく、天井に吊されている鶏が、生きて飛んで来るように私には感じられた。丸い笠の下に裸電球が大変美しく、光りがとても強くまぶしくて、とにかく大変だった。
「これだばいつまでも見ていると、まなぐ(眼)おかしくなるでば」
と、眼を押えて帰って行く女ご衆もいた。
「つけ木も早つけ木(マッチ)もいらねど。ねじコねじれば、ひとりでポッとつくなんだど」
と、その不思議さが何とも合点がゆかなかった。電気をつければ、ランプのほや磨きがなくなるという事が、大きな魅力であったらしいが、何やら魔ものめいて、うす気味悪いとて、すぐ電気に移る家はなかったらしい。…が、間もなく電気は嵐の如く普及して、四十年には電話も通じたし、市民の文化は電光石火、向上した。この電気導入は、時の代議士近江谷栄次氏の尽力というが、後に近江谷氏は政治に凝って身代をつぶし、自家の電燈代を払えなかったという、近江谷栄次一代記の特筆記事もある。

鷲尾よし子主筆・月刊『秋田』昭和四十二年五月号より

鳥類の肉と鶏卵を扱う「小松鳥屋」に引かれた電気に驚く町民の姿が、柔らかき秋田なまりの語りとともに、いきいきと再現され、当時の光景が眼に浮かぶようだ。

照明といえば、行燈やローソク、ランプしかない時代に、初めて眼の当たりにした電気=電燈への驚愕と戸惑い、それはあたかも摩訶不思議な魔法を見るが如き心持ちだったようだ。

秋田市に電気をもたらした土崎湊町の近江谷栄次は、明治三十年、弱冠二十三歳にして発電事業の認可を受け、土崎将軍野に60キロワットの汽力発電所を建設。明治三十四年四月、需要者の募集開始、十一月の試運転を経て、十二月一日に正式に点灯を開始している。

20051211184925.gif
明治三十四年四月「近江谷発電所」新聞広告

しかし市民の電気に対する理解不足もあって、その事業は順調にはいかず、資金離から近江谷は電力事業から手を引くことになる。その後、電力事業は四十八銀行の手に渡り、明治四十年六月、一般から株式を募集して秋田電気株式会社となった。

| 秋田市今昔 | 23:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT