二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

秋田駅前・金萬の「牛どんや」・1980年代後半

秋田駅・吉野家
▲吉野家 秋田駅ビル トピコ店 2016.12

平成28(2016)年1月17日、秋田駅ピル「トピコ」一階の「ミスタードーナツ」が経営不振を理由に閉店。その後、秋田県内でミスドを独占展開する「KAMADAスマイルコーポレーション」(旧・鎌田会館・マルシメ鎌田)が経営破綻していたことが判明する。

閉店した「ミスタードーナツ」秋田トピコショップ跡地に、平成29(2017)年11月22日「吉野家」秋田駅ビルトピコ店オープン。

秋田市に全国チェーンの牛丼店が初登場したのは平成9(1997)年11月のこと。横山金足線沿い、桜一丁目に11月4日「すき家」がオープンしたのにつづき、そこから北に数100メートル離れた広面字樋ノ沖に「吉野家」がオープン、互いに集客を競うが「吉野家」が先に撤退。「すき家 秋田東店」は現在(2017)も同じ場所で営業している。

▼秋田初の牛丼専門店は金萬の「牛どんや」?

全国チェーンの牛丼店が秋田に進出した平成9(1997)年からさかのぼること約10年前、秋田駅前に牛丼専門店「牛どんや」がオープンする。おそらくこれが秋田で初の牛丼専門店。

スタンド席のみの奥行きのある店内で、結構ボリュームのある並盛りが350円から400円ほどの価格は、当時の全国チェーン店とほぼ同じだった。

金萬・牛丼屋

 

秋田駅前1990

南側のパチンコ店「秋田レジャーセンター」および「秋田会館」から、北側の「サーティワンアイスクリーム」までが、金萬グループが経営していた店舗。その一角、「金萬」売店の隣に「牛どんや」があった。

▼「金萬」の誕生とレジャー産業への進出

湯沢市出身で「金萬」創業者の大内正見氏は、露店の闇市、バラックの引揚者住宅などが雑然と建ち並んでいた戦後間もない秋田駅前で雑貨や青物などを売る商売をはじめ、昭和23(1948)年完成の駅前商店街「銀座街」に入居し「正味食堂」を開く。その店名は店主の名前にちなんだものだろう。

「銀座街」は「たけや製パン」発祥の地だが「金萬」のルーツもこの地にあった。「正味食堂」廃業後、跡地に中華料理店「幸楽食堂」が入る。

ある日、東京に出かけた大内氏は、浅草のデパート「松屋」の食品売場で、その後の人生を左右するあるものに出会う。それは当時、東京で流行していた「都まんじゅう」の実演販売。

「都まんじゅう」の繁盛ぶりに感じ入り、早速その製造機械を購入した大内氏は、昭和28(1953)年、秋田駅前・金座街で「金座街のまんじゅう」略して「金万」(のちに金萬と改称)のネーミングで実演販売を開始。厳選した原料を使い「都まんじゅう」に負けない味を追求した。

できたてホヤホヤのおいしさと、ガラス越しに製造工程を見せる商法がヒットして、最盛期は1日2万個から3万個を販売。その利益をもとに食堂事業を拡大し、昭和30年代中頃にパチンコ店を開業してレジャー産業に進出。その後、ボウリング場、ゲームセンター、ブティックも経営する。80年代後半に入ると、サーティワンアイスクリーム、マクドナルドとフランチャイズ契約を結び出店。

「金萬」が「秋田名菓」を冠するようになったのは、創業者の大内正見氏(1921~1986)が亡くなってからのこと。

「金萬」の歴史とその製造機械などの詳細は下記リンク先に。

秋田駅前1990

▲秋田駅前・金萬ストリート・1990年頃

地下道出入口の向こう、仲小路の角地に建つ三角屋根のレトロ建築は旧「日本通運」秋田駅前支店。改築して一階をパチンコ店「秋田レジャーセンター」二階に金萬事務所が入った。


▼秋田駅前北地区再開発計画の頓挫

平成28(2016)年5月に廃業した「金萬ボウリングセンター」を最後にレジャー産業から手を引き、2軒のパチンコ店・ゲームセンター・金萬売店・牛丼店・サーティワンが並んでいた区画は現在(2017)金萬駐車場になっている。

金萬駐車場と「エスポワール緑屋」などがある秋田駅前北地区は「フォンテ秋田」(旧・イトーヨーカドー)が建つ南地区に次いで、再開発共同ビルを平成13(2001)年度までに建設する計画であったが、折りからの不況も重なり断念。再開発のため更地にされた空間は有料駐車場となった。

更地になる前、金萬売店とサーティワンは「イトーヨーカドー秋田店」(現・フォンテ秋田)二階に移転。

秋田駅前・金萬駐車場
▲秋田駅前・金萬駐車場 2016.12

秋田駅前3Dmap
▲金萬駐車場周辺俯瞰

緑色の多角形建築 「エスポワール緑屋」は旧「やまじんビル」。家電・家具を販売していた「緑屋」が買収後、金座街(現・アゴラ広場)側に増築、さらに変形度を増した。現在は居酒屋のほか、6階に「アニメイト秋田店」などが入居。「やまじんビル」と「緑屋」のことはまたいつか。


金萬「牛どんや」跡

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1972・秋田初のドーナツ専門店オープン・たけや製パン

ロッキードーナツ
1972.02 新聞広告

昭和47年(1972)2月、秋田駅前、千秋久保田町に秋田初のドーナツ専門店「ロッキードーナツ店」オープン。

「ロッキードーナツ」は一見、全国展開するチェーン店のように見えるが、経営していたのは地元の「たけや製パン」であった。

ロッキードーナツ
1972.02 新聞広告

昭和45年(1970)本場アメリカから「ダンキンドーナツ」が日本進出を果たしたのを皮切りに、昭和46年(1971)大阪に「ミスタードーナツ」日本1号店がオープン。日本に本格的ドーナツ・ブームが到来する。

ブームに乗って開店した「ロッキードーナツ店」は、ナウなヤングの心をつかみ、当初は大盛況。

ロッキードーナツ
1972.02 新聞広告

ロッキードーナツ
1972.04 新聞広告

ロッキードーナツ
1972.07 新聞広告

昭和47年(1972)7月、「ロッキードーナツ」を、金座街の「レアルたけや」内に移転、秋田初のドーナツ専門店は、わずか数ヶ月で消滅。移転とはいえ、事実上の撤退であった。

この年の10月、秋田駅前「鎌田会館」一階に、東北・北海道地区で初の「ミスタードーナツ」秋田ショップが華々しくオープンする。

「ロッキードーナツ」の早すぎる撤退は、ミスド秋田進出を聞きおよび、太刀打ちできないことを悟った末の決断だったのかもしれない。

関連記事
二〇世紀ひみつ基地 秋田初のミスドは鎌田会館一階に

レアルたけや
1971 新聞広告

レアルたけや
金座街・中央通り角「レアルたけや」

昭和45年(1970)金座街・中央通り角の菓子販売店「丸丹」跡に、「たけや製パン」が、高級和洋菓子・ペストリーなどを直販するベーカリー「レアルたけや」を創業。二階は喫茶店「コーヒー茶房(さぼう)」。

昭和55年(1980)11月「イトーヨーカドー」を核テナントとする「秋田ショッピングセンター」オープン。「レアルたけや」は地下一階に入居する。

関連記事
二〇世紀ひみつ基地 秋田駅前商店街とヨーカドー変遷

たけや製パン
1972.05 新聞広告

「ロッキードーナツ」のロゴマークと同様、星条旗をあしらったパッケージ。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 秋田初のミスドは鎌田会館一階に

「たけや」二〇世紀ひみつ基地内検索

二〇世紀ひみつ基地 秋田駅前「金座街」晩期
二〇世紀ひみつ基地 秋田駅前商店街とヨーカドー変遷

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田銘菓?「金萬」製造ロボットを見学しよう!


◆福岡の鉄工所からすべてが始まった




以前に書いたように、秋田で「金萬」の商品名で知られる小さな焼きまんじゅうは、さまざまに名を変えて全国各地に分布している。その代表的ネーミングが「都(みやこ)まんじゅう」。

秋田銘菓「金萬」の歴史をたどると、東京の「都まんじゅう」を経由して、その自動製菓機とレシピを考案した福岡の城野(きの)鉄工所に行きつく。この小さな鉄工所からすべてが始まった。
都まんじゅう(みやこまんじゅう)とは、白あん等をカステラ風の生地で包んだ焼き饅頭。

日本中に次のような共通点を持つ異名同種の饅頭が存在する。

●機械による自動製造
●形は小型の今川焼(直径5cm、厚さ1.5cmほど)
●表面に図柄等の焼印

元々は製造機械のメーカーでもある福岡県の城野鉄工所が、昭和10年代に地元で菓子店を出店した後、東京に進出したことから「都まんじゅう」と名付けられ、製造機械の販売に伴い日本中に広まった。現在は愛知県の森川フードマシン株式会社が製造機械を販売している。
Wikipedia(最終更新 2011年4月3日)より
自社開発のキノ式自動製菓機を使った菓子店を開業した城野鉄工所は、店頭で実演販売を見せることで、まんじゅうを販売しつつ、同業者候補へのデモンストレーションを展開、一石二鳥に「都まんじゅう」系を全国に広めていった。


◆僕らは“まんじゅう製造ロボット”に釘付けになった

YouTube に投稿されている各地の「都まんじゅう」系・自動製菓機の動画をプレイリスト化してみた。






京都市新京極・ロンドンヤ「ロンドン焼」By scchiang


◆金座街に「金萬」誕生・実演販売もヒットの要因

「都まんじゅう」が全国に広がりはじめたのは戦後復興期の頃。昭和28年「金萬」創業者・大内正見氏は東京で繁盛する「都まんじゅう」店に刺激されて、秋田駅前・金座街で「金万」を売り出す。


昭和30年 新聞広告

黄金色の“金座街まんじゅう”略して「金万」のネーミングは、ほどなく「金萬」表記に変わる。広告に「登録銘菓」とあるからこのとき商標を登録したのだろう。

当時、大内氏が秋田駅前で経営していた飲食店は、金座街の食堂・喫茶「金萬」のほかに食堂「正味」(銀座街)、生蕎麦「大内」(平和通り)の三店。

リズミカルな金属音を響かせ、甘い香りをただよわせながら、次々とまんじゅうが焼きあがるようすを、ガラス越しに見せる実演商法が大当たり。秋田駅前・金座街の名物として定着した「金萬」はやがて秋田土産の定番となり、その名声を不動のものとする。

ちなみに「金萬」が「秋田名菓」を名乗るのは、創業者である大内正見氏が亡くなった昭和55年以降。

「金萬本舗」では現在、駅東の工場で集中生産したものを各売店に配達しているが、「都まんじゅう」系は、同時代に全国に普及した「大判焼き」と同様に、店頭での実演販売が本来の姿なのだ。


金萬CM(邪魔なコメントを消すには右端のフキダシをクリック)


金萬CM三種

下記関連リンクに各地の「都まんじゅう」系の記事を集めた。百貨店の一画で実演販売をする店舗が想像以上に多い。廃業した店もあれば、なつかしの味を復活させて好評を博した例も。一個30円という庶民的価格の店もあり、その色合い・風合いもさまざまだが、見た目の良さとネーミングに関していえば「金萬」が上位に入るのではないだろうか。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 金萬は秋田名物ではなかった!?
二〇世紀ひみつ基地 金萬は浅草から…
二〇世紀ひみつ基地 金萬のルーツはどこに
二〇世紀ひみつ基地 「金萬」から「銀萬」新発売!
二〇世紀ひみつ基地 「金萬」からアイスクリーム新発売!

二〇世紀ひみつ基地 秋田駅前「金座街」晩期
二〇世紀ひみつ基地 銀座街・消えた駅前小路
二〇世紀ひみつ基地 平和通り・消えた駅前小路

関連リンク

都まんじゅう - Wikipedia
金生饅頭 - Wikipedia
とうまん - Wikipedia

◆各地の「都まんじゅう」系

都まん本舗「高知の銘菓 “都まん” 」

浅草 中村屋・都まんじゅう

上野の「都まんじゅう」:わたしのあしあと

都まんじゅう 真砂町 - 新清水/和菓子 [食べログ]

【お土産】つるや製菓の「都まんじゅう」(八王子)

都まんじゅう|湘南ひらつか名産品選定委員会推奨品

とうまん 冨士屋アピア店 - 札幌/和菓子 [食べログ]
とうまん冨士屋 丸井今井B1店 - 大通/スイーツ(その他) [食べログ]

菊川商店 箱根まんじゅうカステラ焼き/和菓子 [食べログ]

カステラ饅頭の秋芳堂 浜松市
カステラ饅頭再び - ねこじゃらし・Kの懐かし処

京都 ロンドンヤ《ロンドン焼10個525円》

昔ながらの変わらぬ味。デパ地下名物・いづつや饅頭 | 北九州市井筒屋百貨店
たろちゃん饅頭!!・飯塚井筒屋
ほんまち饅頭 - 飯塚井筒屋サロン

大丸饅頭 大丸梅田店 - 北新地/和菓子 [食べログ]
大丸饅頭・大丸焼きの謎

【愛知】懐かしのまんじゅう復活「かぶき家」が旧豊橋西武の名物再現

そごう饅頭:千葉そごうデパート

復刻!! 回転玉屋まんじゅうオープン!!:老舗百貨店「玉屋」

「いちょう小町饅頭! くまもと県民百貨店にて。」

千両饅頭 - 熊本・鶴屋百貨店 [食べログ]

| 食材・食文化 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田駅前商店街とヨーカドー変遷

さようならイトーヨーカドー(その2)


秋田駅前 1975

再開発前の秋田駅前。左上にバスの駐車場として利用されていた「高裁」跡地。その下に「東北電力」跡地。中央に南北に延びる金座街。この数年後、右下の南地区商店街に「イトーヨーカドー」を核テナントとするショッピングビル「秋田ショッピングセンター」が竣工する。


大きな地図で見る


1977年頃

戦後まもなく形成された商店街、平和通り・銀座街・末広町が交叉し、駅前通り・中央通り・仲小路に面した南地区商店街。隣接する金座街を含めて、その商店街を形成する各店舗の間口・奥行きは、末広町の西側にみられるように、一部を除いて同じ面積だったが、時代が下るにつれ、隣接地を譲り受けて店舗を拡幅する商店が目立つようになる。


1977年頃

ショッピングビル建設で消えた南地区商店街で営業していた約90人の地権者のうち、転出・廃業組をのぞく商店は、広小路の旧地検跡地(現・アトリオン)に建設した鉄骨平家建ての仮店舗「フレンドコア」に一時移転。


1980.11.22

昭和55年(1980)11月22日、「秋田ショッピングセンター」オープン。旧南地区商店街の地権者の他、一般公募をあわせて約80店のテナントが入居した。


秋田ショッピングセンター 創業時テナント 1980



7F

飲食街のフロアイタリアンレストラン トリトン
そば処 関所鳥料理 福鳥割烹 旭川
パーラー パルルやちよ太鼓寿司
カレーショップ かまくらとんかつ一番
じゃがいもとにくのみせクラム
中国レストラン ほうらい軒
うなぎ・なべ料理 六兵衛
しゃぶしゃぶ・すき焼・天ぷら 煌(あかり)
ジンギスカン てむじん
フランス料理 ベルネージュすずむら
ファミレス ファミール(ヨーカドー系)
佐藤歯科医院


6F

ホームファッションのフロア理容室 ヘアーサロン ヴイ佐々木
美容室 シャトー
時計・貴金属 モントル オノ
メガネの玉屋DPE ・カメラ 美光堂


5F

暮らしのフロア書籍 ブックスささき
ファンシーギフト Happy Day
レコード・楽器 カシワヤ楽器
インテリア小物 アベの家具


4F

子供と呉服のフロア呉服 秋田きもの呉服 きもの苑 高坂
履物 都屋印章 武田印房
ベビー・子供服 チャイルドまつや
フルーツパーラー チャッピー


3F

紳士とスポーツのフロア紳士服・ジーンズ かめやアベニュー
紳士用品 メンズシティー
紳士服 エフワンメンズなかよし駅前店
紳士服 メンズショップまつや
メンズブティック ピアマルヤス
釣具 フィッシングさんこう
喫茶 リスボン


2F

婦人ファッションのフロア アクセサリー 青山 DADA
婦人服 ドーナなかよし
婦人服 ノン・セゾン婦人服 カトレア
婦人服 未来婦人服 MODE 馬里奈
婦人服 メリーアン
婦人服 Boutique Hiratoku
フルーツパーラー リンゴの樹


1F

ファッションバラエティーのフロア婦人服 ブティック63婦人服 エバ
婦人服 パル靴・鞄 プリモ カワカミ
たばこ・喫煙具 105
アクセサリー 原宿 JIN JIN
薬品・化粧品 くすりの小泉
化粧品 マインなかよし
ミッキーのクリーニング
DPE ・カメラ 美光堂
アクセサリー ビジュ オノ


B1

総合食料品のフロアファミリーストアなかよし駅前店

そば・うどん まんぷく
カレー まんぷく
ハンバーガーショップ アメリカ
スパゲッティ・ピザ デリカワールド・トリトン
ジュース コメット
アイスクリーム ありす
コーヒーショップ もんちっち
焼きもの 花むら寿司 若寿し
ドラックなかよし駅前店
お茶・のり 緑司園フランス菓子 梵葉
和菓子 伊勢屋和洋菓子 勝月
おだんご 信濃や
ベーカリー レアルたけや
クレープ・元禄焼 元禄
和洋酒 IKAWA寿司 ごん兵衛
和総菜 横田屋中華 幸楽
惣菜 アラカル亭ミートショップ かとう
「ヨーカドー」テナントを除く

以下に例をあげたように、旧商店街時代の店名を継続するテナントの他、業態はそのままで店名を改称、または、まったく別の業種に転業する例も少なくはなかった。
「ヤマサストア」→「ブックスささき」
「中央電気商会」→ファンシーショップ「Happy Day」
食堂「幸楽」→中華「幸楽」和総菜「横田屋」
中華料理「豊来軒」→中国レストラン「ほうらい軒」
おもちゃの「ポパイ」→しゃぶしゃぶ・すき焼き・天ぷら「煌・あかり」うなぎ・なべ料理「六兵衛」
「駅前食堂」→イタリアンレストラン「トリトン」
「信濃屋旅館」→だんご「信濃や」
「スナックキムラ」→アイスクリーム「アリス」
「食堂まんぷく」→「カレー・まんぷく」「うどん・そば・まんぷく」
「たけや製パン」→「そば処 関所」ベーカリー「レアルたけや」
「秋印青果」→フルーフパーラー「リンゴの樹」
「高田果物店」→フルーフパーラー「チャッピー」

秋田ショッピングセンター テナント 2000








オープンから20年を経過すると、旧商店街時代からのなじみのテナントがずいぶん少なくなった。中華料理の名店「ほうらい軒」は7階レストラン街から地下フードコートに移転後に廃業。だんごの「信濃や」のように転出した店舗も。


カレーショップ かまくら 2004.01

中央通りに開業し、7階レストラン街に入っていたカレーの人気店「かまくら」。本格的ドライカレーとコーラのセットが好きでよく食べた。ショーウインドウに「都合により午後三時で閉店・・・」の貼り紙があるが、撮影後まもなく店を閉じてしまう。


秋田ショッピングセンター テナント 2010.10



7F

味と憩いのフロアパルルやちよどん扇屋ファミール
芝のらーめん屋さんてもみん
秋田カルチャースクール


6F

住まいと暮らしのフロアビューティサロン シャトー
メガネの玉屋100円ショップCan Do
武田印房


5F

子供とカルチャーのフロアブックスささきメガネ・時計 コニシ
ゲームコーナー ペニーポット


4F

ファッション・紳士と肌着のフロア森長モードセルネ履物 都屋
三松JTBトラベランド


3F

婦人ファッションのフロアBoutique Hiratokuツーフェイス
婦人服 未来カトレアダダ
ノンセゾンオアシス
きものの苑 高坂 喫茶 リスボン


2F

婦人ファッションとコスメ&ドラッグのフロアメリーアン ビスページⅡ
Mセレクションビーズハウス マミー
シーベレット
マインなかよし
ラッグなかよし
サーティワン・アイスクリーム金萬


1F

婦人ファッションと服飾雑貨のフロア香の専科 香MIX-O
靴・鞄 プリモカワカミ
たばこ喫煙具・時計 105
鞄 モリタ
靴修理・合鍵 イング


B1

食品のフロアパン ブレッズコート和惣菜 横田屋
井川酒店フォーナイン
ラーメン・そばラ ママン8・8
たこ佳おやつショップ Ei・Ei・O
イタリアントマト
「ヨーカドー」テナントを除く(ウィキペディアを参照)

以上はイトーヨーカドーが撤退する直前のテナント。30年前のオープン時からつづく店名は数えるほど。


 「フォンテAKITA」2010.12 プレオープン時テナント



7F

コーヒー&デザート パルルやちよ
ファミール芝のらーめん屋さん
まちの駅 あきた
秋田カルチャースクール


6F



5F



4F

武田印房美容 シャトー
プレイランド ペニーポット
コンタクトレンズ ひろこうじレンズセンター


3F

メガネ・時計 コニシレディス 舶来屋
レディス 都屋
レディス ベルハウスレディス カトレア
レディス 未来レディス フォーマルメッセージ
きものの苑 高坂レディス ノンセゾン
レディス オアシス
レディス ツーフェイスレディス ヒラトク
レディス ジャンニ・ロ・ジュディチェ
レディス ダダ
紳士服 森長


2F

化粧品 マインなかよし
薬・生活雑貨 ドラッグなかよし
サーティワン・アイスクリーム秋田銘菓 金萬

2011年2月、生活雑貨「ロフト」入居予定


1F

バック モリタバック プリモカワカミ
レディス まつやレディス MIX-O香の専科 香
タバコ喫煙具・時計 105靴修理・合鍵 イング


B1

スーパーマーケット ザ・ガーデン自由が丘SEIBU

たこ焼 たこ佳ラーメン・そば ラ・ママン8・8
コーヒー Cafe de non牛丼・カレー よね家
珈琲・輸入食品 ブラジル惣菜 横田屋

平成22年(2010)10月、「イトーヨーカドー秋田店」閉店。
同年12月、「秋田ショッピングセンター」改め「フォンテAKITA」プレオープン。

平和通り入口にあった「ヤマサストア」→「ブックスささき」も撤退。開業当初は15店が営業していた7階レストラン街の飲食店は今、「ファミール」「芝のラーメン屋さん」と「パルルやちよ」のみ。

セブン&アイ・ホールディングス系(旧ヨーカドー系)の「ファミール」、そして「パルルやちよ」が、昔と同じスペースで営業をつづけているが、末広町にあった喫茶店「やちよ」を起源とし、市民市場近くに駅前店もある「パルルやちよ」は、ビルが華々しくオープンした昭和55年(1980)当時の雰囲気を良く残している。


「パルルやちよ」2010.12

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 1980「イトーヨーカドー秋田店」開店の日

二〇世紀ひみつ基地 秋田駅前界隈・昭和四十年代初頭
二〇世紀ひみつ基地 秋田駅前・1970年代初頭

二〇世紀ひみつ基地 銀座街・消えた駅前小路
二〇世紀ひみつ基地 平和通り・消えた駅前小路
二〇世紀ひみつ基地 末広町・消えた駅前小路
二〇世紀ひみつ基地 秋田駅前「金座街」晩期

関連リンク

フォンテAKITA

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 21:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT